露地庭は建物に囲まれている為にすごく不便です。

クレーンが使えないとこんなにも大変なのかと、つくづく思い知らされました。

石の運搬はこのように担いで行います。

こういうのは若い人でないと無理です。20代の職人に任せました。

石組はこのようにチェーンブロックを使って行いました。

「昭和か~?」と思わずツッコまれそうです。

飛石も以前あったものを一枚一枚選んで据え付けていきます。

土留の石組と飛石が据え付けられると、なんとなく茶庭の雰囲気が出てきました。

次は芝生広場から続く流れの石組です。

ここからは床掘りした土を一輪車で運搬しなければならないので、また時間が掛かりそうです。

何か良い方法はないかな~?

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ