最初お家を拝見させて頂いたとき、四角を基調とした

モダンなデザインだったので、自由な曲線を使ってこの印象を

少し柔らかく出来ないかと考えました。

着工前はこんな感じです。

011 016 018

最初に既存の樹木を伐根し、この庭に合わないイトヒバを

撤去しました。

IMGP2695

また、既存の樹木を剪定していきます。

IMGP2696

既存の樹木を剪定しただけで、だいぶすっきりした印象に変わりました。

IMGA0313

まずは既存のコンクリート擁壁に合わせて、間知石を使って

アールに積んでいきます。

高低差があったので、1段積と2段積で段差を付けることによって

2段植栽をし、狭い敷地を広く見せようと考えました。

022 (2)

間知石が並べられ、土が入れられると雰囲気がだいぶ変わってきました。

線をアールにしていますが、石が四角形なので質感はうまく

統一されていると思います。

色んな仕掛けをすることで、モダンな感じに仕上がると思います。

今までとは少し違ったガーデニングになると思いますので

期待していて下さい。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年10月
M T W T F S S
« Sep    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
記事アーカイブ