東根市のS様邸のガーデニングが完成し、華麗なる変身を遂げました

「まったく別の家に来たみたい?」と奥様にもお褒めの言葉を頂きました

ビフォー、アフターを比較しながら観て頂く事に致しましょう

 

 

この字型の間取りになっており、その中央には長年親しんで来られたソメイヨシノが中央に植えられておりました

その脇には、この辺では珍しいロウバイの株立ちが植えられてありましたので、この2本は移植することに

 

致しました

 

 

化粧ブロックを2段積みにして土留めを行い、その脇にオリジナルのガーデンフェンスを設けて畑と庭を

仕切りました

1番手前に見えるのがハナミズキの苗木で、その隣の常緑樹はアセビの木で、この2本も移植した木です

 

 

既存のウッドデッキは小さくてかなり使いづらいとのことだったので、ウッドデッキは思い切ってかなり

大きくしました

先程申し上げた樹木も白御影石で造った雑割間知石で囲った植栽スペースに移植しました

樹木がバックしただけで、かなりお庭のスペースが広くなり開放感が増した様な気がします

隣接する畑もオリジナルガーデンフェンスで空間を仕切ったので、全く別の空間になりました

 

 

 

別の角度から眺めて見るとこうなります

 

 

デザインがシンプルなだけに返って説得力が増した気がします

移植されたソメイヨシノの隣にはアカバナエゴノキの株立ちを新たに植栽しました

来年の5月ころに可憐な淡桃色の花で見る人を楽しませてくれる事でしょう

ウッドデッキの下にはスレートマロンという石で囲ったテラスが設けてあります

ここはバーベキュウ等で火気を使用しても大丈夫なように配慮しています

ここで焼き上がったお肉を、上のテラスでビールを飲みながらマッタリとした時間を過ごすなんて

とても贅沢だと思いませんか?

なんか作った本人があこがれちゃっています

導線は白御影石の方形平板と錆石の平板を ■ や ◆ に並べてアクセントを付けています

 

 

 

 この画像をご覧になられると、いかにこのウッドデッキが大きいかお解りになるでしょう

5400×2700なので八畳間に匹敵する大きさです

これならテーブルやイスを少し位多く置いても、狭いと感じる事はまず無いでしょう

一度リビングから見させてもらったんですけど、中からはデッキがもっと広く見えて、すぐにフェンスに

つながっている錯覚に襲われ、なんかリゾートホテルの一室から庭を眺めているそんな気分に、一瞬

なってしまいました

先程奥様が言われた「自分の家じゃないみたい」とおっしゃられた意味が理解出来た気がしました

 

 

テラスにはディズニーランドに行かれた時に買われたミッキーとミニーの平板を記念に埋め込みました

予定外でしたがこれが案外しっくりきてます

 

 

約一カ月掛かって完成へとこぎつけた訳でしたが、その間留守になるにも関わらづ、毎日お茶とお菓子を

準備してくださったその心づかいに、職人共々感謝いたします

ほんとうにありがとうございました

来年の春には木々が芽吹き、また違った景色を見せてくれるのと同時に、いろんな植物の管理も

必要になってくると思いますので、その時はなんなりと相談してください

幸いS様と当社の距離はわずか1キロくらいの近い距離ですので、すぐに駆けつけられると思います

これからも永いおつきあいよろしくお願い致します

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ