月別アーカイブ: 10月 2014

残念なことに、先に移植したハナカイドウが一夏を経過したら

枯れてしまいました。

そこで、その樹木を撤去し新たに別の場所からサルスベリの木を

移植しました。

IMG_0147-1jpg

続いて、お客様のたってのお願いで山灯籠を移設することになりました。

この画像はその台石を据え付けている所です。

007 (7)-1

山灯籠に笠石が無事に据え付けられたので、その周りに

鳥海石で土留石組を行いました。

008 (7)

次に、鳥海石で組んだ崩れ石組の上に、生垣支柱を施し

畑に植えてあったバサツゲを移植しました。

この木は生垣用ではないので、刈り込みを行えば2、3年後には

立派な生垣になってくれることでしょう。

007 (8)-1

鉢植えになっていたゴヨウマツを地植えして欲しいとのことだったので

移植しているところです。

009 (6)

とにかく、こちらのお客様は石と松がこの上なく好きなので

かなり特殊な和風庭園に仕上がっていくと思います。

完成まであとわずか、気合いを入れて頑張ります!

 

着工前はこんな感じでした。

032

ご夫婦共に大型バイクを所有しているので

一台分のバイク車庫の設置とウッドデッキの設置を

メインに計画して欲しいと頼まれました。

まずは床掘から始まります。

008 (2).jpgy

今回は先にカーポートができていたので

新たに購入したミニサイズのバックホーを

使用しました。

007 (2)

以前からお客様が用意していた畑土の雑草を取り除いて

再利用を考えています。

010

家庭菜園の土留は化粧ブロックで施工しました。

全体の雑草を取り除き、低い所には砕石を敷き均して

盤作りは完了しました。

039

これから先はバイク車庫の組み立てに取りかかります。

今の状態では先が見えませんが、どう変化してしていくのか

期待していて下さい。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ