オリジナルガーデンフェンス

default 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングにして欲しいというご依頼でした。

 

既に建築工事で目隠しのフェンスは施工されていましたが、

何か土地が有効活用されていないのがすごく気になったので、

それらをテーマにデザインしました。

 

【着工前】

DSCF4285

 

敷地の全てを白御影の敷石で土留し、

土地の有効活用が出来るようにして広く使う事がテーマになりました。

 

IMG_0738

 

このテーマにのっとり、敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

IMG_0740

 

土間コンクリートが前面に打たれ、どこか無機質感が漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで潤いが生まれました。

 

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き立って見えてきます。

またフェンスの色が黒っぽい色なので、

新緑の緑も紅葉の赤も一際目立つ屏風の役割を持たす事ができました。

 

下草にはマホニアコンフューサやセイヨウイワナンテンを植えて

緑のボリュームをアップさせました。

 

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く、

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより、あまり暗くなり過ぎず、

対比するものができたのでより広く感じられます。

 

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた唯一の植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

四季折々の華やかさが体感できるよう演出しました。

 

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽と

ガーデンフェンスが公園からの視線も遮っているのが分かります。

また公園で遊んでいる子供達のボールが庭に入ってくる事も少なくなるでしょう。

 

今のところは分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

それでも緑の量が少ないので、

純白のスクエアなプランターに大きくならないコニファーを植えてみました。

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので、

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

オシャレな外観にしたいというオーナーの要望を実現するには、2つの制約がありました。1つ目は、オープンまでの期間が短く関連する電気工事や舗装工事との工程調整が難しかった事。2つ目は植栽するスペースがものすごく狭い事でした。

その2つの制約を見事クリアして完成したのがこの作品です。

 

before

 

after

このスペースにぴったりなアオダモの株立を探して植えてみました。

茶系の外観の上にくっきりと樹木が浮かび上がっているので、1本でも絵になります。白御影の敷石を使った土留も延長を少し長くした事で、広く見る効果が出ています。下草にはカラーリーフとして最近人気の高いヒューケラを植栽して彩りを与えています。

 

before 

 

after

奥行きがわずか80cmのスペースにも立派な小庭が出来上がりました。

植栽にはあまりスペースを取らない中木のナツハゼを5本植えました。

竹の支柱に枝を誘引して広げる事で、より大きく見えるように工夫しました。土留は同じく建物の外観と合わせ、白御影の敷石でスタイリッシュにまとめてみました。オリジナルのガーデンフェンスも窓枠と同じ色に塗って統一感を出しています。室内から見ると圧迫感も無く、板と板の絶妙な隙間で思ったより広く感じさせます。

 

after

下草は4つある個室から全て眺めが変わるように考えてあります。

手前からキャットミント、アジュガチョコチップ、スジギボウシ、フイリヤブランが植えてあり、四季折々の花が咲くでしょう。

照明も樹木を下から照らす事で樹木のシルエットが浮かび、また違った演出を可能にしてあります。

 

after

建物の全景はこのようになりました。2階のルーフテラスにもプランターを設置してツリバナを植えてあるので、建物にも潤いがでてきました。

そんなに植栽の量は決して多い訳ではないのに、建物のグレードがアップして見える!植物の力を改めて大きく感じる作品となりました。

 

昨年の暮れに工事させて頂いた天童市のK様邸。

ハナミズキの花が見事に咲いていました。

IMGA0237

ハナミズキの花が綺麗なピンクに咲いてみて初めて分かったのですが、そ

の花の色と下に敷き詰めたピンクの化粧砂利、それと化粧平板が見事に

同系色でマッチしていました。

これはさすがに想定外、出来過ぎでした。

IMGA0234

シラカシも順調に成長し、飼われているワンちゃんも元気にこの中を駆け

回って遊んでいると伺い、無事脱走されずに機能しているとホッとしまし

た。これも偶然ですが、お隣の家のハナミズキもピンクでした。

借景バッチリです!

やはり、この大木の切り株は強敵でした。

ドリルでもんで、チェーンソーで切り刻んで、ようやく解決。時間かかりました。

IMGA0851 IMGA0852 IMGA0859

次はいよいよ、この工事のメイン。ウッドフェンスの取付けです。

まずは、材料をカットして組み立てる事にしました。

IMGA0861 - コピー

組み上がった物を仮置きしながら位置決めをします。

IMGA0863 - コピー

位置が決まれば、ビスで固定していきます。

IMGA0865

ようやく、なんとかフェンスが組み上がり、形が見えてきました。

IMGA0871

アメリカンタイプの両開きの扉を取り付けた事で、いい感じに仕上がってきました。

次はレンガ工事。楽しみにしていて下さい。

 

IMGA0022①

着工前はこんな風に10年以上も前に植栽された樹木が伸び放題になっている状態でした。

IMGA0299①

これらの樹木を思い切って整理して、メンテナンスの楽なドッグランをメインにした庭に作り変えました。

IMGA0183①

ハナミズキとシラカシ2本のみ残して、その下は鮮やかなピンクとホワイトの化粧砂利を敷き詰めました。

IMGA0054①

奥はドッグラン用のスペースです。小型犬なので下の隙間から逃げ出さない様に、オリジナルのガーデンフェンスを工夫しました。シラカシの周りも木柵で囲んだ所、良いアクセントになりました。

IMGA0058①

裏口にもゲートを設けました。こちらも下へ潜り込んで逃げ出さない様工夫しました。

砂利の下には全て防草シートが敷いてあるので、今まで悩まされ続けた雑草対策は万全です。

IMGA0182①

最後に可動式の木柵を手作りしました。雪が降った時に片付けられる様に、3分割して収納できる様にしました。以前作ったドッグランのお庭では、小型犬の為に柵の下から脱走されたという苦い経験を教訓にして、それを色んな所に工夫しました。これで思う存分遊び回れる事でしょう。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0299

これらの樹木を思い切って整理して、メンテナンスの楽なドッグラ

ンをメインにした庭に作り替えました。

IMGA0052

ハナミズキとシラカシ2本のみ残して、その下は鮮やかなピンクと

ホワイトの化粧砂利を敷き詰めました。

IMGA0054

奥はドッグラン用のスペースです。小型犬なので下の隙間から逃

げ出さない様に、オリジナルのガーデンフェンスを工夫しました。

シラカシの廻りも木柵で囲んだ所、いいアクセントになりました。

IMGA0058

裏口にもゲートを設けました。こちらも下へ潜り込んで逃げ出さな

い様工夫しました。

砂利の下には全て防草シートが敷いてあるので、今まで悩まされ

続けた雑草対策は万全です。

以前作ったドッグランのお庭では、小型犬の為に柵の下から脱走

されたという苦い経験を教訓にして、それを色んな所に工夫しまし

た。これで、思う存分遊び回れる事でしょう。

K様からのご要望は、庭に植えてある樹木の整理とドッグランをする

スペースが欲しいとの事でした。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0299

既存の樹木がかなり密集していたので、その中でもメインのハナミズキ

1本とシラカシ2本を残して、後の樹木は全て撤去しました。

IMGA0869

するとこんなにスッキリしました。

奥には、隣家との仕切りオリジナルガーデンフェンスを取り付けました。

IMGA0844

裏側にも木製のゲートを取り付けます。

IMGA0870

昨年施工したS様邸では、見事に小型犬に脱走されてしまい大変

だったので、その辺はしっかり学習したいと思います。

 

いよいよガーデニングも大詰めを迎えました。

まずは雑草対策に防草シートを張って、その上に玉砂利を敷き詰めていき

ます。

IMGA0778 IMGA0779

ポストの設置もお願いされたので、メタリックでオシャレな物をチョイスし

ました。

IMGA0776

次回は完成形をお見せしたいと思います。限られたスペースがどのような

形に生まれ変わったのか、期待していて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大まかな植栽が完了しましたので、次にいよいよアルミ工事に入っていき

ます。

まず、最初にカーポートを設置していきます。

IMGA0658

お客様の要望で最新型のカーポートを設置します。

何が最新かというと、片屋根式で耐積雪が50cmなのは初めてです。柱が

かなり太いのが分かります。

次にウッドデッキと物置を組み立てていきます。

IMGA0665 IMGA0667

組み上がると印象がかなり変わります。

リビングのフローリングの色と合わせたウッドデッキがより広く感じさせま

す。

物置も建物の外壁に合わせて白にしたので、違和感なく仕上がりました。

次に、当社が得意とするオリジナルのガーデンフェンスを組み立てました。

IMGA0711

既存のアルミフェンスを活かして、その上の部分の空間を仕切る事にしま

した。

木の優しさが、ほのぼのと滲みでています。

次に土間コンクリートを打設しました。

IMGA0708

このコンクリートが固まり型枠が外せると、いよいよ仕上げです。

一週間後が楽しみです♪

山辺町のG様邸のお庭。久しぶりに訪れてみましたら、芝生がすごい事に

なっていました。

IMGA0641

IMGA0639

なかなか、これだけ鮮やかな緑色の芝生は、そうそうお目にかかれるもの

ではございません。

余程、愛情を持って植物に接してこられたのか良く分かります。

奥の主庭の樹木もようやく葉が茂ってきました。

IMGA0638 (2)

斜面に植えたクラピアもようやく根付いて、地面をシバザクラと共に覆っ

てくれています。

IMGA0645 (2)

スジギボウシは今が主役!可憐な花を見せて心和ませてくれてます。

IMGA0648 (2)

カーポートの前に据え付けられたオリジナルガーデンフェンスにも、ハンギ

ングが施され新たな役割を与えられ嬉しそうです。

IMGA0650

格子から透けて見える世界はまた独特の味わいがあります。そろそろ芝も

刈り時なので、お手入れ宜しくお願いします。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年12月
M T W T F S S
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ