カマツカ

ガーデニング施工前と施工後でどのように変化したのか、分かり易いよう

にビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

和室の前という事で和っぽい植物を選択しました。

主木はナツツバキの株立で添えにはナツハゼを植えました。

根〆はシュウメイギクとスジギボウシでまとめてみました。今年はもう終わ

りましたが、来年花が咲いたら相当綺麗になること請け合いです。

before

after

ベージュのリブロックを積んで土留にしました。

こうして見ると、付いていないようで付いているのが傾斜。ブロック1段分

(約20cm)の傾斜が付いています。

before

after

芝生で造った築山を私の直感で思い切り高くしてみました。その結果、庭

にうねりと動きが出たように感じます。

築山には、雑木類(ジューンベリー、カマツカ、アオダモ、ハナミズキ(赤)

(白)、オトコヨウゾメ、キンモクセイ)をバランス良く配植しました。

下草には、葉の美しいフイリヤブランと管理が楽なキャットミントを植えて

みました。どちらも花の色が紫系なので、カラーバランスも上手く取れると

思います。

after

コンクリート+アンティークレンガで造った大きなテラス。

これ位大きいと、この時期に子供達が遊ぶプールを置くには充分な広さで

す。

中に埋められた多くの基礎ブロックは、冬の雪囲い用に設置しました。

合わせて、立水栓も大洋紅という石で丸く囲い可愛く仕立てました。

before

after

テラスをこちら側から見ると、かなり広くなっているのが分かります。

それは、御主人の車を車庫からバックしてここに停めて洗車する為です。

デザイン的にもインパクト大ですし、アイデア次第ではいろんな使い方が思

いつきそうです。目隠し用に植えた生垣も、テラスに合わせて曲線を描いて

います。

after

道路沿いには、プライベート感を演出する為にウッドフェンスを設けまし

た。適度に遮蔽されているので圧迫感がありません。

before

after

建物の外観は、この角度から見ると一番変わったような感じがします。

片勾配の屋根とウッドフェンスの水平が絶妙にバランスが取れてきたの

で、家がゴージャスに見えます。

コンクリートのテラスが完成し、植栽用客土を敷均して築山を造っていきま

す。

次に土壌改良材を均一に敷均し、それを撹拌していきます。

それが終われば、いよいよ雑木の植栽です。

アオダモやジューンベリー、カマツカ、ハナミズキなどの雑木を植える事で

景観がどんどん変化していきます。

築山に芝が張られると、より高さが強調され、これには御主人からも「ここ

まで盛土が高くなるとは思っていなかった。想像以上に素晴らしい仕上がり

ですね。」と褒めて頂きました。

あと残す仕事のメインはウッドフェンス工事とポット植栽、玉砂利敷きのみ

となりました。ウッドフェンスも加わるとまた違った空間を仕切れると思い

ますので、それもまた早く見てみたいです。

分かりやすい様にビフォー・アフター形式で説明していきたいと思います。

Before

IMGA0724

After

IMGA0329

コンクリートの擁壁に続く土留は、白御影の間知石を使い緩やかな曲線を

描く事で、高級感のあるモダンな仕上がりになりました。

玄関前の視線を遮る為に設けた枕木のモニュメント。連立している事で存

在感があり、それでいてシャープな印象を与えてくれます。

Before

IMGA0728

After

IMG_0078

カーポートから玄関へ向かうアプローチ。ここは白の平板を碁盤の目の様

に並べ、更に枕木で切り返して角度を変えたので、実用的でもありスタイリ

ッシュ。かなり斬新なデザインで庭の一つのアクセントになっています。

植栽もジューンベリーやヤマボウシ、ソヨゴ、アオハダ等の雑木でまとめ、

下草もスジギボウシやヒューケラ、フイリヤブラン等の多年草でまとめたの

で緑の量が多く、しかも管理の楽な庭になりました。

After

IMG_0079

玄関側から見ると私の表現したかった世界が、より明確に伝わると思いま

す。枕木にも遊び心で、変わった形の装飾金具を取り付けてみました。

これ結構気に入っています。

Before

IMGA0730

After

IMGP4725

主庭の方は大胆な曲線を用いた、かなり広い芝生の遊び場になっていま

す。

隣家との境界には、こちらの土地の方が地盤が高いので、高さ80㎝の少

し低めのウッドフェンスを設けて空間を仕切っています。

こちらもアオダモやナツツバキ、ヤマモミジ、カマツカといった雑木でシンプ

ルにまとめてみました。

After

IMG_0083

こちら側から見ると、いかに芝生の遊び場が面白い形になっているのかが

すごく分かりやすいと思います。

最後に、お客様からは「外構で家がこんなに変わるなんて、まるでモデル

ハウスみたいだ。」と言って頂きすごく誇りに思っています。

更にご近所の方々の視線も感じられるそうで、工事中もカラーコーンに貼っ

てある当社の社名をわざわざ見て行かれると驚いていらっしゃいました。

植栽時期が暑い時期に重なってしまい、庭の水やりがすごく大変かと思い

ますが、夏が終わるまでの辛抱です。必ず植物は可愛がってくれた人に恩

を返してくれますので、何とか面倒をお願い致します。

工事中は色々とお世話になり、本当にありがとうございました。

これからも宜しくお願い申し上げます。

IMGA0990①

着工前はこの様に入口が狭く、奥に行くと広い特殊な形状でした。

019①

幅が狭いので、2台並列駐車は諦め、2連棟の縦列駐車にする事にしました。カーポートの前はギリギリ2台用のゲスト駐車スペースになっています。

IMGA0979①

IMGA0978①

オリジナルの門柱は枕木を組み合わせて作りました。

表札を照らす照明は奥様が選ばれました。長いアプローチを逆手に取り、玄関まで歩いていく途中、いろいろ変化のある訪れた人が楽しめる植栽にしたいと考えました。門柱の手前は、クリーピングタイムが地面を覆います。

IMGA0985①

中間部分は、ミツバツツジ、ウメモドキ、イレックスサニーフォスターの中木が植えられ、下草にはフッキソウが植えられています。

IMGA0859①

一番奥は、クロモジの株立やオトコヨウゾメが植えられ、下草にはフイリヤブラン、ガウラ、アベリアを植栽しました。

反対側には、玄関が通りから丸見えにならない様に、大きめのナツツバキの株立を植栽し、アカバナエゴノキの株立、ナツハゼを植え、下草にはイモカタバミ、低木にはシモツケを配植しました。

IMGA0861①

玄関側から振り返ると、いかに植栽の量が多いか分かると思います。

土間コンクリートは全て自由曲線が用いられ、それに合わせて土間コンクリートの中にキャメルストーンで象(かたど)った雲形の石貼りが3ヵ所設けてあります。これら全てが、モダニズムを追求したからこそ生まれた形です。

主庭になる部分は、隣の工場の放置された物が全て見えてしまうので、これをまずいかにアートに隠すかがテーマでした。

IMGA0028①

ここは、モダンアートを追求すべく、生垣も全て自由曲線で植栽しました。

IMGA0556① IMGA0558

生垣の自由に伸びた曲線と芝生の縁取りの曲線がアートを感じさせます。生垣は冬でも目隠しできる様に全て常緑樹にしました。シラカシ、ネズミモチ、マサキを用いて全て高さを変えて変化を出しています。

植栽は全て雑木類で、ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、サワフタギ、カマツカ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ等、今から里山の雰囲気を醸し出してくれそうです。

IMGA0249①

最初は、広い敷地の中に建物が立っている状態でした。

IMGA0204①

IMGA0203①jpg

IMGA0200①

ここに、施主施工で車3台駐車できるカーポートがまず設置されました。

IMGA0240①

建物の周囲には小舗石で縁取り植樹帯を設けました。

ここには、ツリバナの株立、シラカシの株立、それにヤマボウシやカツラ、カマツカを植栽しました。

IMGA0245①

車が頭から侵入してきても、切り返しでバックで駐車できる様にRを付けて、そのスペースを確保し奥様でも余裕で停められる様に考慮しました。デザイン的にも美しい曲線が描けたと自負しています。

IMGA0243①

アプローチは、土間コンクリートだけではデザイン的に淋しい印象になるので、ダークグレーのピンコロ石をジグザグに貼り付けました。

このダークグレーが建物の外装の色とマッチして、上手く差し色になって上手くアクセントが付きました。

これには、デザインだけではなく大きな意味が込められています。それは、新たに追加した土間コンクリートとの流れです。

IMGA0244①

このジグザグのデザインが、新たに打たれた土間コンクリートに引き継がれていきます。これで打ち継ぎ目の不自然さが解消され、黒と白のコントラストが絶妙に綺麗です。

IMGA0251①

建物の南側もあまり管理がかからない様に、雑木を主体に植栽しました。

シロモジ、ナツツバキ、ジューンベリー、ハナミズキ(赤)、ソヨゴ、アオハダ、ヤマモミジが植えられてあります。

まさに雑木のオンパレードになっています。将来生い茂ってくれる事で、四季折々の季節感が出せればと思い植栽しました。

それと、少しでもお隣の古いブロック塀が隠せればと願っています。

IMGA0224①

建物の東側は常緑のモチノキとイレックスサニーフォスターを植栽しました。決して派手さはありませんが、コンクリートの壁の無機質感を一年を通して和らげたいと思い植栽しました。

その他の部分は雑草対策として、防草シートを張った上に玉砂利を敷いて化粧しています。

かなり長丁場でしたが、ようやくK様邸のガーデニングの完成を

迎える事ができました。

道路から眺めた着工前はこんな感じでした。

019①

完成形はこの様になりました。

IMGA0979

敷地の関係で、通常の2台用のカーポートが設置出来なかった

ので縦連棟の物を設置いたしました。この長いアプローチを逆手

にとって、玄関まで歩いていくとその箇所毎に景観が変わる様に

配植しました。

IMGA0987

枕木で作ったオリジナル門柱の前には、ミツバツツジとハーブの

クリーピングタイムを植栽しました。奥に行くに従って草丈を高くし

たかったので、敢えて地面に這う植物を植えました。

IMGA0978

門柱には表札を取り付け、それを照らす専用のライトも取り付けた

ので、夜になるとまた一味違う眺めになる事でしょう。

IMGA0985

次のステップには、中木のイレックスサニーフォスターとウメモドキ

の株立を植え、下草にはフッキソウを植栽しました。

IMGA0989

玄関前には、ナツツバキの株立やアカバナエゴノキ、クロモジ等

の雑木を植えて植栽量を多くし、道路から玄関前があまり見えな

い様に空間を仕切りました。

同時に四季折々の季節感を楽しめる様デザインしました。

IMGA0861

玄関前から振り返って見ると、この様な景色が見えます。敢えて

カーポートの車が見えない様に配慮してあります。

また、アプローチ部分にはキャメルストーンで雲形の石貼りを施し

アクセントを付けています。

主庭の着工前は、この様な空間になっていました。

IMGA0028

お隣の工場の廃棄物が散乱してある状態だったので、落ち着き

が無く、これは何としても遮蔽しなければと思いました。

IMGA0867

IMGA0864

シラカシ、ネズミモチ、マサキの3種類の常緑樹を生垣として用い

冬でも空間を仕切れる様にしました。

生垣は自由曲線を用い独創性を持たせました。

芝生のラインも同様にし、私の憧れている作庭家『重森三玲』をリ

スペクトしたデザインになっています。

要所、要所には色んな雑木(ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、カマツ

カ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ)の株立を植えてあるので、これ

も四季の移り変わりが楽しみです。

IMGA0865

リビング前のウッドデッキの周りにも、ジューンベリーの株立やハナ

ミズキ、ツリバナ、アズキナシ、ヤマボウシの雑木が植えられていま

す。下草にはハーブのロシアンセージとキャットミントが植えられて

いるので、香りでも癒しが期待できます。

以上、設計にあたっての私の想いを綴ってみましたが、このデザイ

ンをほぼ受け入れて下さり作庭させて頂けた事に、誠に感謝申し上

げます。

私の作った洋風のガーデニングの代表作の一つになるのは間違い

ありません。これからも宜しくお願い申し上げます。

もちろん、心配されておられた維持管理もアドバイス致しますので

ご安心下さい。今よりもっともっと素敵な庭に仕立てていきましょう!

何もない状態からのスタートでした。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0202 (2) IMGA0663

施主施工でカーポートが建てられ、その下に打たれた土間コンクリートと、

いかにアスファルト舗装を馴染ませられるかが、設計の大きなテーマでし

た。

アプローチに黒いピンコロをジグザグに貼りました。

IMGA0223

これには、デザインだけでなく大きな意味が込められています。それは新た

に追加している土間コンクリートとの流れです。

IMGA0244

このジグザグのデザインが、新たに打たれた土間コンクリートに引き継が

れていきます。これで打ち継目の不自然さが解消され、黒白のコントラスト

が綺麗です。

IMGA0249

建物の外観のスクエアさとも上手くマッチして、よりデザインが強調されま

した。何よりも黒いピンコロを貼っただけなので、費用もあまりかかってい

ないのでコスパ大です。

IMGA0247

車が頭から入ってきて、切り返ししバックで駐車できる様にRを付けてその

スペースを確保し、奥様でも余裕で止められる様考慮しました。デザイン的

にも美しい曲線が描けたと自負しています。

IMGA0242 (3)

植栽もなるべく管理がかからない様に、雑木を主体に植栽しました。ここに

はカツラやシラカシ、ヤマボウシ、ツリバナ、カマツカが植えてあります。

1 2

建物の南側もやはり雑木が主体で、シロモジ、ナツツバキ、ジューンベリ

ー、ハナミズキ(赤)、ソヨゴ、アオハダ、アオダモ、ヤマモミジが植えられ

てあります。

まさに雑木のオンパレードになっています。将来生い茂ってくれる事で四季

折々の季節感が出せればと思い植栽しました。それと少しでもお隣の古い

ブロック塀が隠せればと願っています。

IMGA0224

建物の東側は常緑のモチノキとイレックスサニーフォスターを植栽しまし

た。決して派手さは無いけど、コンクリートの壁の無機質感を一年を通して

和らげたいと思い植栽しました。その他の部分は雑草対策として、防草シ

ートを張った上に、玉砂利を敷いて化粧しています。

こちらの御主人は植物にとても詳しい方なので、これから雑木の下の花壇

部分に色んな植物を植えて下さるでしょうから、どのように進化していくの

か今から非常に楽しみです。

施工中いろいろご不便をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。

今後共、宜しくお願い致します。

008

着工前です。

前からあった日本庭園の樹木が見えます。

007

このように、松やキャラ等和風の樹木が結構あったので

要らないものは処分し、使えるものは移植しました。

 

005 (3)

住宅の周りには、ブロックとフェンスが施工され、カーポートの脇には

モチノキ、奥にはヤマボウシの株立ちとズミの株立ちが植えてあります。

 

049

アプローチには化粧平板ブロックを四角に貼り、それに合わせて

白御影間知石で土留を行い、エッジを効かせる事で

現代感を出しました。

 

050

手前にはジューンベリーの株立ち、アカバナエゴノキの株立ち、

ナツハゼの3本が植えてあります。

地被にはガウラとギボウシ・ゴールデンティアラを植えてみました。

花が咲けばまた、華やかさがぐっと増すでしょう。

 

012 (3)

間知石をカーポートと平行にしないでわざと

斜めに施工し、変化をつけてみました。

 

021 (2)

リビングから眺めると、手前にあるウッドデッキのおかげで

家が広く感じます。積んである石は以前立石として据え付けられていた

石で、それを横石にして崩れ石組として組み直しました。

 

以前からあったノムラモミジやハナミズキ、サツキツツジを移植し

新たにアオハダの株立ち、ナツツバキの株立ち、ツリバナの株立ち

カマツカの株立ち、ネジキの株立ちと、雑木類を多めに

植える事で、雑木が主体となり四季の移り変わりが

はっきりとわかるようにしました。

 

地被にはキャットミント、フィリヤブラン、ビンカミノールなどの

手間の掛からない植物を植える事によって、色とりどりの花が

1年を通してみる事ができます。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930