ソヨゴ

完成してから2ヶ月以上経ち、その後の経過を見に伺いました。

IMG_0180

お庭に入っての第一印象。「芝がすごく綺麗になってる!」でした。

芝生の緑が砂利の中で一際鮮やかに浮き上がって見えます。

雑木類も無事に根付いてくれて一安心です。

IMG_0179

フイリヤブランのポットに予想以上に雑草が入っていたらしく、草取りがす

ごく大変だったとの事。すみません…稀にこういう事があるんです。

もう少し成長すれば雑草の方も落ち着いてくると思うのですが…。

一番びっくりされたのが、家庭菜園の雑草。

畑土の為、1m以上にも伸びてしまって刈るのがすごく大変だったようで

す。やはり、野菜は1年目から育てるのがベターみたいです。

IMG_0184

私が一番想定外だったのが、アップルミントの旺盛な成長です。

ここまで伸びるのは、あまり例がありません。土が良かった?のかな~。

花が終わったら根元から少し残して、バッサリカット(収穫)して下さい。

IMG_0178

中庭のハナミズキも排水工事が功が奏し、心配された雨水が貯まるという

事態は避けられたみたいです。これで立派なシンボルツリーになってくれる

事でしょう。

IMG_0177

ソヨゴも何とか根付いてくれて、このままいけば数年後には程良い目隠し

効果が期待できそうです。ここしばらくは真夏なので灌水が大変でしょうが

何とか宜しくお願いします。

ガーデニングを行ったのは2014年の11月。

それから約1年半が経ちました。

久しぶりに訪れてみたら、見違える程良くなっていました。

Before

2014-11-06 14.07.38

After

IMGA0643

ソヨゴも肥料が効いて地力がアップしたせいで、葉の色もトロッとした緑色

になり、樹形も一回り大きくなりました。クリーピングタイムはびっしりと生え

見事です。これなら雑草が出てくる事はないでしょう。

Before

2014-11-06 14.07.29

After

IMGA0641

イレックスサニーフォスターがかなり成長し、新緑のレモンイエローがとても

鮮やかです。アップルミントもびっしり生え、薄紫色の花がとても可憐に咲

いています。こちらも雑草が生える事はないでしょう。

Before

2014-11-06 14.07.54

After

IMGA0567

こちらはジューンベリーとエゴノキが二回り程大きくなっていました。山形市

から頂いたヤマボウシも順調に生育しています。

3年後位には追いつくかな?

片道2時間かけての現場なのでかなり遠かったのですが、なかなか面白い

作品に仕上がりました。いつも通りビフォー・アフター形式で説明していきた

いと思います。

Before

IMGA0046

After

IMG_0093

IMG_0090

この庭はすべて円をモチーフにしています。

芝生も花壇も家庭菜園も植栽地もすべて円!

大きな宇宙に惑星が浮かんでいる様なイメージで設計しました。ですから

敷砂利の部分は宇宙空間を模している事になります。しかも防草シートが

下に敷いてあるので管理も殆どかかりません。

植栽は主に雑木でまとめ、ジューンベリーの株立やアオダモ、クロモジ、ナ

ツハゼが植えてあります。

IMG_0096

芝生の円と植栽地の円が交わっている所は段差がつけてあり、そこには

キャメルストーンを貼って、ちょっと腰掛けられる様にしました。

Before

IMGA0129

After

IMG_0095

隣地境界のブロック塀脇の花壇は、将来つるバラを這わせるべく円の中心

にオベリスクを立ててみました。

その下草にはハーブのアップルミントを植えてあります。中間には常緑樹

のモチノキを植えて、古いブロック塀を隠そうと考えました。

Before

IMGA0127

After

IMGP3639

タイルが貼られた豪華なテラスの中央には、シンボルツリーのナツツバキ

の株立が植えてあります。この木は玄関からもリビングからもピアノ教室か

らも全て見えるので、かなり重要な役割を果たしているのですが、立派な

樹形の木が植えられたのでホッと胸を撫で下ろしています。

After

IMG_0100

テラス前のブロック塀脇にも常緑樹のソヨゴが植えてあります。何年か後に

は今の2倍位の大きさに成長して、上手く空間を仕切ってくれる事でしょう。

ここは米沢という事で豪雪にも耐えられる工夫と樹木を選択しました。

結果的に敷地内に入るとかなり別世界になるので、訪れた人達もきっと驚

かれるのではいでしょうか?

(設計した私もそうでしたので…。)

かなりの長丁場になりましたが、無事完成する事ができ満足していると共

にお客様にも喜んで頂けたので達成感でいっぱいです。この工事に携わっ

た職人達もよく頑張ったなと思います。

これからも色々水やり等、メンテナンスも大変ですがもっとより良い作品に

なるよう宜しくお願い申し上げます。

長い間、本当にありがとうございました。

分かりやすい様にビフォー・アフター形式で説明していきたいと思います。

Before

IMGA0724

After

IMGA0329

コンクリートの擁壁に続く土留は、白御影の間知石を使い緩やかな曲線を

描く事で、高級感のあるモダンな仕上がりになりました。

玄関前の視線を遮る為に設けた枕木のモニュメント。連立している事で存

在感があり、それでいてシャープな印象を与えてくれます。

Before

IMGA0728

After

IMG_0078

カーポートから玄関へ向かうアプローチ。ここは白の平板を碁盤の目の様

に並べ、更に枕木で切り返して角度を変えたので、実用的でもありスタイリ

ッシュ。かなり斬新なデザインで庭の一つのアクセントになっています。

植栽もジューンベリーやヤマボウシ、ソヨゴ、アオハダ等の雑木でまとめ、

下草もスジギボウシやヒューケラ、フイリヤブラン等の多年草でまとめたの

で緑の量が多く、しかも管理の楽な庭になりました。

After

IMG_0079

玄関側から見ると私の表現したかった世界が、より明確に伝わると思いま

す。枕木にも遊び心で、変わった形の装飾金具を取り付けてみました。

これ結構気に入っています。

Before

IMGA0730

After

IMGP4725

主庭の方は大胆な曲線を用いた、かなり広い芝生の遊び場になっていま

す。

隣家との境界には、こちらの土地の方が地盤が高いので、高さ80㎝の少

し低めのウッドフェンスを設けて空間を仕切っています。

こちらもアオダモやナツツバキ、ヤマモミジ、カマツカといった雑木でシンプ

ルにまとめてみました。

After

IMG_0083

こちら側から見ると、いかに芝生の遊び場が面白い形になっているのかが

すごく分かりやすいと思います。

最後に、お客様からは「外構で家がこんなに変わるなんて、まるでモデル

ハウスみたいだ。」と言って頂きすごく誇りに思っています。

更にご近所の方々の視線も感じられるそうで、工事中もカラーコーンに貼っ

てある当社の社名をわざわざ見て行かれると驚いていらっしゃいました。

植栽時期が暑い時期に重なってしまい、庭の水やりがすごく大変かと思い

ますが、夏が終わるまでの辛抱です。必ず植物は可愛がってくれた人に恩

を返してくれますので、何とか面倒をお願い致します。

工事中は色々とお世話になり、本当にありがとうございました。

これからも宜しくお願い申し上げます。

IMGA0249①

最初は、広い敷地の中に建物が立っている状態でした。

IMGA0204①

IMGA0203①jpg

IMGA0200①

ここに、施主施工で車3台駐車できるカーポートがまず設置されました。

IMGA0240①

建物の周囲には小舗石で縁取り植樹帯を設けました。

ここには、ツリバナの株立、シラカシの株立、それにヤマボウシやカツラ、カマツカを植栽しました。

IMGA0245①

車が頭から侵入してきても、切り返しでバックで駐車できる様にRを付けて、そのスペースを確保し奥様でも余裕で停められる様に考慮しました。デザイン的にも美しい曲線が描けたと自負しています。

IMGA0243①

アプローチは、土間コンクリートだけではデザイン的に淋しい印象になるので、ダークグレーのピンコロ石をジグザグに貼り付けました。

このダークグレーが建物の外装の色とマッチして、上手く差し色になって上手くアクセントが付きました。

これには、デザインだけではなく大きな意味が込められています。それは、新たに追加した土間コンクリートとの流れです。

IMGA0244①

このジグザグのデザインが、新たに打たれた土間コンクリートに引き継がれていきます。これで打ち継ぎ目の不自然さが解消され、黒と白のコントラストが絶妙に綺麗です。

IMGA0251①

建物の南側もあまり管理がかからない様に、雑木を主体に植栽しました。

シロモジ、ナツツバキ、ジューンベリー、ハナミズキ(赤)、ソヨゴ、アオハダ、ヤマモミジが植えられてあります。

まさに雑木のオンパレードになっています。将来生い茂ってくれる事で、四季折々の季節感が出せればと思い植栽しました。

それと、少しでもお隣の古いブロック塀が隠せればと願っています。

IMGA0224①

建物の東側は常緑のモチノキとイレックスサニーフォスターを植栽しました。決して派手さはありませんが、コンクリートの壁の無機質感を一年を通して和らげたいと思い植栽しました。

その他の部分は雑草対策として、防草シートを張った上に玉砂利を敷いて化粧しています。

何もない状態からのスタートでした。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0202 (2) IMGA0663

施主施工でカーポートが建てられ、その下に打たれた土間コンクリートと、

いかにアスファルト舗装を馴染ませられるかが、設計の大きなテーマでし

た。

アプローチに黒いピンコロをジグザグに貼りました。

IMGA0223

これには、デザインだけでなく大きな意味が込められています。それは新た

に追加している土間コンクリートとの流れです。

IMGA0244

このジグザグのデザインが、新たに打たれた土間コンクリートに引き継が

れていきます。これで打ち継目の不自然さが解消され、黒白のコントラスト

が綺麗です。

IMGA0249

建物の外観のスクエアさとも上手くマッチして、よりデザインが強調されま

した。何よりも黒いピンコロを貼っただけなので、費用もあまりかかってい

ないのでコスパ大です。

IMGA0247

車が頭から入ってきて、切り返ししバックで駐車できる様にRを付けてその

スペースを確保し、奥様でも余裕で止められる様考慮しました。デザイン的

にも美しい曲線が描けたと自負しています。

IMGA0242 (3)

植栽もなるべく管理がかからない様に、雑木を主体に植栽しました。ここに

はカツラやシラカシ、ヤマボウシ、ツリバナ、カマツカが植えてあります。

1 2

建物の南側もやはり雑木が主体で、シロモジ、ナツツバキ、ジューンベリ

ー、ハナミズキ(赤)、ソヨゴ、アオハダ、アオダモ、ヤマモミジが植えられ

てあります。

まさに雑木のオンパレードになっています。将来生い茂ってくれる事で四季

折々の季節感が出せればと思い植栽しました。それと少しでもお隣の古い

ブロック塀が隠せればと願っています。

IMGA0224

建物の東側は常緑のモチノキとイレックスサニーフォスターを植栽しまし

た。決して派手さは無いけど、コンクリートの壁の無機質感を一年を通して

和らげたいと思い植栽しました。その他の部分は雑草対策として、防草シ

ートを張った上に、玉砂利を敷いて化粧しています。

こちらの御主人は植物にとても詳しい方なので、これから雑木の下の花壇

部分に色んな植物を植えて下さるでしょうから、どのように進化していくの

か今から非常に楽しみです。

施工中いろいろご不便をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。

今後共、宜しくお願い致します。

今回は、ビフォー・アフター形式で見せていきたいと思います。

before

IMGA0277

               

after

IMGA0593

家の南側にあった物置をカーポートのすぐ後ろに設置

して、利便性を考えました。この庭は、ドッグランを主体に

考えていますので、入口にはウッド製の扉とアメリカン

フェンスを設けました。この扉は、冬場の除雪も考え

スノーダンプが通れる幅を確保しました。

before

IMGA0280

                                

after

IMGA0594

庭の中心には、芝生のスペースを設け、一部に小さな

ウッドデッキを据え付けました。これに座りながら犬と

遊べればと思っています。奥には、既存のフェンスの

前に木製のウッドフェンスも設け、お隣の庭を借景した

いと考えています。お隣の物置の前には、ソヨゴとジューン

ベリーの株立を植えて遮閉しました。もちろん、入口の扉と

このフェンスはトータルコーディネートした結果です。

before

IMGA0281

               

after

IMGA0597

この角度から見れば、いかに借景しているか分かると思い

ます。南側隣地境界には、モチノキを列植して、緑の量を

多くして、空間を仕切っています。それ以外のスペースは

防草シート+玉砂利敷きにしてあるので、雑草対策は万全

です。

before

IMGA0283

               

after

IMGA0600

以前ここにあった物置をカーポート脇に移動したので

既存のウッドデッキと連立性が生まれ、すごく広く感じ

られます。

今の状態では、休眠期間中なので、落葉樹も芝生も

葉が無い状態です。来年の新緑の頃には、全く別世界

になっている事でしょう。それまで少しの間、我慢して

頂ければ幸いです。

色々と、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

着工前はこんな感じでした。

002 (2)

すでにアプローチや駐車スペースが出来ていたのですが

外から中が丸見えなので、視線を遮閉しつつプライベートな空間を

作りたいという御依頼でした。

完成形がこれです。

23

このコンクリートの壁に道路側は建物の外観に合わせた

エボニー系のウッドフェンスを、アパート側はナチュラル系のオリジナル

ガーデンフェンスを設けてみました。

建物の外観と上手くコーディネート出来たと思います。

中に入るとこんな風になっています。

29 (2)

1番南側には花壇を設け、後は子供達が遊べるように、

大きい芝生の部分を設けています。

アパート側の境界もフェンスによって適度に空間が仕切られ

ブロック積と違って、涼しい風も入ってくるのでとても涼しい空間に

なったと思います。

30

アプローチ脇の植栽スペースには、ギボウシとミントを植栽しました。

道路の遮閉には、プランターにソヨゴを植えて対応しました。

冬場は全て建物側に移動して除雪をスムーズにできるように

配慮しました。

26

駐車スペースの裏がリビングなので、ここでもプランターに植えた

イレックスサニーフォスターを並べ、適度な空間の仕切りを試みました。

もう2~3年もすれば、見栄えも全然変わってくると思います。

 

最後に左官屋さんや材料の都合で長い期間になってしまいましたが

お客様には「まるで別の家に来たようだ」と有り難い言葉を頂き

努力が報われたような気がします。

小さなお子さん達がこの庭の中でいろんな昆虫を捕まえて

楽しんでいるのを見て、自分の子供の頃を思い出しました。

庭にはそのような利用の仕方があるのだと改めて教えてもらいました。

 

これから、芝刈り・水やりと夏場にかけて大変だとは思いますが

宜しくお願いします。

本当に有難うございました。

 

 

 

 

 

A様邸のガーデニングの完成までの過程を、

ビフォー、アフター形式でご紹介致します。

 

ビフォー

IMGP1642

 

アフター

006 (2)

 

全体の家の景観が見事に華やかに大変身したのが、

見て解ると思います。

特に、ゲスト用駐車場と石貼のアプローチとの境界にプランターを

設置した事で、誤って車が乗り入れられるトラブルも解消し、

それがまた、アクセントにもなっています。

冬は除雪の邪魔になるので、簡単に移動出来ます。

 

ビフォー

IMGP1644

 

アフター

IMGP1718

 

枕木で囲んだ花壇には、ヤマボウシの株立やエゴノキの株立、ソヨゴなどの

雑木で自然の雰囲気を感じさせながら、空間を仕切っています。

何気ないアルミフェンスに板を2列に貼っただけで

既存のウッドフェンスと

うまくコーディネートする事が出来ました。コスパ大です。

最初から100%張った高麗芝も水やりが上手なのですでに青々としています。

 

ビフォー

010.jpg2

 

アフター

009 (2)

 

枕木で構成されたモニュメントは、高低差を変え、さらに枕木用の

装飾金具を取り付けることで、うまくオリジナリティーが表現出来たと思います。

添えられて植えてあるジューンベリーやオトコヨウゾメも自然に馴染んでいます。

低木には、シモツケやウツギマジシャン、

下草にはガウラやクリーピングタイムなどを植える事で、

長い間フラワーリレーが楽しめる様に計画してみました。

 

ビフォー

020

 

アフター

012 (2)

 

御主人自ら手作りされた門柱の後ろにはハナミズキを植え、

リビング、ダイニングの窓から見える様に、その後ろにナツツバキの株立を植えてみました。

 

最後に御主人が同じ職人さんという事で、私のデザインに共感して頂き

いろんなデザインを取り入れる事ができ、感謝しております。

特に、フェンスに取り付けてもらった木製パネル、グッドジョブです。

うまくこの庭を管理していって、子供さんとの良い遊び場になる事を期待しております。

お家の前を毎日通りますので、気づいた点があったら、アドバイス致します。

本当にありがとうございました。

 

 

いよいよ植栽に取り掛かりました

 

IMGP1449 (2)

 

門柱の後ろには、アカバナエゴノキの株立、前にはアオダモの株立と

ソヨゴを植えて、門柱周りに彩りを与えたいと思います

 

IMGP1448

 

下草にはガウラをチョイスしてみました

草丈も有りボリューミーで、ピンクの可憐な花がとても絵になるからです

 

IMGP1454 (2)

 

玄関前にはアプローチも兼ねて、キャメルストーンを張りました

台形に張ることで、アクセントをつけてしまいました

ちょっとしたデザインで印象が随分変わるものです

 

IMGP1465

 

ちょっと変わったデザインに、自分だけ満足してしまいました?

完成までもうひと頑張り、気張っていきましょう

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930