伊勢ゴロタ石

まずは、ガーデンフェンスを完成させる為に板材をビスで固定していきま

す。

今回は敢えて窓からの視界を考慮して、板材の端はカットしないで長く使い

ました。

次に雑木を植えていきます。

ナツツバキの株立をメインに、中木のオトコヨウゾメとナツハゼを植えま

した。幅が狭いので竹の支柱を使ってうまく枝を誘引して、樹形をこの空間

にマッチするように仕立てていきたいと思います。

地被は水遣りのあまり要らないキャットミントとクリーピングタイムを植え

付けました。

仕上げに伊勢ゴロタ石を敷き詰めて完成です。

 

完成形がこちらです。

ガーデンフェンスの板材をカットしなかったので、実際より幅が広くなって

いるように感じます。

空間もうまく仕切られプライベート感もでてきました。この樹木のおかげで

少なからず四季折々の季節感を感じる事ができると思います。

小舗石で段差を設け、上の段にはキャットミント、下の段にはクリーピング

タイムとハーブ系でまとめてみました。

小舗石の色の違い(紅色と白色)のコントラストも綺麗です。

コンクリートの上に化粧で敷き詰めた伊勢ゴロタ石も、より広く見せる演出

に効果大です。

これだけの狭小空間でも、随分演出できるという見本のような中庭に仕上

がりました。

どうしてもイメージに合わなかった流れを改修していきます。

まずは削岩機で既存の石組を壊していきます。

予想以上に石が頑丈に固定されていて驚きました。外した石を別の位置へ

組み換えし、当社から持ってきた石と組み合わせて護岸石組を行います。

石組が完了すると、だいぶ単調だった石組も大小の石が組み合わされる

事で石組に奥行きが出てきました。

それに伊勢ゴロタ石の洲浜を施工すると、また違った雰囲気になってき

ました。

次はいよいよ植栽工事です。

かなりの種類の雑木と地被植物が植えられるので、ちょっぴりリッチなリゾ

ート地みたいなコンセプトで仕上げたいと思います。お楽しみに!

建物がスタイリッシュな外観だったのと、お客様が和のテイストを好まれて

いたので、「和モダン」をテーマにデザインしました。

分かり易いようにビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

中庭は色んな所から眺める事ができるので、眺める場所によって色んな景

色が楽しめるように考えました。

駐車スペースから眺めるとこのようになります。

手前に植えてあるツリバナの株間から眺めると、逆遠近法で広く感じます。

高木は他にアオダモとオトコヨウゾメの3本に絞り、配植の妙で空間を構成

しました。

before

after

この庭の重要なポイントになっている苑路。

枕木風のヴィンテージウッドに、地元産の富沢石を石畳風にして組み合わ

せてみました。苑路、植栽地共デザインを雲形に統一した事で、小舗石等

を使っても和のテイストが漂います。

before

after

玄関前の角地、この狭小スペースも修景しました。

これだけのスペースがあれば、前庭としては十分です。

スクエアな建物に違和感がないように、尺角の白御影の間知石を使い土

留しました。

after

植栽は、当社に仮植してあった珍しい荒皮性モミジの株立を主に、ガマズミ

とシダレモミジとでシンプルに構成してみました。

下草には、フイリアマドコロとフイリヤブランの両方とも斑入りの葉が特徴

の観葉も楽しめる植物で根〆しました。

after

この庭のポイントは、伊勢ゴロタ石の敷石の上に置かれた水盤。

水を張る事で、何故か水面にそっと引き寄せられるから不思議です。

こちらも、新しい形の和の庭を造れたと自負しています。

4月中旬から工事に取り掛かっていましたM様邸の作庭工事。

1ヶ月半にも及ぶ長丁場でしたが、ようやくここに完成しましたのでどのよ

ように変化したのかビフォー・アフター形式で紹介させて頂きます。

before

after

2台用のカーポート。物置も建物の外壁と同じオータムブラウン系の色で

統一し、一体感を持たせています。

そのカーポートと合わせて建てたフレーム。額縁効果で、眺める景観を額

縁状の枠で切り取ったので、眺めた時の印象が強くなりました。それに合

わせて、門柱も枕木と柱を組み合わせて大胆にデザインしてみました。

before

after

こちら側から眺めても、やはりカーポートとフレームが組み合わされる事

により、カーポートだけが孤立しているのではなく、一つの構築物として

成立しており一体感が生まれています。

before

after

庭の境界には板塀を設けて空間を仕切っています。

板材は和モダンを強調する為に縦使いにして、間にアクセントとして

さらし竹を挟みました。板塀も同系色に塗った事によりシックになりまし

した。

アプローチには「ベンガルブラック」という珍しい黒い石材を乱張りにし

て張り、白御影石の敷石と組み合わせる事で、コントラストが強調され、

あたかも料亭の苑路のような高級感が演出できました。

主庭はゴロタ石で作った洲浜と、伊勢砂利で作った流れで構成された枯山

水を作ってみました。

植栽はできるだけシンプルにしたかったので、ヤマモミジ、ハナミズキ、

アオハダの3本のみにして構成しました。それとは対照的に、下草はコケ

の代わりにリュウノヒゲをビッシリと植え込み、所々に山野草を植えて趣

を与えています。

before

after

道路沿いにはマサキの生垣を設け延長を長くする事で、緑の量を増やし

潤いを与えています。

 

いよいよ木を植えていきます。この瞬間が一番楽しみです。

何故なら、一番庭の雰囲気が変わるからです。

中庭はいろんな部屋から見えるので、どの角度から眺めても絵になるよう

に考えました。ここはアオダモの株立、ツリバナの株立、オトコヨウゾメ

の3本で上手くまとめてみました。

もちろん高木の根〆にも、下草を植えてまとめていくつもりです。

玄関脇の前庭にも、珍しい荒皮性モミジの株立を植えてみました。このモ

ミジは木肌がゴツゴツした感じなのですが、葉が小さく真っ赤に紅葉する

ので選んでみました。

他にシダレモミジやガマズミを植え、根〆に下草を植えてポイントとなる

水盤を据え付け、伊勢ゴロタ石を敷き詰めるとこんな感じに仕上がりまし

た。

デザインコンセプト通りの和モダンに仕上がったと自負しています。

次は中庭の石貼り工事。だんだん仕上げに近付いてきました。最後まで

しっかり仕事をしたいと思います。

このお庭の見せ場となる作業が始まりました。

まず一つ目は創作の板塀作りです。

このように板1枚1枚塗料をハケで塗っていくのですが、材料の90%は予

算の関係でお客様ご夫婦とそのお父様の3人で、2日掛かりで塗って頂き

ました。

ご苦労お掛けしましたが、その出来栄えはなかなかなものでした。本当に

大変お疲れ様でした。

まずはその柱を立てて横板をビスで止め、型組みしていきます。

2度塗りしてもらいましたので、かなり深い色の仕上がりになり美しい板塀

になりました。

次に枯山水の庭には欠かせない、ゴロタ石を使った州浜作りです。

このように小さなゴロタ石を1個1個ハンマーで叩いてモルタルの中に埋め

込んでいくので、かなり根気のいる作業になりました。

 

板塀とゴロタ石の州浜が完成しますと、このようになりました。なだらかな

曲線に侘び寂びを感じます。

その結果かなり時間もかかりましたが、その仕上がりはちょっとした料亭の

お庭みたいになりました。

次はカーポートの立て込みになります。

そのアルミ工事が終われば、次はいよいよ植栽工事ですが、ただ時期的に

樹木の新葉が固まっていない為、運搬の途中に葉がチリチリになってしま

うので、多分5月の最終週になるかと思われます。

それまでは、他の工事を先に進めておくことに致しましょう。

寒河江市のA様邸のガーデニング。最大の見せ場であり一番の難関作

業。ゴロタ石張りが完了しました。

手間暇かけた甲斐あって、仕上がりは思い通りになりました。雲形の曲線

がうまく出せたので、自分では満足しています。

入口の方も仕上がるにつれ、随分変わってきました。

白御影敷石で土留し入口が丸見えにならない様に、四ツ目垣にドウダンを

植えて生垣にし遮蔽しました。

手前に立っている柱は、オリジナルのサイン柱です。これに、ちょっとした

表札を看板屋さんに手作りしてもらっています。

もう残す仕事もあとわずか。もうすぐ完成です。

次回は完成形をお見せできると思います。お楽しみに!

IMGA0681

着工前はこんな風になっていました。

そこで、管理の楽な庭にと、リ・ガーデンを頼まれました。

015 016 017

立ち枯れしている樹木や、要らなくなった草花を思い切って整理しました。

IMGA0673

ナツツバキの株立やヤマボウシの株立を移植して、新たにクロモジやアオダモ等の雑木を植栽しました。

思い切った曲線で仕切り、約半分のスペースは防草シート+玉砂利にして、管理の時間を大幅に削減する事ができました。ブドウ棚も新たに木製で作り直し、単管パイプで補強しました。これで積雪対策も万全です。

IMGA0685

コンクリートの躯体の上に、新たに鳥海石を組みました。

3種類のモミジ(荒皮性モミジ、ヤマモミジ、コトノイト)を植えて、山野の雰囲気を醸しだし、下草には水辺にとてもよく合うシャガを植えてみました。

IMGA0680 IMGA0681

埋まっていた手水鉢を再利用し、伊勢ゴロタ石で作った洲浜の上を池のオーバーフローした水が流れていく様にし、涼しさを感じさせます。それをより水辺っぽく演出する為に、ミソハギやシダ類を植えました。

池の周囲に縁取りした半ピンコロも、額縁の役割を果たしてくれて、和モダンな感じに仕上がりました。

今回は池の仕上げです。

まずは、前回行った石組にさらに小さめな石を据え付け、より自然な空間

を作ります。

IMGA0526

気になるコンクリートの躯体も鳥海石の小さい石をはめて見えなくしていき

ます。

IMGA0527

ここからが本番です。伊勢ゴロタ石をこのように1個1個叩いて据え付け

洲浜を作っていきます。

IMGA0529

だいぶ先が見えてきました。結局、洲浜が完成するまで2人で丸2日掛か

りました。根気と忍耐の勝負でしたが、それより増して腰の痛いこと痛いこ

と…。当分、腰痛に悩まされそうです。

IMGA0535

なんとか洲浜が無事完了した所で、池の外周に半ピンコロを貼り付けてい

きます。

IMGA0540

洋風素材の半ピンコロを貼るのはちょっとどうかと思いましたが、仕上がっ

てみると意外とはまりました。

IMGA0542

和モダンって所でしょうか。最後に目地を入れて、仕上げに下草を植えれ

ば池周りは完成です。

ようやくゴールが見えて来ました。頑張り所です!

 

 

 

 

 

 

 

着工前はこんな感じでした。

011-a

リビングから見るとこんな感じでした。

007-a

このモミジを移植して奥の看板を隠して欲しいと

頼まれました。

 

完成形はこんな風になりました。

2014-11-08 15.48.04-a

富沢石で野面石組を施工し、盛土の高さをリビングの

床の高さに合わせ、目線が低くならないようにしました。

 

植栽は、ナツツバキの株立ちやナツハゼ、シモツケ、

アスチルベ等で雑木の庭のイメージで作庭しました。

 

苔の代わりに植えたリュウノヒゲの隙間には、

ダイモンジソウやムラサキシキブが植えられ、野趣味な

風合いに仕立てています。

2014-11-08 15.48.26-a

その奥にある和室前のスペースは、瓦で仕切っています。

モミジの変り種のコトノイトやアオハダ・ウメモドキの株立ちを

植え、低木のミツバツツジを添えて、より和風のイメージに

仕上ました。

 

このマンホールの蓋は、来年竹を編んだ物で修景する予定

です。

2014-11-08 15.52.25-a

リビングから見るとこう変化しました。

殺風景だった庭も新しい形を与えられ、新たな空間に

生まれ変わりました。

 

手前のテラスも余計広く感じられます。

今年はもう紅葉も終わり、葉が散り始めておりますが

来春の新緑の頃には、また違った空間を楽しませてくれる

事でしょう。

お客様には、「来年がすごく楽しみです!」と言って頂きました。

2014-11-06 14.49.45-a

もう一つのこだわりがお風呂場前の坪庭でした。

障子に見立てたガラスブロックの前には、クロチクを植えました。

下草には、日陰に強く斑入りで葉の美しいフィリヤブランを

植えました。

 

伊勢ゴロタ石で造形した州浜に、黒那智石の海が和の空間を

演出しています。

IMGA0349-a

入口の花壇のスペースには中木のオトコヨウゾメを植栽し、

下草には、まだ珍しい品種のヒューケラを植え、和と洋の融合を

狙いました。

 

建物が完成してからの工事だったので、出入口が狭くすべて

人力作業という大変な仕事でしたが、毎日変わっていく姿を

お客様に喜んで頂き、それが糧になりなんとか無事に完成まで

漕ぎ着けました。

 

この庭はまだ仕上がり的には70%~80%です。

これから何年もかけて木を育て、100%の庭にしたいと考えて

おります。

 

これからも引き続き、高い評価を得られるよう精進して参りますので

今後とも宜しくお願い致します。

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930