切石

景石の次は沓脱石の据付けです。

大きさは欲しいのですが、重いものは運べないので昔土台に使われていた切石を選びました。

クレーン車から運搬車へ移して運んでいきます。

行けるところまで行ったら、あとはコロとチェーンブロックを使って据え付けます。

次にこの庭のポイントになる石畳を作ります。

石が合わないとカットしなければならないので、やはり手間がかかります。

材料の富沢石は一個一個厚みが違うので下地のモルタル調整が大変ですが、そのぶん仕上がりには重厚感が生まれてきます。

まだ完成まで何日か掛かりそうですが、こだわりたいので頑張ります。

昨年の9月の着工から足掛け7ヶ月ようやく完成致しました。

既存の樹木を活かし、前の庭にあった景石や土台の切石、灯籠、手水鉢、飛石等を使いながら平面図に基づき、自分のセンスと直感、それに一子相伝の技を信じながらここまで造って参りました。

ようやく完成を迎えることができ、今まで味わったことのない達成感を得て、この仕事をやってきて良かったとつくづく感じております。

また、これだけの立派な建物と日本庭園が東根へのインバウンドに少しでも貢献できれば、すごく喜ばしいことだと思っている次第です。

前置きが長くなりましたが、出来上がった作品をじっくり堪能してください。

東の杜の案内板です。このような配置になっております。

土台の切石を再設置した石畳。所々欠けているところはゴロタ石を貼って馴染ませました。

正面に見えるのが交流館です。

なごみ倉にはオシャレなカフェ『杜のCAFE』が併設されており、気軽にお茶ができます。

なごみ倉と歴史資料館の間には芝生広場があります。

7月位までは芝生の養生期間の為、中に入られないように、ななこ垣を作ってみました。これだけでもシンプルながら味があります。

伝承館と収蔵館の間の芝生広場には、できるだけ自然の流れに近づけたせせらぎや洲浜があります。

川底も一個一個玉石を水の流れを意識してコンクリートに打ち込んでいるので、せせらぎの水音が心地よく響き、これが人工的に造られたということを忘れさせてくれます。

再設置された手水鉢や切石、飛石が上手くこの庭の景に馴染んでいます。

この東の杜の最大の売りは、昔ながらの茶室があることです。

その名も『緑筠亭(りょくいんてい)』と言います。

手水鉢は前からあった石臼を再活用いたしました。景石や飛石も再利用したものです。

アカマツの大木やクロマツは大型クレーンを使って植えました。これだけ大きい樹木が植えてあると、初めて見る人は既存木じゃないかと勘違いされる方も大勢いらっしゃるかもしれません。造ったばかりという感じにはどうしてもしたくなかったので、大変な仕事でしたがこだわってみました。

また、流れもこの先まで続いていきます。

露地との結界の為に、四ツ目垣と枝折戸を設けました。

室外機も景観にそぐわないので創作竹垣で隠しました。

流れは、大きな洲浜に囲まれた池に注がれていきます。

まだ樹々に葉が付いていないので淋しげですが、新緑の頃や秋の紅葉の頃は水面にそれらが映り込み、また違った風情を見せてくれることでしょう。

交流館の前には、もう一つ手水鉢が据えてあります。

この自然石の手水鉢は、石の中に埋もれていたのを見つけて据え付けました。この巨大な切石も土台に使われていたのを据え付けましたが、かなり迫力があり、この庭の景を引き締めてくれます。

この灯籠も再利用したもので、この朽ちた感じが時代の流れを物語ってくれています。

以上、この庭園に対して思い入れが深すぎて長文になってしまいましたが、本当に見る価値のある処なので是非足を運んでみてください。

既存の切石の再利用がこんなに難しいのかと思い知らされています。

チェーンブロックに吊りながらの作業ですが、一個一個の厚みと幅が全部違うのでなかなか進みません。

石が厚いと既存の樹木の根が当たり、それを切らないと納まりません。

当然、このように石切カッターで切断して寸法を調整していきます。それにしても凄いホコリが飛んできます。

最後は庭師の技『カナデコ使い』が試されます。

約3日掛かってようやく完了。

この下は元々は井戸だったらしく大量のコンクリート殻が出てきました。

これも削岩機で砕いて捨てます。想定外でした。

次は移植。狭い場所なので更に困難が待ち受けています!

当家の菩提寺の庫裡の増改築工事に伴い、庭園の改修工事を行いました。

まず最初に必要な樹木の移植に取り掛かりました。

これらの樹木は工事に支障をきたすので、別の場所に仮植しました。

次に建物にかかってくる樹木を最小限伐採しました。(昨年の6月施工開始)

昨年の暮れに建物が無事完成したので、ようやく庭園の改修工事に本格的に入りました。

既存の切石や景石を全数計測して施工図(平面図)を作成し、住職の了承を得て工事に取り掛かりました。

まずは建物と庭の土留です。

こんな感じの所を既存石を用いて崩れ石組で土留をしていきます。

ここでもまた施工場所が狭くクレーンが入れないのでチェーンブロックが大活躍です。

やはり既存の石なので、合わせる為にカッター入れて斫らなければなりませんでした。

ようやく完成したのがこちらです。

川石っぽい石だったので、この仕上がりで精一杯でした。

 

次に放置されていた白玉石を洗って再利用します。

次に切石を使っての苑路を作っていきます。大きさも厚さもバラバラな上に、既存木の太い根っ子が邪魔になり、なかなか作業が進みません。

いろいろ工事を進める上で問題点がでてきますが、焦らず納まり重視で仕上げていきたいと思います。

 

今年度も残り僅か。どこまで追い込めるか正念場を迎えております。

まずは除雪しながら茶庭廻りの植栽を行いました。

ナツツバキの株立やアセビ、サツキツツジを植栽した後、リュウノヒゲ等の下草も植栽しました。

緑のボリュームが増えると庭の印象も奥行きがでてきて、かなり変わってきます。

 

次に流れに2ヶ所目の石橋を架けてみました。

切石ももちろん再利用なので高さと幅が合わず、石を削ったり微調整に苦労しました。

次に母屋前の役石等を据え付けていきます。

沓脱石はクレーンが使えず、昔ながらのチェーンブロックで吊り上げました。建物を傷つけることなく完了してホッとしました。

巨大な切石は大型バックホーで吊り上げました。

このバックホーでも、吊り上げるのに必死でした。

手水鉢や配石を据え付けていくと、庭の景がどんどん和に変化していくのが分かります。

吹雪の中、気力を振り絞って流れ石組を仕上げました。

寒さで手足の感覚が薄れていく中、気力だけが頼りでした。

手水鉢を照らす灯籠も、やはり以前の庭のどこかで使われていたものを再利用しています。

そんな努力の積み重ねで、ようやく母屋前の庭も大まかな形が見えてきました。

二つ目の石橋と大きな手洗いも無事に据え付け完了。

続いて流れもようやく完了しました。運んだ石で間に合って良かったです。

手水鉢廻りも細かな仕上げを残して完了です。

苦労して据え付けた大きな切石が、庭の大事なアクセントになって庭の景を引き締めてくれています。

これ以上の天候の回復はあまり見込まれないので、年内の工事は見送りました。

後は雪で枝が折れたりしないように雪囲いをして終わりです。2月初めからはまた作業開始して、3月中旬の完成を見込んでいます。

頼むからあまり大雪にならないことを祈るばかりです。

今年のガーデニングの工事はすべて完了し、既に受注させて頂いた工事は来年度に持ち込みさせて頂きました。

今は人手不足の感が否めず、社員のほとんどが雪囲い作業に追われています。よって工期に限りがあるこの現場だけが動いている訳です。

芝生広場の工事が完了して、次は露地の流れ工事に取り掛かりました。

現場がとても狭く、このようにミニミニバックホーしか使えず掘った土も一輪車で搬出という、とても過酷な現場になってしまいました。

作業開始から約2週間ようやく形が見えてきました。

池底との高低差が自分で考えていたイメージとかなり異なり予定の倍以上の石を使いましたが、その分すごく迫力が出たように感じます。

途中には既存の切石を再利用した石橋も架けてあります。

遂に恐れていた雪が積もり工事はさらに遅れてきました。

この流れが完成するとだいぶ目途がつくのですが…

ここが正念場。無理しないで事故だけは起こさないようにしないと! 

山門には既存の切石を再利用して石畳を作りました。

これだけだと雑な仕上がりだったので、ゴロタ石を張ってみました。

芝生広場と露地を結ぶ歩廊とは、昔ながらの四ツ目を結いました。

これだけでも侘(わび)、寂(さび)が感じられます。

露地にはどうしても昔からあったような体で赤松を植えたくて、高さ6m重さ2.8tの巨大な赤松を25tクレーンを使って歩廊を越して植栽しました。

もう一本高さ4.5mの黒松も一緒に植えたので、いかにも前から存在しているような雰囲気を出すことができました。

次は露地の石組と飛石の据え付けになります。人力でしかできない地道な仕事が続きます。

工事の方も、いよいよ後半戦に入ってきました。

既存の竹林の根の進入を何とかして止めてほしいと頼まれましたので

防竹ネットで竹の根を、トリカルネットで土を止める事にしました。

IMGA0785

1m位の深さまで埋めたので、何とかこれで竹の根っ子が防げればい

いのですが…

IMGA0808

これに割竹を釘止めし、竹柵で化粧します。

IMGA0854

次に、野ざらしに積んであった切石を再利用して、土留の石組みをし

ました。

IMGA0786

かなりの難工事でしたが、日数は掛かりましたが仕上がりは満足のい

くものでした。

IMGA0806

次はいよいよ主庭の仕上工事です。次々に変化していくので、どうい

う風になるのか、私達作り手もワクワクです♪

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
記事アーカイブ