洲浜

和モダンを求めて作った創作板塀が、家の外壁の板材とうまく合って建物との一体感が生まれました。

庭の裏が川になっているので、竹の生垣で空間を仕切ることで川べりの桜の木を借景することができました。

菊型の手水鉢をシンプルに据えて、ゴロタ石の洲浜と延段を敢えて主張する方法も改めてアリだとこの画像を見て思いました。

昨年の9月の着工から足掛け7ヶ月ようやく完成致しました。

既存の樹木を活かし、前の庭にあった景石や土台の切石、灯籠、手水鉢、飛石等を使いながら平面図に基づき、自分のセンスと直感、それに一子相伝の技を信じながらここまで造って参りました。

ようやく完成を迎えることができ、今まで味わったことのない達成感を得て、この仕事をやってきて良かったとつくづく感じております。

また、これだけの立派な建物と日本庭園が東根へのインバウンドに少しでも貢献できれば、すごく喜ばしいことだと思っている次第です。

前置きが長くなりましたが、出来上がった作品をじっくり堪能してください。

東の杜の案内板です。このような配置になっております。

土台の切石を再設置した石畳。所々欠けているところはゴロタ石を貼って馴染ませました。

正面に見えるのが交流館です。

なごみ倉にはオシャレなカフェ『杜のCAFE』が併設されており、気軽にお茶ができます。

なごみ倉と歴史資料館の間には芝生広場があります。

7月位までは芝生の養生期間の為、中に入られないように、ななこ垣を作ってみました。これだけでもシンプルながら味があります。

伝承館と収蔵館の間の芝生広場には、できるだけ自然の流れに近づけたせせらぎや洲浜があります。

川底も一個一個玉石を水の流れを意識してコンクリートに打ち込んでいるので、せせらぎの水音が心地よく響き、これが人工的に造られたということを忘れさせてくれます。

再設置された手水鉢や切石、飛石が上手くこの庭の景に馴染んでいます。

この東の杜の最大の売りは、昔ながらの茶室があることです。

その名も『緑筠亭(りょくいんてい)』と言います。

手水鉢は前からあった石臼を再活用いたしました。景石や飛石も再利用したものです。

アカマツの大木やクロマツは大型クレーンを使って植えました。これだけ大きい樹木が植えてあると、初めて見る人は既存木じゃないかと勘違いされる方も大勢いらっしゃるかもしれません。造ったばかりという感じにはどうしてもしたくなかったので、大変な仕事でしたがこだわってみました。

また、流れもこの先まで続いていきます。

露地との結界の為に、四ツ目垣と枝折戸を設けました。

室外機も景観にそぐわないので創作竹垣で隠しました。

流れは、大きな洲浜に囲まれた池に注がれていきます。

まだ樹々に葉が付いていないので淋しげですが、新緑の頃や秋の紅葉の頃は水面にそれらが映り込み、また違った風情を見せてくれることでしょう。

交流館の前には、もう一つ手水鉢が据えてあります。

この自然石の手水鉢は、石の中に埋もれていたのを見つけて据え付けました。この巨大な切石も土台に使われていたのを据え付けましたが、かなり迫力があり、この庭の景を引き締めてくれます。

この灯籠も再利用したもので、この朽ちた感じが時代の流れを物語ってくれています。

以上、この庭園に対して思い入れが深すぎて長文になってしまいましたが、本当に見る価値のある処なので是非足を運んでみてください。

いよいよ、この工事の最大の山場となる池の工事に入りました。

足場で組まれた囲いはまるでモンゴルの移動住居「ゲル」のようです。

池の底部には防水シートを張って、その上にベースコンクリートを打設しました。

白いラインの内側が洲浜になるので、またこのように1個1個玉石をモルタルに打ち込んでいきます。

なるべく自然に見せる為、大きさの違う石をうまく組み合わせていきます。

水の流れを予測しながら石を据え付けているので、人工的に見えなければ良い仕事と言えるのではないかと思っています。

1日でできる仕事量はたかが知れているので、目の前の事だけ考えて地道に作業を続けていくつもりです。

 

着工前

和モダンな庭でありながら、プライバシーの確保と多目的に使える庭をコンセプトに考えました。

カーポート下の床部分の土間コンクリート。東の乗り入れを考えて三角の部分を設けてみました。

意外とこれもアクセントになっています。

白御影の敷石を交互に並べてスタイリッシュな土留にしました。

生垣はイヌツゲにして隣接する川との空間を仕切りました。また遊び盛りのお子様達が誤って川に転落しないように安全対策も兼ねています。

一番変わったのが家との一体感。雑木等が植栽されたことにより土地が有効活用され、すごく広く感じます。

駐車スペースと庭を仕切る創作塀。この家の外装にも材木が使われているのでベストマッチしています。黄色いさらし竹が良いアクセントになっています。

この板塀の奥には一体どんな景色が広がっているのだろう?この家と訪れた方にそう思って頂けたら、私の思惑通りです。

家の玄関へと続くアプローチは富沢石を石畳風に据え付け、大胆な曲線を用いてアートを演出しました。

伊勢ゴロタ石を洲浜状に並べて玉砂利との境界にしていますが、このなだらかな曲線が和を感じさせるのに一役を担っています。アプローチから続く延段は一直線にして、庭の景を引き締めました。

ツゲの生垣が空間を仕切り、堤防に植えてある桜の木を見事に借景しています。

庭のポイントとなる菊型の手水鉢の廻りには、ヤマモミジやアオダモ等の雑木を植えて野趣味な雰囲気を醸し出しています。

瓦で囲って作ったテラス。バーべQにも使えるくらいの広さを確保してあります。黒那智を花びらのように埋め込んで庭に馴染ませてあります。

 

 

ただひたすら、川底に玉石を打ち込んで何日経ったのだろう。

先が見えない仕事というのは案外辛いものです。

ようやく一か月半ほど経ってから流れの部分が完了しました。しゃがんでの仕事なのでかなり腰が痛いです。

でもその甲斐あってパッと見、かなり自然な流れを再現できたと思います。

次は第2クール。広い洲浜風の池の玉石張りです。

池の途中には、そこと渡れるように沢飛石を設けてみました。もちろんこの廻りも玉石を打ち込んでいきます。

下流の方なので上流は石を少しデコボコに荒く見えるようにしていましたが、ほぼほぼ平らに打ち込んで柔らかい印象を与え、より自然に近づけました。

約2ヶ月近く掛かって、ようやく芝生広場の玉石打ち込みが完了しました。

何とか完了しましたが、精神的には結構きつかったです。

でも、それなりの達成感は得られ出来栄えには満足しています。

和モダンがテーマのK様邸。

どのように変貌を遂げたのか、例によってビフォー・アフター形式で紹介していきたいと思います。

 

before

after

カーポートの床部分に土間コンクリートを打ちました。

車の乗り入れを考えて三角の部分を設けてみました。意外とこれもアクセントになっています。

 

before

after

白御影の敷石を交互に並べた土留。

生垣はイヌツゲにして隣接する川との空間を仕切りました。

また、遊び盛りのお子様達が誤って川に転落しないようにする目的も兼ねています。

 

before

after

すっかり秋になり既存の柿の木の葉っぱも所々落葉してしまいました。その下にはフイリヤブランが埋もれています。

伊勢ゴロタ石を洲浜状に並べて玉砂利との境界にしていますが、このなだらかな曲線が和を感じさせてくれます。

アプローチから続く延段は、御影石と富沢石の組み合わせでまとめてみました。この一直線な延段が庭の景を引き締めてくれます。

 

before

after

ツゲの生垣が空間を仕切り、堤防に植えてある桜の木を見事に借景しています。

庭のポイントとなる菊型の手水鉢の廻りには、ヤマモミジやアオダモ等の雑木を植えて野趣味な雰囲気を醸し出しています。

after

駐車スペースと庭とを仕切る創作塀。この家の外観とベストマッチしています。

さらし竹が良いアクセントになっています。

after

この板塀の奥にはどんな景色が広がっているのだろう?

この家を訪れた人に、そう思って頂けたら私の思惑通りです!

 

 

和モダンがテーマの今回の作庭工事。

テラス部分も瓦を縦に使って囲ってみました。

この庭の中心ポイントとなる菊型の手水鉢の廻りに、湯桶石と手燭石を据え付けてみました。敢えて略式にした為に海は作りませんでした。

手水鉢の前には、白御影石と富沢石を使って延段を作りました。

石のコントラストが映えますね~!

盛土の縁取りに、今回は伊勢ゴロタ石を使って洲浜状に敷き詰めてみました。

石を一個一個通し目地にならないように、ゴムハンマーで叩いてモルタルに埋めていきます。まさに自分との闘いでした。約3日掛かって、ようやく完成しました。

手水鉢廻りや延段、ゴロタ石の洲浜、瓦の縁取りが完成すると大まかな庭の形が見えてきました。

ここに来て、前から植えてあった柿の木の大木が存在感を示しています。これはちょっと意外でした。

まだ50%も完成していませんが、まだまだ仕掛けが残っているので、どのように変化していくのか自分でもワクワクしています♪

 

この庭を鯉が泳ぐ池と、そこに流れるせせらぎを残して全てリノヴェーションしてほしいと頼まれました。

まず一番に考えたのは事務室から眺めた時に、いかに心安らぐ空間を演出できるかどうかでした。また、周囲は全て舗装してある駐車場なので、庭の中を回遊しても飽きの来ない空間を作り出せるかも大きなポイントになりました。

既存の樹木はモクレンやツバキ、ノムラモミジ、シャクナゲ、ムラサキシキブの5本を残して全て抜根しました。

また豪雪地帯である為になるべく雪囲いの手間を省略化すべく、いくつかの方法を実践しました。

高木は全て雑木(アオハダ、アオダモ、ジューンベリー、ツリバナ、ハナミズキ等)を植栽し、枝をしおるだけで雪囲いが完了するようにしました。

地被類は全て多年草(クリーピングタイム、フイリアマドコロ、フウチソウ、ビンカミノール、ヒューケラ、シラン、スジギボウシ、フイリヤブラン、シャガ)を植えて野趣味な感じが出るように配植しました。もちろん雪囲いは必要ありません。

既存の流れは殆どいじならいで、石を少し足したり移設したり、段滝を作ったりゴロタ石で洲浜を作ったりして少しリニューアルしました。

事務室からの眺めはこのようになりました。

「まるで避暑地に遊びに来たみたい。」と喜ばれたので全てが報われました。

庭の全景は既存のモクレンやヤマモミジがある事でかなり落ち着いた雰囲気になりました。

白御影の敷石で土留した事で、庭の印象がスタイリッシュに見えます。

生垣は全て曲線を描いてあり、マサキ、シラカシ、ヒイラギモクセイの常緑樹を植えて、高さも少しずつ変えてあります。

庭は三方向に出入口が設けてあり、こちら側には階段を作って変化を付けてあります。

このように庭は自由に散策する事ができ、眺める方向によって景色が変わります。歩く度に新しい発見があるかもしれません。

池の手前には富沢石を乱張りしてあります。これによって庭の景が引き締まりました。

心なしか鯉も嬉しそうに泳いでいます。

 

御夫婦揃ってお城巡りが趣味と伺って、ようやく合点がいきました。どうして和の庭にこだわられるのか。家の外観が和の雰囲気がどことなく漂っていたので、すごく斬新な作品を提案してみようと考えました。

庭の入口から一番奥まで、枯流れが続いています。

それと並行して玄関までのアプローチが続いていく訳ですが、どうしても黒の石を貼りたくて悩んでいた所『ベンガルブラック』という石材があるのを思い出し、白御影の敷石と合わせて貼ることで、まるで料亭の苑路みたいな仕上がりになりました。

枯流れは奥に行く程広がりを見せ、洲浜や景石が据えられ白砂を敷き詰める事で海を表現しています。高木にはヤマモミジやハナミズキ、ナツツバキの株立といった和のテイストが感じられる植物を植栽しました。苔の代わりに植えられたリュウノヒゲの中には野趣味な枯梗や大文字草、ナルコユリ、フイリヤブランが植えてあります。


板塀は縦張りにし、間に唐竹を入れる事で和モダンな感じに仕上がりました。ちなみにこの板材は予算の関係上、施主施工にして頂きました。多少のムラは味という事で…。

流れが一部アプローチにまで浸食しているのも、庭を広く見せる工夫です。

この作品の一番のこだわりは、カーポートと連立しているGフレームです。これでカーポートだけ孤立しているという訳ではなく、素材の色も全て建物と統一したおかげで一体感が生まれました。

いわゆる『額縁効果』を狙ったもので枠で切り取られる為、奥の庭の印象がより強く感じられます。

門柱もGフレームに負けない斬新なデザインにしました。

どうしてもイメージに合わなかった流れを改修していきます。

まずは削岩機で既存の石組を壊していきます。

予想以上に石が頑丈に固定されていて驚きました。外した石を別の位置へ

組み換えし、当社から持ってきた石と組み合わせて護岸石組を行います。

石組が完了すると、だいぶ単調だった石組も大小の石が組み合わされる

事で石組に奥行きが出てきました。

それに伊勢ゴロタ石の洲浜を施工すると、また違った雰囲気になってき

ました。

次はいよいよ植栽工事です。

かなりの種類の雑木と地被植物が植えられるので、ちょっぴりリッチなリゾ

ート地みたいなコンセプトで仕上げたいと思います。お楽しみに!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ