物置

工事も大詰めを迎えてきました。

2台用のカーポートと、同じく自転車が2台入る位の大きめの物置の設置

が完了しました。

IMGA0102

物置の色も、建物の外壁に合わせてホワイトにしたので、違和感なく景観

にマッチしています。

IMGA0103

カーポートも敷地の関係上、この様に角を隅切りにしました。

色んな形状に合わせてカットできるのも、この商品の魅力です。

次に土間コン打設用に型枠を組んでいます。これはコンクリートのヒビ割れ

防止に伸縮目地を入れている所です。

IMGA0106

次はいよいよ土間コン打設です。

IMGA0127

画像にはありませんが、ポンプ車を使い3人掛かりでようやく完了しまし

た。

IMGA0130

土間コンが仕上がると、かなり形が見えてきます。しばらく養生した後いよ

いよ植栽です。完成までもう一息、気合を入れて頑張ります!

 

いよいよガーデニングも大詰めを迎えました。

まずは雑草対策に防草シートを張って、その上に玉砂利を敷き詰めていき

ます。

IMGA0778 IMGA0779

ポストの設置もお願いされたので、メタリックでオシャレな物をチョイスし

ました。

IMGA0776

次回は完成形をお見せしたいと思います。限られたスペースがどのような

形に生まれ変わったのか、期待していて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大まかな植栽が完了しましたので、次にいよいよアルミ工事に入っていき

ます。

まず、最初にカーポートを設置していきます。

IMGA0658

お客様の要望で最新型のカーポートを設置します。

何が最新かというと、片屋根式で耐積雪が50cmなのは初めてです。柱が

かなり太いのが分かります。

次にウッドデッキと物置を組み立てていきます。

IMGA0665 IMGA0667

組み上がると印象がかなり変わります。

リビングのフローリングの色と合わせたウッドデッキがより広く感じさせま

す。

物置も建物の外壁に合わせて白にしたので、違和感なく仕上がりました。

次に、当社が得意とするオリジナルのガーデンフェンスを組み立てました。

IMGA0711

既存のアルミフェンスを活かして、その上の部分の空間を仕切る事にしま

した。

木の優しさが、ほのぼのと滲みでています。

次に土間コンクリートを打設しました。

IMGA0708

このコンクリートが固まり型枠が外せると、いよいよ仕上げです。

一週間後が楽しみです♪

上山市のK様宅の外構工事がようやく完成しました。

7月初めの着工前はこんな感じでした。

IMGA0336

これを次のようなデザインになるように設計しました。

完成予想図がこちらです。

IMGA0751

実際に出来上がったのがこちらです。

019 (2)

当初の予定には無かった、2台用のカーポートと物置を設置したので

イメージパースとは若干異なっていますが、ほぼ忠実に

再現できたと思います。

017 (2)

K様宅は高低差が1.7mもあり、とても急勾配になるのですが

ここには高齢の方がいらっしゃるので、ゆるやかなスロープに

手すりを設けることにより、高齢の方でもなるべくストレスの

かからないようなデザインにしました。

また、上山ということで冬に雪がたくさん降ることを考えて、この

スロープのところから、花壇部分に雪を降ろし、雪かきが楽にできる

ようにと考えました。

 

コンクリートの土留をすることにより、垂直な壁を設けられたので

以前より土地が広く使えるようになりました。

015 (2)

反対側から見てもらうといかに以前より使えるようになったか

一目瞭然です。

012 (4)

今回は予算の関係上で植栽類は全て次期工事に繰り越しに

なりましたが、いつかまたイメージパースのような植栽が出来

この無機質な空間に植物で、季節感や潤いを与えられる事が出来たら

最高です。

完成まで約70日という大工事の中、いろいろ工程では御迷惑を

お掛けしてしまいましたが、何とか無事に完成することが出来

ほっと胸をなでおろしています。

本当に有難うございました。

隣家との距離が近く、視線が気になったので

オリジナルガーデンフェンスで視線を遮閉することにしました。

004 (6)

奥の花壇には小舗石で花壇を作り、手前にはレンガを並べて

花壇を作りました。

008 (8)

物置はちょっとしたガーデングッズがしまえるような小さいものを

選びました。

また、雪が隣家に落ちるのを防ぐため、横落ちの物を

設置しました。

020

次に樹木の植栽が終わっただけで、雰囲気がだいぶ変わってきます。

027

高木の下にはPOT物を植えて、彩りを与えています。

026

残りは張芝と、テラスの洗い出しになります。

これが終われば完成です。

ラストスパート気合を入れて頑張ります!

 

着工前はこんな感じでした。

011

 

こちらが完成全景です。

019 (2)

一番手前には2台用のカーポートを設け、その脇には

コンクリートのアプローチを設けました。

 

反対側から見るとこんな感じです。

006 (4)

手前にはレモンイエローの葉が鮮やかなイレックスサニーフォスターが

植えられ、その隣には庭のシンボルヤマボウシの株立ちが植えてあります。

奥には以前からあった、家庭菜園の枕木を再利用した家庭菜園を

作ってみました。

思ったより段差があったので、2段構成にして作ったことが

かえって庭のアクセントになったと思います。

 

009 (6)

奥にはこんなに広い芝生のスペースがあります。

今回は高麗芝を目地無しの全面張りにしたことで、最初から

ほぼ完成形の芝生広場が出来ました。

ここは子供達の格好の遊び場になることは間違いないでしょう。

 

013 (4)

アプローチはポーチの色とコーディネートしたコンクリートの

化粧平板を方形に並べてデザインしてみました。

奥にはいろんな物が収納出来る物置を設置しました。

家の周囲には、防草シートを敷いた上に玉砂利を敷いているので

雑草対策は万全です。

 

うまく管理をして頂いて、今よりもっといい庭に育てて頂きたいと

思っております。

何か管理でわからない点があれば画像を添付してメールで

送って下さいと奥様にお話ししました。

色々とアドバイスさせて頂きますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930