白御影間知石

建物がスタイリッシュな外観だったのと、お客様が和のテイストを好まれて

いたので、「和モダン」をテーマにデザインしました。

分かり易いようにビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

中庭は色んな所から眺める事ができるので、眺める場所によって色んな景

色が楽しめるように考えました。

駐車スペースから眺めるとこのようになります。

手前に植えてあるツリバナの株間から眺めると、逆遠近法で広く感じます。

高木は他にアオダモとオトコヨウゾメの3本に絞り、配植の妙で空間を構成

しました。

before

after

この庭の重要なポイントになっている苑路。

枕木風のヴィンテージウッドに、地元産の富沢石を石畳風にして組み合わ

せてみました。苑路、植栽地共デザインを雲形に統一した事で、小舗石等

を使っても和のテイストが漂います。

before

after

玄関前の角地、この狭小スペースも修景しました。

これだけのスペースがあれば、前庭としては十分です。

スクエアな建物に違和感がないように、尺角の白御影の間知石を使い土

留しました。

after

植栽は、当社に仮植してあった珍しい荒皮性モミジの株立を主に、ガマズミ

とシダレモミジとでシンプルに構成してみました。

下草には、フイリアマドコロとフイリヤブランの両方とも斑入りの葉が特徴

の観葉も楽しめる植物で根〆しました。

after

この庭のポイントは、伊勢ゴロタ石の敷石の上に置かれた水盤。

水を張る事で、何故か水面にそっと引き寄せられるから不思議です。

こちらも、新しい形の和の庭を造れたと自負しています。

中庭の2種類の小舗石を使って作った植栽スペース。

時間が掛かりましたが、雲形に上手く仕上がりました。

前庭も家とマッチさせる為、和モダンなデザインにしました。

こちらは白御影の間知石を並べて土留をします。

この庭の主役の水盤をセットして、同じく白御影石でステップを作りま

した。

想定外の所に桝がいっぱいあって、嵩上げしながら対応していきます。

それにより石積みも「納まり」を重視して作業していきます。

かなりシュッとしたデザインに仕上がりました。

これに樹木を植えるのですが、何を合わせて植えるのかセンスが問われる

所です。

 

着工前はこんな風に土留が施されているだけでした。

敷地の周囲も樹木や雑草が生い茂り、鬱蒼としていました。ただ白い土蔵

だけが美しかったので、これだけは何とか借景したいと考えました。

敷地周囲のアカシアや雑草は、許可を得て伐採しました。空間を仕切る為

にオリジナルのガーデンフェンスを設けてみました。これにより白い土蔵

が浮かび上がり、アクセントとして上手く借景する事ができました。

植栽部分は白御影の間知石と小舗石の二丁掛で花壇と作り、若干ではあ

りますが高低差を設けました。

植栽は管理の楽な雑木類(アオダモ、ジューンベリー、アズキナシ、ヤマモ

ミジ等)を植えて、季節毎の移り変わりが楽しめるように配慮しました。

ガーデンフェンスの下が空いている所は低木のシモツケを植栽し、それを

カバーしました。

根〆にはキャットミント、クリーピングタイムのハーブ類でまとめ、ただ眺

めるだけではなく、その香りを楽しんだり、葉っぱを収穫したり多目的に利

用できるように考えてみました。

また、一部ではありますが畑土を入れて家庭菜園も設けてみました。

また、光の当たり具合でこのようにおもしろい影の造形が見られ、これは

想定外の出来事でした。

寝室前には、ナツツバキを植え、逆遠近法で庭が広く見えるようにしてみま

した。

リビングの前には雲形の大きなテラスを設け、テーブルを置いてゆっくり

寛げる空間を設けてみました。これからの季節バーベQなどもいいかもし

れませんね♪

玄関脇の坪庭には小舗石とレンガで雲形に仕切り、今カラーリーフとして

人気の高いヒューケラを植えてみました。

ここにはあまり大きくならないツリバナの株立を1本植えて、シンプルな空

間構成にこだわりました。

ちなみに、白い玉石は海を表しています。

玄関前は、枕木を立てて門柱にしてみました。その後ろにはアオハダの株

立を植え、根〆にはグランドカバーのフイリヤブランとビンカミノールでま

とめてみました。

東根市のT様邸のガーデニングも作業が進むにつれ、だいぶアウトライ

が見えてきました。

庭に高低差をつける為に据え付けた白御影の間知石。1個1個が約30kg

あるので、並べるのにかなり腰への負担がかかりますが、ここはガマン!

ガマン!しかありません。

並べ終わるとなかなか綺麗な曲線が描かれているのが分かると思いま

す。その手前には桜御影の小舗石の二丁掛を並べて、10cm位段差をつ

け家庭菜園を設けました。

植栽用客土に十分な肥料を播いて撹拌します。

これだけ投入すれば、植物が順調に生育すること間違いないです。

それが終わるとこんな風に仕上がりました。

なかなかおもしろいデザインに仕上がりました。

次はいよいよ樹木を植えます。どれだけ変貌するかとても楽しみです♪

 

dscf5621

 

img_0208dscf5079

dscf5078

最初にお客様と打ち合わせにお伺いした時、3つの要望を伝えられました。

1つ目は、リビングからの眺めがどことなく殺風景なので、何か雑木的なもので目隠ししてほしいとの事。

2つ目は、門柱の脇に気を植える事で、冬場玄関前に雪が入り込んでくるのを和らげてほしいとの事。

3つ目は、道路側にある窓が和室に面しているので、何か木を植えて修景してほしいとの事でした。

あらかじめ予算も提示されていたので、どうその範囲で納めるか手腕が問われる所でした。

dscf5623

植栽地は、白御影の間知石、小舗石錆の二丁掛、小舗石大洋紅を使う事で、約10cm位ですが、ちょっとずつ段差をつけて立体感を与えてみました。

植栽はヤマモミジ、アオハダ、常緑ヤマボウシ、ジューンベリー、ナツツバキ等の様々な雑木を植える事で、四季の移り変わりを楽しんでもらう様にしました。それと同時に隣家との目隠しもさりげなく行える様に配植しました。

芝も張ってみたいとの考えも伺いましたが、御夫婦とも働かれていたので、今回は管理の殆どかからない防草シート+玉砂利敷をお薦めしました。

dscf5628

家庭菜園も挑戦してみたいとの事だったので、畳2枚分位の大きなものを作りました。これで、4人家族なら十分にいろんな野菜が収穫でき、新鮮なものが毎朝食べられるからです。

dscf5624

リビング前には、ウッドデッキと雫をモチーフにしたテラスを設けてみました。

このウッドデッキに腰掛け、バーベQを楽しむ姿が目に浮かびます。

dscf5617

門柱脇にはカツラの株立を植えて、雪の入り込みを少しでも和らげられる様にしてみました。

dscf5616

和室前には、スペースが狭かったのであまり大きくならないウメモドキとツリバナを植えて、少しでも和のテイストを感じてもらえる様にしました。

ガーデニングもいよいよ大詰めを迎えています。

今回は樹木の植栽です。

まずは、剪定して余分な枝を落とします。

dscf5579

アオダモの株立やウメモドキ等の雑木を植え込みました。

dscf5580 dscf5582

次に樹木が風や雪で傾いたりしないように、竹で支柱を施します。

dscf5583

植栽まで完了したら、庭のだいたいのイメージがつかめました。

dscf5586

3種類の石の高さを変えた事で、庭にリズム感が生まれてきました。

ただ残念なのは、樹々がすでに落葉してしまった事。

紅葉の時期だと、美しいコントラストをお見せできたのに…

次は、最終工程のテラスとウッドデッキ工事です。

完成まであとわずか。最後まで雪が降らない事を願います。

着工前はこんな感じでした。

imga0208

img_0020 img_0021

駐車スペースのアプローチ側には、カラー平板を色分けして交互に並べま

した。

dscf5037

正面から見ると、意外に色使いがカラフルです。

dscf5038

アプローチは華やかにしてほしいという要望でしたので、アンティークレン

ガで縁取りを行い、淡い桃色系の色が美しいサントメローズという石を乱張

りしました。

花壇部分には将来ピンクの絨毯になるよう、クリーピングタイムを植え付け

ました。

 

反対側の隣地境界には、ショコラ・コロンという生チョコの様なレンガで縁取

った花壇にナツハゼとスジギボウシを植栽しました。

dscf5034

駐車する時、バックでぶつけたりしない様にRを付けています。

「庭はプライベートが守られるスペースにしたい。」という要望でしたので

3方向全てをマサキの生垣で囲いました。

dscf5040

その結果、空間を丁度良い具合で仕切る事ができました。

それと合わせて庭がすごく広く感じられます。

dscf5042

この角度から眺めると緑の量が増えたので、建物と一体化してゴージャス

に見えます。これと「家」と「庭」ができたので「家庭」の完成です。

dscf5048

特に、芝生の形にはこだわりました。

大胆な曲線を用いているので、どことなく和の香りがするのですが、木の葉

型のテラスがそれを上手く洋のイメージへと導いてくれてます。

dscf5049

植栽は雑木がメインで、アオハダ、ヤマモミジ、ジューンベリー、キンモクセ

イ、ツリバナが植えてあります。樹高が3mを超える大きな木を植えたので

隣のアパートの人が停めている車もそんなに気にならなくなりました。

dscf5053

御夫婦のかねてからの夢であったウッドデッキ。かなり広いので使い方は

発想次第で色々できます。リビングからもかなり広く見えます。

木の葉型のテラスはバーベQをしても傷まない様に、レンガの縁取りの中

は敢えてコンクリートのハケ引き仕上げにしました。

dscf5057

デッキの横には木製のガーデンフェンスを取り付けました。目隠しはもちろ

んワイヤーネットを取り付けて、ガーデングッズの見せる収納やガーデンフ

ックを取り付けてハンギングを楽しめます。

駐車場と建物の高さに結構高低差があったので、リブロックを2段積みして

土留めしました。

dscf4122

そのブロックに高さを揃えて、白御影の間知石をRを付けて組んでいきま

す。

dscf4128

それに合わせて玄関までのアプローチをクラシックレンガで縁取っていきま

す。

dscf4138

dscf4137

玄関は華やかにしてほしいとの奥様のご要望でしたので、サントメローズと

いう美しく淡いピンク色の石を乱張りしました。

dscf4146

駐車スペースにも、カラー平板を取り付けてワンポイント。

ここまで完成すると、こうなりました。

dscf4148 dscf4166

敢えて美しい色をチョイスしたので、結構華やかに仕上がりました。お客様

にも想像以上と喜んで頂き、肩の荷が降りる思いです。

次は劇的に景色が変わる植栽工事!我々もどうなるかワクワクします!

imga0857

 

imga0741

着工前は荒造成のままで、すごく歩きずらい状態でした。

imga0856

普段停める車は御主人の1台分だけですが、たまに訪れる娘さんの為に2台用のカーポートを建てました。更に来客があった場合は、1台バックすればもう1台駐車できるスペースを確保しました。

玄関前には視線を遮る為に植えた、ジューンベリーの株立が存在感を示しています。

imga0862

アプローチは焦げ茶色の外観に合わせて、富沢石を石畳風に貼ってアクセントにしています。

この角度から見ると、アプローチの動線がいかに工夫されているか理解して頂けると思います。

imga0866

既存花壇の土留は、白御影の間知石を2段積みにして対応しました。ここも曲線にしたので積むのに苦労しましたが、その分仕上がりには満足しています。

imga0918

芝生は大胆な割り付けにして、既存の庭園に馴染ませました。

imga0857

少し高い所から見ると、カーポートの色から全体のデザインが上手くまとまって、建物と一体化しているのが分かります。

IMGP4727

 

着工前はこんな感じでした。

IMGA0723

この作品は、外構が既に半分以上出来上がっていて固いイメージだったので、それを和らげるデザインと強調するデザインの両立を目指しました。

IMG_0074

白御影の間知石は大胆な曲線を用いて、固いイメージを和らげました。

IMG_0080

枕木のモニュメントには、こんなオシャレな金具を取り付けて遊び心を出してみました。

IMGA0335

カーポートから玄関までの通路は、化粧平板を碁盤状に並べて固いイメージを強調しています。

IMGP4725

芝生広場は、これぞ作庭家という位、思い切った自由な曲線を描いています。

その反面、木製フェンスの前の花壇はカクカクカクにしました。このバランスは絶妙だと思っています。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930