高麗芝

花壇の縁取りが決まれば、次はいよいよ植栽です。

雑木類を植えて高麗芝を張っていきます。

これだけでも随分、雰囲気が変わっていきます。

次に新たに設けたウッドデッキの周りをアンティークレンガで縁取りして、シャレたテラスを作ります。

門柱はお得意の枕木を3本組み合わせただけのシンプルなもの。

これに表札とポストを取り付ければ見違えるほどオシャレになります。

アプローチには化粧平板をグリッド状に並べて、変化を付けたいと思っています。

ここまで来ると進捗率は80%。

かなり全体のイメージが分かるようになりました。

途中でお客様からリビングから見てウッドデッキをもう少し広くしたいとの要望がありましたので、工事は今の所ここでストップ。

庭が良くなることは大歓迎なので、こういう小まめな打ち合わせは改めて必要だと感じました。

アプローチは化粧平板ブロックのみ並べました。

これにコンクリートの四角形が加わるので、どう変化するのかすごく楽しみです。

建物の外観もガーデニングが加わると、ちょっとリッチに見えてきます。

あとはゲスト用の駐車スペースを土間コンクリートを打設して作るのですが、まだ天気予報で雪マークが見えるので左官屋さんと打ち合わせをしてもう少し時期を遅らせることにしました。(仕上がりの出来栄えを考慮して)

これさえ終われば、ポストや表札の取り付け等細かい仕上げが残るのみです。

最後までベストを尽くして頑張ります。

 

庭に樹木を植えると景観が一変します。なので毎回この仕事が一番楽しみです。

まずはメインとなる高木(雑木)から植栽していきます。

次にブロックと木製フェンスを結ぶ生垣を設ける為、柱を立てて竹を取り付け生垣支柱を作ります。

次に低木やグランドカバーを植え付けていきます。

根〆が決まると庭に華やかさが出ます。

次に高麗芝を張っていきます。

芝の面積が広いので作業にも時間がかかりましたが、張り終わると庭が見違えるほど変わりました。

最後に庭のアクセントになるように淡いピンクの化粧砂利を敷き詰めました。あとは門扉の取り付けを残すのみとなりました。

次回は完成形をお見せできると思います。お楽しみに♪

植栽する前はこんな感じでした。

これが、植栽するとかなり印象が変わります。

まずその前に雑草対策として、防草シートを張っていきます。

そこに玉砂利を化粧に敷いていきます。

次に植栽する樹木の剪定を行い樹形を整えます。

剪定が完了した樹木を設計図通り植えていきます。

植えた樹木が風や雪で倒れないように竹で支柱を施します。

次に高麗芝を全面に張っていきます。

ここまでの時点でも、かなり以前より広くなったように感じます。

やはり比較するものができたので目の錯覚によりそう感じるんだと思いま

す。

芝を張った事でより緩やかな曲線が見て取れるようになりました。

ここに色とりどりの多年草の草花が植えられるので、よりその効果は増幅

される事が期待されます。

ガーデニング完成まで残り僅か。出来上がりが楽しみです♪

今回は珍しく左官屋さんからの紹介で、植栽工事のみを依頼されました。

植栽する前はこんな感じでした。

まず最初にアンティークレンガで縁取られた花壇に、花の咲いている期間

がすごく長いアベリアを植栽しました。

次にアルミの格子から見ても映えるように、ドウダンツツジの円筒形のもの

を植えてみました。

東根市は生垣を植栽すると材料代が半額貰える補助があるので、イヌツゲ

の生垣にしてみました。

シンボルツリーは定番のヤマボウシの株立を植えてみました。これでリビン

グからの眺めはかなり変化しました。

次に植栽用の客土に肥料を混ぜて芝床を作っていきます。

それに高麗芝を張って目土をかけていきます。みるみるうち庭に潤いがで

てきました。

植栽が完了すると素敵な空間が出現しました。

やはり植物があるとないでは大違いです。

こういう植栽だけの工事も大歓迎ですので、是非頼んでみて下さい。

待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌

します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えが

とても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツ

ケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したい

と思います。

before

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別

物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木

でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペ

ースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミック

スして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が

違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませ

んがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

before

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウ

ンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきてい

ます。

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使

って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニング

になりました。

今回はいよいよ植栽工事です。

ゴールデンウィークに入ってしまい、物流の関係で少し期間が空いてしま

いました。

IMGA0259 IMGA0261

まずは樹木を剪定し、それから植えていきます。もちろんモニュメントの廻

りも木を植えていきます。

IMGA0262

植栽が終わったら次は芝を張っていきます。緑の量がぐんと増えると景色

が変わります。

IMGA0264

木の根〆には、クリーピングタイムを植付けました。ピンクの可憐な花は咲

いてくれると、生育も旺盛ですぐに地面を覆ってくれるので、雑草もまず生

えてこないという優れものです。これはおススメです。

最後に、防草シートの上に玉砂利を敷き均します。この化粧を施すとお庭

はビックリするくらい素敵になりました。

次回はいよいよ完成形をお見せできると思います。なかなかの出来栄えと

自負しておりますので乞うご期待!

IMGA0818①

着工前はこんな感じでした。

IMGA0689①

道路沿いに土間コンクリートを打設して、4台分の駐車スペースを確保しました。

IMGA0817①

IMGA0831①

主庭は花壇の小舗石の角をアールを付けて変化を出し、それを3連にする事で面白いデザインに仕上がりました。他の部分は高麗芝の部分を多くとって、将来お子さん達の遊び場になる予定です。

IMGA0821①

アプローチは、土間コンクリートの形を台形にして変化をつけ、化粧平板ブロックでアクセントをつけてみました。

IMGA0826①

隣地境界は、高低差がありお子様達が誤って落下する恐れがあるので、着脱式の転落防止ネットを考えてみました。

天童市のK様邸のガーデニング。この間にいっぱい立っている支柱の意味

が分かります。

IMGA0421 (2) IMGA0427

その答えはその支柱に割竹を取り付け、自由な曲線を用いた生垣を作る

物です。かなりアートっぽく??見えます。

次に雑木類を植えていきます。

IMGA0457 IMGA0481 (2) IMGA0484

ヤマモミジやネジキ、ヤマボウシ等、数多くの雑木を植栽しました。次に先

程設置した生垣支柱に、シラカシ、ネズミモチ、マサキを植栽したアールの

ついた生垣を作りました。

次に残りのスペースに高麗芝を張っていきます。

IMGA0504 IMGA0507

ここまで来ると庭の景観が劇的に変わります。お客様にもデザインがすご

く好評でした。

私も以前から尊敬している作庭家『重森三玲』にインスパイアされてデザ

インしたので、これが受け入れられすごく満足しています。

これを力に明日からまた頑張れそうです。

 

IMGA0161

ガーデニングの追加工事を頂きました。

当初はこんな感じでした。

1 2 3 4

当社の自由な発想でアレンジしても構わないという事でしたので、色々手を加えてみました。

まずは入口から眺めた所です。

IMGA0288

よりスクエア感を強調したかったので、小舗石の白と大洋紅で四角の植樹帯を設け、少し樹木が足りない様思えたので、ヤマモミジのシンボルツリーとアオハダの株立を植栽しました。

低木にはサラサウツギマジシャンとシモツケを追加しました。

クリーピングタイムのマットは玄関前に移植し、この部分は高麗芝を全面張りにしました。

アプローチの石貼りの目地も、砕石敷からクリーピングタイムへ変更して、緑のラインを強調し華やかさを求めました。

IMGA0289

玄関側から眺めると、カーポートの前にジューンベリーの株立とクロモジの株立を植栽したので、緑の量が倍増した為比較するものができ、遠近法で庭が前よりすごく広く感じます。移植したクリーピングタイムのマットも、来春花が咲けば賑やかな印象になるでしょう。

5 6

芝生の中に、少し遊び心を出して、三角形の花壇を2ヶ所設けました。

1ヶ所は多年草のヒューケラを、もう1ヶ所はフリースペースにしました。この形は今までなかったので、意外と面白いデザインになりました。

植栽用の客土が入れ終わっただけで、結構雰囲気が変わります。

IMGA0514

デッキ前のアオダモの株立も、リビングのソファーに座って眺めた時バラン

スが悪かったので少し移動しました。

RIMG0001

RIMG0003

ガレージの裏側は化粧平板ブロックを並べて、子供達の駐輪スペースに致

しました。

次はメインの植栽工事です。毎回思うのですが、庭に木を植える事で庭の

空気が一変します。

RIMG0009

クロモジやハナカイドウ、オトコヨウゾメ等の雑木を植えてご主人のご希望

でした里山風に出来る限り近付けたいと思います。

RIMG0017

高木だけでなく、ヒイラギナンテンやアベリアなど根〆に低木の植栽はかか

せません。

RIMG0016

風等で木が傾かない様に竹で支柱を架けます。

次に高麗芝を張っていきます。

RIMG0008

最初から完成形に近付ける為に、芝生の間には目地を設けない100%張

りに致しました。

RIMG0011

RIMG0014

芝の根付きが良くなる様に土羽板で叩いて圧着させ、目串をかければ完

成です。

残りは仕上げ工事のみとなりました。

次回は完成形をお見せする事ができると思いますのでお楽しみに!

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
記事アーカイブ