ちょい不良(わる)庭師のブログ

既にカーポートや土留の土留

ウッドデッキの外構工事は完成されておりました。

 

近い将来、隣接する土地に家が建つと

プライバシーの確保が難しいと思い

空間をうまいこと遮蔽してほしいと頼まれました。

 

施工前はこんな感じでした。

 

DSCF7355

 

DSCF7358

 

まず最初にバックホーにて固い砕石を掘削し

植栽用の客土を入れていきます。

 

DSCF9173

 

盛土が完了し基礎ブロックが据え上がると

おおまかな庭のイメージが見えてきました。

 

DSCF9193

 

まだガーデニングは始まったばかりですが

玄関前のアプローチは斬新なデザインになるので

早く形が見たいです。

 

 

以前からあったコニファーが枯れてしまい

何とかしてほしいと頼まれました。

 

着工前

着工前

 

コニファーを伐採伐根し

小舗石で縁取りして植栽用の客土を入れただけでも

雰囲気は随分変わりました。

 

DSCF8150

 

それに、雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ツリバナ)を植え

下草にマホニアコンフューサとフイリヤブランを

植え付けました。

 

DSCF8189

 

DSCF8190IMGP7995

お隣とも適度な目隠しにもなり

見た目も爽やかな印象になりました。

 

 

本日も最近施工が完了したお庭の

空撮画像をご紹介させていただきます♪

 

《東根市 O様邸》

 

《東根市 Y様邸》

 

《山形市 O様邸》

 

《山形市 G様邸》

 

今回は4月から5月にかけて完成した新しいお庭になります。

どちらのお宅でも、若々しい芝や地被植物の色が

足元から明るく照らしている様子が伺えます。

 

今はまだ支柱に支えられいる樹々も何年かすると地に根を張り、

葉を広げ…家族をあたたかく迎えてくれる家の顔になる事でしょう。

 

当社で施工したお庭がこれからのどのように

皆様の生活を充実させていくのか…すごく楽しみです♪

 

お客様には普段は見れない上空からのお庭の顔を

拡大印刷して記念にプレゼントさせていただきたいと思います!

 

 

先日に引き続き、施工が完了したお宅のお庭を

ドローンで空撮してきました。

 

《中山町 M様邸》

 

《山形市 M様邸》

 

《山辺町 M様邸》

 

全て昨年の12月に完成したお庭になります。

どちらのお宅も新緑が生い茂り、

そよ風が吹き抜けていきそうな…爽やかな雰囲気ですね♪

 

初めて冬越しした多年草の地被植物たちが

元気よく色とりどりの葉や花をつけています。

 

これから長い年月をかけて

樹々は根付いて成長し、

芝生は綺麗に馴染んでいく事と思います。

 

これからの変化に期待しつつ、

現在の綺麗なお庭の上空から見た様子を

お客様に楽しんでいただけるように、

撮影した写真はプレゼントさせていただきたいと思います♪

 

 

建物の建築中から打ち合わせをして早5ヶ月。

ようやく完成致しました。

 

建物を見る方向が変わると

庭の形も変わるようにデザイン致しました。

 

どのように変わったか

ビフォー・アフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6748

 

【After】

IMG_7516

 

建物の西側は2台用のカーポートを建てて

車をバックで入れやすいように

土間コンクリートはカーブを描いています。

 

物置も建物の外観と合わせることで

一体感が生まれました。

 

IMG_7529

 

人とは違ったアプローチを作りたくて

化粧平板を三角形の組み合わせで、敷いてみました。

 

モチーフは「折り紙」です。

 

【Before】

 

【After】

IMG_7523

 

建物の北側の土留は

白御影の敷石を交互に並べて据え付けました。

 

そうする事よりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

IMG_7525

 

建物の東側は

ナツツバキやアオダモ・ハナカイドウ・常緑ヤマボウシ等の

管理の楽な雑木を主体に植えました。

 

どことなく清涼感が漂います。

 

枕木を2本使って土留を行い、2段植栽に致しました。

 

上段にはマホニアコンフューサと

キャットミント・フイリアブラン。

 

下段にはベロニカオックスフォードブルーを植えています。

 

そうすることで庭に奥行きが出ました。

 

【Before】

DSCF6747

 

【After】

IMG_7524

 

庭の南側は、リビングと和室があります。

 

リビングの前は、前の畑を隠したかったので、

雑木類(ジューンベリー・アオハダ・ナツハゼ)は

少し間隔をせばめて植えています。

 

下草も西洋イワナンテンスカーレッタ・スジキボウシと

洋風っぽいものを選んでいます。

 

IMG_7526

 

和室前はちょっぴり和モダンを意識して

景石と瓦で修景を兼ねて土留を行い

 

ヤマモミジとツリバナの株立を植え

サツキの刈込でまとめてみました。

 

 

最近施工が完了したお宅のお庭を

ドローンで空撮してきました。

 

《河北町 O様邸》

 

《山形市 Y様邸》

 

《大江町 M様邸》

 

新緑の季節という事もあって、植栽した樹木や地被植物が

だんだん土地に馴染んできたのか一斉に芽吹いています。

 

また来年、再来年と年を重ねる毎に芝生は青々と茂り、

見応えのあるお庭へと成長していく事でしょう。

 

これからの各ご家庭毎でのお庭での過ごし方によっても

きっと個性が出てくると思いますが…

まずは今しか見る事の出来ない完成したての

ピカピカのお庭を楽しんでいただく為に

空撮した写真をお客様にプレゼントさせていただきたいと思います♪

 

 

家を新築されたのを期に、

「古い家の解体後そのままの形で残されていた庭を

リ・ガーデンしたい」というのが、当社へのご要望でした。

 

どのようにリ・ガーデンされたのか分かりりやすいように

ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6222

 

【After】

IMG_7495

 

全体的にスッキリとした印象に生まれ変わりました。

あくまでも外観を最重視する為に

当初計画していた2台用のカーポートの設置は見送りました。

 

IMG_7496

 

道路側が全てコンクリートになってしまうと

無機質感が強くなってしまうので

建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で植栽スペースを設けました。

 

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が爽やかな風を運んでくれます。

 

【Before】

DSCF6221

 

【After】

IMG_7488

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。

まさにワンランク昇格を果たしました。

 

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。

既存のブロックが古く強度が心配だったので、控え壁で補強しました。

 

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。

ブロック塀の基礎の古さは

もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

【Before】

DSCF6223

 

【After】

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて広い所と狭いところのメリハリをつけました。

 

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱張りにしました。

 

門柱も手作りし、表札・ポストも私がチョイスしました。

モチーフは円(縁)になってます。

 

【Before】

DSCF6226

 

【After】

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

 

樹木はお隣の家を配慮して、落葉しない常緑樹でまとめました。

 

DSCF8022

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

予算をかけたくなかったので

ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

 

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

【Before】

DSCF7226

 

【After】

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので

オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

 

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し

建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを新たに1段積みました。

 

【Before】

DSCF7022

 

【After】

IMG_7485

 

御夫人と息子さんの共通の趣味「ファットバイク」を

「収納するのに塀が欲しい」と依頼され、急遽デザイン変更しました。

 

扉が重くならないように観音開きにし

枝も同じものを使用しているので違和感がありません。

 

IMG_7482

 

 

 

 

土間コンクリートの打設が終わり、

いよいよ植栽工事に入ります。

 

隣家との距離があまりないので

葉っぱが落ちない常緑樹をメインにまとめました。

 

DSCF8024

 

玄関側から眺めるとお隣の窓からの視線をさりげなく遮っているのが分かります。

 

DSCF8022

 

どうしても物置が気になって仕方なかったので

予算を追加していただいて手作りで目隠しの塀をつくりました。

 

DSCF7403

DSCF8021

 

コンパネ板に丸く穴を開けただけですが

かなり印象が違います。

 

駐車スペースの脇にも植栽スペースを設けてみました。

 

DSCF8017

 

グレーの壁面に緑がくっきり浮かんでいい感じに仕上がりましたが

逆に消火栓の古さが目立ってしまいました。

 

残す仕事は下草の植栽とガーデンフェンスに追加の扉を取り付ける作業です。

早く完成形が見たくなってきました。

 

 

 

駐車場スペースの土間コンクリートが打設され、

形が分かるようになりました。

 

DSCF8030

 

三角形の組み合わせでデザインした独特のアプローチも完成しました。

 

DSCF8031

 

植栽も全て完了し、庭に潤いが出てきました。

 

DSCF8033

DSCF8034

 

残すは物置の設置と敷地境界ブロックの設置を残すのみとなりました。

 

次回にガーデニングの全貌をお見せする事が出来ると思います。

どうかお楽しみに!

 

徐々に形が見えてきたO様邸。

 

隣接する道路の境界にウッドフェンスが建てられると

なかなかいい感じになってきました。

 

DSCF7245

 

質感を合わせた門柱も、ポストと表札を付けられるのを持っています。

 

DSCF7339

 

駐車スペースの脇に設けられた植栽スペース。

建物の外観の色に合わせてグレーの小舗石を並べてみました。

 

DSCF7337

 

いよいよ土間コンクリートの打設です。

アプローチもいい感じで仕上がってきました。

 

DSCF7403

 

DSCF7410

 

駐車場のスペースも3台分を確保しました。

 

この度は建物の外観のイメージと日当たりを考え、

あえてカーポートの取付けはO様と相談して無しにしました。

 

DSCF7402

 

DSCF7405

 

DSCF7408

 

しばらく養生した後にいよいよ樹木の植栽に取り掛かります。

 

彩りのマジックがどんな効果を生みだすか楽しみです。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年7月
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ