ちょい不良(わる)庭師のブログ

和モダンを求めて作った創作板塀が、家の外壁の板材とうまく合って建物との一体感が生まれました。

庭の裏が川になっているので、竹の生垣で空間を仕切ることで川べりの桜の木を借景することができました。

菊型の手水鉢をシンプルに据えて、ゴロタ石の洲浜と延段を敢えて主張する方法も改めてアリだとこの画像を見て思いました。

昨年の暮れに完成したK様邸。

その時は雑木の葉がすべて落葉していてどこか淋しい感じでしたが、先日訪れてみたらすっかりお客様が望まれていたメルヘンチックなお家に変わっていました。

 

インターロッキングブロックの脇に植えられた草花が優しく迎えてくれます。

また、植えられた雑木類の葉も風になびいて、ここだけ時間がスローモーションのように流れているように感じます。

まだ芝は少ししか青くなっていませんが、遠近法を用いると庭全体が広く感じるのが分かります。

東根市の中央に位置し静かな住宅地の中にありますK様邸。

ガーデニングが完成したらどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

before

after

お子様達とこのスペースで遊びたいという要望にお応えして、円形の芝生広場を設けました。

枕木風の擬木をクロスしたことで動線もスッキリし、この通路がデザイン上のアクセントになっています。

傍らに植えられた雑木は日よけと目隠しの役割を果たしています。

before

after

隣が公園になっていて、よく子供達がボール遊びをしていてボールが庭に入ってきていたというので、遮蔽と目隠しの意味を込めてジューンベリーやアオダモ等の株立を植えました。

ウッドデッキ前のコンクリートテラスは多目的(バーベQ、プール置場)に使えるように広めにとりました。

before

after

なだらかな曲線で描かれた小舗石が柔和な印象を与えてくれます。

物置前の敷石も並べ方をちょっとこだわってみました。

before

after

玄関脇も小舗石で植栽スペースを設け、常緑ヤマボウシとオトコヨウゾメで彩りを与え、縦列駐車になりますがゲスト用の駐車スペースも1台分設けてあります。

着工前はこんな風に隣家との目隠しフェンスが設けてあるだけでした。

そこで隣接する緑道に植えてあるシダレザクラやシバザクラがとても美しかったので、これらを借景したガーデニングを目指しました。

まず最初に排水が悪い土を掘削して入れ替えていきます。

そこに植栽用の客土を盛って整形していきます。

レンガで縁取りしてちょっとしたテラスを作ろうかと考えました。

芝生との境界はエッジキングでシンプルに行いました。

家庭菜園スペースは丈夫な角材を用いて作ってみました。

この角材は防腐剤が注入されていて、木材が腐れにくく手触りもなかなか気持ちいいです。

まだガーデニングは始まったばかりですが、どんな手法を使って借景していくのか楽しみにしていてください。

ようやく天候も回復してきたので工事も順調に進んできました。

そのおかげでデザインのポイントでもあるアプローチの石貼りが完了しました。

このアプローチは駐車スペースも兼ねており、一工夫してあるので出来上がりが楽しみです。

もう一ヵ所の駐車スペースも既存の物置が撤去されたので、途中まで間知石が積まれ形が見えてきました。

ここは縦列駐車を考えているのですが、案外広くとれたので安心しました。

次はいよいよ土間コンクリート工事に入ります。

工事もようやく終盤を迎えラストスパート。ベストを尽くして頑張ります。

4月というのに肌寒い日々が続き雨降りが多いので、コンクリート工事に支障をきたしどうしても工事が遅れ気味です。

仕上がった所まで砕石を敷いて路盤を作りました。

次に玄関前のアクセントにローズベリーという名の石を張りました。

色目が鮮やかなので一際目を引きます。

縁取りをアンティークレンガを使ってビンテージ感を演出しました。

駐車スペースを確保する為に道路脇に設けたのですが、地盤と高低差があるので間知石を積んで解決しました。

この度のアプローチはゲスト用駐車スペースも兼ねているので、どうしてもデザインが単調になりがちです。そこである裏ワザを使ってこの問題を解決しようと思います。

隣地境界には化粧ブロックを積み、フェンスを取り付けて外周もオシャレにしたいと考えています。

ゴールデンウィーク明けには天気が平年並みになることを期待しています。

 

石畳が仕上がると一気に工事は進捗します。

次に石組の廻りにわざわざお取り寄せした、京都のお寺に必ずと言っていいほど敷かれている白川砂を敷き詰めました。

するとグッと京都っぽくなってきました。

次に黒竹を順次植え付け、根〆にリュウノヒゲを植栽しました。

シンプルな構成だけに黒竹の植え付けには傾きにまでこだわりました。

ここまで仕上がると京都の坪庭にありそうな『石庭』の出来上がりです。

もう一つの目玉は隣地境界に施工する創作板塀です。こちらのお客様が当社のHPを見てとても気に入ってくれたからです。

 

まず最初に柱を立てて骨組を作っていきます。

そこに順次板塀を貼っていきます。

材木を黒っぽい色に塗装した為に、かなり落ち着いた雰囲気になりました。

延長が長いので施工にも手間がかかりましたが、そのぶん趣きでること間違い無しです!

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

隣地境界のブロックが積まれると境がはっきりしてきました。

次はいよいよ樹木の植栽です。

樹木が植えられると庭に潤いがでてきて、雰囲気がずいぶん良くなってきました。

この庭のデザインのキーポイントとなっている芝生のスペース。

枕木風の板材の通路と円形の芝生がおもしろいデザインになっています。

銅線も考えたデザインになっているので使い勝手も良くなると思います。

お客様は「芝生が伸びてきたらここで遊びたい」と楽しみにしていました。

次はこの芝生のスペースと連携したコンクリートのテラスを作ります。完成形が見えてきたのでもうひと頑張りです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ