ちょい不良(わる)庭師のブログ

 

既存の切石を据え付けた周りには

伊勢ゴロタ石を打ち込んでいきます。

 

DSCF6721

DSCF6720

DSCF6737

 

ひたすら打ち込む事3日間…

ようやく完成しました。

 

DSCF6764

DSCF6763

 

切石だけの時より、一段と豪華になりました。

初めからイメージしていた京風な仕上がりになったと思います。

 

また、客土を入れ替えた所の縁切りには

高低差が意外にあったので瓦を縦使いにして据え付ける事にしました。

 

DSCF6765

 

次に主庭の軒内部分の修景に取り掛かります。

 

こちらの庭は明治以前に造られたとお聞きしましたので

なるべく現状はいじらず、必要最低限に手を入れていく事で

マイナーチェンジ位の仕上りを保とうかなと考えています。

 

DSCF6766

DSCF6767

 

長い年月で傾いたり、低くなった飛石を再設置しました。

それだけでも、飛石の表情が随分変わってきました。

 

DSCF6768

 

埋もれていたゴロタ石も1個1個を掘り起こして

ブラシで洗い、再利用していきます。

 

沓脱石の周りは富沢石という石を乱張りにしたいと思っています。

明日はその砕石場に行って、1個1個拾って集めてくる予定です。

時間はかかりますが、良い仕事をするには仕方がありません。

 

明日は当社の若手職人2人を連れて拾いに行くので、

いかに材料が大切なのかをきっちり教えていきたいと思います!

 

 

3月に入り、だいぶ気温も上がってきたので

細部の仕上げを行いました。

 

DSCF6760

 

入り口前のアプローチ。

白御影石の敷石とクラストブラックの石貼でまとめてみたのですが

ブラウンのコンクリートの平板を敷いて遊んでみました。

 

何を遊んでみたかと言うと…

 

DSCF6751

 

ゲスト用の駐車場にアクセントに入れた

コンクリート平板の差し色にしたのです!

 

これにコンクリートを打設すると

はっきりと浮き出てくると思うのですが…?

 

DSCF6759

DSCF6753

 

ほんの小さなデッドスペースも見逃さず、

緑を植えています。

 

DSCF6755

DSCF6749

 

型枠工事も既に完了し、

後は生コンクリートを打設するだけです。

 

3月末なのに、ここにきて良い天気が続かず困っています…。

早く完成が見たいのはお客様ばかりではありません!

 

 

今年に入って3件目の造園工事を始めました。

 

玄関前に敷いてある切石(建設会社施工)が

どうしても合わないという事で当社に依頼がきました。

 

DSCF6074

 

確かに仕方の無いことですが、デザイン性はあまり…です。

 

お客様には

「武田さんに全てお任せしますから、自由にやって下さい。」

と言われ、私も職人魂に久々に火が付いたのでした。

 

まずは既存の切石を撤去して、

既にふってある番号ごとに仮置きしました。

 

DSCF6697

DSCF6698

DSCF6699

 

これを設計図に基き、据え付けていきます。

 

DSCF6706

DSCF6713

 

全ての切石を据え付け、周囲に砕石を敷き詰めると

このような形になりました。

 

DSCF6716

 

砂利止めに敷いてある切石は所々手直しして、

土を入れ替え新たな植栽スペースにしていこうと考えています。

 

DSCF6708

DSCF6718

 

改修工事は新たに造る庭園とは違い、

既存の庭園の雰囲気をあまり崩さず

それでいて納まり良くしていかなければならないので、

すごくセンスを問われる仕事です。

 

「やっぱり武田園芸に頼んで良かった」

と言われるように頑張っていきたいと思います。

 

 

雪囲いを外したらだいぶ池に泥が溜まっていたので、

当社で浄化する事になりました。

 

DSCF6645

 

用水路の水をポンプアップして使っているので

しょうがないのですが、泥が石にこびりついている為、

1個1個洗って戻す事にしました。

この黒い水が汚れの証拠です。

 

DSCF6675

 

滝からせせらぎ池までこのように交差洗浄で綺麗に泥を落としました。

 

DSCF6686

DSCF6673

DSCF6684

DSCF6683

 

ここまで綺麗になるとせせらぎを流れる水が

また以前の透明感を取り戻してくれるでしょう。

 

しかし、我ながらよくここまでの玉石を埋め込んだなあと感心してしまいます。

また当時の苦労が蘇ってきます。

 

 

次に既存の大木の剪定に取り掛かりました。

 

RIMG2823RIMG2824

RIMG2822

 

 

これらの大木(アラカシ・シラカシ・カヤ・コウヤマキ)は

何年も手入れがされていないみたいで、

高所作業車を使わないと剪定は難しい樹でした。

 

DSCF6678

DSCF6682

 

道路から届く所は高所作業車を使い、

庭側の方は樹に登って剪定というかなり危険な作業になりました。

 

山形では剪定というとすぐに『刈り込み』という

両手バサミで刈る手法を取りますが

私も息子も京都で修業をしてきたので『透かし』という

剪定手法で自然樹形の美しさを保つ剪定方法を用いました。

 

DSCF6687

RIMG2830 (2)

RIMG2831

RIMG2832

 

どの樹木もすっきりとした樹形になり、

分かりやすく例えるなら『巨大な盆栽』のように

木の幹・枝・葉のバランスが良くなりました。

 

この『透かし』という剪定の技法は

京都の名庭に訪れた事のある方でしたら、

一度はお目に掛かっていると思います。

 

今はこんな時期ですが、4月になれば桜も咲き、

新緑が芽吹き、せせらぎの水音が優しい旋律を奏でます。

 

皆さん是非「東の杜」に癒されに訪れてみてはいかがでしょうか?

お待ち申しております。

 

 

こちらは前回ブログで紹介した

とある工場の第2工場になります。

 

同じヒマラヤスギとユリノキを植えたのですが

12年が経過したので一度、志止めして整形する事になりました。

 

着工前はかなり生い茂っており、

一部電線に掛かる所は電気屋さんに切られてしまいました。

 

DSCF6109

DSCF6110

DSCF6111

DSCF6112

 

この状況からこちらは高所作業車は使わず

脚立や木に登って剪定をしました。

 

DSCF6614

DSCF6622

 

剪定が終わるとこんなにもスッキリした樹形になりました。

 

DSCF6626

DSCF6629

DSCF6631

DSCF6634

 

一度ここまで基本剪定を行っておけば、

次回からは枝葉も多くつけられ

もっと美しい樹形に仕立てられると思います。

 

 

かれこれ剪定して10年以上経つヒマラヤスギとユリノキ。

 

どちらの樹木も成長が早いので、

とても木に登って剪定という訳にはいかなくなりました。

 

着工前、木はここまで大きくなっていました。

 

DSC_0573

DSC_0574

 

こうなると高所作業車を使い、職人がチェーンソーで切って

大型クレーンで吊って下へ降ろすという

とても危険な工程を何度も繰り返さなければなりません。

 

DSCF6495

DSCF6496

 

チェーンソーで切り終わった時に上手く吊っておかないと

木が振り子のように回って根元が職人の方へ向かってきます。

 

これでケガをする人が多いのでその対策について

十分にミーティングを行い、作業にあたりました。

 

DSCF6508

 

上から落とした幹の太さを作業員と比較すると

どれ程太いのかよく分かると思います。

 

道路側ばかりだと電線が邪魔をして木の裏側へ届かないので

草地に鉄板を敷いて高所作業車をセットしました。

 

DSCF6558

 

2週間が経過してようやく事故もなく剪定が終わりました。

 

DSCF6573

DSCF6574

 

電線にかかる所を電気屋さんにガッツリ切られてしまった為

片枝の変な樹形になってしまいましたが、

何年か後にはまた予算をつけてもらい

徐々に綺麗な樹形にしていきたいと思います。

 

 

先日、当社がメインで緑化の維持管理をしている

『月山弓張平公園』の冬の様子を上空から撮影してみました。

 

今年は雪が少ないと言っても、月山に向かうにつれて

雪が増えてきて、現地に到着して車を降りると

ひんやりとした冬の清らかな空気に包まれるような気持になりました。

 

真っ白な雪原と樹々のコントラストが美しい冬ならではの

公園の様子をぜひお楽しみ下さい。

 

 

 

ガーデニングはいよいよ大詰めに差し掛かってきました。

 

雑木が植えられ、

芝生が張られてくると雰囲気が一変します。

 

DSCF6489

 

自然の板材で作ったオリジナルガーデンフェンスが背景にある為、

樹々が一層映えて見えます。

 

お隣の窓もこれでだいぶ気にならなくなると思います。

 

DSCF6488

DSCF6491

 

野芝を一面に張るとまた一味違って見えます。

 

春になって芝生が芽吹いてくると緑のボリュームが増して

今とは比べ物にならない位に華やかになるでしょう。

 

DSCF6493

 

雑木の下のスペースはいろんな多年草を植え付けました。

こちらも芽吹きが楽しみです。

 

大方の植栽が完了するとこんな風に変わりました。

 

DSCF6499

DSCF6501

 

あと残すはコンクリート工事になりました。

もう少し気温が上がるまでしばし休工になります。

 

まだお見せしていない玄関前のアプローチや

ゲスト用の駐車スペースも

こだわったデザインになっていますので、

期待してお待ちください。

 

 

やはり2月になると今まで記録的に少なかった雪も

少しは降ってきますね~!

 

そんな中でもオリジナルガーデンフェンスの施工は続きます。

 

DSCF6443

 

材料をあらかじめほぼ寸法通りにカットしておいたので

作業の方は順調に進んでいきました。

 

IMGP7503

DSCF6467

 

オリジナルのガーデンフェンスで空間を仕切る事で

近い将来、隣の敷地に家が建ったとしても

ある一定のプライバシーは確保出来ると思います。

 

DSCF6466

 

一方道路側からの遮蔽も考慮してありますので

通行人からの視線はほとんど気にならないと思います。

 

次はいよいよ樹木の植栽です。

これによりいかに劇的に変化するか楽しみにお待ち下さい!

 

 

着工前はこんな風に

インナーガレージの部分がオシャレだったので、

それをより強調してスタイリッシュな外観にすべくデザインしました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

IMG_0821

【After】

DSC_0938

 

インナーガレージの前に2台用のカーポートを設置しました。

 

【Before】

IMG_0823

【After】

DSC_0939

 

カーポートと連立して

Gフレームを取り付けました。

 

それにより、一体感が増し

額縁効果が得られよりスタイリッシュになりました。

 

コンクリートだけだとどうしても無機質感が強いので、

壁面の前にスクエアな純白のプランターを設置し

それにコニファー(ローズダリス)を植栽して

ワンポイントに緑を設けました。

 

これだけでも効果大です。

 

更にカーポート奥には物置を設置しましたが

扉を純白にすることで上手く景観に溶け込んでいます。

 

【After】

DSCF6437

 

Gフレームを真正面から眺めると

いかに額縁効果が表れているかよく分かります。

 

【After】

DSCF6430

 

玄関前から眺めても、柱が連立していて

これが意外にカッコ良かったです。

 

朝早く出勤されるお客様なので、

駐車場の除雪の手間が省けて良かったと

デザイン面以外でも好評でした。

 

【Before】

DSCF6146

 

【After】

DSCF6433

 

リビングに接している三角地には

シンボルツリーのアオダモの株立を植栽し、

下草にはあえてシンプルにフイリヤブランでまとめて

四季の移り変わり楽しんでもらえるように配慮しました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年4月
M T W T F S S
« Mar    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
記事アーカイブ