ちょい不良(わる)庭師のブログ

和モダンがテーマの今回の作庭工事。

テラス部分も瓦を縦に使って囲ってみました。

この庭の中心ポイントとなる菊型の手水鉢の廻りに、湯桶石と手燭石を据え付けてみました。敢えて略式にした為に海は作りませんでした。

手水鉢の前には、白御影石と富沢石を使って延段を作りました。

石のコントラストが映えますね~!

盛土の縁取りに、今回は伊勢ゴロタ石を使って洲浜状に敷き詰めてみました。

石を一個一個通し目地にならないように、ゴムハンマーで叩いてモルタルに埋めていきます。まさに自分との闘いでした。約3日掛かって、ようやく完成しました。

手水鉢廻りや延段、ゴロタ石の洲浜、瓦の縁取りが完成すると大まかな庭の形が見えてきました。

ここに来て、前から植えてあった柿の木の大木が存在感を示しています。これはちょっと意外でした。

まだ50%も完成していませんが、まだまだ仕掛けが残っているので、どのように変化していくのか自分でもワクワクしています♪

天候がなかなか回復しない中、その合間を縫って少しずつですが作業は続いています。

まずは、この庭のポイントとなる手水鉢を置く白御影敷石の台座を据え付けています。

これに少し大きめな菊型の手水鉢を据え付けると、なかなかの存在感があります。

次に、土が崩れてこないように白御影の敷石を据え付けていきます。

高低差がかなりあったので、丁張りかけには手間取りましたが何とかうまく納まってくれました。

かなり芸術的?な仕上がりになったと本人は思っているんですが、さてお客様の評価はいかがなものか…。

まだまだ和の要素が多く含まれるこの作庭工事。仕事のやりがいを感じながら頑張りたいと思います!

目の前に川が流れているという、なかなか良い立地条件のK様邸。

そこに和モダンな庭園を造ってほしいと依頼されました。

着工前はこんな感じでした。

既存の畑は草が伸びていたので、欲しい樹木以外はすべて撤去する事にしました。

まずは草をすべてハギ取っていきます。

柿の木の剪定を行いハギ取りが完了すると、見違えるほど広くなりました。

その上に植栽用の客土を盛土していきます。

次に生垣用の支柱と出入口になる四ツ目垣を結っていきます。

それらが完了すると、だいぶ庭らしくなってきました。

今年度初の和風庭園なので、モダンな中にも伝統的な技術を使う場面が増えてくるので、いやが上にも期待が高まります!

猛暑が続いていたと思ったら、今週はずっと雨!

なかなか工事が予定通り進まず困っています。まさに「できる所からコツコツと」の精神ですね。

まずは立水栓廻り。

小舗石で囲い、ちょっぴりオシャレに仕上げました。

リビングの前にはウッドデッキも設置されました。

アプローチには化粧平板が並べられてオシャレな感じに仕上がりました。

フェンスも設置され、適度な目隠しになりそうです。

あとは天候の回復を待ってコンクリートを打設したいのですが…

来週こそ青空が戻って来てほしいものです。

とあるお宅のガーデニングの設計を頼まれ、完成イメージを色鉛筆で描いてみました。

やはり緑があると建物が何倍も映えますね。実現に向けて頑張らなくっちゃ~!

この猛暑の中、作業はなんとか継続しています。土留の化粧ブロックが積まれてくると、庭の輪郭がはっきりしてきます。

庭の入口付近にはフェンスが立つ予定です。

次にこのガーデニングの見せ場の一つ、玄関ポーチ前のローズベリーの石張りを行います。

一枚一枚合わせて張っていると必ずと言っていいほど、お客様にこう言われます。「ジグソーパズルみたいに一枚一枚張っていくんですね~。すごい~!」こんな風に感激されると、こちらもやる気スイッチが入ってしまいます。

張り終わると、こんな表情豊かな石張りに仕上がりました。

和室前も曲線の生垣支柱を組み立てて、瓦で同じように曲線を描いて土留を行いました。

こういう瓦の使い方は庭師ならではの手法ですね。

白御影の敷石には、銭形の手水鉢を据え付けて和モダンに仕立ててみました。

次はアプローチの工事に取り掛かっていきます。

まだまだ、こだわりのデザインが満載なので作り手側もワクワク感が止まりません!

ホーム画面の「オリジナル門柱」「アプローチ」「OTHERS」を更新しましたので、是非ご覧ください。

今は台風の影響等で雨が降ってくれて植物も息を吹き返してくれましたが、先週の水曜日から土曜日まで大石田のとある公園の水撒きをしてきました。

このように芝が水不足で赤くなってしまったからです。他の公園から同じように芝が赤くなったと、かなり電話を頂きました。

 

乾燥に強いとされているクリーピングタイムもこのように赤く変色して、だいぶ枯れてしまいました。

さすがにこれは私もショックでした。(他の職人も同じように呼び出されたので)

そこで水撒きです。

最初はこのように手撒きしていたのですが、これでは追い付かずスプリンクラー2基投入しました。

これを4日間続けたら、さすがに復活してくれました。

芝がタイムまで完全ではありませんが、少しずつでも新しい芽が出てくるとすごく遣り甲斐を感じます。本当に植物はウソをつきません!ね~

皆さんもまだまだこれから猛暑が続くと思いますが、植物の葉の色が変色して元気がなくなってきたら水をジャブジャブかけてやって下さい。

水やりは夕方からがベストです。多少時間と水道料金はかかりますが植物が必ず返してくれますので頑張りましょう。

私は会う人会う人に「社長、色黒くなったにゃ~」とか、「日焼けして真っ赤だんねが~」とか「社長も営業だけんねぐ仕事するんだがした~」とかなり言われました。誤解しないで下さい。私は『べしゃり』だけで仕事しているのではなく、ちょくちょく現場に出て仕事しています。おかげで夕方のビールは最高!!でした。それに下っ腹のポコッも解消しました。思わぬ効果もありますので期待していて下さい。

K様邸は敷地がとても広いので大胆なデザインが可能です。お客様の要望をお聞きしながら、どのようにアレンジしていくのかデザイナーのセンスが問われる所です。

まずは着工前です。

最初に平面デザインに基づき床掘りを行います。

それから砕石を敷き詰め、再度アプローチのデザインを赤スプレーで出してお客様と決めていきます。

家庭菜園は円型に小舗石を並べて、その中に畑土を入れてみました。これも一つのアクセントになりました。

門柱は枕木を使ってシンプルにまとめてみました。

土留には化粧ブロックを積んでいきます。

大まかな土工は完了したので、次は石貼等のデザイン性の高い仕事に取り掛かります。

かなり斬新な作品になる予感がします。それに向けて努力していきます!

山形市のI様邸のガーデニング。ようやく完成を迎えました。

どのような変化を遂げたのか、いつものようにビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

before

after

家の外観に合わせたトーンの化粧ブロックを積んでスタイリッシュにまとめました。ブロックの質感に合わせて笠石は天然石の錆石を使ってみました。そのおかげで、すごく重厚感が増しました。

before

after

2台用のカーポートを設けた他に、更にゲスト用の駐車スペースを2台分確保しました。これでいつお友達が遊びに来ても心配ありません。

お庭とはマサキの生垣で仕切ったので、さりげなくプライベート感を出すことができました。

before

after

家の玄関へと続くアプローチ。緩やかな曲線が庭に優しさを与えてくれます。また緑の芝生とのコントラストも綺麗です。

ハウチワカエデの下には淡いピンクの化粧砂利を敷いた事で、可愛らしさもプラスしてみました。

after

玄関から眺める景色はこのようになります。やはり芝生の面積を増やしたため緑の量がグンと増え、それに比例して潤いも増しました。

門扉の左側に植栽したジューンベリーとソヨゴの根〆には、シモツケとヒューケラでまとめてみました。淡い紫色の花が心を和ませてくれるでしょう。

after

家庭菜園は使い易さを考慮して、2つに分割してみました。

根菜系とそれ以外とか?種類に応じて使い分けるとおもしろそうです。

after

門扉はアイアン製でシンプルなデザインにこだわりました。施主支給の表札と統一感を出す為です。

その表札を照らす為にシンプルなライトも付けてみました。夜の表情もどのようになるのか興味あるところです。

after

入口の前には白御影石をデザインして並べた植栽スペースにヤマボウシの株立とアオダモの株立を植えてみました。今はとても暑いのですが風を受けてなびく葉に涼しさを与えてもらっています。

根〆には斑入りのヤブランとハーブのキャットミント、ブルーの花が今流行しているベロニカオックスフォードブルーを植えたことで、季節毎に咲く青~紫系の花が庭に彩りを与える事でしょう。

after

駐車場からの出入口にはオシャレな木製の扉を取り付けました。これが良いアクセントになっています。

和室前には木製のオリジナルのガーデンフェンスを設けてカーポートとの空間を仕切り、ヤマモミジやナツツバキの和風っぽい樹木を植えて和モダンな空間を演出してみました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ