ちょい不良(わる)庭師のブログ

昨年から待っていただいたS様邸の工事をようやく始める事ができました。

こちらのお客様は当社のHPをよくご覧になられていたので、好みが分かり

易くデザインも上手くまとめる事ができました。

着工前はこんな感じでした。

まずはバックホーにて床掘りします。

水道管が入っているとやはり最後は人力になります。

床掘りが概ね終わり家庭菜園用の木枠を加工していきます。

次にアプローチとして化粧平板を並べていきます。

ここまでくるとだいぶ庭のイメージが掴めてきます。まだ色んな仕掛けが

この作品にはあるので、どうなるのか私自身もすごく楽しみです♪

東根市のM様邸のガーデニングも庭に彩りを与える植栽工事に入りまし

た。

リビング前には将来お隣との目隠しになるように雑木類(ヤマボウシの

株立、ヤマモミジ、シラカシ)を植えました。うまい具合に葉張りがある

ので丁度良い目隠しになりそうです。

玄関前には電柱の控え線が目立たないように多少多めに雑木(常緑ヤマ

ボウシ、ガマズミ、ジューンベリー)を植えました。

これで玄関の扉を開けても中が見えづらくなりました。

リビング前にはアンティークレンガで囲った大きなテラスを設けてみまし

た。将来全部で4台分の駐車スペースが必要との事だったので、ここにも

車1台止められるように強度を持たせて多目的に使えるようにしました。

玄関前は毎日通る所なので一際豪華に仕上げました。ローズベリーという

石はその色と相まって貼り終わると華があって美しいです。

コンクリートを打設する為の型枠も設置が完了しました。

私の作品は曲線が売りなので左官屋さんは「ヒーヒー」言いながら作業して

くれてます(笑)。よく見ると板の裏側に切れ目が入れられ、これによって綺

麗なカーブを描く事ができるので苦労の跡が見えます。

コンクリートも曲線で打てばアートになる事に気付いたので、これにとこと

ん拘っていきたいと考えています。

来週には土間コンクリートの打設です。完成も見えてきました。気を抜かず

丁寧な仕事を心掛けていきます。

山形市のK様邸のガーデニングも気合いで作業を続けています。

ガーデニングの一番の見せ場、樹木の植栽になりました。

お客様の要望により植栽はシンプルにまとめました。

高木はアオダモの株立とオトコヨウゾメの2本でまとめました。

根〆の地被も花が咲かないものが好みという事で、フッキソウとフイリアマ

ドコロの2種類で納めてみました。

仕上げに防草シートと玉砂利を敷いて完成です。シンプルに仕上げたので

和モダンな雰囲気に仕上がりました。お客様の評価も上々です。

残りは建物の外周ブロック積みとなりました。最後まで気を抜かず完成さ

せたいと思います。

すでにハウスメーカーの手で家の前の外構工事は終わっていましたので、

リビング前の主庭のガーデニングを頼まれました。

ここに目隠しの雑木の植栽と花壇、それに家庭菜園と芝生のスペースを作

ってほしいとの要望でした。

花壇の縁取りは小舗石で作りました。

家庭菜園はシンプルに角材を組み合わせて作りました。

あとは黒いエッジキングで縁取られた部分に芝を張っていきます。

ここまででも随分と広く感じられます。

次はいよいよ仕上げの植栽です。もっともっと広く感じられるようになると

思いますので、工事前と是非比較してみて下さい!

 

床掘りが終わり砕石が敷き終わると大まかな形が見えてきます。

次に玄関前の目隠しに植える植栽の縁取りを小舗石を使って行います。

客土を入れると綺麗なラインが浮かんできました。

次に家庭菜園用の木枠を加工していきます。

それが組み上がりエッジキングで縁取りを行えば、だいぶ完成形が見えて

きました。

道路沿いの土留は白御影の敷石を用いて豪華にしてみました。

次は隣地境界のブロック据付です。どう変わるか楽しみです♪

どこかモダンな感じのグレーの小舗石が並べられると、庭の大まかな感じ

が掴めてきました。

リビング前のテラスからの渡りに化粧ブロックをグリッド状に据えてみま

した。

これが思惑通りに納まったので自由曲線と直線の対比が美しくなりました。

次は道路に面したブロック積みです。道幅が狭いので施工が大変ですが、

今年のような大雪にも対応できるようにしっかりと施工したいと思います。

東根市のM様邸のガーデニングに取り掛かりました。

昨年の暮れに雪対策として2台用のカーポートは設置済みです。

そこから位置出しをしてから床掘りを行っています。

思った以上に地盤が固く作業が進みません。

とりあえず玄関だけ砕石を敷いて通れるようにしました。玄関の蹴上げが

かなり高く石貼りの高さで調整するのがかなり難しそうですが、なんとか

納まり良く仕上げたいと思います!

ようやく雪もすっかり消えて、ガーデニングの開始です。

ここは山形市内のK様邸。昨年の秋から待って頂きましたので、当社として

も気合を入れて作庭していきたいと思います。

このように完全な中庭なので、廊下を養生して作業しなければなりません。

手作業で中に植栽用の土を運んでから、珍しいダークグレーの小舗石で

縁取りを行います。

これからコンクリート平板や雑木の植栽を行う訳ですが、すべて人力による

運搬になるのでかなりハードな仕事になりますが頑張っていきたいと思い

ます。

春休みになると遊具の更新の時期になってきます。今年も4ヶ所の遊具の

設置を当社で請け負いました。

これは市内のとある保育所に新たに設置したかなり大型のスベリ台です。

滑る座面が広いので一度に多くの子供達が滑って来れそうです。

これは住宅団地の一角にある公園のスペースに設置されたスベリ台です。

先程のものより一回り小さめですが、それでもなかなか立派なものです。

もう一ヶ所の公園はすでにブランコが設置してありますので、鉄棒とベンチ

を設置しました。地元民の要望をお聞きして設置したものです。

この公園はすでにスベリ台が設置してあるので、休憩用のベンチだけ設置

しました。

まだ雪解けが遅れていますが、もう少しで春が訪れます。そうしたらどの

公園も子供達の歓声で賑わいそうです♪

あまりにもケヤキの大木が工場に近い為に危険と判断され、伐採する事に

なりました。

見ての通り、高さ約20mにも及ぶケヤキの大木です。

これを根元から伐採するのですから、かなりの危険が伴います。

まずは少しでも軽くなるように太い枝を切っていきます。

幹だけでもかなりの太さなので、クレーンで吊りながらチェーンソーで

切断していきます。

 

敷地内に立っているケヤキの大木は他にも4本あり、いずれ劣らずかなり

枝が伸びており雪が溜まって落ちると危険なので、混み合っている枝を思

い切って抜こうと思います。

これも同じく高所作業車を使って、ハシゴでは届かない所まで枝抜きをして

いきます。

同じくソメイヨシノの横に伸びた枝は、雪が溜まると裂けるので大胆に切っ

ていきます。

剪定が完了すると、だいぶ樹形が整いました。それと同時に雪が溜まる恐

れもかなり少なくなったのでリスクは減ったと思います。

これでしばらくは美しい樹形は保てると思います。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30