月別アーカイブ: 1月 2007

パティオヴェラード

マンションに一歩足を踏み入れると、サントメローズ貼りの薄いピンクに彩られた明るいパティオ(中庭)が優しく出迎えてくれます。足元には、セイヨウオダマキ ・ スジギボウシ ・ ヒペリカムカリシナム・アイビー等のグランドカバーが四季折々、花を添えてくれます。

四階建てマンションのどの階からも、シンボルツリーのショウジョウモミジの枝ぶりが眺められる様になっており、マンションにいながら季節の移り変りを感じる事ができます。

 

施工実績写真はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリーズサークル

ハナミズキを中心にして、マサキ・ニオイヒバ・ドウタンツツジをサークル(円)状に生垣にする事で、デザイン的に違和感無く目隠しや仕切りの機能を持たせています。またデザイン的にも、どこに立っても庭の中心になる事に気付きました。

お客様の希望により、お風呂場の目隠しとしてオリジナルのガーデンフェンスを作成し、クレマチスを這わせています。玄関を開けてまず最初に目に飛び込んでくるピクチャーウインドーを掛け軸に見立てて、椿(春暁光)を配植しました。

 

施工実績写真はこちら

 

 

 

 

 

 

 

対話へのアプローチ

オリジナルの門柱は、ハケ刷きでわざと荒く仕上げ、土塀のイメージをだし、モダンでシックな感じを出しています。

バラのアーチの先には、四季折々変化するショウジョウモミジをシンボルツリーとして植えています。

 

施工実績写真はこちら

 

 

 

 

 

 

段々花壇

主家と駐車スペースとの高低差を生かして、段々畑をイメージして花壇を2段にしてみました。綺麗な曲線と水はけを考慮して、土留には白御影の尺角間知石を使い空積みにしています。 (コンクリートは一切使用していません。)

古びた既存のブロック塀の目隠しを兼ねて、手作りのガーデンフェンスを作りました。これにはクレマチスやツキヌキニンドウなどの、ツル性の植物を這わせています。来年には壁いっぱいに成長し、色とりどりの花が咲く立体花壇となっているでしょう。

 

施工実績写真はこちら

 

 

 

 

 

そよ風の散歩道

オリジナルで作ったガーデンフェンスにはレトロな電灯が設けられています。

植栽はヤマボウシ、ナツハゼ、オトコヨウゾメ等の雑木でまとめ、地被にはナルコユリ、アポイギキョウ、フイリヤブラン、イソトマ等が植えてあります。 アプローチは富沢石の小端張りで仕上げ、雑木林の中を散歩するイメージに仕上がりました。

見た目もさる事ながら歩いた時の足の裏の感覚がまた違った感じをいだかせてくれます。 このアプローチは随分手間が掛かりましたが、丁寧な仕事をしてもらえたと好評でした

ちょっとした空間も、木製フェンスで仕切る事で見た目も素敵に変りますが、意外と便利な空間が生まれたりするものです。 キンモクセイやエメラルドグリーン、ブルーヘブンなどを植栽して彩りをプラスしています。

 

施工実績写真はこちら

 

ニューウェーブ

錆御影石(30cm×30cm)を4枚組み合わせて菱形にし、それに小鋪石をインターロッキングブロックを斜めに交あわせる事で、モダンな感じに仕上がりました。また、このデザインを際出させるためにニューリンクストーン(金華砂利)を用いています。

奥様の趣味がガーデニングという設定なので、ラティスとウッドデッキを設けました。共にデザインを統一する為にアールを設けています。ラティスには、ツキヌキニンドウが植えてあり、初夏には美しい花で覆われる事でしょう

 

施工実績写真はこちら

 

 

夢想空間

御簾垣は、山形の雪を考慮して、柱等の骨組は鉄骨で作ってあります。 その垣根を背景に用い、鳥海石で組んだ石組の前には、錆石の菊型手水鉢を据え付けて暗くなりがちな蹲踞廻りを明るくしています。 延段は、富沢石を小端使いに張って、気品ある仕上げにしています。

門から玄関までのアプローチは、錆御影石の敷石と鉄平石を組み合わせています。 単調になりがちなアプローチを敷石の直線が鉄平石の曲線にアクセントを入れています。 P.S. 敷石の数が多くて鉄平石を張るのが細かくなり大変な作業でした。

立派な門構えに調和するように、土塀風に美ブロ仕上げしています。 コンクリートの中に那智黒石を埋め込み、鹿のひずめをイメージしています。

 

施工実績写真はこちら

 

雲海

施主様が以前より集められた、日高石等の銘石をふんだんに使い、石の表情にこだわり、大胆な構成で石組みを行いました。最初からハナミズキ、ノムラモミジ、ナツツバキ等の大きな樹木を植栽した為に、今完成したばかりとは思えない仕上がりになりました。施主様にも「料亭の様だ」とお褒めの言葉を頂き、大変うれしく思っております。

庭の背景は、木戝垣で空間を仕切りました。蹲踞に銀閣寺型を用いる事で少しモダンなティストを感じさせてくれます。伊勢砂利で敷き詰められた広い海に対して、ゆるやかな曲線で伸びる、ゴロタ石の半島、入江を表す、地元富沢石の石貼り。どちらも、時間をかけて、丁寧に仕上げました。

 

施工実績写真はこちら

 

ソーレヒルズ花楯

高齢者向けという事もあり、施主の依頼で四季折々の季節感をテーマにレイアウトしました。

外壁が京都御所のそれを模したデザインになっているので、背景はこれを利用し、それに浮き出せる様に紅葉の鮮やかなナナカマド、ウメモドキ、ノムラモミジ、エゴノキ等の雑木を配し、低木類はオオムラサキツツジ、コデマリ、シモツケ等を植え、まだ直後でわかりませんが勾玉を模しています。

手水鉢はあえて自然石のものを選び、主張することを押さえました。

お風呂場前の坪庭は、この施設の目玉でもあるので、思い切ったデザインにしました。

目隠しの為の御簾垣を背景に大胆に直角に仕切った白御影石の土留石、少し味のある織部灯籠と、クロチクのみでのみでまとめました。

これだけでは面白くないので、下草にはあえて洋風のフイリビンカミノールと、アジュガレプタンスで締めています。

また、敷砂利の上に浮かぶ瓦はさざ波を表しています。ここだけは、どうしても和と洋のケミストリーを実現したかったのです。

 

 

施工実績写真はこちら

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2007年1月
    1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031