月別アーカイブ: 5月 2010

やっと私の手元に届きました。

これが私の秘密兵器です。

 

 

これをパット見ただけで解る人はかなりの通の人です。

これが何かと申しますと、ギター用マルチエフェクターです。

ちょっと見プロの機材っぽいとそのルックスに大満足しておりますが、このボタンを押すとによって瞬時に音が変わるのです。

たとえば、クイーンのブライアンっぽい音だったり、ヴァンフェイレンぽかったり、デビット ギルモアぽかったり・・・・・・・

極端なことを言えばこれで出せない音は無いかも?

ここを心臓部にして、2台のアンプ(メサブギー、JC)に振り分けてご機嫌なサウンドを奏でるのです。

 

 

写真がピンボケで解りずらいですが、左がJCで右がメサ ブギーです。

これを弾いて満面の笑みを浮かべている私のアホな画像を見てちょ~

ちなみに後ろでちょかいだしているのが、ドラマーの我が弟です・

兄弟でこれほどアホだと武田家の将来が危ぶまれます。

 

ね~これ以上ない笑顔してるでしょう・・・・・

幸いこの後のバンド練習でもメンバーの評価も特上

「アニキかっこい~ 音いいにゃー 全然違うね~」と大絶賛されたのでした

 

このサウンドを聞きたい方は、山形市の平和コンサートが7月25日に山形テルサで

行われますので是非足を運んでみてください。

それが都合悪い方は8月7日に月山の麓 弓張平公園にて「弓張ロックフェス」が

行われます。 こちらにも遊びに来て下さい。

どちらも入場無料なので気軽に来てください

出演時間など詳細が決まりましたらまたこのブログにて告知しますので、宜しく

お願いします。

では、待ってま~す。

タイトル「土にお絵かき」の寒河江市のS邸に、ようやく待ちわびた春が

訪れました。

植物が一斉に芽吹くこの季節、庭の景は劇的に変わります。

まずは、言葉より画像をご覧ください。

 

本当に毎回思うのですが、植物の持つ力はものすごい。

これだけ家の外観を一変させてしまうのですから・・・・・・

同じ家とは思えないくらいランクアップしています。

 

 

芝生も青く色付く事でより曲線がくっきり表れ、設計の意図がより明確に表れています。

願わくば1期工事でカットされた、低木の植栽や地被の植え付けが行われれば高低差の変化も

出されるのですが・・・・・

 

でも一度にそう多くは望んではいけません。

毎年あせらず少しずつ徐々に徐々に

より良くなればそれでいいのです。

その為にも、毎日の水かけは欠かせません。

根気づよくお願いします。

ゆめの実現のために

私の弟が経営する神町唯一の生花店「みどり花店」が移転し、新装オープン

致しました。

それに伴い看板下のちょっとしたスペースに、ガーデニングを施しました。

でも予算は殆んどなく、アイディアと在庫が勝負に・・・・・・・

さて、どうしようかな~

 

 

資材置き場に錆のピンコロの二丁掛けがあったのでこれで縁取りし、通路は桜御影の平板(300×300)

を短冊のように据え付けてと・・・・・・

 

でも、金が無い割にうちの弟は理想が高い

それは何故かと申しますと、彼は技能オリンピック、アレンジフラワー部門で銅メダルをとったほどの

実力者、気に入らないとビシビシ意見が飛び交います。

兄の面目にかけてもここでセンスを見せなくては・・・・・

 

 

ショウウインドーに達しない高さということで、ここでは紅葉の綺麗なニシキギをチョイス

また看板の下はオトコヨウゾメを植えました。

あと適当なものが在庫に無かったので、弟をムサシへと走らせました。

でも、ピンとくるものが無く仕方なしにブルーベリーを2本購入

これで、中,低木の植栽は完了

あとは地被類の植栽です。

 

 

在庫の中から、ビンカミノールや、スジギボウシ、エリカや、タチツボスミレ、それにイベリスも植えました

そして無事完了です。

さりげなくナチュラルを演出

興味のある人はぜひこの店に訪れてください。

きっと、画像ではわからない発見があるかもしれません。

 

 

 

 

ここ村山市は県内でも積雪が多い方で知られています。

生垣の支柱にも一工夫施されています。

 

このように、雪の重みで引っ張られないように、途中に立て子を立てて補強しています。

これだけで、強度はかなり違います。

 

 

 

このリフォームの目玉のひとつ、枕木の装飾金具を取り付けたところです。

真鍮製で強度も、見た目の品格も合格点です。

値段もそんなに高くありません。

ここに、ハンギングしたり、その用途はアイデア次第です。

この次の工程でこの枕木に塗料を塗る予定です。

そうすることにより、よりいっそう金具が引き立つことでしょう。

 

この次は植栽の予定ですが、このところの天候不順で葉の成長が遅れ新葉がヤワヤワで、今植えてもすぐに

シワシワになってしまいます。

もう少し葉が固まるまで待つことにしましょう。

もう少しお待ちください。

昨日の土曜日、米沢市立塩井小学校に、PTA参加の芝張り作業の指導に行って来ました。

なにせ予算が少ないということで、当社では芝生と肥料と目土を納めて終わり

そのかわり、私ともう一人の社員がその作業の指導をするというものでした。

それでは、PTAと先生方の奮戦ぶりをご覧ください。

 

 

ここが戦いの場所 700㎡あります。

こりゃ大変だ~

 

 

まずは野芝の荷降ろしから、約30数名の方々が参加してくれました。

これだけでも、ひと仕事です。

 

次に肥料を撒いていきます。

農家の方が数名いたので、すごく助かりました。

このとうり、専用の散布機持参で見事に均一に撒いてくれました。

 

PTAの副会長が土建屋さんの専務だったので、ローラーやトンボ、レーキ一輪車など多く貸して

頂きました。

ここは私の出番と、自らローラー転圧をかってでてくれました。

さすがプロ、仕事が違います。

 

全員での芝張り

A.B.C.D.の4班に分けての作業で、競争心をあおりながら出来栄えを均一に

これだけの人数がいれば仕事が早い早い

予定よりもハイスピードで進行していきます。

 

 

張ったところから目土を撒いていきます。

もはや、私の褒め言葉が効いたのか、もはや仕上がりはプロの仕事となんの遜色もありません。

ここまでできれば、米沢で張芝の仕事を請け負ったら外注したいほど・・・・・・・・

予想をはるかに超えてしまいました。

 

 

最後の水を撒いて出来上がりです。

今まで何度かこういう指導に何度かお邪魔しましたが、これほどうまくいったことはありません。

みなさん私の言うことを素直に聞いてくださって、手直しもなく素晴らしい芝生の広場が出来上がりました。

 

でも、これからが本当の正念場

水やり等の管理が大変かもしれませんが、私も近くに来ましたら必ず立ち寄り指導いたしますので

がんばって、子供達にパラダイスを与えてやってください。

最後にご協力くださった校長先生をはじめ、PTAの方々他関係各位の方々に心よりお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ガーデンリフォームってちょっとしたアレンジで、庭の印象が変わるもの

それだけに、庭師のセンスと技量が問われます。

今日の作業は土を入れ替える事と、ピンコロで縁取りをすることです。

南側の部分は雑木の植栽と花壇がメインなので、植栽用客土を運びます。

 

 

ここまでくると、だいぶ感じが変わって来ました。

縁取りをしたことで、随分スッキリした印象を受けます。

 

 

リビングの前のちょっとしたスペースに、お得意の円型花壇(菜園)を奥様のリクエストにお応えして

作ってみました。

ここに、畑土(当社のオリジナルミックス)を入れると、こんな風に変化しします。

 

 

デッドスペースも有効活用できそうです。

さ~仕事にも力がうんと入ってきたところで、今日はこの辺でおしまい

次回のアップをお楽しみに!

昨年の暮れに施工した、山形市のN邸が新緑の時期を迎え、劇的な変化を

見せています。

昨年の完成時はこうでした。

 

これが今は新緑の時期を迎え、このように変化しています。

 

 

同じ角度の画像なのに、全然違う雰囲気を醸し出しています。

どことなく殺風景だった景色が、まるでどこか違う世界へタイムスリップしたみたい。

 

 

特に雑木を多く選んで植えたせいか、余計自然を身近に感じます。

もう少し季節が進み、葉がもっと茂り、おもいおもいの花が咲き始めれば

この時ばかりは私が主役と、その時を何も語らずに秘かに待っているのです。

 

まだこのお庭は発展途上、これから施主の手でいろんな山野草が植えられ

施主好みのお庭に変化していくことでしょう。

それまで、楽しみながらお世話してあげてください。

決して植物は人を裏切りませんから

ちゃんと綺麗な花を見せて、お世話した人に返してくれることでしょう。

 

 

この画像は今から25年以上前、私が最初に設計施工した山形市のT邸の茶庭です。

木々は成長しもはや樹形は落ち着き、円熟の域に達しているかのようです。

一番驚いたのが手水鉢です。

真新しい施主が準備されたそれは、黄土色のいかにも今土から掘って来たと言わんばかりの

様な状態でしたが、月日はそれを別物のような風格と気品を与えてくれました。

ここだけ見ると、ここが山形ではなく京の茶庭のような錯覚に陥ります。

幽玄とはまさにこんな情景をさすのでしょうか?

ここを作らさせていただいて、京風庭園とは何ぞやと専門誌とにらめっこしていた、若かりしころが

走馬灯のようについ昨日の事のように脳裏に浮かんでは消えていきます。

古びた竹垣も一つの絵になることを、知る由もなかったあさはかさを、改めて感じさせられます。

縁あってこの竹垣も新しく作る予定なので、また古いものに新しい息吹うを与えたくださる施主のお気持ち

に感謝あるのみです。

 

 

 

村山市のF様より ガーデンリフォームを依頼されました。

数年前に他社で施工されたお庭で、最初は枕木の塗装だけかと

思いきや、いろいろ木を植えたり花壇を作ってほしいとの事

ここは、私のセンスの見せ所と思わず力が入ります。

まずは、リフォーム前の画像をご覧ください。

 

 

お家の顔の玄関前、門柱前のコニファーが大きくなり過ぎています。

また、枕木のオブジェ風の柵もこれはこれでいいのですが、もうひと工夫アレンジしてみたいと

思います。

あと、ヨーロピアンゴールドも伸びすぎていますのでカットしていきたいと思います。

当社もそうでしたが、コニファーがこんだけ大きくなるとは思っておらず、あまりにも巨大になりすぎて

伐根したお宅が何軒かあります。

コニファーを植える時には、成長の遅い種類が何種類かありますので、そういうのを専門家に聞いて

植えた方がいいと思います。

 

 

お家から見ると道路が丸見えなので、ここにも何種類かの木を植えてやんわりと遮蔽したいと考え

ています。

 

幸いお隣のお家の外壁がレンガ調ですごくいい感じ、ちゃかり借景しちゃいましょう。

隠したいところだけ植栽で隠し、あとはいい感じに雑木を植えて庭に彩りと安心感を与えましょう。

芝生も少し栄養不足が感じられるので、プロが使う専用の肥料を与えて活力を取り戻してイキイキ

させます。

 

 

ぱっと見1番目立つ枕木のモニュメント

でもどこか華やかさが足りない気がします。

ここは市販されている枕木専用の装飾金具を取り付け、変身させます。

手前のプランターが置いてあるところも、奥様の要望で花壇を設けたいと思っています。

 

 

まずは、芝生を職人の手でカットしていきます。 これが結構重労働なのです。

さすがに土の入れ替えまで人力は無理

何故なら住宅地の地盤は大きな山砂利が厚く入れられており、スコップでは歯がたちません。

金デコでやってたら人の方がまいってしまいます。

そこで、水道やさんが使う超ミニユンボの登場

リースやさんから借りて来ました。

これで作業の効率が格段にアップするでしょう。

 

全体に芝生を剥いだら、樹木を植える位置出しを行い、そこの部分はとくに根鉢の大きさに合わせて

深く掘って将来に備えます。

ここまでで、ゴールデンウイークに入ってしまいましたので、作業はいったん休止です。

これからあの手この手でアレンジしていきたいと思っています。

どのように変化していくのか私も楽しみです。

明けてからが本番ですので、頑張っていきましょう。

 

 

 

 

山形市のY邸のガーデニングが完成いたしました。

ガーデニングのビフォー、アフターを比較しながら御覧ください。

 

 

 

 

 

 

ビフォーでは、ほんの少しの砕石敷きだったスペースが、見事に植栽空間を生み出しました。

小舗石の2丁掛を並べて、すこし嵩上げしただけで雰囲気が随分違います。

 

台所から奥様が見られる雑木(ネジキ)の四季折々の移り変わりは、さぞかし心を癒してくれる事

でしょう。

他にも、今少しずつ人気がでてきているアオダモやナツツバキ、記念樹でもらったハナミズキの苗木

も植えられています。

 

オリジナル門柱は、あえて三角形をモチーフにして、オブジェ風に

それに合わせて、美ブロもラフなコテ仕上げにしています。

色も外壁の白に合わせて少し目立つように、淡いピンク色になっています。

後で気づいたのですが、雨にぬれるとピンク色が強調されて、すごく綺麗でした。

ここには、さらにステンドグラスが埋め込まれて、少しシックにしてみました。

 

 

 

 

 

ビフォーでは、やたらと目に付くブロック塀

しかし、それもお隣のもの

まず、これを隠しちゃえとばかりにオリジナルでガーデンフェンスを考案

上部は木製ラティス、下部はメッシュフェンスとに分けました。

ラティスはハンギング用に、メッシュフェンスはツルものを這わせられるようにと考えました。

中央にはシンボルツリーのジューンベリーが植えられ、その脇には、クリスマスツリー用のシラビソ

が植えられています。

花壇には段差が設けられていて、スジギボウシ、エリカ、イベリス、ダイアンサス ライオンロックが

植えられています。

もう少しすれば、お花のじゅうたんになること、間違いなしです。

玄関脇には、モダンな立水栓を取り付けました。

これは、初めて取り付けたのですがなかなかおしゃれですね

 

 

 

 

駐車スペースが4台分も設けられているので、この無機質な空間を少しでも和らげようと、白い

プランターを5個設置してみました。

これにコニファーのスエシカを植えて、洋風に・・・・・・・・・・・

これだけでも、随分変わりますね 豪華に見えます

やっぱり、いつも完成して思うのですが、やはり家にお庭ができて初めて 家+庭=家庭なんだな~

家自体がすごく生きてくるように感じます。

初めて注文した商品も多く、多少の手違いもありましたが、それでもこだわった商品を使って良かった

と思っています。

これからも、たびたび訪れてはいいアドヴァイスをして、もっともっとよい庭になるように、協力していき

ますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31