月別アーカイブ: 5月 2011

 

 

 

とても大きい樹木の剪定には、もうこれは欠かせない必需品になっています

高所作業車

アームの先端のボックスは最大12メートルも伸び、たいがいの樹木はこれで剪定可能です

今日はこの珍しいタブノキの高木を思い切り詰めてほしいと言われ、この車を準備しました

従来の2連ハシゴを使っての作業より、格段早くしかも安全に作業できるようになりました

当社の社員も4名程、この高所作業車の運転資格を試験を受けて取りました

今からは必衰になるでしょう

さて、ここのお宅は黒沢の旧家

シラカシやセイリュウ、ウメ、などの大木がお屋敷の中にたくさん存在しております

「今年は2~3年剪定しなくても大丈夫なくらい思い切って切ってくれ」とお客様に言われているので

バッサリいくしかないでしょう

でも、そこはプロ

その樹木にあった自然樹形にこだわり、数日かかろうともいい仕事させたいと思います

その後の変化を披露したいと思います

我々はプロの集団 決してブツ切りにはさせません

 

ログハウスの入り口付近の植栽も完成し

雰囲気がだいぶ変わって来ました

 

 

 

 

これで玄関の扉を開けても、正面からの視線をやんわり遮る事が出来ました

これで、これらの雑木が成長すればだいぶカントリーライクになるんだけどね

 

ちなみに、土間コンクリートのスリットに植えられているのは、芝生の代わりに当社で売り出し中の

クラピアという商品です

踏圧にも強く、芝生みたいに刈りこむ必要は無いし、成長が早いので雑草にも強い

かなりメンテナンスフリーな植物です

これから、結構人気が出そうな植物です

ヨ~ チェック!

完成後約1ヵ月ぶりにお邪魔したら、木々の葉もかなり茂り

印象がだいぶ変わったと思いきや・・・・・・・・・・

何じゃこりゃ??????

 

 

 

 

 

キンモクセイの竹の支柱に、子供達のタオルの洗濯物が掛けられているではないか

まさか、こういう使われ方されるとは

やるな、先生方

でも、ここの女の先生方の実力はこんなもんじゃない

これを見よ

 

 

 

 

 

自作の白いパーゴラが建っているではないか

何でもホームセンターに材料買いに行って、そこの店員さんに作り方教わって作ったとか

それを実行する気持ちだけでも素晴らしい

 

ただし、良く見るとすこし斜めなのはご愛嬌ということで

 

そんな中フェンスに絡まって成長のチャンスを伺っている奴が

 

 

こやつです

カロライナジャスミン 成長が比較的早く素敵なレモンイエローの花をたくさんつけます

こやつがこのフェンスを覆いつくせば、通行人からの視線を遮ることマチガイ無しです

 

さて、次回にはどんな風に変貌しているのか

はたまた、奇想天外な形なのか

ちょっと期待と不安の両方が入り混じるなんかヘンテコな気分です

 

今日はいよいよ植栽

樹を植えると劇的に変化するので、久しぶりに朝から張りきって、私自ら現場にやって来ました

 

 

 

玄関前には目隠しを兼ねてヤマボウシの株立ちと添えにオトコヨウゾメを植えました

お隣さんとの境界には、落ち葉がいかないように配慮して常緑樹のソヨゴ、イレックスサニーフォスター

マルバヒイラギを植えました

これだけでも、ログハウスがぐっと引き立つのでビックリです

 

 

南側には、極力植える本数を減らして1本、1本の存在感を高めたいと思って植栽しました

これは、シラカシです

昔は防火樹として酒蔵の周囲に、角刈りの生垣としてよく用いられていました

 

 

植えられたヤマモミジやジューンベリー、ウメモドキが風などで倒れないように、竹で支柱を施して

対処していきます

 

 

これらの高木の足元には、クラピアという芝生の代わりになる地被植物を植えていきます

これは踏圧にも強く刈り込みの必要もないので、芝生よりぐっと管理が掛からず楽です

おまけに白くて小さく可憐な花を咲かせてくれるので、余計愛らしく見えます

後、雑木のアオダモの株立ちとアズキナシを植えればほぼ完了なのですが、まだ新葉が固まらず

様子を見ている所です

果たして森の草原の家になるのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・・?

村山市のS邸の庭に据え付けてある、山灯篭の笠石

東北大震災のおかげで崩れ落ちてしまいました

 

 

重さ約600~800Kg 当初チェーンブロックでの施工も考えましたが場所が狭く足を広げられないので

断念 別な方法を検討する事に

そこでクレーンのオペレーターに実際場所を見てもらい、作業可能と判断 今日の作業となりました

 

 

慎重に玉掛け・・・・・・・・・・ 2本のワイヤーの長さを調整して2本吊りで水平に吊り上げることに

ここからが庭師の技術の見せ所、経験が物を言う仕事です

 

が、しかし、ここで重大な問題が

車庫を越してクレーンで吊り上げる為、オペレーターから全く私たちの作業している姿は見えません

 

 

こんな感じですので、オペレーターから私たちの姿は全く見えず、屋根の上に合図者を上げるも

その効果なし

結局トランシーバーで交信しながら慎重に作業することに

 

 

一歩間違えれば重大災害に成りかねないとてもデインジャラスなお仕事

しかもミリ単位で調整しながら何度も何度も吊り上げて、格好と向き、水平を確認する

妥協が許されない気の抜けない時間がしばらく続き、なんとか終了

汗をかいた甲斐がありました

 

 

無事、事故もなく終了できて本当によかった

おさまりも前以上?にきまってかなりしっくりきています

これならお客様にも納得してもらえる事でしょう

 

「後しばらくは地震はいいからね~」と心の中でつぶやいて、現場を後にしました

 

 

 

 

あるログハウスのガーデニングをさせて頂くことになり、さっそく御主人と打ち合わせ

なるべく自然に近い形で、楽しめる庭がご希望

楽しむとは

1. 観て楽しむ

2. 香りを楽しむ

3. 成長を楽しむ

4. 遊びを楽しむ

5. 触感を楽しむ

 

 などなど・・・・・・・・・・・・・・人それぞれ

結局個人個人自由な発想で、思い思い楽しめればいいんじゃないかと?

 

てな訳で、工事着工前はこんな感じでした

 

ログハウス

 

 

とにかく提案するにあたり、とにかくナチュラル、ナチュラルにと心がけました

まず最初は土の入れ替えから

 

 

一番小さい方のミニバックホーを借りてきて、床堀り

将来の樹形の事も考えて、大きめに植栽用良質土と入れ替え

今回はなるべく植える木を少なくして、1本1本の存在感を高めたいと思っています

 

次は既存の砕石を別な場所へ移動すべく、人力にて床掘り

幸い当社には人間型超ミニバックホー1号、2号が存在しているのでこういう作業には重宝します

 

 

床堀りが完了したら雑草防止の為、当社で1番売れている防草シートを張っていきます

これは、雑草抑制に効果大

当社売れ筋ナンバー1なだけあります

 

 

この防草シートは雨水は透しますが、雑草の突き上げは防止する優れもの

この上に寒河江川の玉砂利を敷き詰めて、紫外線による劣化と化粧を兼ねます

しかし、最近ショックなことが・・・・・・・・・・・

この砂利を提供していた寒河江川砂利組合が解散することになり、この玉砂利が提供出来ない事に

これにはさすがに困りました

この代替え品を探すのはかなり難しそうです

プラントに在庫がなくなり次第廃業するそうなので欲しい方はお早めに

 

 

これは枕木で家庭菜園の仕切りを作っているところです

1部2段積みにして、根茎野菜も収穫できるよう考えています

まだ工事は始まったばかりですが、なかなかおもしろい工事なので、お客様より我々職人のほうが楽しみ

みたいな感じでやってます

次は植栽 どう変化するか楽しみです

 

 

 

先日行った東根市K邸の土壌改良工

その効果は効き目はバツグンでした

 

 

まだ芽出し前、今年の大雪と寒さのせいで、常緑なのに葉が落ちてしまい、余計に元気無い

ように見えるマサキの生垣

それが、この様に・・・・・・・・・・・・

 

 

緑の新緑が鮮やかに、復活の兆しを見せてくれます

 

他にも、マロニエの花が満開に

 

 

これらの樹木には「まるやま1号」というプロ用の固形肥料を与えています

これは、根元に埋め込む為直接根に効くので、その効果は絶大です

詳しくは当社の土壌改良のページをご覧ください

 

 

グランドカバーにも化成肥料の「ちから1号」を1㎡あたり30g散布した結果、イベリスもこんなに

綺麗な白花を一面に咲かしてくれました

 

 

ガーデニング完成後1年経過したら、肥料を与えるのは絶対不可欠

適切なプロのアドバイスのもと作業を行いましょう

「綺麗な花を咲かせてくれてありがとう」の感謝の気持ちを込めて

 

 

 

 

 

東根市神町の中ほどを走る道路に、この時期絶景を楽しめる街路樹が

あります

 

 

歩道の両側に植えられた街路樹

前から人気のある「アメリカハナミズキの赤花」です

当社でこの街路樹を植えてから10年以上経つと思います

あまり成長が早い方ではないので、ここまでなるのにこれだけの年月を必要としました

このように、綺麗な花が咲き、成長が遅く、虫もつきずらいので管理費が安く済み、

まさに、街路樹にはうってつけな訳で、人気が高いのもうなづけます

 

では、もう一度

 ご覧ください

 まさに絶景と呼べる街路樹の花を

 

 

 

駐車スペースをメインに考え、何とか3台分確保しました山形市のK邸

でも、私の必死の粘りとサービス?で植栽と芝生のスペースを確保

しました

 

まずは丁張りを掛けます

 

 

スペーシングを奥様に確認してもらってから、いよいよ床堀りを開始します

 

 

 

まだこの段階では、どのように変化するかあまり解りません

 

 

床掘りが終わり、基礎砕石が敷かれ型枠が組まれると、おおよその格好が見えてきて、なんとなく

出来上がりが想像出来ます

 

この頃が一番期待に胸がはずむ時です

 

 

今年のゴールデンウイーク絡みの天候は、予想以上に悪く打設予定が2度も延期になり、お客様

にはだいぶご迷惑をおかけしました

 

ようやく打設にこぎつけ、コンクリートを均し始めると雰囲気もだいぶ変わってきます

 

この段階から養生期間に約5日間必要な為、しばし休工になります

コンクリートが固まったら、いよいよ植栽用の客土を入れて植栽です

劇的な変化を、しばし、お待ちください

 

東根市のT邸 にお邪魔しましたら、雪で蹲の所のかけひが悲惨な事に

これはやっぱり即交換でしょう

 

 

これでは、せっかくの景が台無し・・・・・・・・・・・・・・・・・・て事ですぐ作業

といきたい所ですがかけひは特注品

3日たってようやく到着・・・・・・・・・・ようやく作業 

 

 

竹が長いので、二人掛かりで結構苦労しました

でも、出来上がってみるとやはりいいですね

 

 

 

仕事が終わって縁側でお茶を御馳走になっていると、やはり落ち着きます

庭は完成してから数年経ち、かなり風格が出てきていますが、かけひが変わる事でまた違った一面を

見せてくれます

なんて言ったらいいのか、うまく言葉で言い表せないけれども、何故か妙に落ち着きます

やはり、畳とかけひは新しいほうが良い?

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031