月別アーカイブ: 11月 2012

天童市のTさん家のガーデニング、と言うよりは現代和風のゾーンの施工に入りました

ここは、既存の樹木を移植したり、ある石で土留め石組みをするのでどちらかと言うと

現代和風の感覚を取り入れたいと考えています

 

 

これは、白御影石で花壇を作っています

形が3角形なので施工が少し大変でした

 

 

既存のキンモクセイの大木、これを洋風と現代和風の中間地点に位置付け、その馴染ませる役割を

持たせようと考えました

 

この木は移植せずその周りに盛土していきます

これに土が崩れないように、以前から積まれていたのを取ってあった既存の石で土留め石組みをしていきます

 

 

ある石を使っての作業なのでいろいろと制約があり、出来栄えが心配になります

でも、そこはテクニック?でカバーするしかありません

 

 

ようやく完成・・・・・・・石の高さが少し足りなかったので崩れ石組みという手法をとりました

川石が多数だったので、組みづらかったのですがなんとか天端を水平にすることが出来ました

 

 

今まで仮植してあった樹木も少しづつ移植していきます

こらはポーポの木という珍しい果樹です

私も初めてあつかいました

果たして来年どんな実がなるんでしょうね?すごく楽しみです

 

 

山形市のFさん家の植栽に取り掛かりました

やはり、木を植えると印象が随分変わるものです

 

 

南側の主庭にも、ヤマモミジが植えられました

この木1本でも、十分四季の移り変わりを感じさせてくれることでしょう

 

 

玄関まわりにもいろいろ考えて植えていきます

門柱の裏にはヤマボウシの株立ちが植えてあり、玄関を開けても中が丸見えにならないようにしています

アプローチ脇にもイレックスサニーフォスターを植えて、彩りを与えています

門柱の下には、最近マイブームでお客様の評判が良いガウラを植えました

花が咲いている期間が長く草丈が30センチと手頃なのが人気の秘密です

今植えているのは、エリカです

これも、寒さに強く管理が楽なので、人気があります

 

 

防草シートも張って雑草対策も万全です

芝生も砂利のとこまで張っていかないように、縁取りにエッジキングを取り付けました

 

 

芝生も張られ、緑の量もだんだんと増えてきました

南側敷地境界の所に、あえて花壇のスペースを設けました

最初Fさんには要らないと言われたのですが、もし、お隣に家が立って視線を遮らなければならなくなった時

これがないと何もできません

ガーデンフェンスや植栽で遮蔽できるよう、保険掛けておきましょうと説明して納得してもらいました

 

 

玄関前も植栽の前と後では随分と印象が変わりました

かなりソフトになった気がします

新緑の季節が待ちどうしいです

後は玉砂利を敷いて物置を取り付ければ完了なんですが、なかなか手配がつきません トホホ・・・・・・・・

また、明日にでも催促してなるべく早く完成させお客様に引渡ししたいと思います

本当にご迷惑をお掛けして申し訳ございません

 

ようやく山形市のFさんのガーデニングも植栽までこぎつけました

その前に、道路からの視線を遮蔽するために、オリジナルでガーデンフェンスを取り付けました

 

 

今回はあえて高低差をつけて変化させました

これはこれでアリですね

 

 

これはキンモクセイを植えているところですが、その他にもジューンベリーやソヨゴやナツハゼ等の

雑木をメインに植栽しています

 

 

低木には花の期間がすごく長いアベリアを植えました

これで約4ヶ月は花が楽しめるでしょう

 

 

もちろん、定番の芝生のスペースも当然設けています

これで、小さいお子さんたちも思う存分遊べます

 

 

これは紅葉の美しいヤマモミジに、支柱をかけているところです

ガーデンフェンスも表から見るのと裏から見るのでは全然ちがう表情を見せてくれます

後は長井産の玉砂利を敷けばほぼ完了なのですが、なんと大型ダンプの手配がまるでつきません

なんでも、高速道路と復興工事のチャーターでどこのダンプも何ヶ月先までよやくが一杯だとか・・・・・・・・

困っちゃいました

あとはなんとか拝み倒して運んでもらうしかありません

すいませんがもう少し完成までは時間が掛かりそうです

申し訳ございません

東根市内のとある場所にポケットパークを作っています

その一部に自然風な流れを作って欲しいと頼まれました

公共工事の為、コンクリートの躯体の中で施工しなければならないので、ちょっとした工夫が

必要です

 

 

このようにカチカチな躯体なので、自然な曲線を出すのにセンスが必要です

玉石もわざと自然ぽく並べています

 

 

底にも玉石(伊勢ゴロタ石)を州浜状に張って行かなければならないので、心が折れる前に大勢の職人を

連れてきて一気に勝負を賭けています 

 

 

花壇の縁取りも同じ石で、野面積みを試みました

丸い石なので天端を揃えるのがかなり大変でした

それだけに職人の技術とセンスが要求される仕事です

 

 

コンクリートの躯体に全部張られた玉石、その下がコンクリートだとは、言われなけえれば誰も気づかないでしょう

その周りには、ユキヤナギやシラン、シャガやナワシロイチゴが植えられ、芽が吹くとより自然ぽく見えるでしょう

 

 

 

伊勢ゴロタ石を使って積まれた野面石積み、かなり根気のいる仕事でしたが出来栄えは周囲の人達からも

綺麗だとほめられました

やはり、個人宅で身につけた技はどんな時でも役に立つもんだと、つくづく思いました

仕上げまでにはもう少し時間が必要ですが、完成した時には是非報告いたしますので、見てください

東根市のTさん宅に昔からあるとても大きなモミジの大木

道路拡幅のために移動を余儀なくされました

その為、今年の春先に根回しして今回の移植の手はずになりました

 

 

重さもさることながら、かなり古いモミジのため幹が空洞になっており直接幹に帯をかけると裂けそうでした

その為、中にあて木を当てて補強、ようやく吊り上がりました

 

 

 

トラックに積み込んでからも大変でした

何故なら高さが高すぎて信号や電線に引っかかりそうです

その為、しおれる所は全部やって、あとは泣く泣く枝を切りました

 

 

嫁入り先は、お寺だったので、とても狭くクレーンがセットできません

そこで、おとなりの敷地を借りてようやくセット、無事植えることが出来ました

しかし、普段は電線の事など、気にかけたことがなかったんですが、こうして見ると意外と電線って低いんですね~

 

 

ようやく植えてみたら地面よりかなり高かったので、まわりに無造作に積んであった石や、植え穴を

掘っていると出てきた石で、土留の石組みをすることにしました

ある石での作業なのでとても合わせづらかったのですが、なんとか崩れ石組みを完成させました

 

 

 

なんとか完成できてすごく安心しています

途中商店街を通過する時に、1本の電線に枝が引っかかって揺れた時にはかなりヤバイと

思いましたがなんとかスルー 、かなりドキドキもんでした

移植が完了し事故もなく安全に作業できて、今はすごく安心していますしホットしています

住職にお願いして来春からの水やりに時間を掛けてもらい、必ず生かしてもらいましょう 

山辺町のHさんのガーデニングも中盤に差し掛かりつつあります

 

 

これは、長いアプローチにアクセントになるようにコンクリート平板を据え付けているところです

水鉢のところだけワンポイント、色を変えています

 

 

アプローチは曲線にしたので、型枠組みが大変でした

最近工事が集中しているせいか、なかなか生コンの予約が取れません

この日も無理を言って、午後からの打設になってしまい仕上げるのに夜の9時までかかり、左官屋さんには

大変な仕事をさせてしまいました

 

 

これは駐車スペースとの境に敷石を縦使いに用いて、土留を作っています

ちょうどこの高さまで土が盛られることになります

 

 

盛土になる所は全て小鋪石で囲みました

自由曲線を用いているので、施工が大変難しくなってしまいました

 

 

小鋪石はどちらかと言うと現代っぽい印象を見る人に与えます

これは私の制作意図とドンピシャにはまりました

次回はいよいよ植栽に突入です

劇的変化をお楽しみにしていてください

今年も去年に引き続き、河北町のシルバー人材センター主催の雪囲い講習会の

講師として招かれました

1日目はあいにくの天候だったため、1日中座学になりました

ここでは雪吊りや雪棚、低木の竹で囲む簡単な雪囲いを資料に基づいて教えました

2日目は朝からみんな期待している、松の雪吊りに挑戦してもらいました

 

 

昨日の座学で学んだことをさっそく実践してもらいました

これは、みんな一番興味のある頭の飾りの部分を実際に作ってみせて手本にしてもらいます

結構皆さん見るとやるとでは大違い、かなり苦労しているみたいでした

 

 

これは、縄を松の枝に縛るところを、実際にやって見せているところです

いかに、効率良くきれいに見せるか、わたしの指導のもと何度もやり直しをしてもらいながら、プロの職人

の技とこつを教えています

格闘すること3時間半ようやくプロ顔負けの雪吊りが出来上がりました

 

 

1本あたり縄を30本使っているので、大変でしたけど仕上がりはかなり綺麗でした

今回受講されたみなさんには、是非近日中に実践してもらいせっかく覚えてもらった技術を忘れないで

もらいたいものです

二日間ほんとうにご苦労様でした

ようやく完成までこぎ着けました尾花沢のM様宅のガーデニング

まずは、今回の工事で一番こだわった石貼り工事の作業風景からお見せします

 

 

富沢石を1個1個選んで貼っていくこの作業

こだわっている分とても時間が掛かります

でも、その分だけ石畳風に仕上がり、満足のいく出来になりました

 

それではまず、着工前から

 

 

この状態から見事な大変身を遂げました

 

 

改修前の樹木で残っているのは、手前のツツジの刈り込みとアセビだけで後は全て撤去しました

その替りヤマボウシの株立ちやジューンベリーの株立、ハナミズキやイタヤカエデ、アオダモといった

雑木類を植えることで、四季折々の季節感を楽しんでもらいたいと思っています

この地域は、県内でも豪雪地帯に入りますのでかなりの積雪が予想されます

その為、雪折れしないぐらいの大きい樹木(4~5m)をメインに植えています

そのせいで、最初から庭が完成した状態になりました

 

 

奥様の夢は、この庭のこの石畳風のテラスにテーブルを何個か置いて、お友達をたくさん呼んでパーティー

を開くこととお聞きしました

その為に、道路からの視線が気にならないようにして欲しいと頼まれました

今は落葉した状態なので見えますが、新緑の頃にはいろんな緑の色を持った葉っぱに囲まれ

多分気にならなくなると思います

 

 

真横からの視線を遮るためにラテイスを取り付けました

通路を効率良く取るために、一基づつ並行に設置しています

それと、積雪にとても耐えられないので取り外し可能な方法で設置し、冬場は格納して長持ちさせようと

思っています

 

 

テラスの周りには芝を張り、段差があるので枕木で階段を作ってみました

この芝生も根付いて青くなれば、さぞかし見事でしょう

最後に、M様には当社の都合で施工に入る間までしばらく待って頂いたり、休憩の度にお茶の準備を

して頂き気持よく仕事をさせて頂きました

職人共々お礼申し上げます

また、来春になったら草花を植えるアドバイスができたらと考えています

ますますこの庭が花いっぱいの素敵な庭になることを願っています

本当に有難うございました

山辺のH さん家のガーデニングは、まず既存の庭の解体からスタートとなりました

 

 

最初はこんな感じだったので、思い切って要らない樹木は伐採して、これから作る庭似合いそうな

樹木だけ移植することにしました

 

 

これはナナカマドですが、その他にもハナミズキやハナカイドウなども移植しました

 

 

移植が終わったら今度は要らない土を搬出するため、バックホーで掘削しています

かなりすっきりしてきました

 

 

今度はアプローチ部分を床堀していきます

延長が長いので出来上がればかなりのポイントになるはずです

 

 

この画像で、アプローチのクネクネ感がよく解ると思います

手前に見える水鉢はもったいないので、バードバスとして再利用するつもりです

さ~どこまで変身を遂げるのか、作り手の私達まですごい楽しみなお宅です

次回の更新を待っていてください

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930