月別アーカイブ: 6月 2013

 

Y様邸ガーデニングも中間地点に差し掛かりました!

 

003 (2)

 

駐車スペースの部分には砕石を敷き、

植栽部分には植栽用客土を入れました。

 

004 (2)

 

アプローチ部分にはパラレルのクリームイエローを貼って、そこだけ

豪華な演出にしました。

コンクリートが打ってある部分は駐車スペースになる部分です。

 

015

 

樹木を植栽すると、一気に景観が変わります。

この度は、ヤマモミジの株立ちや

ヤマボウシの株立ち、ジューンベリーの株立ちやアオダモの株立ち等

雑木をふんだんに植栽し、これにより、新緑の美しい緑や可憐な花々

真っ赤に色づく紅葉が楽しめ、四季折々の変化を家に居ながらにして

十分楽しめる事が出来るでしょう。

 

020 (2)

 

高畠町は豪雪地帯な為、なるべく雪囲いの負担を掛けたくありませんでした。

その為、雪囲いの必要な低木の植栽は諦め、雪が降ってもまた出てくる

多年草の植栽を取り入れました。今回はアスチルべやガウラ、キャットミントを植え、

それぞれ草丈の高さを変えて、高低差を変える事で奥行きを出す事を

試みました。

また、花の色もピンクから紫のグラデーションで統一し

うまくコーディネート出来たと思います。

 

019

 

それ以外の部分には高麗芝を張って、緑の部分を増やし

無機質感を和らげようと試みました。

 

023

 

芝も張り終え、花壇も作ったのでほぼ完成に近づきました。

残りはオベリスクを立てて、バラを植えれば完成です。

オベリスクは受注生産な為、7月下旬納入の予定ですので

それまでお預けです。

何だか、楽しみは最後までとっておくような感じになっちゃいました。

 

管理方法も奥様にご指導致しましたので、1か月後にはまた違った景観になっていると思います。

その時まで楽しみにお待ち下さい。

 

 

 

 

A様邸のガーデニングの完成までの過程を、

ビフォー、アフター形式でご紹介致します。

 

ビフォー

IMGP1642

 

アフター

006 (2)

 

全体の家の景観が見事に華やかに大変身したのが、

見て解ると思います。

特に、ゲスト用駐車場と石貼のアプローチとの境界にプランターを

設置した事で、誤って車が乗り入れられるトラブルも解消し、

それがまた、アクセントにもなっています。

冬は除雪の邪魔になるので、簡単に移動出来ます。

 

ビフォー

IMGP1644

 

アフター

IMGP1718

 

枕木で囲んだ花壇には、ヤマボウシの株立やエゴノキの株立、ソヨゴなどの

雑木で自然の雰囲気を感じさせながら、空間を仕切っています。

何気ないアルミフェンスに板を2列に貼っただけで

既存のウッドフェンスと

うまくコーディネートする事が出来ました。コスパ大です。

最初から100%張った高麗芝も水やりが上手なのですでに青々としています。

 

ビフォー

010.jpg2

 

アフター

009 (2)

 

枕木で構成されたモニュメントは、高低差を変え、さらに枕木用の

装飾金具を取り付けることで、うまくオリジナリティーが表現出来たと思います。

添えられて植えてあるジューンベリーやオトコヨウゾメも自然に馴染んでいます。

低木には、シモツケやウツギマジシャン、

下草にはガウラやクリーピングタイムなどを植える事で、

長い間フラワーリレーが楽しめる様に計画してみました。

 

ビフォー

020

 

アフター

012 (2)

 

御主人自ら手作りされた門柱の後ろにはハナミズキを植え、

リビング、ダイニングの窓から見える様に、その後ろにナツツバキの株立を植えてみました。

 

最後に御主人が同じ職人さんという事で、私のデザインに共感して頂き

いろんなデザインを取り入れる事ができ、感謝しております。

特に、フェンスに取り付けてもらった木製パネル、グッドジョブです。

うまくこの庭を管理していって、子供さんとの良い遊び場になる事を期待しております。

お家の前を毎日通りますので、気づいた点があったら、アドバイス致します。

本当にありがとうございました。

 

 

 

025.jpg2

 

着工前です。

奥様立会いの下、平面図に基づいて位置出しを行っています。

 

027

 

丁張りをかけて、カーポート部分の余分な所を床掘し、

残土処分を行います。

 

002 (3)

家の周囲は定番の防草シートを敷いて、玉砂利敷きを行い

雑草対策を万全にします。

 

003 (2)

 

砕石部分が駐車スペースで、植栽用客土の入っている部分が

植栽スペースになります。

土を入れ替えただけで雰囲気ががらりと変わることは

この画像を見て、お分かりになるかと思います。

 

 

まだ工事は始まったばかりです。

これから構造物が建っていくにつれ、どんどん良くなっていくと

思いますので、随時経過を報告したいと思います。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

いよいよ劇的に変わる瞬間が訪れました。

何故なら、木を植えているからです。

 

IMGP1666

 

ヤマボウシの株立ちや、アオハダ、エゴノキの株立ちなど

手間のかからない雑木をふんだんに植栽しています。

 

IMGP1668

 

ダイニングの窓からも見える場所にクロモジの株立ちを植栽して

彩りを与えています。

 

IMGP1670

 

枕木で作ったモニュメントの前にもジューンベリーやオトコヨウゾメ

最近マイブームの洋風低木ウツギマジシャン、

それに定番のシモツケなどを植栽しています。

一気にモニュメント周りが華やかになりました。

 

IMGP1664

 

芝生のスペースも多くとってあり、植え付け後すぐ100%の形にしたいという

施主の要望で、高麗芝を目地無しで張っています。

目地を開けるより、案外この方がお客様にとって管理が楽なのでは

と思いました。

順次この方法に切り替えていきたいと考えています。

 

IMGP1669

 

家の西側・北側は管理の軽減を計る為、防草シートを張った上に

玉砂利を敷いています。

これで雑草対策は万全です。

 

次回は完成形をお見せ出来ると思いますので、期待していて下さい。

 

 

 

 

東根市S様のガーデニングはまず、昔からある庭の解体から始まり

その素材を活かしながら和風から洋風へと変える

大変センスのいる仕事になりました。

 

007

 

いらない樹木は思い切って伐採し、必要と思われる樹木だけ仮植しました。

既存の石組はすべて撤去し、仮置きしたのち

もう一度ロックガーデン風に組み直します。

新たに購入した石ではなく、和風の立石の組み方を変えることによって

ロックガーデン風にするには、大変困難な作業になりました。

003

 

石組用の石はひとつも購入していないので、庭師の技量が問われる仕事になりました。

 

001 (3)

 

ようやく石組が完了しました。

すべての石の石端を平らにする崩れ石組という手法を

用いてロックガーデン風の石組にしました。

モチーフはだんだん畑風です。

004 (3)

 

終わった石組に移植木を植付けています。

008 (2)

 

これから整地作業に入っていきますので

またイメージが変わっていくと思います。

次回の更新も楽しみにしていて下さい。

 

建物の外観が、特に屋根の形が複雑だったので

それに合わせたデザインを考えてみました。

 

 

013.jpg2

 

すでに遮閉用のフェンスは打ち合わせの時に

取り付けてもらっており、合わせて花壇部分を2度手間にならないように

穴を掘ってもらっていました。

 

012 (2)

 

そこに小舗石で三角形を組み合わせた形で縁取りを行い、

植栽スペースとしました。

残りの部分は管理の軽減を計る為、防草シート+玉砂利敷きで

雑草対策も万全です。

 

005 (2)

 

三角形をモチーフにした植栽スペースがこんなデザインになっています。

奥に行くに従って、高さをちょっとずつ高くし、

奥行きを出そうと考えました。

006 (3)

 

まだ梅雨に入っていないので、植栽するには暑すぎる為

もう少し経ってから植栽しようと考えています。

それまでもうしばらくお待ち下さい。

 

 

 

 

 

A様宅は、駐車スペースやアプローチ周りのフェンス等は

すでにご自分でデザインされ、出来上がった状態でした。

着工前がこちらの画像です。

 

017 (2).jpg2

011

 

入り口正面からの目隠しも兼ね、ウッドフェンスとのマッチングも

考慮した上で、枕木のモニュメントを作成している所です。

 

018 (2).jpg2

 

枕木のモニュメントが完成しました。

後は、装飾を付ければ完成です。

これが出来ただけでもインパクト大です。

 

004 (2)

 

同じく枕木で囲み、植栽スペースを確保しました。

 

001 (2)

 

まだ工事は始まったばかりですが、どんどん変わっていくと思いますので

随時更新したいと思います。

お楽しみに!

 

 

 

着工前

着工前は何もない状況でした。

008.jpg2

 

駐車スペースを2台設け、周囲に芝と雑木を植えることで、

緑ができ、うるおいが出てきます。

S

当初は扉を開けると中が丸見えで、とても気を遣いました。

 

004 (4).jpg2

 

入り口の前に門柱とアカバナエゴノキを植栽することによって

目隠しが出来、外から中が見えることは無くなりました。

ここ尾花沢市は豪雪地帯な為、屋根から2mは雪が

落ちてくるので、軒先から2m50cmは植栽は不可能でした。

そのため、大きな陶製のプランターにツリバナとサワフタギを

植栽して、移動できるようにし、この問題をクリアしました。

 

010 (2)

キャメルストーンで貼ったアプローチを台形にすることで

導線とデザインの美しさと両方を兼ねそろえることが出来ました。

 

k様宅のガーデニングは去年の11月頃から開始して、途中で

雪が降ったこともあり、年をまたいでようやく完成しました。

お客様にはずいぶんご迷惑をお掛けしてしまいましたが

その分、十分納得していただけたガーデニングが出来たのではないかと

自負しております。

これからの時期、暑くて芝生の水やりが大変だと思いますが、

管理の方を宜しくお願いします。

最後に長い間本当にありがとうございました。

これからも宜しくお願い致します。

ようやく1期工事が完成しました

一般的なお宅の敷地面積の2倍はある広大な土地だったので

スケール感を雄大にすることを心がけて設計しました

まずは、もはや忘れかけているであろう着工前から

 

S

 

車2台並んでもまだ余る余裕な広さ

このままでは雑草取りに追われること必衰です

 

003 (3)

 

そこで、芝生面を大きくとりアールの付いた生垣で主だった視線を

シャットアウト

ポイントにヤマモミジやハナミズキ、アオダモなどの雑木を植栽して、

将来緑陰を設けたいと思っています

 

007 (2)

 

それ以外の大部分は、防草シート+玉砂利敷きで、雑草対策は

完璧です

やはり自然の玉砂利を敷き詰めただけで、景観が和らぎます

 

010 (2)

 

アプローチのデザインもやはり円形で統一されており、ちょっと

目新しく見えますが、スッキリと家の玄関前のポーチと馴染んでいます

 

009 (2)

 

ゲスト用駐車スペース兼アプローチには、太陽紅という赤っぽい

ピンコロ石を同じくアール状に並べてアクセントを与えています

予算の関係上第1期は完了致しましたが、何年か後に残りの工事

の続きを是非お待ち申しております

これからの暑い時期、芝生等の潅水大変かとは思いますが、

よろしくお願いします

長い間大変お世話さまでした

この庭が子どもたちのパラダイスになることを期待しています

ただし、あまり無茶をして芝生が禿げないことをお祈りしております

 

 

 

新庄市のT様邸のリガーデンをビフォー・アフター形式でご覧ください

 

ビフォー

 

004

 

アフター

 

008 (3)

 

ビフォー

 

008

 

アフター

 

005 (2)

 

ビフォー

 

010

 

アフター

 

006 (3)

 

ビフォー

 

005 (3)

 

アフター

 

010 (2)

 

こんなふうに、要らない木を処分したり、この庭に合う場所へ移植したり

枕木の高さをを変えて、新たに雑木類を植栽するだけで随分雰囲気が

こんなふうに変わります

既存のお庭をどうにかしたいと悩んでいらしゃるお客様?

いろんな引き出しからご提案いたしますので、ご質問ください

間違いなくコスパ大です

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930