月別アーカイブ: 7月 2013

雪が解け夏が来てやっと完成いたしました

001

 

今となってはこんなに雪が積もってたなんて、想像もつきませんが・・・・・・・・

 

009 (3)

 

まるで、別の風がそよいでいそうな風景です

だいぶ待って頂きましたが、その分納得にの行く仕上がりになりました

これからは、管理次第でドンドン良くなっていきます

まずは、芝を早急に刈ってもらわないと・・・・

 

 

 

 

着工前は大概のお客様と同じように、すべて砕石敷きでした。

 

010.jpg4

ここからどんどん変貌を遂げていきます。

 

001

芝生になる所とコンクリート打設の所を約20㎝掘り下げていきます。

地盤が固く中々困難な作業でした。

これに植栽用客土を入れていきます。

 

009 (2)

これを水勾配を考慮しながら、敷き均していきます。

 

010 (2)

微妙にアールがついているので、BHでは大まかな整地しか

出来ず、後は全て人力のとんぼで均しました。

ここに大きな芝生広場が出来る予定です。

 

まだ工事が始まったばかりなのですが、植栽用客土が

入っただけで全然違います。

 

順次レポートしていきたいと思いますので、

期待していて下さい。

 

 

 

 

 

うちのお袋が毎日通っているS医院さん。

先生との話の中で、当社で医院前のガーデニングをすることになりました。

まずは、着工前がこんな感じです。

007 (2)

 

ぱっと見ピンク系の外観がすごく目を引きます。

ここに土を入れ、植栽していくとかなり変わります。

 

004 (2).jpg2

中木にモチノキを5本植え、下草には奥から

ガウラ、フィリヤブランを植えました。

ガウラはPOT物を植えたばかりなので、まだぽやぽやの

状態ですが、来年には草丈が今の倍になり、ピンク系の花が

後ろの外壁とうまくマッチしてくれると思います。

手前のフィリヤブランは薄紫の花を咲かせるのですが、

花が咲いてない時でも、葉が斑入りになっているので

観葉植物としても、十分見応えがあります。

 

 

別の着工前のアングルがこうです。

007.jpg2

 

この角度から、植栽完了後を見るとこうなります。

002 (2).jpg2

5本植えられたモチノキが何気なく植えられたように見えますが

あえてここは常緑中木を植えて、主張しない樹木を選択しました。

このガーデニングの主役は草花達です。

来年の今頃には、どんな風景を見せてくれるのか。

楽しみです。

 

 

久々に新庄市H様邸に訪れてみました。

 

そうしたら下草がたくさん植えられ、

驚く程自然な感じに仕上がっていました。

006 (6)

 

トレリスには、クレマチスが何種類も這わせてあり、

もう少しでブッロク塀が全部隠れそうでした。

017 (3)

 

建物の中に囲まれた庭ですが、まるで街の中にできた

ポケットパーク(市民の憩い場)のような感じになっています。

014 (3)

 

高いところから見ると、周りの建物と比較しても

木々がどれだけ大きいのか分かってもらえると思います。

このお客様は花がとても好きなので、次回訪れた時に

どのように素敵な庭に変貌しているのか楽しみです。

この庭がもっともっと進化するのを願ってやみません。

019 (4)

私ちょい悪オヤジ率いるバンド、サレンダーがひがしね祭に出演します

 

024

 

午後1時30分開始予定ですので、お早めにお越しください

私達の後に、レディオサイエンスがゲストで出演します

このイケメン達が控えているとなると、かなり観客が彼ら目当て

になるのではと不安です

イケメンどころかツケメンにもならないので、賞味期限が切れたカンメンぐらいが

妥当でしょうか?

でも、カンメンもお湯で戻せばナマメンになるので、あなどるべからず・・・・・・

彼らに負けないように今かなり練習しています

是非、足を運んでみてください

 

 

着工前はこんな感じに殺風景でした。

012 (2)

 

これに植栽を施すとこんな風に劇的に変わります。

 

004 (7)

 

今回は、三角形をモチーフにして連続して作ってみました。

これが結構斬新で、道行く人も思わず覗き込む感じが見て取れました。

高木には、アカバナエゴノキ、ジューンベリー、シラカシや

アオダモなどの雑木類を植え、自然のささやきがリビングにいても

感じ取れます。

奥様曰く、この木々達の葉っぱが、風で揺れる姿を見るだけで

心が癒されるそうです。

地被類は最低限の管理で済むように、ハーブ類を植えています。

一番手前が、キャットミント、次がビンカミノール、クリーピングタイム、

フィリヤブランの順に植えてあります。

さらに、雑草防止の為にバークチップを敷き詰め、

雑草を生えづらくしています。

008 (3)

小舗石で囲んだ花壇も、奥に行くに従い微妙に高くしてあるので、

奥行きがさらに強調されます。

 

006 (5)

奥から見ると、より高低差がはっきり分かると思います。

 

003 (5)

駐車場から主庭には、この化粧平板を渡って行けます。

周りにはクラピアを植えてあるので、今年の秋には

この隙間がすっぽり緑の絨毯に変わる事でしょう。

あえて、エッジの効いた直線で統一する事で

スッキリした庭になったと思います。

また、キャットミントやクリーピングタイムなどの葉に

触れることで、ハーブ独特の香りが楽しめ、その香りが

心地よく気持ちを癒してくれる事でしょう。

 

まだ門柱が完成していないので、全て完成した訳では

ありませんが、全てが完成したらもう一度紹介したいと思います。

楽しみにお待ちください。

 

 

 

 

 

 

O様邸のガーデニングもいよいよお楽しみの植栽に入りました。

 

IMGP1770

どうしても梅雨時期の植栽は、葉が多くついていると蒸散量が

多くなる為、

剪定して葉の数を減らし、調整します。

 

 

IMGP1771

剪定した樹木を丁寧に植付けていきます。

今回はなるべく管理の掛からないものを依頼されていましたので、

やはり、虫の付きづらい雑木類を選びました。

アオダモの株立ちやジューンベリーの株立ち、

それにアカバナエゴノキの株立ちなどを植栽しました。

冬場に全て落葉すると寂しいので、

常緑のシラカシ、イレックスサニーフォスター、モチノキも

交ぜて植えてあります。

 

 

IMGP1773

せっかく植えた樹木が風で倒れない様に、竹で支柱を施します。

 

 

IMGP1774

地被類は、最も管理の要らないものをチョイスしました。

特に、クリーピングタイムやキャットミントなどのハーブ類は、繁殖も早く、

雑草も生えづらいので管理も楽です。

他にも、フィリヤブランやビンカミノール、

ギボウシ・ゴールデンティアラ、アスチルべなどの

地被を植えましたが、これらも管理は楽な部類です。

 

残すは、地被の下に雑草防止の為に播く、

バークチップをして完成です。

門柱との兼ね合いでまだ植栽は先になりますが、

もうしばらくお待ち下さい。

 

舟形町 S様邸のガーデニングもほぼ完成に近づきました。

 

IMGP1767

サクラをメインにジューンベリーやナツツバキの株立ちを庭の

中央に植えました。

お客様とお話をして、両方の家から落ちてくる雪の量がとても多い為、

中央部が一番害が無いと判断したからです。

 

IMGP1769

まだ植栽したばかりで葉が生い茂ってなく、スカスカな状態ですが

2、3年後にはお隣の家があまり気にならなくなるくらいに

緑の量が増すでしょう。

今は、手前のジューンベリーの株立ちが主役ですが、数年後には

中央に植えてある、ソメイヨシノをシンボルツリーにしたいと考えています。

 

006 (4)

S様宅は、1階部分が車庫になっていて、

2階部分が玄関になっている為

2階から見る景色もまた、いつもと違った視点で見る事ができ、

いろんな角度から樹木が楽しめます。

これくらい鳥のさえづりが間近で聞けるのも、この庭ならではの

特徴でしょう。

残りは、お客様が好きな草花を植えるので、それもまた

違った意味での新しい景色になること請け合いです。

 

次はいよいよ壁の補修工事を完成させます。

こちらもまた、新しい試みなので今からちょっぴりわくわくしてます。

 

舟形町S様邸のガーデニングも中盤に差し掛かりました。

 

まず最初に、クラシカルのレンガで縁取りをします。

IMGP1719

 

舟形町は豪雪地帯な為に、この中庭部分も両方から雪が落ちてきて

4mも積もるとお伺いしました。

よって、植える樹木は4m以上の樹木を植えて、

雪折れしないように対処しました。

メインはソメイヨシノで、その他にジューンベリーをナツツバキを植栽しました。

ダイオウグミやナツハゼ、サカキやジンチョウゲなども

バランスを見て配植しました。

 

003 (3)

 

木を支える支柱は、通常4m位の細木で支柱をするのですが、

雪の重みで折れてしまうので、あえて公共事業で用いられる、

三脚鳥居支柱で強度を保ちました。

 

IMGP1766

 

植え終わったところから植栽用客土を全面に敷き均し、

化粧を施します。

空いた部分には、お客様が選ばれた山野草やグランドカバーが

植えられる予定になっております。

004 (5)

 

完成までもう一息、気合を入れて頑張ります!

023

出来る限り、家の外観のイメージを壊すことなく、ガーデニングによってより良く引き立たせるのが

今回の設計のテーマでした。

 

026

玄関前には門柱を置く代わりに、ヤマボウシの株立ちがシンボルツリーとして

その代用をしています。

他にも、ジューンベリーやアカバナエゴノキ、ソヨゴ、ナツハゼなどの雑木類を植えたので、

四季折々の彩りを楽しませてくれることでしょう。

カーポートは通常の奥行きより、1m程長いものを設置し、ロングサイズのワゴン車を止めても

十分余裕があるように配慮しました。

028

アプローチは、パラレルとコンクリートの組み合わせで、わざと複雑なデザインにし、

変化を与えています。

その脇には、アオダモの株立ちを植栽して、家に来られるお客様に、緑や安らぎを与えてくれる事でしょう。

029

隣地境界には、ヤマモミジ、ツリバナ、イヌシデなどの植栽を施し、将来隣に家が建っても

自然に遮閉できるよう、始めから考えて植栽しました。

小舗石縁石で囲んだ花壇には、後で思い思いの花々を植えて、楽しんで頂ければ幸いです。

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031