月別アーカイブ: 12月 2014

一般家庭の雪囲いもようやく終わり、今日から会社内の作業を

行っています。

2014-12-27 10.59.06

雪が枝に積もると裂けてしまうので、いくらかでも負担が

軽くなる様に、サルスベリの徒長枝の剪定を行っています。

2014-12-27 11.00.12

会社敷地内に植えてある樹木は、このように雪吊りをしたり

雪棚を作ったりして、簡単な雪囲いを行います。

こういう植栽地が2ヶ所で約6反歩あるので、来週の月曜日

一杯はかかる予定です。

今年は、30日に大掃除をしてお正月に入ります。

もう少しだけ、大雪は勘弁してほしいものです…

昨晩の爆弾低気圧のせいで積もった雪を除雪し、今日は

竹柵工の作業をしています。

2014-12-18 15.33.28

木杭を打った後に、トリカルネットを釘止めして、土を抑える

工法です。よく、高速道路の法面植栽に用いる施工方法です。

当社では、それではあまりにも味気ないので、割竹を釘止め

して、和風テイストに仕上げています。

2014-12-18 15.53.12

次に枕木を使って、ステップを施工しています。かなり

高低差があるので苦労しました。

2014-12-19 12.39.18

正面から見ると、こんな感じに仕上がりました。

左側は、崩れ石組で土留をし、右側は、1段目が崩れ石組

で、2段目が竹柵で土留を行いました。ステップを枕木にし

た事で、和とも洋とも言えない、新しいテイストのアプローチ

に仕上がりました。

これからはもう雪が降って、良い仕事ができないので、工事

は春まで待ってもらう事にしました。これから、まだまだ色ん

な仕掛けを考えていますので、今しばらくお待ちください。

 

 

着工前はこんな感じでした。

2014-11-29 16.46.25

ここに車3台分の駐車スペースを設けて欲しいとの事でした。

2014-12-06 11.07.37

将来、2台分のカーポートが設置できる様に、奥行きは

6m取りました。

2014-12-11 14.10.16

それに伴い、既存の擁壁の高さに合わせて、コンクリート

擁壁を造る事にしました。一発仕上げなので、型枠は吟味

しました。

2014-12-16 12.02.02

高さが1.5mもある為、ベースコンクリートもそれに合わせて

これだけの幅が必要になります。

2014-12-16 11.00.20

打設が完了すると、だいぶ形が判ってきました。次に

アプローチ部分の床掘りを行います。

2014-12-17 10.20.03

今回は趣向を凝らして、鳥海石の崩れ石組で土留をする事

にしました。あいにくの爆弾低気圧のドカ降りの中での作業

でしたので、かなり心が折れそうになりました。

2014-12-17 13.54.02

石組も完成に近付くと、だんだん気分も乗ってきました。

気合いで頑張ります!

 

着工前から完成までに、どのように変化したのか

ビフォー・アフター形式で説明したいと思います。

before

IMGP3016

After

IMGP3057

もう一台分の駐車スペースが欲しいという要望だったので

敢えて全て土間コンクリートにして、無機質な感じにしたくなか

ったので、タイヤの乗る部分だけコンクリートを打ち、その間に

は、富沢石を石畳風に貼りました。これは、車を駐車する時に

タイヤがはまらない効果も考えた上での結果です。

それ以外の部分は、高麗芝を張り、車が停まっていない時

遊びの延長で使ってもらえる様、考慮しました。

before

IMGP3014

after

IMGP3058

隣地との目隠しにオリジナルガーデンフェンスを設置し

空間を仕切りました。家庭菜園も欲しいという要望だった

ので、円形の物を3個作り、リズミカルなデザインにこだわ

りました。リビングには、大きなウッドデッキも備えてあり

庭との連携を考えた結果です。日陰になる様、所々に雑木

を植栽して、庭に潤いを与えています。

芝の面積も広くとって、2人の小さな息子さん達が自由に

遊んでもらえるスペースにしました。

before

IMGP3015

after

IMGP3059

物置前も殺風景だったので、敷石で土留を施し、そこに土を

盛って、植栽のスペースを設けました。ここにも、雑木とグラ

ンドカバーを植栽して修景しています。物置には、化粧平版

を並べて、物が出し入れしやすい様に考えました。

約一か月位の長丁場でしたが、なんとか雪が積もる前に

完成して、ホッとしている所です。

今は、緑が無い状態ですが、新緑の頃には、まるで別世界

の空間に生まれ変わる事でしょう。植栽がいっぱいなので少

しばかりの管理も必要となりますが、当社で色々アドバイス

致しますので、宜しくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

植栽が終わったので、それ以外の所に高麗芝を張り

ました。この画像は、芝を張った上に目土を散布して

均している所です。

2014-11-29 16.13.17

それが終わると、門柱の前に小舗石でちょっとした

スペースに花壇を設けました。郵便屋さんがポストに

郵便物を入れやすい様に、小舗石をデザインして

足を掛けるスペースを設けました。

2014-12-11 11.20.53

轍の所だけに、土間コンクリートを打設しましたが

その間には、富沢石を貼っていきます。

IMGA0608

こうする事によって、デザイン性も向上しますが

車を駐車する時に、タイヤがはまる事がないように

考えました。

2014-12-11 11.21.02

この画像は、目地を入れている所です。この度は、厚い

石を貼ったので、石畳風にすべく特殊な目地ゴテで

押し目地を施しています。

残りは、張芝の未完成部分だけなので、もうじき完成です。

ラストスパートまで頑張ります!

 

 

 

 

今回は、ビフォー・アフター形式で見せていきたいと思います。

before

IMGA0277

               

after

IMGA0593

家の南側にあった物置をカーポートのすぐ後ろに設置

して、利便性を考えました。この庭は、ドッグランを主体に

考えていますので、入口にはウッド製の扉とアメリカン

フェンスを設けました。この扉は、冬場の除雪も考え

スノーダンプが通れる幅を確保しました。

before

IMGA0280

                                

after

IMGA0594

庭の中心には、芝生のスペースを設け、一部に小さな

ウッドデッキを据え付けました。これに座りながら犬と

遊べればと思っています。奥には、既存のフェンスの

前に木製のウッドフェンスも設け、お隣の庭を借景した

いと考えています。お隣の物置の前には、ソヨゴとジューン

ベリーの株立を植えて遮閉しました。もちろん、入口の扉と

このフェンスはトータルコーディネートした結果です。

before

IMGA0281

               

after

IMGA0597

この角度から見れば、いかに借景しているか分かると思い

ます。南側隣地境界には、モチノキを列植して、緑の量を

多くして、空間を仕切っています。それ以外のスペースは

防草シート+玉砂利敷きにしてあるので、雑草対策は万全

です。

before

IMGA0283

               

after

IMGA0600

以前ここにあった物置をカーポート脇に移動したので

既存のウッドデッキと連立性が生まれ、すごく広く感じ

られます。

今の状態では、休眠期間中なので、落葉樹も芝生も

葉が無い状態です。来年の新緑の頃には、全く別世界

になっている事でしょう。それまで少しの間、我慢して

頂ければ幸いです。

色々と、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

植栽の方も一段落がついたので、駐車スペースの土間コンの

型枠を組んでいます。

2014-11-22 12.00.45

組み上がると、こんな感じになります。

2014-11-26 11.05.06

今回はデザイン性を重視したので、轍の部分のみを

コンクリートにして、その他は石貼と芝生のコンビネー

ションにしました。

2014-11-20 14.19.36

物置の前も白御影敷石を使って土留をし、物置までの

スロープは化粧ブロックを敷いてみました。

2014-11-22 11.50.56

物置があまりにも目立つので、雑木を2本植栽して

修景しました。

工事もだんだん終わりに近付いてきました。

もう一頑張りです!

 

今日は、以前から問題だった物置の移設を行います。

IMGA0279

今のままだと、屋根から落ちてくる雪が物置に直撃する為

壊れてしまう恐れがあるからです。中の物を全て出し、軽く

してからの移動になります。

2014-12-01 11.41.36

4人がかりでここまで移動しました。タイヤを2台分入れるのが

大きな目的だとお聞きしましたので、この位置に決めました。

土間コンと床面をフラットにしたので、すぐにタイヤを仕舞えます。

IMGA0539

次に、芝生との縁切りにエッジキングを施工しています。

これで縁取りしてみると、意外と芝生の面積が広い事が

分かります。

次は植栽です。どのように変化してくれるのか楽しみです。

 

 

 

木製のオリジナルガーデンフェンスの取り付けがほぼ

完了したので、次にこの庭のデザインの中心となる円形

の家庭菜園を作っていきます。

IMGA0478

このような円形の物を高さと大きさを変えて3つ作ります。

2014-11-22 11.53.45-①

円を組み合わせる事によって、とてもリズミカルなデザイン

に変貌しました。この形にすると、畑の中に足を入れないで

手が届くので、作業がすごく楽になるのと共に、畑土が足に

付いて芝に落ち、雑草が生えるという事がなくなります。

IMGP3040-①

次に、雑木類の植栽を行います。木が植えられると

また違った雰囲気になっていきます。

2014-11-26 11.03.35-①

植栽が完了しました。この下には土を盛って、芝を張って

いきます。リビングの前には、大きなウッドデッキも取り付け

ました。もう少しで完成です。

もうひと踏ん張り、頑張ります!

 

 

 

IMGP3016-①

着工前は、こんな風に畑が大きくあるだけで、上手く土地が

利用されていないなあというのが第一印象でした。

IMGP3015-①

物置の前も砕石敷きのままなので、やはり殺風景な感じ

は否めません。

010-①

建物東側のスペースは思ったより広くとってあったので

将来、隣に家が建つ事を予想して、先に樹木を植える事を

提案しました。

IMGP3022-①

まず最初に、余分な土をカットする床掘から開始です。

IMGP3017-①

同じく、物置の前も綺麗にする為、床掘をします。

IMGA0456-①

南側隣家等の遮閉の為に、オリジナルのガーデンフェンスを

作る事にしました。柱も頑丈に固定していきます。

IMGP3029-①

固定した柱に、板材をビスで止めていきます。

この木材は、特殊な薬を注入する事でかなりの防腐効果が

期待できます。このフェンスが出来上がっただけでも空間が

仕切られ、かなり雰囲気が変わりました。

このガーデニングは、色々な仕掛けがいっぱいあるので

どんどん変化していくと思います。

乞うご期待ください!

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031