月別アーカイブ: 4月 2015

この所の好天で、作業が思いのほか順調に進んでいます。

IMGA0334

主庭部分に植栽用の客土を敷き均していきます。

敷き均し後はこんな形です。

IMGA0486

これに客土と敷砂利の縁切りにエッジキング(黒い縁取り)を施工する

と、何となく庭の形が見えてきます。

IMGA0550

苑路部分には防草シートを張って、玉砂利を敷き均していきます。

同じように、玄関まで続く長いアプローチ脇にも植栽用客土が敷き均

され、赤いスプレーでマーキングされたアプローチの形もイメージを

膨らませます。

IMGA0607

大まかな土工事が終わったので、これから色々な仕掛けを施していき

ます。その仕掛け一つ一つがデザインのこだわりなので、お客様にど

う喜んでもらえるのか???すごく楽しみです♪

かなり荒れていた畑の天地替えも、少しずつ進んできました。

IMGA0335

バックホーを1台追加し、1週間以上かけてようやく天地替えが終了

しました。

IMGA0405

IMGA0404

次は畑作りです。枕木で仕切った大きな畑は、3ヶ所を予定していま

す。

IMGA0497

これだけの本数があると、枕木を据えつけるのも大変です。

IMGA0569

IMGA0571

まだまだ先は長いのですが、根気よく頑張っていきたいと思います!

 

IMGA0289

この画像は、既存の石組に、庭を解体して出てきた鳥海石を合わせて

石組みをしている所です。

IMGA0290

石組みに合わせて、ハナカイドウを移植してみました。

これだけでも、また別の世界が創造されていきます。

次に、これも出てきた川石を使って、土留の石組みを行います。

IMGA0333

この状態では、まだ既存の材料を使って作り直しただけなので、まだ

まだ未完成ですが、これから色々手を加えて、別の作品に生まれ変ら

せたいと思います。

 

今年一番最初のプレゼンでした。

当社のホームページを見て興味を持たれ、プレゼンの内容が評価され、当

初もう一社見積り予定が、当社のみのプレゼンとなったとお聞きし、まさに

職人冥利につきるというものです。気合いを入れて作庭していきたいと思

います。

着工前はこんな感じでした。

2015-03-07 09.54.35

2015-03-07 09.54.57

2015-03-07 09.53.51

建物は外壁が白で、一部木材が使われていましたので、この部分との調

和を計りながら設計致しました。

建物周囲の土留はあえてコンクリート擁壁にするのではなく、白色にこだわ

り、白御影の敷石で土留をする事にしました。敷地も結構高低差があった

ので、いつもより大きい敷石を使用しました。

IMGA0399

かなり重かったので、運搬はミニバックホーで行いました。

並べられると結構品があります。

IMGA0398

角に電柱があるので気になりますが、これをいかにデザインに取り込み

カッコ良く見せるのかが庭師の腕です。なんとか試行錯誤して、うまく収め

たいものです。

 

2月末の工事前はこんな感じでした。

2015-02-25 08.57.18

2015-02-25 08.55.19

2015-02-25 08.57.47

完成すると、この様に変わりました。

IMGA0336

特に、アプローチにはデザイン的にこだわりました。

化粧平板と土間コンクリートのグリッドを互い違いにして、リズミカルに配置

し、幅も2.4×2.4mにしてゲスト用の駐車スペースも兼ねています。

また、バックで駐車しやすい様に、角には小舗石を敷き詰めて、ハンドルを

切りやすくしています。

IMGA0361

2台用のカーポートの前はできるだけ広くとり、もう1台縦列駐車できる様

にしました。また、奥様の赤い車がお子様連れでも簡単に駐車できる様

に土間コンクリートにアールを付けて、それをアシストしています。

IMGA0356

玄関の扉を開けても家の中が丸見えにならない様に、中央に植樹帯を設

けました。中には、クロモジやツリバナ、アオダモの株立といった雑木を植

栽しています。

低木にはシモツケを植栽し、地被にはフイリヤブランを植えて、彩りを与え

ています。スリット部分には、ハーブのクリーピングタイムを植えて、花のス

リットにしました。

また、もう一つのこだわりとして、隣地境界部分の花壇には、竹柵という技

法を用いました。どちらかというと、和のテイストが強いのですが、大胆な

曲線を用いた事で和モダンな感じになり、面白いアクセントになりました。

IMGA0343

IMGA0346

リビング前は、芝生と花壇だけのシンプルなデザインにしました。

ひょうたん型の3ヶ所の花壇の中には、ジューンベリー、ヤマモミジ、アカバ

ナエゴノキを植栽しました。

また、屋根の水が溢れていたので、それぞれ砕石を入れて排水層を設け、

上に白いプラ鉢を用いて化粧しました。

将来の芝生で、お子様達が気兼ねなく遊んでくれる事を願います。

この作品は、出来上がったばかりなので、管理次第でまだまだ素晴らしい

作品になりますので、宜しくお願いします。

 

着工前はこんな風に、草がかなり生い茂っています。

046

打ち合わせは昨年の夏でしたが、主に土工がメインになるので、天気の続

く今年の春まで施工を待って頂きました。

まずは、既存アプローチをゴムマットと鉄板を敷いて養生し、作業用通路を

確保しました。

IMGA0309

次に天地替えを行い、今生えている草を土の下の方にすき込んでいきま

す。

IMGA0310

かなりの面積ですので、時間はかかると思いますが、根気よく作業を続け

て行きたいと思います。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0181

IMGA0182

まず最初に取りかかったのは、小屋の解体です。

IMGA0186

これを、専門の業者の方が手際よく解体していきます。約3日程でコンクリ

ートの土台まで綺麗に無くなりました。

2015-04-04 11.55.41

次に、既存の庭を解体して、ある材料を使い新たに作り直していきます。

IMGA0183

これからが、いよいよ我々庭師の腕の見せ所です。

どの様に変化していくのかお楽しみに‼

昨年の12月末から工事してきました、カスタムエージェントみはらしの丘建

売住宅のガーデニングがようやく完成致しました。

着工前はこんな感じでした。

2014-11-29 16.46.25

完成形はこんな感じになりました。

RIMG1157

高低差が1.5m以上もあったので、コンクリートの擁壁で土留を行い、3台

用のゲスト駐車スペースを設けました。また、転倒防止の為にマサキの生

垣を設けました。

RIMG1158

アプローチの両脇は鳥海石の崩れ石組で行い、和モダンの雰囲気を醸し

だす為に、一部に和の技法である竹柵を用いました。アプローチのステッ

プには枕木を用い、緩やかな曲線を表現する為に、コンクリートのハケ引

き仕上げに致しました。

RIMG1159

植栽はアオダモ、モミジの株立、ジューンベリーを植えました。

低木もドウタンツツジとユキヤナギの2段植にしてあります。また、ステップ

の両脇には、フイリヤブランやエリカ、ギボウシ、ヒューケラ等の多年草の

下草を植えてあるので、訪れた人々に四季の移り変わりを足元から演出し

てくれる事でしょう。

RIMG1160

リビング前のスペースも意外に広く、将来色んな雑木の植栽や芝生を張っ

てもらい、色んな形にカスタマイズして貰える事を期待しています。

 

 

昨年の夏に完成しました、上山市K様邸。

引き渡し時は予算の関係で、樹木を1本も植えられませんでしたが「雪が

解けたら樹を植えたくなったの」と、嬉しいお電話を頂きました。

早速、ジューンベリーとアオハダ・アオダモの3本の雑木を植栽しました。

Before

021 (3)

After

2015-04-03 16.42.57 (2)

Before

015 (2)

After

2015-04-03 16.44.34

Before

014 (2)

After

2015-04-03 16.43.36

2015-04-03 16.43.39

ちょうど、シンボルツリーのジューンベリーの株立の白い花が可憐な佇まい

を見せてくれています。この1本だけでもかなりインパクトがあります。

たった3本の植栽かもしれませんが、これだけで家に潤いが出てきますし、

遠近法の関係ですごく広く感じます。

葉が生い茂ってくると、もっと素敵な樹の魔法にかかる事でしょう!

 

今回は、アプローチの土間コンを打設しています。

IMGA0136-①

デザインにこだわって、台形のアプローチにした為、左官屋さんには苦労を

かけてしまいました。

その甲斐あって、化粧平板とコンクリートのコントラストが面白く、リズミ

カルなアプローチに仕上がりました。

IMGA0139

次は、いよいよ植栽工事です。リビングの前には、ジューンベリーの株立を

植栽しています。

IMGA0135

その下には、花壇になるよう、エッジキングで仕切っています。それ以外の

部分は、芝生広場になります。

IMGA0131

玄関前にも、アオハダやクロモジ、ツリバナ等の雑木を植栽して、扉を開け

ても家の中が丸見えにならない様に配慮しました。

2015-03-30 17.33.44

この様に、コンクリートで囲まれた無機質な空間に緑がある事で、かなり

潤いある空間に生まれ変わります。

次は、仕上げの張芝です。どんどん良くなっていくのが楽しみです♪

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930