月別アーカイブ: 6月 2015

上山市のT様から芝生を張ってほしいと頼まれました。一般的に芝は草取

りや水やり等の管理が大変と敬遠されがちですが、その劇的ビフォー・ア

フターぶりは見事な物です。

Before

IMGA0321

After

IMGA0341

Before

IMGA0078

After

IMGA0344

After

IMGA0345

張った日が猛暑で、多少芝の色が悪いのですが、それでもこれだけ緑の量

が多くなると印象がガラリと変わります。施工日数は約2日間で完成してし

まいます。興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

(因みに梅雨に入りましたので、すぐに芝の色は緑色になると思います。)

 

 

東根市のH様よりガーデニングの追加工事を頼まれました。

自由にアレンジさせて頂き、思い通りのガーデニングになりました。

ビフォー・アフター形式で、お見せしたいと思います。

Before

IMGA0495

After

IMGA0288

Before

IMGA0494

After

IMGA0291

Before

IMGA0493

After

IMGA0290 (2)

Before

IMGA0492

After

IMGA0289 (2)

After

IMGA0296

After

IMGA0292

限られたスペースの中で、いかにオリジナリティーを出すか凄く悩みました

たが、仕上がりをご覧になったお客様から「何か住宅のモデルハウスみた

い!」とお褒めの言葉を頂き大変有り難かったです。

お客様には水やりにご苦労をお掛けしておりますが、そのお陰でお庭が日に

日に良くなっていくのが分かります。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

引き渡しから約2か月半、東根市のT様邸の庭はこんなにも綺麗になりまし

た。

IMGA0277

芝がかなり伸びてきたので、まるで別の庭の様です。IMGA0278

スリットに植えたクリーピングタイムもかなり伸びてきました。

IMGA0281

玄関前のシモツケの花も見頃を迎えています。

IMGA0279 (2)

リビング前の芝生もこんなに綺麗になりました。

ここまで来れたのは、御主人の毎日の水かけと草取りのおかげです。芝生

はよく難しいと言われますが、決してそんな事はありません。最初の1年さ

え頑張ってくれたら素敵な広場になってくれます。

次は芝刈。またレクチャーしますので、宜しくお願いします!

最初に打ち合わせにお邪魔した時は、この様な状態でした。

032

土が良いせいか地植えした植物が見事に生育しています。雑木も何本か

植栽されていたので、これらも配置替えする予定です。

020 (3)

雪がかなり積もる土地柄なので、なるべく雪囲いが簡単で済む庭にしてほ

しいと頼まれました。可哀想でしたが姿物の樹木は思い切って伐根する事

にしました。

IMGA0171

植物も要る物と要らない物に分けて、庭をスッキリさせていきます。

すると…

IMGA0242

この様にだいぶ変わりました。今立っている雑木類もすべて移植し配置替

えします。

IMGA0239

こちら側もかなり思い切りました。古くなったブロックも解体してリニュー

アルします。これから長い工程になるみたいです。この異常な暑さに負け

ない様に頑張ります!

 

天童市のS様邸のガーデニング。完成から5年が経ち、誰もが羨む素敵な

イングリッシュガーデンになっていました。

IMGA0231

この様に、庭には本格的なガゼボ(洋風あずまや)まであります。

IMGA0219

中央には、富沢石の小端積みのサークルの中にシンボルツリーのヤマボ

ウシの株立が植えられています。

IMGA0217

反対側から眺めると、この様に見えます。

庭の花壇には色々な植物が咲き乱れ、バラのアーチをくぐって行くとガゼ

ボまで色んな景色を見る事ができます。

IMGA0222

主庭に行くには、もう一つのバラのアーチをくぐって行きます。

IMGA0225

主庭には様々な雑木が成長した姿を見せてくれて、最初から5m以上の樹

を植えたので林っぽくなっています。

芝生も広く開放感があります。ここの木製の椅子に座って読書やティ―タイ

ム最高でしょうね~?

IMGA0226

庭の中には、もう一つの主役バラのパーゴラがあります。雪を考慮して手

作りで頑丈に作りました。

きっと毎年進化して、すごい事になる予感がします。

またアップしますので楽しみにしていて下さい♪

着工前は、こんな風にかなり草が伸びている状態でした。

046

041

この草をいかに生えてこない様にするかが1番の問題点でした。

それを解決して出来たのがこの作品です。

IMGA0065

畑は枕木で囲い、必要な分だけ確保しました。

それ以外の部分は全て防草シートを張って、その上に玉砂利を敷き詰めま

した。

IMGA0067

主庭は芝生をメインに、樹木はツバキの株立、ナツツバキの株立、クロモ

ジの株立の3本だけに絞って植栽しました。

これだけでも、背景に竹林があるので映えます。

IMGA0073

竹林の前には、石桶を再利用した祠(ほこら)に割竹でドームを作り、アート

っぽく仕上げました。土留は竹柵で作り、その内側にはこれ以上竹の根が

伸びてこない様に防竹シートが埋められています。仕上げは木チップを敷

き詰めました。

IMGA0074

この奥から眺めると、また違った景色が目に飛び込んできます。樹高4~5

mの木を植えたので、存在感が違います。

縁石も既存の切石を再利用したので風格があります。

IMGA0072

奥にある漆黒の門が、庭に重厚さを与えています。

IMGA0070

ヤマモミジの前には、ちょっと和っぽい下草(多年草)を植えてみました。

アスチルベにナルコユリ、それと数種類のギボウシ、季節毎に主役が入れ

替わり、色んな彩りを見せてくれる事でしょう。

今年は異常気象で雨が降らず、芝への水やりがかなり大変かと思います

が植物は必ず恩を返してくれますので、それを信じて面倒見てあげて下さ

い。宜しくお願いします。

ありがとうございました。

 

 

 

リ・ガーデン前はこんな感じでした。

RIMG0047

RIMG0048

かなり混んだ状態でしたが、思い切って要らない木は処分して新しく作り直

しました。

リ・ガーデン後はこんなにシンプルに生まれ変わりました。

RIMG0062

バラのアーチは既存の物を再利用し、ポストまでの園路は化粧平板ブロッ

クを並べて、スッキリしたデザインでまとめました。

RIMG0063

シダレモミジは移植し、新たにジューンベリーを植えてみました。あとは土

を入れ替えたフリースペースなので、奥様が色んな草花を植えられて楽し

まれる事でしょう。

IMGA0034

シンビジウムを置く棚も手作りしました。丈夫な木材を使い、更に補強も加

えてあるので、かなり長持ちすると思います。

色々お気遣い頂き、誠にありがとうございました。

 

着工前はこんな感じでした。

IMGA0146

完成形がこちらです。

IMGA0048

ドッグランが楽しめる様に、木製でフェンスを手作りしました。

フェンスの裏側には樹木を植えてあります。

IMGA0040

入口はこの様に互い違いに立てられたフェンスの間に扉を設けたので、

道路から見ても分かりません。

IMGA0044

IMGA0045

IMGA0046

中に入ると意外と広いです。全て囲うのではなく、目線にはあまり関係の無

い下の方はスリットを広く設けたので、圧迫感も和らぎ、そよ風も適度入っ

てくるのでなかなか居心地がいいです。

フェンスの裏側は、ジューンベリーの株立を植え、お隣に葉っぱが落ちない

様にイレックスサニーフォスターとモチノキの常緑樹を植えました。IMGA0051

IMGA0047

裏に回れば、緑がまだ別の魅力を感じさせてくれます。

既存の樹木との相乗効果で、かなり潤いのある空間に生まれ変わりまし

た。

 

 

建物の周囲には、何もなかった状態から施工しましたので、一体どの様に

変わったのか、Before、After形式で説明したいと思います。

Before

2015-03-07 09.53.58

After

IMGA0878

盛土の土留は、敢えて土留コンクリートにはせず、家の外壁の質感に合わ

せて、白御影の敷石を用いました。

オリジナルのガーデンフェンス(板塀)は、通る人の目の高さに合わせて土

にいく程、板と隙間をわざと狭くしています。

Before

2015-03-07 09.54.35

After

IMGA0964

IMGA0966

駐車スペースは2台分確保し、その他にもゲスト用の車が1台横付けでき

る様にデザインしました。

その時に軽くハンドルを右に切れば出られる様に、緩いカーブ(アール)

を設けました。その為アプローチのキャメルストーンの石貼りも2段になり

施工にかなり苦労しましたが、その結果面白いデザインに仕上がりました。

Before

2015-03-07 09.54.57

After

IMGA0865

IMGA0866

玄関脇は、化粧平板を市松模様張りにしました。

初めての試みでしたが、案外面白い仕上がりになったので、次回も色々ア

レンジして使っていきたいデザインです。

小舗石で囲んだ植栽スペースには、ヒイラギモクセイとナツハゼを植栽し、

下草にはハーブのアップルミントを植えてみました。ミント系は後で色々楽

しめると思ったからです。

After

IMGA0874

IMGA0876

物置は、これも建物の外壁の色と統一した為、何の違和感も無くスッキリ

納まっています。

印象的3つのサークルは、2つが家庭菜園、1つが花壇になっています。

円型にする事で中に入る事が無いので、芝生に泥が付きません。(草が生

えません。)

植栽は、ジューンベリーやヤマモミジ、アオダモの株立を植え、根〆には

ツツジを植栽しました。木が入る事で庭に奥行きが出ました。

工事完成まで約1か月半かかりましたが、お客様に最後に「武田さんに頼

んで良かった」と言って頂き、苦労が吹き飛びました。これから管理も大変

ですが、色々アドバイスしますので、一緒に良い作品に仕上げましょう。

本当にありがとうございました。

 

4月初めから着工して約1か月半、ようやく完成する事ができました。

もうすっかり、工事着工前のイメージはありません。

IMGA0181 (2)

014

こんな風にカーポートだけが目立っていた外観が、こんな風に変わりました。

IMGA0947

IMGA0944

オリジナルのガーデンフェンスで空間を仕切った事で、もう家の玄関が丸

見えではなくなりました。フェンスは平行に立っているので、その間から

庭を通って玄関へ入れます。

アプローチもゆったりとした曲線を用いた為、庭に奥行きとゆとりが生ま

れました。

IMGA0179

玄関から見ると、どうしても道路まで見渡せてしまうので、常に見られて

いるという感覚があり落ち着かなかったのですが、このフェンスはやはり

遮閉効果大です。

IMGA0005 (2)

IMGA0006 (2)

この様に道路もお隣もほとんど気にならなくなりました。フェンスの前に植

えられたアオダモやアカバナエゴノキが、玄関から見ると全く別の印象を与

えてくれます。

根〆には、シモツケやフイリヤブラン、キャットミントを植えています。

それにしても、隣地境界に植えられたイレックスサニーフォスターのレモン

イエローに輝く新葉と高麗芝の緑のコントラストが見事です。

また、アーチに這わせてあるつるバラがこのアーチを覆ったら、さぞかしリ

ッチな気分に浸れそうです。

024

工事前はこの様にまだ作業小屋がありましたが、全て解体したので全く別

物に生まれ変わりました。

IMGA0923

IMGA0924 (2)

藤棚を中心とし、その周囲にはクロモジ、トウカエデ、カツラ、ナツツバキ

、アオハダ、ジューンベリーといった色んな雑木が植えられ、季節毎に色ん

な表情を見せてくれる事でしょう。

とにかく土地を一体として使った事で、すごく広いとっても贅沢な空間にな

りました。本当、ちょっとした公園並の広さです。

023 (2)

以前からあった庭園も石を組み直したり、樹木を新たに植栽する事でちょ

っとした和風庭園に生まれ変わりました。

IMGA0928 (2)

これにはお客様も想定外だったらしく、かなり褒めて頂きました。

この庭は完成したばかりですが、御主人が毎日帰宅してから約30分水や

りをして下さったので、芝が本当に綺麗になりました。

本当に植物は嘘をつかないんだな~と、改めて実感させられました。

しばらくは、留守にできない日々が続きますが、夏の間の辛抱ですので大

変ですが植物の管理宜しくお願いします。

必ず今より素敵な空間になって、今までの何倍も心を癒し、ゆとりとなって

恩返ししてくれる事でしょう。

長い間、大変お世話になりありがとうございました。

これからも宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930