月別アーカイブ: 9月 2016

今年の春にガーデニングが完成致しましたS様より、ありがたいお言葉を

頂戴しましたのでご紹介させて頂きます。

これからも社員一同、お客様が喜ぶような庭作りをしていきたいと精進して

いきたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88

駐車場と建物の高さに結構高低差があったので、リブロックを2段積みして

土留めしました。

dscf4122

そのブロックに高さを揃えて、白御影の間知石をRを付けて組んでいきま

す。

dscf4128

それに合わせて玄関までのアプローチをクラシックレンガで縁取っていきま

す。

dscf4138

dscf4137

玄関は華やかにしてほしいとの奥様のご要望でしたので、サントメローズと

いう美しく淡いピンク色の石を乱張りしました。

dscf4146

駐車スペースにも、カラー平板を取り付けてワンポイント。

ここまで完成すると、こうなりました。

dscf4148 dscf4166

敢えて美しい色をチョイスしたので、結構華やかに仕上がりました。お客様

にも想像以上と喜んで頂き、肩の荷が降りる思いです。

次は劇的に景色が変わる植栽工事!我々もどうなるかワクワクします!

工事の方も順調に進んで来つつあります。

dscf4171

ブロックが積み上がったので、花壇部分と玉砂利部分を整地しました。

将来、リビングの前に家が建つ事を想定して、目隠しの樹木を植えるスペ

ースは絶対確保した方が良いと提案しました。

(家が建ってからでは、狭くて工事ができません。)

dscf4169

玄関前も、土間コンクリート用の型枠は設置が終わったのですが、なかな

か天候不順でコンクリートが打設できなくて困っています。

早く晴れ間が続いてくれないかなあ…

今年の6月に完成したH様から、西側にも木製フェンスを追加してほしいと

頼まれました。

まずは基礎ブロックの据え付けです。

dscf4153

全て人力施工になってしまい、結構体力を消耗しました。

部材はスペースの関係上、会社で加工していく事にしました。

dscf4158

これは案外スムーズに作業が進み正解でした。

次に柱を仮組みしながら取り付けていきます。

dscf4160

板が貼られていく度に空間が仕切られ、庭の景色が変わっていきます。

dscf4159

完成するとこうなりました。

dscf5003

着工前がこうでしたので、変化が一目瞭然です。

imga0791

フェンスがL字型になった事で、より一層広く感じます。しかも強度も更に増

しています。

後は、お客様にお願いして早く芝を刈ってもらわなくちゃ(笑)

メインの庭の土工事が終わったので、リビング前の大きなウッドデッキ脇の

木製フェンスの取り付けに掛かります。

dscf4130

当社には元大工さんの職人さんがいるので、この様な木工事はスムーズ

に進んでいきます。

dscf4131

幅1.8mのフェンスですけど、プライバシーを確保するには十分です。ここ

に金具を取り付けハンギングを楽しんだり、メッシュのフレームを取り付け

て道具を掛けてみたり使い方は自由自在。後はD.I.Yで楽しんでもらいた

いものです。

 

次にテラスを作っていきます。

dscf4139

ウッドデッキの色に合わせた淡い色のレンガを木の葉型に並べていきま

す。

出来上がるとこんな風に可愛く仕上がりました。

dscf4142

レンガの中はコンクリートのハケ引きで仕上げたいと思います。そうする事

で気兼ねなくバーベQが楽しめると思ったからです。

メインの庭はあと植栽を残すだけになりました。ようやく残暑もここに来て和

らいできたので、そろそろ秋の気配を感じてきました。

やっと樹々も植える事ができそうです。今しばらくお待ち下さい。

駐車スペースの一角に、2台用のカーポートを設置致しました。

スペースの関係上、建物との距離が近くなり過ぎたので50cm程切り詰め

ました。

dscf4124

建物の西側と南側に、土留用のコンクリートブロックを積みました。

dscf4150

dscf4135

工事もだいぶ進捗してきましたので、完成形もだいぶ見えてきました。

もう一踏ん張りです。

2009年3月31日にカウントを開始して、約7年半。

ようやく200万アクセスを達成する事ができました。

これも偏に皆様のおかげと深く感謝しております。

これからも多くの皆様に閲覧して頂ける様、色々努力いたしますので何卒

よろしくお願い申し上げます。

縁取りのエッジキングの取付けが完了したら、次は園路の防草シート張り

です。

dscf4012 dscf4013

こうする事により、雑草が元の地盤から突き上げてこないので、雑草が生

えてきません。これはかなり効果があります。

更に、このシートの上に化粧の玉砂利を敷き均していきます。

dscf4017

玉砂利が敷き終わり、周囲に立てた丸柱に生垣用の竹を取り付けると、庭

のレイアウトが大体分かってきます。

dscf4116

リビングの前には、御家族の夢だったウッドデッキが取り付けてあります。

このおかげですごく室内からの景色が格段に広く見える様になったと、とて

も好評でした。

次はいよいよ玄関までのアプローチ工事です。どれだけ華やかに変わるの

か我々の腕の見せ所です。

img_0187

 

imga0046 imga0127

着工前は、以前あった和風庭園が全て解体された状態でした。もう一方、中庭には白いタイルが貼られ、中央にシンボルツリーを植えてほしいと頼まれました。

img_0089

この庭は第一印象から宇宙をイメージした物にしようと決めていました。全面に敷かれた玉砂利部分を宇宙に見立て、あとは全て円形にして惑星を象っています。

中央の芝生の部分も円形にし、シンボルツリーのアオハダの株立が植えてある部分も同じ円形にし、一段高くしてあります。

円と円が交わっている部分にはキャメルストーンを貼って、ちょっとしたテラスに利用してほしいと考えています。

img_0092

隣地境界の所にある花壇にはオベリスクを設置して、将来奥様がバラを植えて下さる予定です。

img_0098 img_0190

この庭は家庭菜園まで全て円形にしました。どのサークル石も、石の色味と、大きさや高さを全て違う物にして変化をつけています。

img_0178

中庭にはシンボルツリーのナツツバキの株立が植えられ、白で統一された空間に潤いを与えています。

rimg0570

 

imga0886%e2%91%a0

着工前はコンクリートのアプローチと畑土が盛られているだけでした。

rimg0570

コンクリートのアプローチに沿って、枕木を組み花壇を作りました。これだけでも無機質感が和らぎます。

rimg0571

リビングの前には、同じく枕木を3本立てて門柱にしました。その脇にはシンボルツリーのヤマボウシの株立とジューンベリーの株立を植栽し、存在感を醸し出しています。

門柱の廻りには、常に華やかである様にと、花の咲いている期間が長いアベリアを植栽しました。グランドカバーは定番のクリーピングタイムを植え、将来マット状に広がる事でしょう。

rimg0572

家庭菜園が丸見えにならない様に、アオダモの株立を植栽しました。下草には、将来草丈が高くなる矮性のガウラを植栽して景をまとめています。

rimg0573

枕木で囲って家庭菜園を作りました。動線を考えただ四角にするのではなく、一部凹ましています。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930