月別アーカイブ: 10月 2016

着工前はすでに他の外構会社の方で工事を完了されておりましたが、「何

か中途半端なので上手く仕上げてほしい。」と工事を頼まれました。

最初にすごく気になったのが、やけにお隣との敷地の段差がある事。1m

近くあるのはかなり珍しい事です。

dscf3166

ここをウッドフェンスで遮蔽する事にしました。

dscf5277

基礎ブロックを据え付け、そこに柱を立てていきます。それに板を張ってい

くと、この様に素敵なガーデンフェンスが完成しました。

dscf5281

こうする事で隣のゴチャゴチャした物が隠されて、かなりスッキリしてセパレ

ート感が出てきました。

次にお隣の外壁がレンガっぽくアンティークな感じがしたので、これを上手

く借景できないか考えました。

dscf3167

雪が落ちてくると嫌なので、冬場は移動できるお洒落なプランターの設置を

試みました。

dscf5282

このスクエアなプランターがすごく映えます。

これに、あまり大きくならない常緑樹を植えるつもりです。

また、お仕事が忙しくなかなか日中庭を眺める事ができないお客様の為に

ライティングも考えてあるので夜の演出もお楽しみに♪

今度の仕事は、このガーデニングで一番の見せ場となる重要なものです。

dscf5172 dscf5173

それは、当社お得意の小舗石の縁石積みです。

小舗石も、一部二丁掛け(高さ19cm)を使って段差を付けてみました。

それが仕上がるとこうなりました。

dscf5213

この美しい曲線を描くのに定規がありません。全て感覚で行ったので、何

度も離れてみては修正を加え、ようやく満足のいく曲線が描けました。

次はいよいよこの場所に木を植えていきます。

dscf5214 dscf5219

木の数が1本毎増える度に、庭の表情が変わっていくのが分かります。

毎回、木の力ってすごいなと思い知らされます。

dscf5223

雑木を植えた事で、後ろの木製のガーデンフェンスが活きてきました。

次は枕木を使った、家庭菜園と苑路作りです。

これで、もう一歩進化させたいものです。

カーポートから道路に出る際、見通しが悪くすごく危険だという事でガーデ

ンミラーを取り付けました。

dscf5240%e2%91%a0

鏡の部分にはオシャレな飾りが付いています。

この鏡、直径が22cmもあり意外に見えます。

拡大するとこうなります。

dscf5242%e2%91%a0

この様に、道路を走ってくる車がハッキリと見えます。

車が出る時、対向車が見えなくて恐いとお困りの方、一度当社にご相談下

さい。色々な方法をご提案申し上げます。

しかし、K様邸を半年ぶりに訪れたら庭がすごく良くなっていて超びっくり!

dscf5243%e2%91%a0

入口から玄関までの長いアプローチも、植物が成長していてすごく綺麗で

癒されます。

dscf5244%e2%91%a0

ここまで成長すると、私のイメージとぴったり一致してすごく素敵です。

特にガウラは可憐なピンクの花が風に揺れて、とても素敵です。

dscf5245%e2%91%a0

玄関から見るとナツツバキの株立が成長したので、車道から丸見えになら

ないのが分かります。

来年は刈込や剪定が必要ですね。そして、より良い庭に一緒に仕立ててい

きたいと思います。

着工前はこんな風に四方を建物で囲われ、閉塞感が感じられました。

imga0938

img_0172

まずは、閉塞感を少しでも和らげる為にウッドフェンスを作ります。

大きめの基礎ブロックを埋めて、かなり頑丈にしていきます。

dscf5154

次に、防腐処理を施した木材を設計図に合わせて加工していきます。

dscf5157

それを組み立てるとこうなります。

dscf5158 dscf5171

ウッドフェンスの持つ木の温かみで、雰囲気が随分変わりました。

そこに植栽用の客土を敷き均します。

dscf5163

これだけでも、何だか庭っぽくなってきました。

次の工程は土留用の石の据付けです。

今回のデザインでは思い切った曲線を用いていますので、今から仕上がり

が楽しみです。

 

 

着工前はこんな感じでした。

imga0776 imga0777

完成するとこんな感じになりました。

dscf5148 dscf5149

2台用のカーポートは奥行きが少し足りなかったので、切り詰め加工を施し

ました。

その脇のゲスト用駐車スペースには、アールを付けて出し入れしやすい様

に考えました。

dscf3093

リビング前もただ黒い砕石が敷いてあるだけでした。

dscf5152

土留用に普通ブロックを2段積にしました。

将来、南側に建物が建つ事を想定して、いつでも木が植えられる様に予め

植栽用の客土を入れて、花壇のスペースを設けました。

防草シートを敷いた上に玉砂利を敷いたので、雑草対策も万全です。

着工前はこんな感じでした。

imga0208

img_0020 img_0021

駐車スペースのアプローチ側には、カラー平板を色分けして交互に並べま

した。

dscf5037

正面から見ると、意外に色使いがカラフルです。

dscf5038

アプローチは華やかにしてほしいという要望でしたので、アンティークレン

ガで縁取りを行い、淡い桃色系の色が美しいサントメローズという石を乱張

りしました。

花壇部分には将来ピンクの絨毯になるよう、クリーピングタイムを植え付け

ました。

 

反対側の隣地境界には、ショコラ・コロンという生チョコの様なレンガで縁取

った花壇にナツハゼとスジギボウシを植栽しました。

dscf5034

駐車する時、バックでぶつけたりしない様にRを付けています。

「庭はプライベートが守られるスペースにしたい。」という要望でしたので

3方向全てをマサキの生垣で囲いました。

dscf5040

その結果、空間を丁度良い具合で仕切る事ができました。

それと合わせて庭がすごく広く感じられます。

dscf5042

この角度から眺めると緑の量が増えたので、建物と一体化してゴージャス

に見えます。これと「家」と「庭」ができたので「家庭」の完成です。

dscf5048

特に、芝生の形にはこだわりました。

大胆な曲線を用いているので、どことなく和の香りがするのですが、木の葉

型のテラスがそれを上手く洋のイメージへと導いてくれてます。

dscf5049

植栽は雑木がメインで、アオハダ、ヤマモミジ、ジューンベリー、キンモクセ

イ、ツリバナが植えてあります。樹高が3mを超える大きな木を植えたので

隣のアパートの人が停めている車もそんなに気にならなくなりました。

dscf5053

御夫婦のかねてからの夢であったウッドデッキ。かなり広いので使い方は

発想次第で色々できます。リビングからもかなり広く見えます。

木の葉型のテラスはバーベQをしても傷まない様に、レンガの縁取りの中

は敢えてコンクリートのハケ引き仕上げにしました。

dscf5057

デッキの横には木製のガーデンフェンスを取り付けました。目隠しはもちろ

んワイヤーネットを取り付けて、ガーデングッズの見せる収納やガーデンフ

ックを取り付けてハンギングを楽しめます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31