月別アーカイブ: 1月 2017

当社では伐採の仕事はめったに受けないのですが、このケヤキはあまりに

も大木になり過ぎて、コンクリートの擁壁はその根に押されて傾くし、隣の

畑にも日光がうまく当たらないという事で、やむなく伐採する事になりまし

た。

DSCF6108

これだけの大木を伐採するのは、かなりの大仕事になりました。

DSCF6177

高所作業車を使いチェーンソーで枝を切り落としながら、先の方へと進ん

でいきます。

DSCF6175

枝だけでもすぐに2tダンプがいっぱいになってしまいました。

太い幹はトラッククレーンで吊って積み込みました。

DSCF6194

無事完了!事故起きずに作業が終わり、ホッとしています。

これで2つの問題は無事解決しました。

昨年施工いたしました作品のいくつかを、YOU tubeにアップしました。

米沢市O様邸ガーデニング

山形市H様邸ガーデニング

上山市S様邸ガーデニング

山形市H様邸ガーデニング

着工前から完成までの施工手順が分かりやすくなっています。

是非、ご覧ください。

 

dscf6003

 

dscf5502

お客様からの要望は、あの有名なスターバックスの様にしてほしいとの事でした。そう言われてみれば、建物の外観も外装のタイルの色目も、社名を書いた看板もかなり近いなと改めて感じました。

そこで山形市内にある2店舗を調査。それから設計に入りました。

dscf6020

スターバックスは常緑樹がたくさん植えてありました。それは一年を通して、同じ外観で統一しておきたいという企業戦略が垣間見えました。

そのイメージを継承する意味も込めて、一番手前はいろいろなイベントの装飾用に。また将来、シンボルツリーになる様にトドマツを植えてみました。

その隣にも同じく常緑のヤマボウシを、低木にも常緑のアベリアを配植しました。常緑樹はどうしても季節感が薄いので、ヤマボウシもアベリアも花が綺麗に咲くものを選びました。

dscf6016

ショールームの前は展示されている車が決して見えにくくならない様に、中木の常緑樹のイレックスサニーフォスターを植えました。下草は多少の日陰でも生育するフイリヤブランを植えてみました。

また、ショールームから外へ自由に出入りできる様に、枕木で通路も作ってみました。

dscf6015

南側の植栽は入口側と対極し、全て落葉樹を植えて四季の移り変わりを前面に押し出してみました。

アオダモとジューンベリーの巨木(それぞれ4~5m以上)を植えて存在感を出してみました。

特にアオダモの幹に入っている白い模様がすごく素朴です。低木は薄紫色の花が美しいシモツケと、青紫色の花が綺麗なハーブの一種キャットミントを植えてみました。

dscf6023

完成形がこちらです。

 

dscf5432

本家とかなり違うアプローチですが、よりモダンな要素が一杯詰まった作品に仕上がったと思います。

 

 

dscf5621

 

img_0208dscf5079

dscf5078

最初にお客様と打ち合わせにお伺いした時、3つの要望を伝えられました。

1つ目は、リビングからの眺めがどことなく殺風景なので、何か雑木的なもので目隠ししてほしいとの事。

2つ目は、門柱の脇に気を植える事で、冬場玄関前に雪が入り込んでくるのを和らげてほしいとの事。

3つ目は、道路側にある窓が和室に面しているので、何か木を植えて修景してほしいとの事でした。

あらかじめ予算も提示されていたので、どうその範囲で納めるか手腕が問われる所でした。

dscf5623

植栽地は、白御影の間知石、小舗石錆の二丁掛、小舗石大洋紅を使う事で、約10cm位ですが、ちょっとずつ段差をつけて立体感を与えてみました。

植栽はヤマモミジ、アオハダ、常緑ヤマボウシ、ジューンベリー、ナツツバキ等の様々な雑木を植える事で、四季の移り変わりを楽しんでもらう様にしました。それと同時に隣家との目隠しもさりげなく行える様に配植しました。

芝も張ってみたいとの考えも伺いましたが、御夫婦とも働かれていたので、今回は管理の殆どかからない防草シート+玉砂利敷をお薦めしました。

dscf5628

家庭菜園も挑戦してみたいとの事だったので、畳2枚分位の大きなものを作りました。これで、4人家族なら十分にいろんな野菜が収穫でき、新鮮なものが毎朝食べられるからです。

dscf5624

リビング前には、ウッドデッキと雫をモチーフにしたテラスを設けてみました。

このウッドデッキに腰掛け、バーベQを楽しむ姿が目に浮かびます。

dscf5617

門柱脇にはカツラの株立を植えて、雪の入り込みを少しでも和らげられる様にしてみました。

dscf5616

和室前には、スペースが狭かったのであまり大きくならないウメモドキとツリバナを植えて、少しでも和のテイストを感じてもらえる様にしました。

dscf5436

 

imga0900

dscf3172

既にハウスメーカーで紹介された業者さんの手で、ガーデニングが施されていました。

工事に先立ち、お客様から「主庭の方は、リビングに居ても何となく落ち着かない。アプローチの方は、アクセントに植えてあるリュウノヒゲがぬかるんで轍になり、ハンドルが取られるから、何かプレゼンしてほしい。」と頼まれました。

dscf5437

L型に高さ2mのフェンスを巡らす事により、お隣との敷地の段差が気にならなくなりました。

これにより、うまく空間を仕切る事ができました。

dscf5441

ハナミズキの下には、夜景も楽しみたいというリクエストにお応えして、ソーラー式のライトをセットしました。それを覆う様に、カラーリーフで人気の高いヒューケラを植栽してみました。

dscf5442

お隣の家の外壁がクラシカルなレンガ調だったので、これを借景しない手はないと考えました。

そこで、思い切って純白の真四角なプランターを5つ設置した所、これがすごく映えて綺麗。見事にはまりました。

プランターには、イレックスサニーフォスターが植えてあるので、新緑の頃には、その鮮やかなレモンイエローがより強烈な印象を与えてくれる事でしょう。

dscf5445

帰ってきた時に、玄関が暗いという事だったので、既存のキンモクセイの脇にオシャレなガーデンライトをセットしてみました。ライト部分の角度を変えられるのも、この製品の魅力です。

根〆には、フイリヤブランを植えて、華やかさをプラスしました。

dscf5433

ぬかるんでいたリュウノヒゲは全て取り除き、色目もピンク系で鮮やかなサントメローズという石を張りました。アクセントにもなり、よりゴージャスになって、このチョイスは正解だったように思います。

 

dscf5255

 

img_0172 imga0936

着工前は、周囲を高い建物で囲まれ、どこか暗い感じがしました。

また、玄関までのアプローチも、殺風景な感じは否めませんでした。

dscf5257

オリジナルガーデンフェンスで囲んだ事で、閉塞感がだいぶ和らぎました。やはり、木の持つ温もりは特別ですね。

少しでも立体感を出す為に、植栽部分は小舗石で高さを変えてみました。

植栽は、ツリバナ、ジューンベリー、ハナミズキ、ヤマモミジ等の雑木でまとめてみました。低木は、花の可憐なシモツケとウツギマジシャン。地被は、キャットミント、クリーピングタイムのハーブでまとめてみました。

dscf5366

枕木で囲んだ家庭菜園には、ガーデンフェンスの柱だけ立てて延長してあります。

これは隣の庭を借景する為、額縁効果を狙ったものです。また、将来的には、この柱にメッシュのフェンスを取り付け、つる性の野菜を植えても、おもしろいかと思っています。

dscf5364

テラスまでの通路には、枕木をランダムに並べてアクセンとをつけています。

物置も暗くならないように、白いものにしてテーマを統一してみました。

dscf5399

玄関までのアプローチは、スクエアにまとめてみました。ミルキーホワイトの化粧平板をアクセントに、グリッドを互い違いに配して、リズム感を出してみました。

枕木で作った門柱には、表札と装飾金具でオリジナリティーを出してみました。

dscf5401

植栽は、スペースが無い中で、中木のナツハゼとオトコヨウゾメの2本でまとめ、地被には、カラーリーフで有名なヒューケラとフイリヤブランで存在感を出してみました。

dscf5042

 

imga0208img_0019

道路側から見た佇まいは、奥様がおっしゃるには落ち着いているので、華やかにしてほしいと頼まれました。

また、リビングからの眺めは周囲が丸見えでカーテンも開けられないとの事。そこで、プライベートな空間を作ってほしいと頼まれました。

dscf5037 dscf5038

駐車スペースはゲスト用も含めて、3台分確保しました。そのうちの玄関へ続く部分は、アプローチの一部として位置付けられないものかと考えました。

それで、クリームイエローとローズピンクの化粧平板を交互にリズム感良く並べて、アクセントをつけてみました。

dscf5039

アプローチはアンティークレンガで縁取りを行い、こなれた感を演出。華やかさを出す為に石貼はサントメローズというピンク系の石材をチョイスしました。

レンガと色調も合っていたので、うまくアプローチを引き立たせる事ができました。

花壇部分には、クリーピングタイムを植えてあるので、将来はピンクの絨毯になる事により、華やかなアプローチになるでしょう。

dscf5013 dscf5051

周囲と空間をうまく仕切りたかったので、マサキの生垣を全方向に植栽しました。

現在は高さ1.2mですが、将来は高さ1.5mにまで高くし、もう少し周囲から遮蔽したいと考えています。

マサキで足りない部分は、要所要所にアオハダ、ヤマモミジ、ジューンベリー、キンモクセイ、ツリバナ等の雑木をメインに植栽しています。これらの樹々が四季折々の季節感を醸し出してくれる事でしょう。

dscf5048

芝生の面積もできるだけ広く取り、将来、子供さん達が自由に遊べる空間を作りました。

その一部には、木の葉型のテラスを作ってみました。

レンガで縁取りした所に、コンクリートを打っただけのものですが、意外とバーベQ等で活用されそうなので、コスパ大です。

dscf5053 dscf5056

リビング前にはテラスを設け、連立して使用できるようにしてみました。その脇には、ちょこっとだけウッドフェンスを設けてみました。遮蔽はもちろんですが、いろんなネットフェンスやフックをD.I.Yで取り付けて、ガーデニングの道具を収納したり、ハンギングしたりと、利用価値は色々ありそうです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031