月別アーカイブ: 9月 2017

今回は珍しく左官屋さんからの紹介で、植栽工事のみを依頼されました。

植栽する前はこんな感じでした。

まず最初にアンティークレンガで縁取られた花壇に、花の咲いている期間がすごく長いアベリアを植栽しました。

次にアルミの格子から見ても映えるように、ドウダンツツジの円筒形のものを植えてみました。

東根市は生垣を植栽すると材料代が半額貰える補助があるので、イヌツゲの生垣にしてみました。

シンボルツリーは定番のヤマボウシの株立を植えてみました。これでリビングからの眺めはかなり変化しました。

次に植栽用の客土に肥料を混ぜて芝床を作っていきます。

それに高麗芝を張って目土をかけていきます。みるみるうち庭に潤いがでてきました。

植栽が完了すると素敵な空間が出現しました。

やはり植物があるとないでは大違いです。

こういう植栽だけの工事も大歓迎ですので、是非頼んでみて下さい。

前回のブログで紹介しましたS様邸のガーデニングを開始しました。

着工前はこんな感じでした。

まずはバックホーで雑草が生えている土を掘削していきます。

そこに植栽用の客土を入れ肥料を混ぜていきます。

次にガーデンフェンスを立てる為の基礎ブロックを据え付けていきます。

これがかなり重いので毎回腰が痛くて大変です。

次に花壇の縁取りに並べる小舗石の床を作りました。

今回の材料は品質が従来のものと比べるととても良いので、いい仕事ができそうです!

 

着工前はこんな感じです。

それをこんな風にしたいとイメージスケッチを描いてみました。

手前に見えるオリジナル門柱は少しアレンジを加えますが、おおまかなイメージはほぼこの通りになると思います。

今週早々には着工しますのでお楽しみに!

工事前と工事後でどのように変化したのか分かりやすいようにビフォー、アフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

玄関脇には植樹帯を設けツリバナの株立をメインにして、根〆には花の咲いている期間が最も長いアベリアを密植しました。

家庭菜園も角材を組み合わせて作ってみました。

 

before

 

after

ヤマモミジとジューンベリー、ライラックの3本の雑木でシンプルにまとめてみました。樹木の下は土壌改良だけを施し、将来草花を植えられるスペースにしてみました。

建物の周囲の全ての砕石は搬出して、防草シート+玉砂利敷でまとめてみました。これのおかげで草取りの煩わしさはほとんど解消され、管理の楽な庭になりました。

待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えがとても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したいと思います。

 

before

 

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミックスして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませんがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

 

before

 

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきています。

 

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

 

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニングになりました。

植栽用の客土入れが完了したので、玉砂利との縁取りにエッジキングという材料を用いました。

これは見切り材としては一番安く、カーブも自由自在に付けられるので当社で一番多く使う材料です。

それが終わると雑草防止の為に防草シートを張っていきます。

これを張ると根が土まで貫通する事ができないので、雑草は簡単に手で引き抜く事ができます。全て手仕事なので時間は掛かりますが、後の管理を考えれば苦になりません。

それが終われば化粧に玉砂利を敷いていきます。

これで見た目も良くなりますが、防草シートに直接光が当たらないので紫外線劣化を防ぐ事ができ一石二鳥です。

後は植栽を残すのみ、完成が近付いてきました。

 

Y様邸のガーデニングもいよいよ大詰めを迎えてきました。

次は、カーポートの下やゲスト用駐車スペースの土間コンクリートの打設

です。

まずはスリットを入れて、ワイヤーメッシュを敷いていきます。

そして、コンクリートポンプ車を使って一気に打設します。

打設が完了するとだいぶ完成形が見えてきました。

残す仕事も一番景色の変わる植栽工事のみとなりました。来週にはだい

ぶ涼しくなってきそうなので、木を植えられると思います。

植栽によってどれだけ空間が変化するのか、楽しみにしていて下さい♪

着工前はこんな感じでした。

A様は建売住宅を購入されたとの事でしたので、カーポートやアプローチ、外周りのフェンスは既に出来上がっている状態でした。なのでガーデニングのみを頼まれました。

まずは既存の砕石を取り除きます。

それが終われば次に植栽部分を掘削していきます。

そこに植栽用の客土を入れて敷き均していきます。

家の玄関脇には木製の角柱を使用して作った家庭菜園のスペースも設けました。

4人家族でしたらこの位の大きさが丁度良いかもしれませんね?

まだガーデニングは始まったばかり。

夢は少しずつ実現していきます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2017年9月
M T W T F S S
« Aug   Oct »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ