月別アーカイブ: 2月 2019

この工事もいよいよ仕上げの段階に入ってきました。

母屋前の手水鉢廻りの仕上げを行いました。手水鉢廻りを瓦で囲み、海を作っていきます。

コンクリートで仕上げるとこうなります。

この中に伊勢ゴロタ石を敷き詰めれば、海の完成です。

 

次に、芝生と玉砂利敷きの境界を竹柵ですることにしました。

杉の杭に割竹を釘で止めるだけの簡単なものですが、仕上がりはコスパ大です。

次に、流れがうまく出来ているか?試験的に水を流してみました。

結果、水漏れもほとんど無く、うまく池に溜まってくれました。あとはウォーターレベルの調節と水流の調節です。

ここまでくると完成形が見えてきました。あと少しの辛抱です!

 

京都研修から帰ってきたまさに次の日、植栽工事を行いました。

ヤマモミジやウメモドキ、シダレザクラ等、常緑樹以外のすべての植栽を終えました。

次に竹の枝折戸の取付や、茶庭との結界を意味する四ツ目垣を施しました。

京都の底冷えも寒いと感じましたが、やはり山形のほうが芯まで冷えます。防寒着姿を見て思わず吹き出してしまいました。

ここまで来ると工事の9割方は完了したのかな~?だいぶ庭の全容が見えてきました。

後は細かい仕上げや手直しくらいで完成します。

ようやくゴールが見えてきました。

最後まで気を引き締めて仕事していきたいと思っています。

第1日目。

ダメ元で桂離宮へ。ギリセーフで当日拝観に成功!

約30年以上ぶりに拝観しましたが、やはり京都を代表する庭園。造形から庭造りのテクニックまで全てが最高のものでした。

第2日目。

最初に「しょうざんリゾート」を訪れました。ここは知る人ぞ知る名園。

北山杉を多数使った迫力ある庭園は少し衝撃を受けました。

次に竹垣で有名な「光悦寺」へ伺いました。

正直、光悦寺垣しか見る所がないのかと思っていましたが意外や意外、茶室が幾つもありかなり見応えがありました。

これらの本物の京都を観ることができたので、細部に渡りじっくりと研究させて頂きました。現在作庭中の「東根市のとある場所のリノヴェーション」に全て活かしたいと思います!

 

こんな事ってあるんですね~?2月の初旬でこんなに雪が少ないなんて超~~~びっくりです。

天も我々に味方してくれてるのかな~。

ところで、あれだけ時間が掛かりそうだった池の玉石の打ち込みがようやく昨日で目途が立ちました。

毎日少しずつですが進んでいき、ようやく昨日手直し仕上げ以外は完了しました。

本当にプレッシャーで眠れない日々が続いていましたが、昨日はお酒も飲まないのに大イビキをかいて爆睡していました。

それと流れの部分も養生シートを剥がしたので、だいぶ感じが掴めてきました。

まだ水は流していないので多少の調整は必要ですが、本人的にはまあまあ出来たと思っています。

後は母屋の前の残りの植栽や、四ツ目垣の設置など仕上げに入ります。

気持ちに余裕が出てきたので作品にもゆとりがでてくるでしょう。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年2月
M T W T F S S
« Jan   Mar »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
記事アーカイブ