月別アーカイブ: 4月 2019

4月というのに肌寒い日々が続き雨降りが多いので、コンクリート工事に支障をきたしどうしても工事が遅れ気味です。

仕上がった所まで砕石を敷いて路盤を作りました。

次に玄関前のアクセントにローズベリーという名の石を張りました。

色目が鮮やかなので一際目を引きます。

縁取りをアンティークレンガを使ってビンテージ感を演出しました。

駐車スペースを確保する為に道路脇に設けたのですが、地盤と高低差があるので間知石を積んで解決しました。

この度のアプローチはゲスト用駐車スペースも兼ねているので、どうしてもデザインが単調になりがちです。そこである裏ワザを使ってこの問題を解決しようと思います。

隣地境界には化粧ブロックを積み、フェンスを取り付けて外周もオシャレにしたいと考えています。

ゴールデンウィーク明けには天気が平年並みになることを期待しています。

 

石畳が仕上がると一気に工事は進捗します。

次に石組の廻りにわざわざお取り寄せした、京都のお寺に必ずと言っていいほど敷かれている白川砂を敷き詰めました。

するとグッと京都っぽくなってきました。

次に黒竹を順次植え付け、根〆にリュウノヒゲを植栽しました。

シンプルな構成だけに黒竹の植え付けには傾きにまでこだわりました。

ここまで仕上がると京都の坪庭にありそうな『石庭』の出来上がりです。

もう一つの目玉は隣地境界に施工する創作板塀です。こちらのお客様が当社のHPを見てとても気に入ってくれたからです。

 

まず最初に柱を立てて骨組を作っていきます。

そこに順次板塀を貼っていきます。

材木を黒っぽい色に塗装した為に、かなり落ち着いた雰囲気になりました。

延長が長いので施工にも手間がかかりましたが、そのぶん趣きでること間違い無しです!

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

隣地境界のブロックが積まれると境がはっきりしてきました。

次はいよいよ樹木の植栽です。

樹木が植えられると庭に潤いがでてきて、雰囲気がずいぶん良くなってきました。

この庭のデザインのキーポイントとなっている芝生のスペース。

枕木風の板材の通路と円形の芝生がおもしろいデザインになっています。

銅線も考えたデザインになっているので使い勝手も良くなると思います。

お客様は「芝生が伸びてきたらここで遊びたい」と楽しみにしていました。

次はこの芝生のスペースと連携したコンクリートのテラスを作ります。完成形が見えてきたのでもうひと頑張りです。

東根市の静かな住宅地の中にありますK様邸。

着工前はこんな感じでした。

 

まずはバックホーにて床掘りを行います。

次に擬木枕木が敷かれる部分に砕石を敷いていきます。

雑木が植えられる部分には植栽用客土が盛られ、小舗石で縁取りが成されていきます。

擬木枕木が敷かれ先ほどの小舗石が並べられると、大まかな庭の形が見えてきました。

今回も庭のスペースはタイトなのですが、色んな仕掛けで空間が広く感じられる演出と色んな楽しみ方ができる工夫が成されているので、作り手のほうもワクワクしています。

K様邸はどうしても4台分の駐車スペースがほしいとのことで、そのスペースをどう確保するかが最大の焦点でした。

着工前はこんな感じでした。

注文して頂いたのは昨年の暮れでしたので、まずは年内にカーポート(2台用)だけ先に施工しました。

次に駐車スペース部分を床掘りし、既存のウメモドキの株立を移植しました。

次に植栽する部分の縁取りを施工します。

白御影の敷石と小舗石の錆で施工すると、こうなりました。

角柱で作った門柱も部材が届かなくてまだ途中ですが、並行して行われていた建物の塗装工事もやっと完了して足場が外されたので、作業は急ピッチで進んでいきますので今しばらくお待ちください!

景石の次は沓脱石の据付けです。

大きさは欲しいのですが、重いものは運べないので昔土台に使われていた切石を選びました。

クレーン車から運搬車へ移して運んでいきます。

行けるところまで行ったら、あとはコロとチェーンブロックを使って据え付けます。

次にこの庭のポイントになる石畳を作ります。

石が合わないとカットしなければならないので、やはり手間がかかります。

材料の富沢石は一個一個厚みが違うので下地のモルタル調整が大変ですが、そのぶん仕上がりには重厚感が生まれてきます。

まだ完成まで何日か掛かりそうですが、こだわりたいので頑張ります。

当社の都合で昨年の秋から工事をお待ちいただいたT様邸。

約半年お待ちいただきましたが、ようやく開始することができました。何かのご縁で最近、和風庭園の依頼があり少々驚いております。

 

この工事の着工前は高麗芝が張ってありました。

ここを「京風の石庭」に改修するのがお望みのようでした。

まずはミニバックホーで既存の芝をハギ取っていきます。

 

この時すでに背景の板塀も既存の塗装をペーパー掛けして落とし同じ色を再塗装していますので、だいぶくたびれた感が薄れずいぶん綺麗になりました。

次に土留めと縁取りを兼ねて、白御影の延石を据え付けていきます。

それが終われば盛土をしていよいよ本命の石組に取り掛かります。T様邸は作業通路がとても狭く、専用の四輪車で一個ずつ石を運んでいきます。

次はいよいよ石組なのですが、この所やけにチェーンブロックでの作業が多くてかなり慣れてきました。(通常はクレーン車での作業になります)

石を一旦仮置きして、一個ずつ視点を決めて据え付けていきます。

合計7個の景石を据え付け石組を完成させるまでには、かなりの時間が必要になりました。

この作品は京風をイメージしたので高価な青石を使い、周囲には白川砂を敷き詰めるのでガラリと景観が変わると思います。

次は縁取りに瓦を並べていきます。

どこまで和モダンを追及できるのか庭師の腕にかかっていますので、こだわりを持って仕事を進めていきたいと思っています。

東根市の旧家のY様邸。家の廻りに積まれている石積や漆喰の白壁。とても立派な土蔵。

それに明らかにこの辺の作風と違う庭園。どれをとっても一流で歴史を感じさせ、その昔の栄華が見て取れます。

この度、支柱の掛け替えするサルスベリもその太さから100年以上は間違いなく経過していると思われます。

その古さゆえ幹の中は大部分が腐れ、台風が来ると倒れてしまう危険性がありました。

Y様と相談した結果、まだ花も咲くし何とかこの形状を維持してほしいと頼まれましたので今度の処置となりました。

支柱掛け替え前の姿がこちらです。

現状は全く効いていない支柱と、ロープで幹同士を引っ張っているだけのかなり怪しい?状態でした。

そこで支柱を4本追加して枝を固定し、ロープの代わりにワイヤーで引っ張り強度を持たせました。

これでしばらくは倒れる心配はなさそうです。

その話を進めさせて頂いているうちに古い家を解体して別棟を建てるので、その前に枯れたところに新たな樹木を植えてほしいと頼まれました。

そこで新しい木では釣り合いがとれないので、我が社の仮植地にある古木を選んで植栽することにしました。

この庭は常緑樹が目立ち、モミジや雑木は以前に枯れてしまったので、落葉樹をメインに植えて四季の彩りを感じてほしいと考えました。

珍しい荒川性モミジやナツツバキの株立、ハナミズキ、アセビ、ウメモドキの株立を要所要所に配植しました。

落葉してまだ淋しい状態ですが、新緑の頃にはまた違う表情を見せてくれることと思います。

二期工事は別棟が完成してから夏目の手水鉢や切石を再設置して完成させたいと思います。

それまで楽しみにして待つことにしましょう。

昨年の9月の着工から足掛け7ヶ月ようやく完成致しました。

既存の樹木を活かし、前の庭にあった景石や土台の切石、灯籠、手水鉢、飛石等を使いながら平面図に基づき、自分のセンスと直感、それに一子相伝の技を信じながらここまで造って参りました。

ようやく完成を迎えることができ、今まで味わったことのない達成感を得て、この仕事をやってきて良かったとつくづく感じております。

また、これだけの立派な建物と日本庭園が東根へのインバウンドに少しでも貢献できれば、すごく喜ばしいことだと思っている次第です。

前置きが長くなりましたが、出来上がった作品をじっくり堪能してください。

東の杜の案内板です。このような配置になっております。

土台の切石を再設置した石畳。所々欠けているところはゴロタ石を貼って馴染ませました。

正面に見えるのが交流館です。

なごみ倉にはオシャレなカフェ『杜のCAFE』が併設されており、気軽にお茶ができます。

なごみ倉と歴史資料館の間には芝生広場があります。

7月位までは芝生の養生期間の為、中に入られないように、ななこ垣を作ってみました。これだけでもシンプルながら味があります。

伝承館と収蔵館の間の芝生広場には、できるだけ自然の流れに近づけたせせらぎや洲浜があります。

川底も一個一個玉石を水の流れを意識してコンクリートに打ち込んでいるので、せせらぎの水音が心地よく響き、これが人工的に造られたということを忘れさせてくれます。

再設置された手水鉢や切石、飛石が上手くこの庭の景に馴染んでいます。

この東の杜の最大の売りは、昔ながらの茶室があることです。

その名も『緑筠亭(りょくいんてい)』と言います。

手水鉢は前からあった石臼を再活用いたしました。景石や飛石も再利用したものです。

アカマツの大木やクロマツは大型クレーンを使って植えました。これだけ大きい樹木が植えてあると、初めて見る人は既存木じゃないかと勘違いされる方も大勢いらっしゃるかもしれません。造ったばかりという感じにはどうしてもしたくなかったので、大変な仕事でしたがこだわってみました。

また、流れもこの先まで続いていきます。

露地との結界の為に、四ツ目垣と枝折戸を設けました。

室外機も景観にそぐわないので創作竹垣で隠しました。

流れは、大きな洲浜に囲まれた池に注がれていきます。

まだ樹々に葉が付いていないので淋しげですが、新緑の頃や秋の紅葉の頃は水面にそれらが映り込み、また違った風情を見せてくれることでしょう。

交流館の前には、もう一つ手水鉢が据えてあります。

この自然石の手水鉢は、石の中に埋もれていたのを見つけて据え付けました。この巨大な切石も土台に使われていたのを据え付けましたが、かなり迫力があり、この庭の景を引き締めてくれます。

この灯籠も再利用したもので、この朽ちた感じが時代の流れを物語ってくれています。

以上、この庭園に対して思い入れが深すぎて長文になってしまいましたが、本当に見る価値のある処なので是非足を運んでみてください。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年4月
M T W T F S S
« Mar   May »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
記事アーカイブ