月別アーカイブ: 5月 2019

遅れ気味だった工事もここに来て順調に進んでいます。

駐車スペースにコンクリートが打たれると、また雰囲気が変わります。

ワンちゃん用の洗い場も広めに確保できました。立水栓と縁取りのレンガの色を合わせたのでシックリきています。

次に和室前の坪庭に景石を据え付けてみました。

またまた狭いので三又&チェーンブロックでの据え付けになりました。

景石の周りは瓦を縦に埋め込んで趣きを出しています。

背景には生垣が曲線で植えられる為に、生垣支柱も曲線で施工しています。

ウッドデッキも周囲を囲ってワンちゃんが遊べるスペースにしました。

ここまで来ると後は樹木の植栽を残すばかりとなりました。

今週中に植える予定なので、今後どのような彩りが与えられるのか私もすごく楽しみです。

作業用の通路が狭くて工期が思いのほか掛かりましたが、ようやく満足のいく庭が出来上がりました。

どのように変化したのか、いつものようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before

after

建物の外壁と合わせて使った、白い天然石が貼ってある最高級の化粧ブロック。アプローチの白いタイルとも相性が良くうまく納まりました。

黒御影石とステンレスを組み合わせた表札もアクセントが効いています。

before

after

お隣との空間を遮蔽する為に設けた創作板塀。

板材の間に挟んださらし竹の黄色が、差し色としての役割を十分に果たしていて高級感が生まれました。

before

after

芝生が主体の洋の庭から、枯石組が主体の和の庭へ大変貌を遂げました。

富沢石を貼った石畳風の苑路。趣きのある仕上がりが大事な役割を持っている事に気付かせてくれます。

before

after

鮫川石は京都の庭にある青石(緑泥片岩)と同じなので、敷いてある石も京都の白川砂利を取り寄せて敷き詰めました。

京の坪庭をイメージされていたお客様の要望にうまく応える事ができました。

植栽はシンプルにウメモドキの株立1本とクロチク7本だけにして、既存の板塀とうまく馴染ませました。

before

after

下草のリュウノヒゲとの仕切りは黒瓦を縦使いにして埋め込み、味のある仕上がりにしました。

7個の石でまとめられた石組も、見る角度によって違う表情を見せてくれるように考えて組みました。

before

after

中庭から見た景色は、この先どんな庭を見せてくれるのかという期待を膨らませてくれます。

単なる目隠しというよりは、こういうところが庭作りではとても大事な事だと思います。

植栽してからもう7~8年経つのでしょうか?

樹々がかなり大きくなったので剪定してほしいと頼まれました。

かなり巨大化?ヨーロピアンゴールドを芯止めして、てっぺんから全体的にコンパクトに刈込みしました。

シラカシやハナミズキの雑木類は自然樹形が一番美しいので、「すかし」という伝統的な剪定方法を用いてナチュラルに仕上げました。

剪定した切り口が分からないようにするのがプロの仕事です。

ボサボサ伸びたネズミモチも思いっきり刈り込んで本来の生垣の形を取り戻しました。

本当は3年に1回くらい剪定していれば、お金もかからず綺麗な姿を見ることができます。

定期的なメンテナンスをお勧めします。

※原則、樹木の剪定は当社で施工したお宅のみ承っております。

創作するという事は意外な問題点が浮上してくるものです。

お客様から隣家をもう少し見えなくしてほしいと頼まれ、15cmほど柱を高くする事にしました。そうしたらどうしても強度に不安が出てきてしまい試行錯誤した結果、控え柱を立てる事にしました。

これでかなり強度が増して、ひとまず安心しました。

次に柱を高くした所に角材を2本渡して、スリット状に横木を取り付けていきます。

これで遮蔽的には問題なく見栄えもすごく良くなりました。

次にこの塀のデザイン上の要、板材の間にさらし竹を取り付けていきます。

この取付が終われば、最後に仕上げの塗装をして完成です。

仕上がりがすごく楽しみになってきました。

 

次に追加発注された門柱の組立です。

当初、ブロック塀+ジョリパット仕上げを予定していましたが、どうしても経年変化で汚れてくるのが嫌ということでN.Gになりました。

それと外壁の白に合わせてほしいとの事だったので、少し高級なブロックを積む事になりました。

このブロックには白の天然石が貼り付けてあり高級感はハンパないです。アプローチとのタイルとの相性もバッチリです。

次に時期が悪くて植えられなかったウメモドキの株立を植えていきます。

ここまで来ると仕上げの仕事のみとなりました。

もう少しで完成を迎えるので、その時のビフォーアフターが楽しみになってきました。

いよいよガーデニングも色んな見せ場がやってきました。

お客様からの要望の第1位だった円形のテラス。レンガで縁取りしてからローズベリーという石を張っていきます。

次に植栽部分の縁取りに小舗石の二丁掛を使って据え付けていきます。

ゲスト用の駐車スペースは土間コンクリートを打設するのですが、その縁取りは質感を合わせる為にアンティークレンガで施工していきます。

ここまでくると庭の雰囲気がおおよそ分かってきます。

当社は寒冷地の山形でレンガを使うのを極力避けてきました。どうしても凍結融解の心配があるからです。

がしかし、どうしても建物の外装レンガと質感を合わせる為に、凍結に強いレンガを選んで施工しました。その甲斐あって、建物と庭の質感がピッタリマッチしました。

 

次はいよいよ植栽工事です。

植物の彩りと優しさが加わると、どんなケミストリーが生まれるのかすごく楽しみです。

和モダンを求めて作った創作板塀が、家の外壁の板材とうまく合って建物との一体感が生まれました。

庭の裏が川になっているので、竹の生垣で空間を仕切ることで川べりの桜の木を借景することができました。

菊型の手水鉢をシンプルに据えて、ゴロタ石の洲浜と延段を敢えて主張する方法も改めてアリだとこの画像を見て思いました。

昨年の暮れに完成したK様邸。

その時は雑木の葉がすべて落葉していてどこか淋しい感じでしたが、先日訪れてみたらすっかりお客様が望まれていたメルヘンチックなお家に変わっていました。

 

インターロッキングブロックの脇に植えられた草花が優しく迎えてくれます。

また、植えられた雑木類の葉も風になびいて、ここだけ時間がスローモーションのように流れているように感じます。

まだ芝は少ししか青くなっていませんが、遠近法を用いると庭全体が広く感じるのが分かります。

東根市の中央に位置し静かな住宅地の中にありますK様邸。

ガーデニングが完成したらどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

before

after

お子様達とこのスペースで遊びたいという要望にお応えして、円形の芝生広場を設けました。

枕木風の擬木をクロスしたことで動線もスッキリし、この通路がデザイン上のアクセントになっています。

傍らに植えられた雑木は日よけと目隠しの役割を果たしています。

before

after

隣が公園になっていて、よく子供達がボール遊びをしていてボールが庭に入ってきていたというので、遮蔽と目隠しの意味を込めてジューンベリーやアオダモ等の株立を植えました。

ウッドデッキ前のコンクリートテラスは多目的(バーベQ、プール置場)に使えるように広めにとりました。

before

after

なだらかな曲線で描かれた小舗石が柔和な印象を与えてくれます。

物置前の敷石も並べ方をちょっとこだわってみました。

before

after

玄関脇も小舗石で植栽スペースを設け、常緑ヤマボウシとオトコヨウゾメで彩りを与え、縦列駐車になりますがゲスト用の駐車スペースも1台分設けてあります。

着工前はこんな風に隣家との目隠しフェンスが設けてあるだけでした。

そこで隣接する緑道に植えてあるシダレザクラやシバザクラがとても美しかったので、これらを借景したガーデニングを目指しました。

まず最初に排水が悪い土を掘削して入れ替えていきます。

そこに植栽用の客土を盛って整形していきます。

レンガで縁取りしてちょっとしたテラスを作ろうかと考えました。

芝生との境界はエッジキングでシンプルに行いました。

家庭菜園スペースは丈夫な角材を用いて作ってみました。

この角材は防腐剤が注入されていて、木材が腐れにくく手触りもなかなか気持ちいいです。

まだガーデニングは始まったばかりですが、どんな手法を使って借景していくのか楽しみにしていてください。

ようやく天候も回復してきたので工事も順調に進んできました。

そのおかげでデザインのポイントでもあるアプローチの石貼りが完了しました。

このアプローチは駐車スペースも兼ねており、一工夫してあるので出来上がりが楽しみです。

もう一ヵ所の駐車スペースも既存の物置が撤去されたので、途中まで間知石が積まれ形が見えてきました。

ここは縦列駐車を考えているのですが、案外広くとれたので安心しました。

次はいよいよ土間コンクリート工事に入ります。

工事もようやく終盤を迎えラストスパート。ベストを尽くして頑張ります。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年5月
M T W T F S S
« Apr   Jun »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ