月別アーカイブ: 2月 2020

 

先日、当社がメインで緑化の維持管理をしている

『月山弓張平公園』の冬の様子を上空から撮影してみました。

 

今年は雪が少ないと言っても、月山に向かうにつれて

雪が増えてきて、現地に到着して車を降りると

ひんやりとした冬の清らかな空気に包まれるような気持になりました。

 

真っ白な雪原と樹々のコントラストが美しい冬ならではの

公園の様子をぜひお楽しみ下さい。

 

 

 

ガーデニングはいよいよ大詰めに差し掛かってきました。

 

雑木が植えられ、

芝生が張られてくると雰囲気が一変します。

 

DSCF6489

 

自然の板材で作ったオリジナルガーデンフェンスが背景にある為、

樹々が一層映えて見えます。

 

お隣の窓もこれでだいぶ気にならなくなると思います。

 

DSCF6488

DSCF6491

 

野芝を一面に張るとまた一味違って見えます。

 

春になって芝生が芽吹いてくると緑のボリュームが増して

今とは比べ物にならない位に華やかになるでしょう。

 

DSCF6493

 

雑木の下のスペースはいろんな多年草を植え付けました。

こちらも芽吹きが楽しみです。

 

大方の植栽が完了するとこんな風に変わりました。

 

DSCF6499

DSCF6501

 

あと残すはコンクリート工事になりました。

もう少し気温が上がるまでしばし休工になります。

 

まだお見せしていない玄関前のアプローチや

ゲスト用の駐車スペースも

こだわったデザインになっていますので、

期待してお待ちください。

 

 

今年最初の施工が完了したばかりの天童市A様から

わくわくアンケートのご回答をいただきました。

 

わくわくアンケート_天童市A様

 

A様から最初のご要望は

玄関前のシンプルな外構工事でしたが

お宅を拝見させていただいた際に

直感で感じた「Gフレームを使いたい!」という

当社からのご提案を快諾していただき、

最後まで信じてお任せいただき、本当にありがとうございました。

スタイリッシュなA様のお宅にGフレームがよく映え、

ぱきっと引き締まりよりカッコいい外観になったのではないかと存じます。

 

A様からも“全て良かった”や“さすがプロ”という

この上ない評価をしていただけました事

大変嬉しく思うと同時に携わった従業員全員の励みになります。

 

またA様の仰いますように、外観はもちろん

雪国では大切なポイントである除雪のしやすさをはじめ

日頃お仕事でお忙しい中での除草の手間の軽減等も

常に意識して施工を行っております。

 

今回は新しく植栽もしたという事もあり、

管理の面で今後ご不明な点が出てくるのではないかと思います。

何か少しでもお力になれる事がございましたら、

いつでもお気軽にご相談下さいませ。

A様からのご連絡を従業員一同、心よりお待ち申し上げます。

 

 

やはり2月になると今まで記録的に少なかった雪も

少しは降ってきますね~!

 

そんな中でもオリジナルガーデンフェンスの施工は続きます。

 

DSCF6443

 

材料をあらかじめほぼ寸法通りにカットしておいたので

作業の方は順調に進んでいきました。

 

IMGP7503

DSCF6467

 

オリジナルのガーデンフェンスで空間を仕切る事で

近い将来、隣の敷地に家が建ったとしても

ある一定のプライバシーは確保出来ると思います。

 

DSCF6466

 

一方道路側からの遮蔽も考慮してありますので

通行人からの視線はほとんど気にならないと思います。

 

次はいよいよ樹木の植栽です。

これによりいかに劇的に変化するか楽しみにお待ち下さい!

 

 

DSCF6436

 

最初の打ち合わせで伺った際に

インナーガレージの部分が特にオシャレだったのを見て

私の中で直感がビビビッ!ときました。

「Gフレームが絶対に合う!勧めなければ!」と思いました。

 

【着工前】

DSCF5913

 

私のイメージプランをご覧いただくと

当初はそこまで予定されていなかったお客様も納得されて

そのままご注文を承りました。

 

出来る限りスタイリッシュな外構にすべくデザインしたのがこちらの作品です。

 

DSCF6436

 

インナーガレージの前に2台用のカーポートを設置しました。

それと連立してGフレームを取り付けました。

 

それにより一体感が増し、

さらに高さの違うGフレームを交差させる事で立体感も増しました。

 

DSCF6437

 

Gフレームを真正面から見ると、いかに額縁効果が表れて

よりスタイリッシュになったかが良く分かります。

 

駐車スペースや壁面がコンクリートだけだと

どうしても無機質感が強いので

その前に純白のプランターを設置しました。

そこにコニファー(ローズダリス)を植栽してワンポイントに緑を設けました。

 

DSCF6439

 

物置の色も純白にして統一感を保ちました。

敷地が扇型だったので

デッドスペースの活用と使い勝手を考慮してこの位置に決めました。

 

DSCF6430

 

玄関前から眺めても柱が連立していてこれが意外とカッコ良かったです。

 

朝早く出勤されるお客様なので

駐車場前の除雪の手間が省けて良かったとデザイン面以外でも好評でした。

 

DSCF6433

 

リビングに接している三角地にはシンボルツリーのアオダモの株立を植栽し

下草はあえてシンプルにフイリヤブランでまとめて

四季の移り変わりを楽しんでもらえるように配慮しました。

 

 

着工前はこんな風に

インナーガレージの部分がオシャレだったので、

それをより強調してスタイリッシュな外観にすべくデザインしました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

IMG_0821

【After】

DSC_0938

 

インナーガレージの前に2台用のカーポートを設置しました。

 

【Before】

IMG_0823

【After】

DSC_0939

 

カーポートと連立して

Gフレームを取り付けました。

 

それにより、一体感が増し

額縁効果が得られよりスタイリッシュになりました。

 

コンクリートだけだとどうしても無機質感が強いので、

壁面の前にスクエアな純白のプランターを設置し

それにコニファー(ローズダリス)を植栽して

ワンポイントに緑を設けました。

 

これだけでも効果大です。

 

更にカーポート奥には物置を設置しましたが

扉を純白にすることで上手く景観に溶け込んでいます。

 

【After】

DSCF6437

 

Gフレームを真正面から眺めると

いかに額縁効果が表れているかよく分かります。

 

【After】

DSCF6430

 

玄関前から眺めても、柱が連立していて

これが意外にカッコ良かったです。

 

朝早く出勤されるお客様なので、

駐車場の除雪の手間が省けて良かったと

デザイン面以外でも好評でした。

 

【Before】

DSCF6146

 

【After】

DSCF6433

 

リビングに接している三角地には

シンボルツリーのアオダモの株立を植栽し、

下草にはあえてシンプルにフイリヤブランでまとめて

四季の移り変わり楽しんでもらえるように配慮しました。

 

 

例年に比べ、異常な位雪がない状況なので

作業の方はどんどんと進んでいきます。

 

次に植栽する場所を小舗石で囲っていきます。

 

IMGP7494

 

同じく植栽するスペースを別の色の小舗石で囲みます。

 

DSCF6234

 

今回のデザインには、

当社の特徴である自由曲線を封印してあえて直線で勝負!

スタイリッシュさを狙っています。

 

次に芝床を作っていきます。

 

DSCF6235

 

お客様の要望でお子様とサッカーがしたいとの事でしたので

芝生の面積を広めに設けました。

 

次に玄関前の石貼りを行います。

 

IMGP7501

 

白御影の切石に化粧平板をはめ込んで

遊び心を入れてみました。

 

IMGP7502

 

黒い石の石貼りの中に

チョコレート色の化粧平板が程良い差し色になっています。

 

次回はプライベート感を出す為に

オリジナルウッドフェンスで空間を仕切る作業になります。

 

まだまだ進化が止まらないガーデニングに乞うご期待!

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年2月
M T W T F S S
« Jan   Mar »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
記事アーカイブ