月別アーカイブ: 4月 2020

 

少しずつですが着実に工事が進んでいるO様邸。

庭のレイアウトがだんだん形になってきました。

 

DSCF7227

 

庭に奥行きが少ない為、少しでも広く見えるように

白御影の間知石を棚田畑風に積んでみました。

 

玄関用のポーチの前は、石張りにして豪華にしてみました。

 

DSCF7223

 

アプローチはステップを設けて

それぞれ玄関前と同じ石を張って触感を統一しました。

 

またできるだけ間知石を広く取って、歩きやすくしました。

 

DSCF7226

 

奥には収納を考えて物置を設置しました。

 

DSCF7221

 

外周にはこれから建てられる

ガーデンフェンス用の基礎ブロックが設置され

防草シートを張った上には玉砂利が敷き詰められています。

 

まだまだいろんな仕掛けが盛りだくさんですので

図面に書いた物がどのような形(立体)になるのか…

私自身が一番ワクワクしているのかもしれませんね!

 

 

いよいよ樹木を植えていきます。

どのようなケミストリーが起こるのかご覧下さい。

 

まずは、主木になるモミジの植栽

やはり庭が広いのでこのくらいの大きさで

存在感があって良かったです。

 

DSCF7156

 

他にも次々に雑木類が植えられていきます。

 

DSCF7157

DSCF7158

 

植えられた事によって

庭に奥行きと彩りが加わっていきます。

 

DSCF7161DSCF7163

 

並行してガーデンパンを作っていきます。

 

DSCF7162

 

オシャレなグレーの小舗石で囲んでみました。

工事も残す所は下草の植栽とガーデンテラスのコンクリート打設

細かい所の仕上げも残すだけになりました。

 

ここまでくると近所の人からも

「良くなったねー」と声を掛けられます。

 

それを励みに

より一層丁寧な仕事を心掛けたいと思います。

 

 

皆様こんにちは♪

本日は尾花沢市の山と田んぼに囲まれた土地に、

ひっそりと咲き誇る桜の様子をドローンで空撮してきました。

 

撮影した動画や写真は厳選して

お客様にプレゼントさせていただきます♪

 

東北だからこそ楽しめる4月末に見頃を迎える桜。

ピンクの濃淡のコントラストがとても美しいですね。

 

コロナの影響により外出自粛が続き、

お花見やおでかけが出来なかったという方も

たくさんいるのではないでしょうか?

 

心を清らかにしてくれるような…

華やかでどこか儚げな桜の様子をお楽しみください。

 

 

 

G様邸のガーデニングも最終工程に入りました。

 

2台用のカーポートが建てられ

駐車スペースのカーポート打設の型枠が設置されました。

 

DSCF7029

DSCF7098

 

型枠の曲線もうまく出してくれました。

次は特徴的なアプローチの施工です。

 

DSCF7135

DSCF7136

 

三角形をモチーフにしてますが

自分の中では折り紙をイメージしています。

 

化粧平板を半分に切るのは至難の技みたいでしたが

うまく作ってくれました。

 

DSCF7139

 

残すは土間コンクリートの打設と全体の仕上げです。

早く完成形が見たいという衝動に駆られます。

IMG_1138

 

江戸時代末期に造られたという、由緒正しい庭。

なるべく触れずにちょっとした手直しで修景するのが目的でした。

 

DSCF6074

 

建築会社の方が設置された切石。

歩きづらく見た目もあまりよろしくなかったので

切石の寸法を全て計測し再設備致しました。

 

伊勢ゴロタ石を周りに打ち込むことで

延段風のアプローチに生まれ変わりました。

 

IMG_1138

 

手付かずだった家の西側も土を入れ替えてアオダモの株立を植え、

それに合わせてミツバツツジの刈込でまとめました。

瓦を縦使いにして埋めた縁取りも良い味を出しています。

 

IMG_1140

 

玉石がただ並べられ、夏目の手小鉢は雨落ちに使われていましたので

これらは全て取り外しました。

 

夏目の手小鉢は縁側の脇に再設定し

飛石は高さを調整して再設置致しました。

 

IMG_1141

 

沓脱石の周りは富沢石の乱張りを行いました。

なだらかな曲線を描く事で和モダンな感じに仕上がりました。

 

これまた雨落ちに埋められていた小ぶりの手水鉢も再設置し

汚れていた玉石も洗って並べ替えました。

 

周囲に玉砂利を敷き詰めたら

どこか大正のにおいが香るノスタルジックな庭に仕上がりました。

 

IMG_1142

 

アプローチが素敵になったら、この部分も修景せざるを得ませんでした。

土留は富沢石を野面積みにしました。

 

IMG_1143

IMG_1136

IMG_1139

IMG_1137

 

前から据えられていた手水鉢に、湯涌石・手燭石・前石を据え付け、

その手水鉢に添うように曲がりの入ったヤマモミジを植えました。

 

アオハダの株立を主木にして

奥行きを出す為にナツツバキやナツハゼを植えています。

 

この前庭は、建物との調和を目指して和モダンに仕上げてみました。

 

IMG_7450

 

私の作風の特徴は、いかにも造園家らしい自由曲線を主としたデザインです。

こちらの建物の外観とお客様のご希望を伺い、

この庭のデザインは全て直線で決めることにしました。

 

【着工前】

DSCF5615

 

ただし、いくらデザインを直線にするとはいえ、

やはりセンスと遊び心がなければ面白くありません。

 

そこで、デッドスペースも含めて細部にわたりこだわってデザイン致しました。

 

IMG_7452

IMG_7453

 

建築の設計士さんの方で玄関脇屋根に細工がしてあり、

日光や雨水があたるようになっておりましたので

雑木(アオダモの株立)を植える事にしました。

 

IMG_7451

 

アプローチは白御影石と自然石の乱張りでまとめてみました。

ブラウンの化粧平板はある物の差し色として使っています。

 

IMG_7454

 

それはこのようにゲスト用駐車場に

一定のリズムで張られた化粧平板です。

少しだけ遊んでみました。

 

三角のデッドスペースの有効活用。

オトコヨウゾメという中木を植えてダイニングの中にいて

季節の移ろいを感じられるようにしました。

 

IMG_7464

 

駐車場の土間コンクリートの伸縮目地でさえ

真っすぐではなく斜めに入れています。

 

庭の周囲はプライベート感を出す為に

オリジナルのガーデンフェンスで空間を仕切っています。

 

IMG_7457

IMG_7460

 

「お子様と芝生で遊びたい」というご要望でしたので

植樹桝も必要最小限に留め、その形や色も変えてあります。

 

IMG_7456

IMG_7458

IMG_7459

 

リビングから眺めてお隣の窓が気にならないように配植しました。

 

植栽も管理にあまり手がかからないジューンベリーやヤマモミジ

アオハダ等の雑木でまとめてあります。

 

 

もともとお婆様の住まれていた家の土地に

新しく家を建てられていましたので

アプローチと元々の植栽との高低差のバランスが合わなくなりました。

 

そこで打ち合わせの結果

以前の植栽は撤去して新たにデザインする事になりました。

 

その姿がこの画像です。

 

DSCF6222DSCF6221DSCF6204

 

まずは既存の樹木

 

DSCF6226

 

ブロックを撤去したらこんなにスッキリしました。

 

DSCF7062

 

そこへ新たに白御影の間知石を積んで植栽スペースを設けました。

 

DSCF7145

 

玄関前は小舗石で縁取って、石張りを行いました。

 

DSCF7142

 

アプローチには段差が付きますので

同じく小舗石で蹴上げ部分を作っていきます。

 

また通路沿いのブロックも古かったので

建物の外観に合わせた化粧ブロックをし段積みました。

 

DSCF7022DSCF7140

 

このようにリ・ガーデンはやはり時間が掛かるので

焦らず少しずつ仕上げていきたいと思います。

 

 

長年勤められた職場を定年されて

少し自分の時間が持てるようになったお客様からの依頼でした。

 

作庭されてからかなり年月が経過しており

樹々も伸び放題でかなり大きくなっておりました。

 

DSCF6791

 

ここを和モダンな感じにして、草花を植えたり

玄関前を遮蔽したいとの要望を頂きました。

 

DSCF6788

 

ここのドウタンツツジとサツキは入り口付近へ移植します。

 

DSCF6805

 

ここに移植して白御影の間知石で土留します。

 

DSCF7027

 

掘ってみたらコンクリートの土留が出てきました。

だいぶ前に買い求められていたのを忘れていらしたとか。

これを削岩機で壊すしかありませんでした。

 

DSCF7077

 

間知石が積まれると雰囲気がだいぶモダンになりました。

 

これからどのように修景されていくのか

今しばらくお待ち下さい。

 

 

 

既に外構工事が出来上がっているので

植栽工事のみをご依頼いただきました。

 

この、どちらかといえば無機質な空間を

どのように変えていくのかが

デザイナーのセンスの見せ所です!

 

工事前はこんな感じでした。

 

IMG_20200314_144359

 

まずは現存の盛土を掘って土の入替えを行います。

 

DSCF7032

DSCF7033

 

植栽用の客土を入れて一部小舗石を入れただけで

雰囲気が随分変わりました。

 

DSCF7082

 

これから違う小舗石やエッジキングを使って

縁取りを行います。

 

これから私が得意とする曲線を使ったデザインで

お客様の満足度を高めたいと思います!!

 

 

奥へと続く苑路が出来上がると

庭に奥行きが生まれました。

 

DSCF6980

 

次にコンクリート製のテラスの目隠しに

オリジナルのガーデンフェンスを立てました。

 

DSCF7065

 

お客様と協議の結果、フェンスの下が空いてるので

もう3段位追加する事にしました。

簡単に追加できるのも木製の良い所ですね。

 

テラスの真ん中にある井戸枠。

どうしても移動できないので悩んだ結果

これに合わせてテーブルにすることでリメイク!

評判は上々でした。

 

DSCF7073

DSCF7074

 

もちろん、物置へと登る階段もオシャレに仕上げてみました。

 

DSCF7070

 

次はいよいよ樹木を植えていきます。

 

DSCF7066

DSCF7068

 

樹木が植えられ、どのような彩りが与えられたかは

次回お見せしたいと思います。乞うご期待あれ!

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年4月
M T W T F S S
« Mar   May »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
記事アーカイブ