月別アーカイブ: 5月 2020

家を新築されたのを期に、古い家の解体後そのままの形で残されていた庭をリ・ガーデンしたいというのが、当社への要望でした。

どのようにリ・ガーデンされたのか分かりりやすいように、ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

ビフォー

DSCF6222

 

アフター

IMG_7495

 

全体的にスッキリとした印象に生まれ変わりました。

あくまでも外観を最重視する為に、当初計画していた2台用のカーポートの設置は見送りました。

 

IMG_7496

 

道路側が全てコンクリートになってしまうと、無機質感が強くなってしまうので、建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で植栽スペースを設けました。

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が爽やかな風を運んでくれます。

 

ビフォー

DSCF6221

 

アフター

IMG_7488

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。まさにワンランク昇格を果たしました。

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。既存のブロックが古く強度が心配だったので、控え壁で補強しました。

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。ブロック塀の基礎の古さは、もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

ビフォー

DSCF6223

 

アフター

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて広い所と狭いところのメリハリをつけました。

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱張りにしました。

門柱も手作りし、表札・ポストも私がチョイスしました。モチーフは円(縁)になってます。

 

ビフォー

DSCF6226

 

アフター

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

樹木はお隣の家を配慮して、落葉しない常緑樹でまとめました。

 

IMG_7510

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

予算をかけたくなかったので、ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

ビフォー

DSCF7226

 

アフター

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので、オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し、建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを新たに1段積みました。

 

ビフォー

DSCF7022

 

アフター

IMG_7485

 

御夫人と息子さんの共通の趣味「ファットバイク」を収納するのに塀が欲しいと言われ、急遽デザイン変更しました。

扉が重くならないように観音開きにし、枝も同じものを使用しているので違和感がありません。

 

IMG_7482

 

 

 

 

土間コンクリートの打設が終わり、

いよいよ植栽工事に入ります。

 

隣家との距離があまりないので

葉っぱが落ちない常緑樹をメインにまとめました。

 

DSCF8024

 

玄関側から眺めるとお隣の窓からの視線をさりげなく遮っているのが分かります。

 

DSCF8022

 

どうしても物置が気になって仕方なかったので

予算を追加していただいて手作りで目隠しの塀をつくりました。

 

DSCF7403

DSCF8021

 

コンパネ板に丸く穴を開けただけですが

かなり印象が違います。

 

駐車スペースの脇にも植栽スペースを設けてみました。

 

DSCF8017

 

グレーの壁面に緑がくっきり浮かんでいい感じに仕上がりましたが

逆に消火栓の古さが目立ってしまいました。

 

残す仕事は下草の植栽とガーデンフェンスに追加の扉を取り付ける作業です。

早く完成形が見たくなってきました。

 

 

 

2020年1月末より施工させていただいておりました

東根市O様よりわくわくアンケートのご回答をいただきました。

 

わくわくアンケート_東根市O様

 

今年は暖冬という事で、例年より早く施工開始しておりましたが

2月中旬に雪による気温低下の影響で

土間コンクリートの打設になかなか入れず、

予定よりも長めの工期で施工をさせていただきまして

誠にありがとうございました。

 

お問い合わせからお見積りまでの当社の対応につきまして

ご満足いただき、安心してご依頼いただいたにも関わらず

不備によりご迷惑をおかけしてしまった点がございました事、

大変申し訳ございませんでした。

 

ご指摘いただいた点につきましては真摯に受け止め、

今後O様よりお庭のメンテナンスをご依頼いただいた際に

このような事の無いように努めて参りたく存じます。

 

完成したお庭につきまして

ご満足いただけたようで安心致しました。

 

当社が得意とする自由曲線をあえて封印した直線的なデザインと

主に入口周辺にふんだんに組み込んだ遊び心のある細かな作業、

これから成長していく樹々の緑がスタイリッシュなO様邸を

より魅力的にしてくれるのではないかと感じております。

 

そして、今後は周りからの視線を気にせず

お庭の芝生でお子様とサッカーの練習をしたり

ご家族の皆様と楽しいおうち時間を過ごしていただけますと幸いでございます。

 

お庭につきまして何かご不明な点やご要望がございましたら

是非当社にお申しつけ下さいませ。

O様からのご連絡を従業員一同、

心よりお待ち申し上げております。

 

 

今回は施工が完了した天童市のS様から

わくわくアンケート嬉しいご回答がありました。

わくわくアンケート_天童S様邸

 

ネームプレートや植栽樹木のカタログ、

お褒め頂きありがとうございます。

 

当社で作成したフェンスによりプライベートな空間ができ、

周りの視線が気にならなくなったことで

庭の花をゆっくり眺めたり草取りしたりすることを楽しんで

いただけている事、本当に嬉しく思います。

 

S様と共に話し合いを重ねたことにより、

想像以上にご満足いただけるお庭が出来たのだと

心より実感いたします。

 

これからも少しずつ植栽したいとのことでしたので、

管理の面で今後ご不明な点が出てくるのではないかと

思います。

 

何か少しでもお力になれる事がございましたら、

いつでもお気軽にご相談下さいませ。

 

S様からのご連絡を従業員一同、

心よりお待ち申し上げます。

 

 

駐車場スペースの土間コンクリートが打設され、

形が分かるようになりました。

 

DSCF8030

 

三角形の組み合わせでデザインした独特のアプローチも完成しました。

 

DSCF8031

 

植栽も全て完了し、庭に潤いが出てきました。

 

DSCF8033

DSCF8034

 

残すは物置の設置と敷地境界ブロックの設置を残すのみとなりました。

 

次回にガーデニングの全貌をお見せする事が出来ると思います。

どうかお楽しみに!

 

徐々に形が見えてきたO様邸。

 

隣接する道路の境界にウッドフェンスが建てられると

なかなかいい感じになってきました。

 

DSCF7245

 

質感を合わせた門柱も、ポストと表札を付けられるのを持っています。

 

DSCF7339

 

駐車スペースの脇に設けられた植栽スペース。

建物の外観の色に合わせてグレーの小舗石を並べてみました。

 

DSCF7337

 

いよいよ土間コンクリートの打設です。

アプローチもいい感じで仕上がってきました。

 

DSCF7403

 

DSCF7410

 

駐車場のスペースも3台分を確保しました。

 

この度は建物の外観のイメージと日当たりを考え、

あえてカーポートの取付けはO様と相談して無しにしました。

 

DSCF7402

 

DSCF7405

 

DSCF7408

 

しばらく養生した後にいよいよ樹木の植栽に取り掛かります。

 

彩りのマジックがどんな効果を生みだすか楽しみです。

 

 

IMG_1096

 

庭木を植えられてから

30年以上経過した庭のリガーデンを頼まれました。

 

【着工前】

DSCF6791

 

「あまり純和風の庭園は好みではない…」との事でしたので

和モダンな感じで作成していく事にしました。

 

IMG_1089

 

とはいえ、植えられる樹木はそのままでのアレンジだったので

白御影の間知石を曲線にして棚田風に積んでみました。

 

下草は和っぽい物を選び、シャガやフイリヤブラシ、ヒューケラ(赤葉)を植え

花がない時でもカラーリーフとしての彩りを与えています。

 

IMG_1090

 

駐車場スペースとの空間を仕切る為に、創作の板塀を作りました。

これを建てた事で一気に景が引き締まりました。

ポストもこれに合わせて和風のものを選んでみました。

 

IMG_1103

 

玄関前からの眺めはこのようになっています。

創作の板塀が互い違いになっているので、

道路からの遮蔽が適度に保たれているのが分かると思います。

 

白御影の間知石から小舗石へと継がる縁取り。

くねくねと曲線が描かれ、そこには下草のフイリアマドコロやシラン、

フイリフッキソウが植えられており、1年に1度だけの庭の主役を狙っています。

 

IMG_1104

 

奥には木枠で囲んだ小さな家庭菜園が設けてあり

自由に使っていただけるスペースになっています。

 

 

当社で鶴岡市まで来るのは初めてでしたが

店舗内のインドアガーデンという面白そうな仕事でしたので

請け負わせてもらう事にしました。

 

【Before】 

IMG_9988a

【After】 

DSCF7262

 

【Before】 

IMG_0002a

【After】

DSCF7263

DSCF7265

 

店舗内には、まだオープン前という事で

いろんな器具が置かれており汚したりしないように

養生にはとても神経を使いました。

 

純白の空間に合わせてプランターも純白にしたので

その分樹々の緑がより良く存在感を放ちます。

 

シマトネリコやオリーブ、クチナシと植えた樹木は

全て常緑樹で落ち葉を防ぎます。

 

このお店に訪れたお客様に

少しでも癒しに貢献できたら誇りに思います。

 

IMG_7413★

 

とにかくこの広い敷地をいかに有効活用し、

尚且つ維持管理を楽にするのかがデザインのテーマでした。

 

【着工前】

DSCF6744

 

道路から目隠ししてプライベートな時間を楽しみたいという事で

オリジナルのガーデンフェンスを立てました。

 

IMG_7420★

 

フェンスを互い違いにする事で、

上手く空間を仕切る事が出来ました。

 

IMG_7412★

 

約30㎝くらいあった段差は白御影の間知石を積む事で解消しました。

 

かなり広かった畑は半分以上を

芝生広場にして子供たちの遊び場にしました。

 

奥に植えられた雑木類のおかげで

裏山を借景することが出来ました。

 

IMG_7414

 

既存のコンクリート製の通路はそのまま利用し

その続きは玉砂利敷の苑路にして延長しました。

 

両側に植えられた樹々の間を歩くと、

そよ風と共にほのかな草木の香りが通り抜けるのを感じる事が出来ます。

 

IMG_7415★

 

苑路の途中で立ち止まると

クリーピングタイムの薄桃色の絨毯が出迎えてくれます。

 

IMG_7416★

 

物置の設置場所とアスファルトの高低差が結構あったので

白御影の敷石で土留しました。

 

キャメルストーンを張ったオシャレな階段は

物置からの荷物の出し入れを考慮して広めに取りました。

 

IMG_7417★

 

この庭を奥から振り返り眺めると

このような景観が広がります。

 

ガーデンフェンスで仕切られているので

誰にも気兼ねする事はありません。

 

 

IMG_7419

 

リビング前に大きく作られたテラス。

井戸枠に被せた手作りのテーブルはBBQ等でいろいろ楽しめそうです。

 

IMG_7435

 

L字型に構成された広大な敷地に、

これからご夫婦で楽しむスローリビングをテーマにデザインしました。

 

【着工前】

DSCF6114

 

雑然とした庭がスッキリとしたレイアウトになり、

まるで別のお宅へと訪れたように明るく生まれ変わりました。

 

IMG_7432

 

神社周りも石組なの?景石なの?という組み方で納め、

ここだけ和のイメージを強くしました。

それに合わせて植えた樹木も

ヤマモミジやコナラ、サザンカ等で落ち着いた雰囲気に。

 

瓦を縦に埋め込んだ縁取りも一見地味ですが、

良いアクセントになっています。

 

IMG_7433

 

神社へと登る石段も白御影石と

クラストブラックの乱張りでシックにまとめました。

 

IMG_7435

 

アプローチから主庭へ続く通路は化粧平板と枕木の組み合わせで

ここだけ直線を用いたデザインを取り入れました。

自由曲線で構成された庭にアクセントがつきました。

 

IMG_7436

 

リビング前に設けられた勾玉をイメージしたテラス。

これだけ広いとアイディア次第でいろんな楽しみ方が出来ると思います。

 

IMG_7438

 

建築の方で施工されたこげ茶色の塀が

空間を見事に仕切ってくれたので庭が引き締まりました。

植えた雑木も引き立ちます。

あるとないでは大違いです。

 

下草は雪に強いものを植えました。

マホニアコンフューサはリゾート感を演出し、

フイリヤブラン・セイヨウイワナンテンスカーレッタは

カラーリーフとして華やかさと涼しさを演出してくれる事でしょう。

 

IMG_7437

 

ダイニング前にも少し小さめのテラスを設けました。

一軒の家で2つのテラスを設ける事はすごく稀ですが

現在サンディエゴ在住のご主人曰く、

西日に当たりながら涼むのが西海岸スタイルの事。

日本流に日差しを和らげる為、カツラの株立を植えました。

 

IMG_7439

 

当初は庭の奥へと続く畑へ降りる為に設けた枕木の階段。

上段を広くしたので、ここに腰かけて

コーヒーブレイクなんてオシャレですね。

 

IMG_7441

 

立水栓の周りはグレーの小舗石で縁取り、

オシャレなガーデンパンに仕上げました。

 

IMG_7440

 

庭のゆるやかな法面にはクリーピングタイムを植えました。

淡い桃色の絨毯となり、華やかさをプラスしてくれます。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年5月
M T W T F S S
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ