月別アーカイブ: 8月 2020

7月末に施工が完了した東根市のS様より

わくわくアンケート嬉しいご回答、誠にありがとうございます。

スクリーンショット 2020-08-29 11.26.12

 

『子供も外で遊ぶのが好きで、

お庭で自由に遊べるようになって良かった』というお言葉。

 

 

S様はプライベートの確保が難しく

空間をうまいこと遮蔽してほしいとの事でしたので

 

こうして周りの目を気にせずお子様がのびのびと

遊んでいただけると、こちらも嬉しく存じます。

 

 

家中に光を取り込むことが出来るようになったとお聞きし

本当に嬉しく存じます。

 

 

S様が満足して快適に心地よく過ごしていただけることが

私どもの心の支えです。

 

 

これからも少しでもお力になれる事がございましたら

いつでもご相談下さいませ。

 

 

S様からのご連絡を従業員一同、心よりお待ち申し上げます。

 

リビング(両面)の三方に家が建っており

どうしても視線が気になりカーテンも開けられない状態でした。

 

DSCF7395DSCF7400

 

そこで

くつろげる空間を作るようにウッドフェンスで周囲を仕切り

雑木を植え、芝を張る事にしました。

 

まずはミニバックホーにて固い砕石の地盤を掘っていきます。

 

IMGP8113

 

植栽用の客土を敷き均した後に植栽するスペースを

アンティークレンガにて縁取りを行います。

 

IMGP8114

 

芝が張られる所は

芝が伸びていかないように黒いエッジキングで縁取りしました。

 

DSCF9511

そこにウッドフェンスが建てられると

想像以上に広く落ち着いたスペースが出現しました。

 

DSCF9550DSCF9549

 

涼しくなりここに雑木が植えられると

更に驚きの空間が出現すること間違い無しです。

 

ここまでくると早く出来上がりを見てみたくなりました。

ようやく夏空が戻り、天候が安定してまいりました。

 

そこで、今まで延び延びになっていました

駐車スペース部分の土間コンクリートを打設しました。

 

DSCF9538DSCF9539

 

砕石敷きの時と違って、随分すっきりとした印象になりました。

 

DSCF9541DSCF9542

 

お客様に

「コンクリートも曲線を描くとアートになるんですよ。」

と説明していましたが、まさに現実になったと自負しています。

 

また、砕石敷きだけの時と比べると少し広く感じます。

 

これだと余裕で車2台停められそうです。

 

次はいよいよ樹木の植栽になります。

 

これで更に劇的に変化となるわけですが

この暑さではとても木は植えられません。

 

涼しくなるまで今しばらくお待ち下さい。

今年の梅雨は思いのほか明けず

土間コンクリートがなかなか打てなくて

工期が延長になっていました。

 

東根市のS様邸のガーデニンングがようやく完成致しました。

 

どのようにガーデニングする事によって変化したのか

ビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF7353

 

【After】

DSCF9499

 

ゲスト用の駐車スペースも重ねたアプローチ。

 

小舗石(錆)で囲んだ植栽スペースには

アオハダとナツハゼの株立が植えてあります。

 

下草にはフイリヤブランと

ベロニカオックスフォードブルーが植えてあり

季節ごとに違った彩りを与えてくれます。

 

【After】

DSCF9504

 

この角度から見ると

円が幾重にも重なっているのがわかると思います。

 

小舗石の色を変え

交わっている所にはローズベリーという石を張りました。

 

デザインした私はシャープペンシルで書くだけですが

施工する職人はかなり難儀だったと思います。

 

しかし、見る角度によって

まるで違う形に見えるのがおもしろい所です!

 

【Before】

DSCF7352

 

【After】

DSCF9372

 

どうしても隣家からの視線が。

 

将来リビングからの気になるだろうという事で

木製のオリジナルガーデンフェンスを取り付けました。

 

これでうまく空間を仕切り

プライベート感が増したと思います。

 

リビングのフローリングとも同じ色調だったので

一体感が出て広く感じます。

 

野芝のグリーンの鮮やかで、人の心を癒してくれます。

 

【After】

DSCF9313

 

アンティークレンガで囲われた植栽スペースには

アオハダやヤマモミジ、ジューンベリーが

要所要所に植えられています。

 

下草は「白山のStarbucks」にも植えられている

マホニアを植えました。

 

もう少し成長してくれると

リゾート感あふれる雰囲気を醸し出してくれる事でしょう。

 

 

DSCF9499

すでに建てられていましたカーポートの他に

もう一台分のゲスト用駐車スペースに付加価値の付くデザインを試みました。

【着工前】

DSCF7355

ゲスト用の駐車スペースも重ねたアプローチ。

 

小舗石(錆)で囲んだ植栽スペースには、アオハダとナツハゼの株立が植えてあります。

 

下草にはフイリヤブランとベロニカオックスフォードブルーが植えてあり

季節ごとに違った彩りを与えてくれます。

 

DSCF9496

この角度から見ると円が幾重にも重なって独特な表情をしているのがわかります。

 

交差している部分には石張りを行い、見る角度によって

まるで違う形に見えるのがおもしろい所です!

 

DSCF9504

 

リビングからの燐家の視線が気にならないように

木製のオリジナルガーデンフェンスで囲いました。

 

空間を仕切れたのと合わせて、リビングのフローリングの木材と色調とも同じな為に

広く感じられるようになりました。

 

また鮮やかな野芝のグリーンに、心が癒されます。

DSCF9372

アンティークレンガで囲われた植栽スペースには

アオハダやヤマモミジ、ジューンベリーがポイントを抑えて配植してあります。

 

下草は「白山のStarbucks」にも植えられているマホニアを植えました。

もう少し成長してくれるとリゾート感あふれる雰囲気を醸し出してくれる事でしょう。

 

DSCF9313

 

ガーデニングもいよいよ木工事に取り掛かります。

 

まずはオリジナルの門柱を作りました。

 

DSCF9458

 

木材はいろんな形に加工できるので

初めて板を斜めにカットして張ってみました。

 

想像以上におもしろい形になったので

お客様にも喜んで頂きました。

 

次に空間を仕切る

オリジナルのガーデンフェンス工事に取り掛かりました。

 

DSCF9468

 

隣家の玄関がすぐ横にあるので、程良い間隔で板が張られ

丁度良い目隠しになりました。

 

DSCF9483

 

植栽する部分は小舗石でなだらかな曲線を描き囲いました。

 

これとフェンスの間に植栽がなされると

また一段と違った雰囲気に変わります。

 

DSCF9485

 

駐車場スペースとの仕切りは生垣になります。

 

どのような形でここから美しく見せるのか?

 

デザイナーのセンスにかかっています!

 

なかなか梅雨が明けずに

工事が延び延びになってしまったS様邸。

 

ようやく土間コンクリートを打設する事が出来ました。

 

DSCF9466

 

これで円を重ねたデザインが

よりくっきりと浮かび上がってくることでしょう。

 

DSCF9464

 

先に植えた樹々や芝生は

既に根付いて綺麗な緑色に仕上がっていました。

 

ガーデンフェンスの板も

特にリビングからの視線で気になる所は、3段足しました。

 

これでいつ隣に家が建ってもプライベート感は保てるでしょう。

 

後一週間程養生したらお客様に引き渡しです。

 

だいぶ予定より遅れてしまい

ご迷惑をお掛けしてしまいましたが

 

それでも喜んで頂けたら幸いです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年8月
M T W T F S S
« Jul   Sep »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
記事アーカイブ