アオダモ

オシャレな外観にしたいというオーナーの要望を実現するには、2つの制

約がありました。1つ目は、オープンまでの期間が短く関連する電気工事

や舗装工事との工程調整が難しかった事。2つ目は植栽するスペースが

ものすごく狭い事でした。

その2つの制約を見事クリアして完成したのがこの作品です。

before

after

このスペースにぴったりなアオダモの株立を探して植えてみました。茶系の

外観の上にくっきりと樹木が浮かび上がっているので、1本でも絵になりま

す。白御影の敷石を使った土留も延長を少し長くした事で、広く見せる効果

が出ています。下草にはカラーリーフとして最近人気の高いヒューケラを植

栽して彩りを与えています。

before 

after

奥行きがわずか80cmのスペースにも立派な小庭が出来上がりました。

植栽にはあまりスペースを取らない中木のナツハゼを5本植えました。

竹の支柱に枝を誘引して広げる事で、より大きく見えるように工夫しまし

た。土留は同じく建物の外観と合わせ、白御影の敷石でスタイリッシュにま

とめてみました。オリジナルのガーデンフェンスも窓枠と同じ色に塗って統

一感を出しています。

室内から見ると圧迫感も無く、板と板の絶妙な隙間で思ったより広く感じさ

せます。

after

下草は4つある個室から全て眺めが変わるように考えてあります。

手前からキャットミント、アジュガチョコチップ、スジギボウシ、フイリヤ

ブランが植えてあり、四季折々の花が咲くでしょう。

照明も樹木を下から照らす事で樹木のシルエットが浮かび、また違った演

出を可能にしてあります。

after

建物の全景はこのようになりました。2階のルーフテラスにもプランターを

設置してツリバナを植えてあるので、建物にも潤いがでてきました。

そんなに植栽の量は決して多い訳ではないのに、建物のグレードがアップ

して見える!植物の力を改めて大きく感じる作品となりました。

 

既存の庭の良い所を活かして、庭のリノヴェーションしてほしいとの依頼を

受け、どの方向から眺めても美しい景観になるようデザインしました。

before 

after

既存の樹木は数本のみ残して全て取り除きました。その代わりに雑木を主

に植えた所、このように生まれ変わりました。

富沢石で造った石張りも落ち着いた雰囲気を感じさせます。

before 

after

既存の石組は鯉を飼われていたので極力いじらないようにして、流れの部

分のみ一部改修しました。

維持管理が楽なようにジューンベリーやアオダモの株立等の雑木を主体に

植え、下草には雪囲いの要らない多年草を植えました。

やはり水辺にはシャガやフイリヤブランが涼しげで良く合います。

before 

after

土留は白御影の敷石で行い、モダンな感じに仕上げました。シラカシやヒイ

ラギモクセイで作った生垣は、大胆な曲線を描いており庭のアクセントにな

っているのと同時に、生垣の表と裏から眺める景色が全く違うくなるように

考えてあります。

after

庭の中には苑路が設けてあり、池泉回遊式庭園の形態をとっております。

土留と同じ白御影石で造った階段も庭の大きなアクセントになっています。

before

after

庭の裏側にあたる部分も、マサキの生垣を同じように大胆な曲線を描いて

作ってあります。

after

こちら側からも庭に入れるようになっております。

after

既存のモクレンとヤマモミジの間にも苑路が設けてあり、ここを通ってせせ

らぎが鑑賞できるようにしました。

下草にはキャットミントやクリーピングタイムのハーブ類やフイリアマドコ

ロやフウチソウといった野趣の味わいを感じさせる植物も植えてあります。

after

事務所の室内からの眺めはこのようになっております。

まるで額縁の中の絵画のように上手く空間が切り取られています。

ちょっとしたリゾート気分が味わえます。

after

池の鯉達も心なしか庭の完成を喜んでくれているように感じます。

それもその筈、約2ヶ月ぶりにゆっくり池の中を泳げるようになったのです

から…!

長井市にあるオシャレな居酒屋さん「オレオレ」

このお店のガーデニングを依頼されました。

敷地内にかなりの制約があり狭い空間になりましたが、どこまで広く見せる

かが課題でした。

この狭いスペースにシンボルツリーを植栽していきます。

まずは客土を入れてアオダモの株立を植えました。

農家の方が私のイメージ通りの木を選んでくれたので、このスペースにな

んとか納まりました。

次に土留に白御影石を使ってモダンに仕上げました。

その結果、見事なシンボルツリーの完成です。

入口脇には、お店の看板を照らす照明がつきます。

それを修景する為に植栽スペースを作っていきます。

グランドカバーを植えてなんとか完了。

次は幅80cmのこの空間を緑化します。

図面で見るより実物の方がかなりハードル高いです。

このスペースいかに変身するのか、次回をお楽しみに!

 

 

 

ガーデニング施工前と施工後でどのように変化したのか、分かり易いよう

にビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

和室の前という事で和っぽい植物を選択しました。

主木はナツツバキの株立で添えにはナツハゼを植えました。

根〆はシュウメイギクとスジギボウシでまとめてみました。今年はもう終わ

りましたが、来年花が咲いたら相当綺麗になること請け合いです。

before

after

ベージュのリブロックを積んで土留にしました。

こうして見ると、付いていないようで付いているのが傾斜。ブロック1段分

(約20cm)の傾斜が付いています。

before

after

芝生で造った築山を私の直感で思い切り高くしてみました。その結果、庭

にうねりと動きが出たように感じます。

築山には、雑木類(ジューンベリー、カマツカ、アオダモ、ハナミズキ(赤)

(白)、オトコヨウゾメ、キンモクセイ)をバランス良く配植しました。

下草には、葉の美しいフイリヤブランと管理が楽なキャットミントを植えて

みました。どちらも花の色が紫系なので、カラーバランスも上手く取れると

思います。

after

コンクリート+アンティークレンガで造った大きなテラス。

これ位大きいと、この時期に子供達が遊ぶプールを置くには充分な広さで

す。

中に埋められた多くの基礎ブロックは、冬の雪囲い用に設置しました。

合わせて、立水栓も大洋紅という石で丸く囲い可愛く仕立てました。

before

after

テラスをこちら側から見ると、かなり広くなっているのが分かります。

それは、御主人の車を車庫からバックしてここに停めて洗車する為です。

デザイン的にもインパクト大ですし、アイデア次第ではいろんな使い方が思

いつきそうです。目隠し用に植えた生垣も、テラスに合わせて曲線を描いて

います。

after

道路沿いには、プライベート感を演出する為にウッドフェンスを設けまし

た。適度に遮蔽されているので圧迫感がありません。

before

after

建物の外観は、この角度から見ると一番変わったような感じがします。

片勾配の屋根とウッドフェンスの水平が絶妙にバランスが取れてきたの

で、家がゴージャスに見えます。

コンクリートのテラスが完成し、植栽用客土を敷均して築山を造っていきま

す。

次に土壌改良材を均一に敷均し、それを撹拌していきます。

それが終われば、いよいよ雑木の植栽です。

アオダモやジューンベリー、カマツカ、ハナミズキなどの雑木を植える事で

景観がどんどん変化していきます。

築山に芝が張られると、より高さが強調され、これには御主人からも「ここ

まで盛土が高くなるとは思っていなかった。想像以上に素晴らしい仕上がり

ですね。」と褒めて頂きました。

あと残す仕事のメインはウッドフェンス工事とポット植栽、玉砂利敷きのみ

となりました。ウッドフェンスも加わるとまた違った空間を仕切れると思い

ますので、それもまた早く見てみたいです。

建物がスタイリッシュな外観だったのと、お客様が和のテイストを好まれて

いたので、「和モダン」をテーマにデザインしました。

分かり易いようにビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

中庭は色んな所から眺める事ができるので、眺める場所によって色んな景

色が楽しめるように考えました。

駐車スペースから眺めるとこのようになります。

手前に植えてあるツリバナの株間から眺めると、逆遠近法で広く感じます。

高木は他にアオダモとオトコヨウゾメの3本に絞り、配植の妙で空間を構成

しました。

before

after

この庭の重要なポイントになっている苑路。

枕木風のヴィンテージウッドに、地元産の富沢石を石畳風にして組み合わ

せてみました。苑路、植栽地共デザインを雲形に統一した事で、小舗石等

を使っても和のテイストが漂います。

before

after

玄関前の角地、この狭小スペースも修景しました。

これだけのスペースがあれば、前庭としては十分です。

スクエアな建物に違和感がないように、尺角の白御影の間知石を使い土

留しました。

after

植栽は、当社に仮植してあった珍しい荒皮性モミジの株立を主に、ガマズミ

とシダレモミジとでシンプルに構成してみました。

下草には、フイリアマドコロとフイリヤブランの両方とも斑入りの葉が特徴

の観葉も楽しめる植物で根〆しました。

after

この庭のポイントは、伊勢ゴロタ石の敷石の上に置かれた水盤。

水を張る事で、何故か水面にそっと引き寄せられるから不思議です。

こちらも、新しい形の和の庭を造れたと自負しています。

いよいよ木を植えていきます。この瞬間が一番楽しみです。

何故なら、一番庭の雰囲気が変わるからです。

中庭はいろんな部屋から見えるので、どの角度から眺めても絵になるよう

に考えました。ここはアオダモの株立、ツリバナの株立、オトコヨウゾメ

の3本で上手くまとめてみました。

もちろん高木の根〆にも、下草を植えてまとめていくつもりです。

玄関脇の前庭にも、珍しい荒皮性モミジの株立を植えてみました。このモ

ミジは木肌がゴツゴツした感じなのですが、葉が小さく真っ赤に紅葉する

ので選んでみました。

他にシダレモミジやガマズミを植え、根〆に下草を植えてポイントとなる

水盤を据え付け、伊勢ゴロタ石を敷き詰めるとこんな感じに仕上がりまし

た。

デザインコンセプト通りの和モダンに仕上がったと自負しています。

次は中庭の石貼り工事。だんだん仕上げに近付いてきました。最後まで

しっかり仕事をしたいと思います。

東根市のM様邸の作庭工事。 

植物をたくさん植えた事で、かなり庭に潤いがでてきました。 

ヤマモミジやアオダモの株立やハナミズキ等の雑木を植え、さらに根元に

はサツキの寄せ植えを施しました。

下草には、リュウノヒゲをベースに山野草をあしらってみました。

建物の外周には、生垣の補助金を利用してマサキの生垣を作ってみまし

た。

ここ東根市では、最大5万円の補助が出るので結構助かります。

他の自治体でもやっている所が多いので、一度地元の役所に問い合わせ

てみてはどうでしょうか。

 

植栽が終わると、だいぶ感じが和モダンでシックな景観に生まれ変わりま

した。

あとは土間コンクリートを打設して、周囲の仕上げを残すのみとなりまし

た。ここまで来ると我々も完成が待ち遠しいです♪

クネクネ曲線にこだわって、遊び感覚でデザインした作品をビフォー・アフ

ター形式で紹介したいと思います。

BEFORE

AFTER

最初の打ち合わせは3月の末。

ビフォーの写真を見ると、まだこの頃雪があるのを思い出しました。

話は変わりますが、まずこだわったのは先程申した通りクネクネした芝生

の曲線です。周囲は玉砂利敷にして、芝生に上がらなくても庭を散策でき

るようにと考えてみました。

その結果、芝生の緑が浮き出るような演出となって、素敵な雲形の形に仕

上がりました。

それとは対照的に家庭菜園は角材を使って、スクエアな仕上がりをわざと

狙ってみました。また幅はあまり広くせずに、砂利から全て手が届くよう

にして、長靴にドロが付いて汚れる煩わしさを防ぎました。

植栽は管理の楽な雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ヤマボウシ、ツリ

バナ等)をポイントを押さえて植栽しました。

せっかく敷地が高台にあったので、既存のネットフェンスに遮蔽ネットを

張って空間を少しだけ仕切ってみました。

BEFORE

AFTER

多目的に使えるようにしたテラスは、周囲をアンティークレンガで囲った

シンプルなもの。これも雫型にしただけで雰囲気が出てきます。

BEFORE

AFTER

タイムやガウラ、キャットミントをメインに植えた花壇スペースもまるで

波のような曲線を使っている為、それだけを見れば和モダンなテイストが

感じられます。

AFTER

逆方向から眺めると、いかに曲線が遊んでいるか分かります。

芝生の中にあるレンガで囲った円形のものは、小さな娘さん達のリクエス

トにお応えして作った砂場です。

AFTER

一週間後に伺ったら、すでにかなり遊ばれている様子でした。本当に子供

って砂が好きなんですねー!

AFTER

玄関前に植えられたヤマボウシの株立。これだけでも絵になりますが、

下草にスジギボウシを植えたので更に華やかさが広がりました。

私の中学の同級生の女性建築士の紹介で作庭する事になったA様邸。

何度も設計及び打ち合わせを行い、ようやく完成致しました。

着工前と完成後でどのように変化したのか、分かりやすいようにビフォー、

アフター形式で説明したいと思います。

BEFORE

AFTER

玄関が丸見えにならない様に、ドウタンの生垣で隠しました。ちょっと和風

に見せる為に四ツ目垣も沿えてあります。スロープを除雪する時に、スノー

ダンプが使える様に、枝折戸を流用して取り外しができる様に考えました。

駐車した車が左折する時、うっかりぶつからない様にサイン柱を手作りしま

した。表札もアクリル板で看板屋さんに特別に作ってもらいました。

下草には、フイリヤブランとフッキソウでちょっぴり和風に、でも白御影の

敷石を交互に縦使いした土留でスクエアな和モダンに仕上げました。

BEFORE

AFTER

白御影敷石の平板(300×300)をグリッド状に並べて、モダンでスッキ

リとした印象に仕上げました。伊勢ゴロタ石を州浜に据え付け、緩やかな

曲線を描く事でどことなく和の空間を演出しています。

植栽は、屋根の雪が落ちてくるので2人で移動できる様に、モダンなプラン

ターにツリバナの株立を植えてみました。

下草には、初めてアジュガのチョコチップという紫色の可愛い花が咲く品種

を使ってみました。この先どんな風に成長するのか、すごく楽しみです。

BEFORE

AFTER

主庭は大胆な曲線をモチーフに構成してみました。マサキの生垣は大きく

ひねって植えてあります。

芝生もそれに伴い瓢箪型っぽく作ってみました。

高木は管理が楽なように雑木(アズキナシ、ヤマモミジ、アオダモ、シラカ

シ等)を植えてみました。根〆にはキャットミントとヒューケラを使い、花

が咲いたら華やかな装いになるようデザインしました。

BEFORE

AFTER

台所に立っていても四季を感じていたいとの要望でしたので、こちら側にも

雑木(アカバナエゴノキ、ハナミズキ赤、ハナミズキ白、ジューンベリー、

常緑ヤマボウシ、ハナカイドウ等)をたくさん植えてみました。それによ

り季節を問わず、どれかが主役になって目を楽しませてくれそうです。

家庭菜園も丸太で囲い、3カ所作ってみました。1人で楽しむにはこれ位で

十分だと思います。

BEFORE

AFTER

以前からあった庭も少しアレンジしてみました。

枯れていた樹木はすべて伐根し、新たにナナカマドの株立や、トサミズキ、

ナンジャモンジャ、ヒュウガミズキ、アベリア等が植えられ、今風の庭に生

まれ変わりました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930