アオダモ

 

『やはり樹木の力はすごい!』

 

樹を植えたら景観が一変しました。

ログハウスの持つカントリー的な雰囲気が一気に増長されました。

 

DSCF0594

DSCF0570

DSCF0572

 

空間を仕切る為に設けられたウッドフェンスの前には

ヤマモミジやシラカシの株立、ツリバナの株立を植えました。

 

DSCF0574

 

ログハウスの外観をシンボライズしたオリジナルの門柱の裏には

ジューンベリーの株立やソヨゴの株立を植えました。

 

背景にある薪棚が隠し味のようにイイ感じになってます。

 

DSCF0571

DSCF0575

 

カーポート脇にも植栽帯を設けて

比較的にボリュームのある雑木類(アオハダ・アオダモ・ナツツバキの株立)をメインに植える事で空間を仕切る役割を与えています。

 

DSCF0579

 

家のテラス側から眺めると、

上手く空間が仕切られているのが分かります。

 

DSCF0581

 

芝生の面積はかなり広めにとりました。

これだけの広さがあると、ゆったりとBBQが楽しめそうです。

 

この時期ですので落葉樹の葉は全て落ちてしまい、

少し淋しく感じますが、新緑の時期には

今とは全く違う景色になっていると思います。

 

また、冬期間のコンクリートは仕上がりに

不安がありますので来春まで見送る事にしました。

コンクリートの打設が終わり、

木々が芽吹く頃に完成形を披露しますので楽しみにしていて下さい!

 

RIMG3261

 

店舗前に京風庭園を作庭し、

訪れたお客様が少しでも癒される空間を提供出来るよう目指しました。

 

【着工前】

DSC_1816

 

この狭い空間をいかに広く見せるか…庭師の技量とセンスが問われます。

 

RIMG3261

 

まずは白御影の敷石を使って囲い、敷地を最大限広く使いました。

 

アオダモやナツツバキ、ツリバナ等の雑木を植栽し

下草はリュウノヒゲをメインにフイリアマドコロやギボウシ等を植えて野趣味な感じに仕上げました。

 

DSCF9841

 

この庭の最大の見せ場である穂垣。

曲線を用いた事により、柔らかで独創的な垣根になりました。

 

RIMG3264

 

景石は鮫川石(青石)を用い、瓦で仕切った所には白川砂利を敷き詰めました。

曲がりが絶妙なシダレモミジが何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

 

RIMG3266

 

こちらの景石は日高石(赤石)で組み、御主人が大事にされていた木化石もあしらいました。

コンクリート製のスロープに合わせて白御影の敷石を据えて新たに苑路を設けました。

 

DSCF9880

 

駐車スペース3台分を確保しながらもデザイン性の高いガーデニングに仕上げました。

 

【着工前】

IMGP8078

 

家族用2台分+ゲスト用1台分のスペースを確保して

円形をモチーフにした斬新なデザインを実現しました。

 

DSCF9877

 

ガーデニング完成後、土地がすごく広く感じられます。

 

DSCF9878

 

和室前にほんの少しの和モダンな空間を設けました。

小さな景石とヤマモミジでまとめた空間が黒瓦と共に良いアクセントになっています。

 

DSCF9881

 

色違いの小舗石で作った円形花壇と1番大きい花壇に植えられたシンボルツリーの

アオハダの株立が玄関先のプライバシーを守ってくれます。

 

木製だからこそ出来た頭のとんがった門柱もエッジが効いていて面白いです。

 

DSCF9883

DSCF9889

 

アプローチには化粧平板を二列に並べて、その間を石張りにしました。

円と直線の組み合わせは初の試みですが、想像以上に美しく仕上がりました。

 

DSCF9992

 

お隣との境界はウッドフェンスで目隠ししました。

 

DSCF9990

 

リビング前のテラスからの眺めです。

 

周囲はウッドフェンスとマサキの生垣で囲い、

その前には雑木類(ジューンベリー・ナツツバキ・アオダモ等)を植栽しました。

 

芝生の面積も広くとったので、誰にも気兼ねする事無くカーテンを開けられ

家族でBBQ等が楽しめる素敵な空間に生まれ変わりました。

 

 

まませるふさんの園庭を当社で施工させていただいたご縁で

my selfさんの新社屋前のガーデニングをさせて頂く事になりました。

 

着工前はこのようにアスファルト舗装がされていました。

 

DSCF9830

DSCF9831

 

まずは既存のアスファルトをカットするところから始めました。

 

DSCF9834

 

そこをレンガで縁取り、植栽用の客土を入れていきます。

 

DSCF9916

 

これだけでもだいぶ雰囲気が変わりました。

 

更にそこへ雑木類(ジューンベリー・ツリバナ・アオダモ等)を植えていきます。

 

DSCF9963

 

最後に多年草(シモツケリトルプリンセス・セイヨウイワナンテン・ベロニカオックスフォードブルー等)を根元に植えると完成です。

 

DSCF9981

DSCF9983

DSCF9984

 

以前のアスファルト舗装の無機質な感じが一変、

樹木が植えられた事で潤いのある華やかな外観に生まれ変わりました。

 

窓に面した所に雑木を植えたので

中でお仕事をされている社員の方からも

「テンションが上がって仕事が捗る!」と高評価。

やはり緑の力は計り知れないものがあると改めて実感させられました。

 

 

かなり凝ったデザインになるので

今回もビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

IMGP8078

【After】

DSCF9880

 

駐車スペース3台分を確保しながらも

デザイン性の高いガーデニングに仕上がりました。

 

【Before】

IMGP8079

【After】

DSCF9877

 

ガーデニング完了後、土地がすごく広く感じました。

 

【Before】

DSCF8094

【After】

DSCF9878

 

和室前にほんの少しの和モダンな空間を設けました。

小さな景石とヤマモミジでまとめた空間ですが

黒瓦と共に良いアクセントになっています。

 

【Before】

DSCF8090

【After】

DSCF9881

 

色違いの小舗石で作った円形花壇と

1番大きい花壇に植えられたシンボルツリーのアオハダの株立が

玄関先のプライバシーを守ってくれます。

 

木製だからこそできた頭のとんがったオリジナル門柱も

エッジが効いていて面白いです。

 

【After】

DSCF9883

DSCF9889

 

アプローチには化粧平板を二列並べて

その間を石張りにしてました。

円と直線の組み合わせは初の試みです。

 

一見ミスマッチのように思えましたが

想像以上にハマりました。

 

【After】

DSCF9992

 

お隣との境界はウッドフェンスで目隠ししました。

 

【After】

DSCF9990

 

リビング前のテラスからの眺めです。

周囲はウッドフェンスとマサキの生垣で囲い、

その前には雑木類(ジューンベリー・ナツツバキ・アオダモ)を植栽しました。

 

芝生の面積も広くとったので

誰にも気兼ねする事なくカーテンを開けられ、

家族でBBQ等が楽しめる空間に生まれ変わりました。

 

ようやく、京風庭園を目指した庭造りが完成しました。

 

どのように変化したのか

ビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【before】

DSC_1816

 

【after】

RIMG3261

 

この狭い空間をいかに広く見せるか。

 

庭師の技量とセンスが問われます。

 

まずは、白御影の敷石を使って囲い、敷地を最大限広く使いました。

 

アオダモやナツツバキ、ツリバナ等の雑木を植栽し

下草はリュウノヒゲをメインに、フイリアマドコロやギボウシ等を植えて

野趣味な感じに仕上げました。

 

【before】

DSC_1818

 

【after】

RIMG3273

 

この庭最大の見せ場となる穂垣。

 

曲線を用いたことにより柔らかで独創的な垣根になりました。

 

【before】

DSCF8009

 

【after】

RIMG3264

 

景石は鮫川石(青石)を用い

瓦で仕切った所には白川砂利を敷き詰めました。

 

曲がりが絶妙なシダレモミジが

何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

 

【before】

DSCF8010

 

【after】

RIMG3266

 

こちらの景石は日高石(赤石)で組み

御主人が大事にされていた木化石もあしらいました。

 

松琴亭の灯籠もいいアクセントになっています。

 

コンクリート製のスロープがもともとあったので

それに合わせて白御影の敷石を据えて新たに苑路を設けました。

 

このように、雪国に合った和モダンな京風庭園になった事で

お客様にはすごく喜ばれ

 

店名も「菅野魚店」から「割烹菅野」に変えなくては等と

冗談が出る程。

 

早く店に訪れたお客様の生の声が聞きたいです!

以前からあったコニファーが枯れてしまい

何とかしてほしいと頼まれました。

 

着工前

着工前

 

コニファーを伐採伐根し

小舗石で縁取りして植栽用の客土を入れただけでも

雰囲気は随分変わりました。

 

DSCF8150

 

それに、雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ツリバナ)を植え

下草にマホニアコンフューサとフイリヤブランを

植え付けました。

 

DSCF8189

 

DSCF8190IMGP7995

お隣とも適度な目隠しにもなり

見た目も爽やかな印象になりました。

 

IMG_7516

 

建築途中よりデザインの打ち合わせを行い建物を見る方向が変われば

庭の形も変わるようデザインしました。

 

【着工前】

DSCF6748

 

建物の西側は2台用のカーポートを建てて

車をバックで停めやすいように土間コンクリートはカーブを描いでいます。

 

物置も建物の外観に合わせる事で、一体感が生まれました。

 

IMG_7516

 

人とは違ったアプローチを作りたくて

化粧平板を三角形の組み合わせで敷いてみました。

モチーフは「折り紙」です。

 

IMG_7529

 

建物の北側の土留は白御影の敷石を交互に並べて据え付けました。

そうする事によりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

IMG_7523

 

建物の東側は

ナツツバキやアオダモ・ハナカイドウ・常緑ヤマボウシ等の

管理の楽な雑木を主体に植えました。

 

どことなく清涼感が漂います。

 

枕木を2本使って土留を行い2段植栽に致しました。

 

上段には

マホニアコンフューサとキャットミント・フイリヤブラン。

 

下段には

ベロニカオックスフォードブルーを植えています。

 

そうすることで庭に奥行きが出ました。

 

IMG_7525

 

庭の南側は、リビングと和室があります。

 

リビングの前は、前の畑を隠したかったので、

雑木類(ジューンベリー・アオハダ・ナツハゼ)を

少し間隔をせばめて植えています。

 

下草も西洋イワナンテンスカーレッタ・スジギボウシと

洋風っぽいものを選んでいます。

 

IMG_7524

 

和室前はちょっぴり和モダンを意識して

景石と瓦で修景を兼ねて土留を行い

 

ヤマモミジとツリバナの株立を植え

サツキの刈込でまとめてみました。

 

IMG_7526

 

建物の建築中から打ち合わせをして早5ヶ月。

ようやく完成致しました。

 

建物を見る方向が変わると

庭の形も変わるようにデザイン致しました。

 

どのように変わったか

ビフォー・アフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6748

 

【After】

IMG_7516

 

建物の西側は2台用のカーポートを建てて

車をバックで入れやすいように

土間コンクリートはカーブを描いています。

 

物置も建物の外観と合わせることで

一体感が生まれました。

 

IMG_7529

 

人とは違ったアプローチを作りたくて

化粧平板を三角形の組み合わせで、敷いてみました。

 

モチーフは「折り紙」です。

 

【Before】

 

【After】

IMG_7523

 

建物の北側の土留は

白御影の敷石を交互に並べて据え付けました。

 

そうする事よりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

IMG_7525

 

建物の東側は

ナツツバキやアオダモ・ハナカイドウ・常緑ヤマボウシ等の

管理の楽な雑木を主体に植えました。

 

どことなく清涼感が漂います。

 

枕木を2本使って土留を行い、2段植栽に致しました。

 

上段にはマホニアコンフューサと

キャットミント・フイリアブラン。

 

下段にはベロニカオックスフォードブルーを植えています。

 

そうすることで庭に奥行きが出ました。

 

【Before】

DSCF6747

 

【After】

IMG_7524

 

庭の南側は、リビングと和室があります。

 

リビングの前は、前の畑を隠したかったので、

雑木類(ジューンベリー・アオハダ・ナツハゼ)は

少し間隔をせばめて植えています。

 

下草も西洋イワナンテンスカーレッタ・スジキボウシと

洋風っぽいものを選んでいます。

 

IMG_7526

 

和室前はちょっぴり和モダンを意識して

景石と瓦で修景を兼ねて土留を行い

 

ヤマモミジとツリバナの株立を植え

サツキの刈込でまとめてみました。

 

IMG_7484

 

家を新築されたのを期に、

「古い家の解体後そのままの形で残されていた庭をリ・ガーデンしたい」

というのが当社へのご依頼でした。

 

【着工前】

DSCF6222

 

2台用のカーポートの設置は見送り、あくまでも外観重視でデザインしました。

「あれ、このお宅で間違いないんだっけ~?」と言われるようになりたいです。

 

IMG_7495

 

3台分の駐車スペースは確保したので、角地の部分建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で、

植栽スペースを設けました。

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が、爽やかな風を運んでくれます。

 

IMG_7496

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。まさにワンランク昇格を果たしました。

 

IMG_7488

 

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。

また、既存のブロックが古く強度が今の基準を満たしていなかったので、控え壁で補強しました。

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。

これにより3段植栽が可能になりました。

現在のブロック塀の基礎の古さは、もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて、広い所・狭い所のメリハリを付けました。

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱切りにしました。

門柱も手作りし、表札もポストも私がチョイスしました。モチーフは円(縁)になっています。

 

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

樹木はお隣の家を考慮して、葉っぱの落ちない常緑樹でまとめました。

 

IMG_7510

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

なるべく予算を掛けたくなかったので、

ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

 

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので、オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

 

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し

建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを1段積み上げました。

 

IMG_7485

 

御主人より息子さんの共通の趣味、

「ファットバイクを収納するのに扉が欲しい」とおっしゃられ、急遽デザイン変更しました。

 

扉が重くならないように観音開きにし

板も同じものを使用しているので違和感はありません。

 

IMG_7482

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2021年1月
M T W T F S S
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ