アズキナシ

 

 

既にカーポートと物置は設置済みでしたが、玄関扉を開けると中が丸見えになる事と

角地なので、道路をショートカットしようとする車が敷地内に入ってしまうという悩みがあり

これを何とかオシャレに解決して欲しいというご依頼をいただきました。

 

【着工前】

 

そこで、自分のイメージを色鉛筆でスケッチして見ていただき、​

お客様にも気に入っていただけたので施工に入りました。

 

 

まずは車に敷地内をショートカットされないように

白御影石を使って、頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

 

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように

アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植えて遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽する、マホニアコンヒューサとセイヨウイワナンテン“カーリーレッド”を植えてボリューム感を持たせました。

 

 

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木を数多く植え

隣家からの目隠しをさりげなく行っています。

 

小舗石の縁石や芝生の縁取りには、積極的になだらかな曲線を入れているので

庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

 

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、

それに合わせてアンティークレンガで縁取りした木の葉型のコンクリート製のテラスを造ってみました。

ここでBBQなんて…ちょっとオシャレですよね。

 

 

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて造ったシンプルなものです。

モダンな表札とポストを組み合わせるだけで、斬新になりました。

 

 

アプローチは建物の外装パネルと合わせて、グリッド状にしてみました。

化粧平板ブロックが差し色となり、うまく外観に馴染んでいます。

 

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

 

 

奥様に最初に言われた「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい」という夢を実現する為にいろいろな課題を克服して形にしました。

縦長な敷地だったので、駐車スペースも3台以上は確保できました。

アプローチも奥様のイメージ通りに施工できたのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調は決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いにはジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類。ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。

花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

枕木3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

当初の計画にはなくて後から追加された赤いボンボビのポスト。差し色として効果大です。

着工から約1ヶ月半掛かって、ようやく完成に漕ぎつけました。

例によってどのように変化したのか分かりやすいようにビフォー・アフター形式で説明したいと思います。

before

after

「ガーデニングを行えば、これだけ変わるのか?」という見本みたいな作品になりました。

これだけで別の家になったように見えます。お家がとても可愛くなりました。

before

after

駐車スペースも3台分ありますので、来客があっても困ることはありません。

after

奥様に最初に言われた要望が「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい。」とのことでした。

イメージはほぼこの通りなのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調が決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いには、ジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

 

before

after

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

after

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類、ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

after

枕木を3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

after

お隣への落雪防止用にウッドフェンスを設けてみました。

ここ新庄は豪雪地帯なので柱と柱の間に補強材を追加しました。これで、もってくれればいいのですが!

after

最初の計画にはなくて、後から追加された赤いボンボビのポスト。程良いアクセントになっています。

 

家の前は失礼ながら隠したいものがいっぱいありました。そこをうまく遮蔽しながら『二世帯で家族が楽しい時間を共有できるスペース』を目的にデザインしました。

玄関には枕木で門柱を作りました。頭を斜めにカットする事で斬新に見えます。

植栽はアオハダの株立1本でまとめました。下草は斑入りが美しいフイリヤブランとビンカミノールを植えてみました。

玄関脇の坪庭。どうしても日が当たりづらく暗くなりがちなので、白玉石を敷いて明るめにしました。これでコントラストがはっきり出て良くなりました。ツリバナの株立の根〆にはヒューケラを植えて彩りを与えています。

隠したいものは全てウッドフェンスで囲った事で、残したい白いお蔵だけを借景しました。

白御影の間知石と小舗石で若干ですが高低差をつけてみました。植栽はヤマモミジやアオダモの株立、ジューンベリーの株立、アズキナシの株立、ナツツバキの株立といった落葉樹と、常緑樹のヤマボウシとモチノキを程良いバランスで配植しました。

グランドカバーに植えられたクリーピングタイムの可憐な薄紫色の花が周囲を和まします。

まるで波のようなデザインのコンクリート製のテラス。

ここではバーべQを楽しんだり、ビニールプールを置いて水遊びをしたりして家族が楽しく集えるスペースを目的に作りました。

私の中学の同級生の女性建築士の紹介で作庭する事になったA様邸。

何度も設計及び打ち合わせを行い、ようやく完成致しました。

着工前と完成後でどのように変化したのか、分かりやすいようにビフォー、

アフター形式で説明したいと思います。

BEFORE

AFTER

玄関が丸見えにならない様に、ドウタンの生垣で隠しました。ちょっと和風

に見せる為に四ツ目垣も沿えてあります。スロープを除雪する時に、スノー

ダンプが使える様に、枝折戸を流用して取り外しができる様に考えました。

駐車した車が左折する時、うっかりぶつからない様にサイン柱を手作りしま

した。表札もアクリル板で看板屋さんに特別に作ってもらいました。

下草には、フイリヤブランとフッキソウでちょっぴり和風に、でも白御影の

敷石を交互に縦使いした土留でスクエアな和モダンに仕上げました。

BEFORE

AFTER

白御影敷石の平板(300×300)をグリッド状に並べて、モダンでスッキ

リとした印象に仕上げました。伊勢ゴロタ石を州浜に据え付け、緩やかな

曲線を描く事でどことなく和の空間を演出しています。

植栽は、屋根の雪が落ちてくるので2人で移動できる様に、モダンなプラン

ターにツリバナの株立を植えてみました。

下草には、初めてアジュガのチョコチップという紫色の可愛い花が咲く品種

を使ってみました。この先どんな風に成長するのか、すごく楽しみです。

BEFORE

AFTER

主庭は大胆な曲線をモチーフに構成してみました。マサキの生垣は大きく

ひねって植えてあります。

芝生もそれに伴い瓢箪型っぽく作ってみました。

高木は管理が楽なように雑木(アズキナシ、ヤマモミジ、アオダモ、シラカ

シ等)を植えてみました。根〆にはキャットミントとヒューケラを使い、花

が咲いたら華やかな装いになるようデザインしました。

BEFORE

AFTER

台所に立っていても四季を感じていたいとの要望でしたので、こちら側にも

雑木(アカバナエゴノキ、ハナミズキ赤、ハナミズキ白、ジューンベリー、

常緑ヤマボウシ、ハナカイドウ等)をたくさん植えてみました。それによ

り季節を問わず、どれかが主役になって目を楽しませてくれそうです。

家庭菜園も丸太で囲い、3カ所作ってみました。1人で楽しむにはこれ位で

十分だと思います。

BEFORE

AFTER

以前からあった庭も少しアレンジしてみました。

枯れていた樹木はすべて伐根し、新たにナナカマドの株立や、トサミズキ、

ナンジャモンジャ、ヒュウガミズキ、アベリア等が植えられ、今風の庭に生

まれ変わりました。

着工前はこんな風に土留が施されているだけでした。

敷地の周囲も樹木や雑草が生い茂り、鬱蒼としていました。ただ白い土蔵

だけが美しかったので、これだけは何とか借景したいと考えました。

敷地周囲のアカシアや雑草は、許可を得て伐採しました。空間を仕切る為

にオリジナルのガーデンフェンスを設けてみました。これにより白い土蔵

が浮かび上がり、アクセントとして上手く借景する事ができました。

植栽部分は白御影の間知石と小舗石の二丁掛で花壇と作り、若干ではあ

りますが高低差を設けました。

植栽は管理の楽な雑木類(アオダモ、ジューンベリー、アズキナシ、ヤマモ

ミジ等)を植えて、季節毎の移り変わりが楽しめるように配慮しました。

ガーデンフェンスの下が空いている所は低木のシモツケを植栽し、それを

カバーしました。

根〆にはキャットミント、クリーピングタイムのハーブ類でまとめ、ただ眺

めるだけではなく、その香りを楽しんだり、葉っぱを収穫したり多目的に利

用できるように考えてみました。

また、一部ではありますが畑土を入れて家庭菜園も設けてみました。

また、光の当たり具合でこのようにおもしろい影の造形が見られ、これは

想定外の出来事でした。

寝室前には、ナツツバキを植え、逆遠近法で庭が広く見えるようにしてみま

した。

リビングの前には雲形の大きなテラスを設け、テーブルを置いてゆっくり

寛げる空間を設けてみました。これからの季節バーベQなどもいいかもし

れませんね♪

玄関脇の坪庭には小舗石とレンガで雲形に仕切り、今カラーリーフとして

人気の高いヒューケラを植えてみました。

ここにはあまり大きくならないツリバナの株立を1本植えて、シンプルな空

間構成にこだわりました。

ちなみに、白い玉石は海を表しています。

玄関前は、枕木を立てて門柱にしてみました。その後ろにはアオハダの株

立を植え、根〆にはグランドカバーのフイリヤブランとビンカミノールでま

とめてみました。

見事に生まれ変わったI様邸。例によってビフォーアフター形式で紹介した

いと思います。

Before 

IMGA0743

After

IMGA0808

正面には2台用のカーポートが設置され、建物の外観に合わせてオータム

ブラウンにしました。これにより割と正面に設置してあるのですが違和感が

ありません。既存の菜園は白御影の間知石を積んで土留し、自由曲線を

用いたアプローチへと導きます。玄関が丸見えにならない様にジューンベ

リーの株立を植えました。

After

IMGA0838

この様に玄関側から見ると、アプローチのデザインがいかに自由曲線を用

いて凝ったものになっているかが分かってもらえると思います。玄関前だけ

はポイントにと富沢石を石畳風に張りました。この石の色も茶系にして統一

感を出しています。ジューンベリーの下の三角コーナーの植栽帯は、クリー

ピングタイムを植えて足元を華やかに演出します。

Before 

IMGA0741

After

IMGA0856

2台用のカーポートは、そのままバックすればゲスト用の駐車スペースが

現れます。更にその奥は防草シートに玉砂利を敷いて、フリースペースに

してあります。

Before 

IMGA0485

After

IMGA0809

フリースペースには将来、物置や植栽がなされる予定です。

Before

IMGA0487

After

IMGA0835

既存の庭部分にはアズキナシ、アオハダの株立とヤマモミジを植栽し、空

間を仕切るのに一役買っています。

池の廻りの植栽も剪定したので、随分すっきりしました。それでも緑の量が

少なかったので、思い切って芝生のスペースを多く取りました。

After

IMGA0860

この芝生が育った頃には、お孫さんが楽しく遊んで頂ければ嬉しいです。

Before

IMGA0747 - コピー

After

IMGA0814 IMGA0816 IMGA0857

やはり緑が増えると、家がワンランクアップした様に思います。設計の段階

からコスト面の課題がありましたが、何とか予算内で私の持ち味が出せた

と思います。これから夏を迎え水やり等管理が大変だとは思いますが、何

とかお願いします。植物は必ず恩返ししてくれます。

梅雨の合間を見て、無事に土間コンクリートの打設が完了しました。

IMGA0711

ちゃんとアプローチには左官屋さんに努力してもらえたおかげで、思い通り

の曲線を描く事ができました。

次はいよいよ植栽及び張芝工事です。これは我々庭師にとって、庭作りの

一番楽しい時でもあります。

まずは既存の池の廻りにヤマモミジとアズキナシの株立を植えて、緑の量

を多くして周囲に馴染ませました。

IMGA0744 IMGA0748

既存の畑の所にも、アオハダの株立を植栽しました。

IMGA0749

一段上の道路からの目隠しをお客様が望まれておられましたので、この方

法を取りました。今は植えたばかりなのでスカスカですが、1~2年もすれ

ば葉が茂りかなり空間を仕切れると思います。

次は一枚一枚芝生を張っていきます。

IMGA0752

芝生が張られると緑の量が増えるので、すごく落ち着いた空間になりま

す。芝が張り終わったら、床土と圧着させる為に土羽板で叩きます。

IMGA0753

これが重いのでかなりの重労働です。これは主に若い職人の仕事になります。

仕上げに目土をかければ完成です。

IMGA0756

次回は完成形を披露する事ができそうです。

着工前からどんなに変わったか、楽しみにしていて下さい。

かなり長丁場でしたが、ようやくK様邸のガーデニングの完成を

迎える事ができました。

道路から眺めた着工前はこんな感じでした。

019①

完成形はこの様になりました。

IMGA0979

敷地の関係で、通常の2台用のカーポートが設置出来なかった

ので縦連棟の物を設置いたしました。この長いアプローチを逆手

にとって、玄関まで歩いていくとその箇所毎に景観が変わる様に

配植しました。

IMGA0987

枕木で作ったオリジナル門柱の前には、ミツバツツジとハーブの

クリーピングタイムを植栽しました。奥に行くに従って草丈を高くし

たかったので、敢えて地面に這う植物を植えました。

IMGA0978

門柱には表札を取り付け、それを照らす専用のライトも取り付けた

ので、夜になるとまた一味違う眺めになる事でしょう。

IMGA0985

次のステップには、中木のイレックスサニーフォスターとウメモドキ

の株立を植え、下草にはフッキソウを植栽しました。

IMGA0989

玄関前には、ナツツバキの株立やアカバナエゴノキ、クロモジ等

の雑木を植えて植栽量を多くし、道路から玄関前があまり見えな

い様に空間を仕切りました。

同時に四季折々の季節感を楽しめる様デザインしました。

IMGA0861

玄関前から振り返って見ると、この様な景色が見えます。敢えて

カーポートの車が見えない様に配慮してあります。

また、アプローチ部分にはキャメルストーンで雲形の石貼りを施し

アクセントを付けています。

主庭の着工前は、この様な空間になっていました。

IMGA0028

お隣の工場の廃棄物が散乱してある状態だったので、落ち着き

が無く、これは何としても遮蔽しなければと思いました。

IMGA0867

IMGA0864

シラカシ、ネズミモチ、マサキの3種類の常緑樹を生垣として用い

冬でも空間を仕切れる様にしました。

生垣は自由曲線を用い独創性を持たせました。

芝生のラインも同様にし、私の憧れている作庭家『重森三玲』をリ

スペクトしたデザインになっています。

要所、要所には色んな雑木(ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、カマツ

カ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ)の株立を植えてあるので、これ

も四季の移り変わりが楽しみです。

IMGA0865

リビング前のウッドデッキの周りにも、ジューンベリーの株立やハナ

ミズキ、ツリバナ、アズキナシ、ヤマボウシの雑木が植えられていま

す。下草にはハーブのロシアンセージとキャットミントが植えられて

いるので、香りでも癒しが期待できます。

以上、設計にあたっての私の想いを綴ってみましたが、このデザイ

ンをほぼ受け入れて下さり作庭させて頂けた事に、誠に感謝申し上

げます。

私の作った洋風のガーデニングの代表作の一つになるのは間違い

ありません。これからも宜しくお願い申し上げます。

もちろん、心配されておられた維持管理もアドバイス致しますので

ご安心下さい。今よりもっともっと素敵な庭に仕立てていきましょう!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ