アプローチ

和モダンがテーマのこの庭。

アプローチにもかなりのこだわりがあります。

このように、白御影の敷石を大小ランダムに据え付けていきます。

これに自然石を乱張りしていきます。なるべく目地巾が均一になるよう丁寧

な仕事をしていきます。

使用したものが黒っぽい石材なので重厚感があり、白い板石がくっきりと

浮かんで綺麗です。

完成するとこのように、料亭のアプローチみたいに仕上がりました。

玄関までのアプローチが長い分、表情豊かに美しく仕上がり、お客様にも

喜んで頂けました。

次はこだわり抜いたデザインの板塀です。初めてのデザインなので思惑通

り仕上がるのか、すごく楽しみです♪

 

アプローチ工事に取りかかりました。

まず最初に余分な土をカットしていきます。

dscf5276

次に化粧平板ブロックを並べます。

dscf5284

そこに、レンガで縁取りを行います。

dscf5285

当初はスロープで行く予定でしたが、傾斜が結構きつかったので一段段差

を設けました。量水器も下げる事が難しかったので、同じレンガで囲む事に

しました。

そこに、枕木で門柱を立てました。

dscf5339

ここに、後で表札を取り付ける予定です。

次にレンガの枠の中に土間コンを打ちました。

img_0217

これで、アプローチのイメージがかなり分かる様になりました。後は植栽を

して彩りを与えるだけです。

完成まであと少し。ラストスパートです!

カーポートから道路に出る際、見通しが悪くすごく危険だという事でガーデ

ンミラーを取り付けました。

dscf5240%e2%91%a0

鏡の部分にはオシャレな飾りが付いています。

この鏡、直径が22cmもあり意外に見えます。

拡大するとこうなります。

dscf5242%e2%91%a0

この様に、道路を走ってくる車がハッキリと見えます。

車が出る時、対向車が見えなくて恐いとお困りの方、一度当社にご相談下

さい。色々な方法をご提案申し上げます。

しかし、K様邸を半年ぶりに訪れたら庭がすごく良くなっていて超びっくり!

dscf5243%e2%91%a0

入口から玄関までの長いアプローチも、植物が成長していてすごく綺麗で

癒されます。

dscf5244%e2%91%a0

ここまで成長すると、私のイメージとぴったり一致してすごく素敵です。

特にガウラは可憐なピンクの花が風に揺れて、とても素敵です。

dscf5245%e2%91%a0

玄関から見るとナツツバキの株立が成長したので、車道から丸見えになら

ないのが分かります。

来年は刈込や剪定が必要ですね。そして、より良い庭に一緒に仕立ててい

きたいと思います。

着工前はこんな感じでした。

imga0208

img_0020 img_0021

駐車スペースのアプローチ側には、カラー平板を色分けして交互に並べま

した。

dscf5037

正面から見ると、意外に色使いがカラフルです。

dscf5038

アプローチは華やかにしてほしいという要望でしたので、アンティークレン

ガで縁取りを行い、淡い桃色系の色が美しいサントメローズという石を乱張

りしました。

花壇部分には将来ピンクの絨毯になるよう、クリーピングタイムを植え付け

ました。

 

反対側の隣地境界には、ショコラ・コロンという生チョコの様なレンガで縁取

った花壇にナツハゼとスジギボウシを植栽しました。

dscf5034

駐車する時、バックでぶつけたりしない様にRを付けています。

「庭はプライベートが守られるスペースにしたい。」という要望でしたので

3方向全てをマサキの生垣で囲いました。

dscf5040

その結果、空間を丁度良い具合で仕切る事ができました。

それと合わせて庭がすごく広く感じられます。

dscf5042

この角度から眺めると緑の量が増えたので、建物と一体化してゴージャス

に見えます。これと「家」と「庭」ができたので「家庭」の完成です。

dscf5048

特に、芝生の形にはこだわりました。

大胆な曲線を用いているので、どことなく和の香りがするのですが、木の葉

型のテラスがそれを上手く洋のイメージへと導いてくれてます。

dscf5049

植栽は雑木がメインで、アオハダ、ヤマモミジ、ジューンベリー、キンモクセ

イ、ツリバナが植えてあります。樹高が3mを超える大きな木を植えたので

隣のアパートの人が停めている車もそんなに気にならなくなりました。

dscf5053

御夫婦のかねてからの夢であったウッドデッキ。かなり広いので使い方は

発想次第で色々できます。リビングからもかなり広く見えます。

木の葉型のテラスはバーベQをしても傷まない様に、レンガの縁取りの中

は敢えてコンクリートのハケ引き仕上げにしました。

dscf5057

デッキの横には木製のガーデンフェンスを取り付けました。目隠しはもちろ

んワイヤーネットを取り付けて、ガーデングッズの見せる収納やガーデンフ

ックを取り付けてハンギングを楽しめます。

rimg0570

 

imga0886%e2%91%a0

着工前はコンクリートのアプローチと畑土が盛られているだけでした。

rimg0570

コンクリートのアプローチに沿って、枕木を組み花壇を作りました。これだけでも無機質感が和らぎます。

rimg0571

リビングの前には、同じく枕木を3本立てて門柱にしました。その脇にはシンボルツリーのヤマボウシの株立とジューンベリーの株立を植栽し、存在感を醸し出しています。

門柱の廻りには、常に華やかである様にと、花の咲いている期間が長いアベリアを植栽しました。グランドカバーは定番のクリーピングタイムを植え、将来マット状に広がる事でしょう。

rimg0572

家庭菜園が丸見えにならない様に、アオダモの株立を植栽しました。下草には、将来草丈が高くなる矮性のガウラを植栽して景をまとめています。

rimg0573

枕木で囲って家庭菜園を作りました。動線を考えただ四角にするのではなく、一部凹ましています。

imga0857

 

imga0741

着工前は荒造成のままで、すごく歩きずらい状態でした。

imga0856

普段停める車は御主人の1台分だけですが、たまに訪れる娘さんの為に2台用のカーポートを建てました。更に来客があった場合は、1台バックすればもう1台駐車できるスペースを確保しました。

玄関前には視線を遮る為に植えた、ジューンベリーの株立が存在感を示しています。

imga0862

アプローチは焦げ茶色の外観に合わせて、富沢石を石畳風に貼ってアクセントにしています。

この角度から見ると、アプローチの動線がいかに工夫されているか理解して頂けると思います。

imga0866

既存花壇の土留は、白御影の間知石を2段積みにして対応しました。ここも曲線にしたので積むのに苦労しましたが、その分仕上がりには満足しています。

imga0918

芝生は大胆な割り付けにして、既存の庭園に馴染ませました。

imga0857

少し高い所から見ると、カーポートの色から全体のデザインが上手くまとまって、建物と一体化しているのが分かります。

見事に生まれ変わったI様邸。例によってビフォーアフター形式で紹介した

いと思います。

Before 

IMGA0743

After

IMGA0808

正面には2台用のカーポートが設置され、建物の外観に合わせてオータム

ブラウンにしました。これにより割と正面に設置してあるのですが違和感が

ありません。既存の菜園は白御影の間知石を積んで土留し、自由曲線を

用いたアプローチへと導きます。玄関が丸見えにならない様にジューンベ

リーの株立を植えました。

After

IMGA0838

この様に玄関側から見ると、アプローチのデザインがいかに自由曲線を用

いて凝ったものになっているかが分かってもらえると思います。玄関前だけ

はポイントにと富沢石を石畳風に張りました。この石の色も茶系にして統一

感を出しています。ジューンベリーの下の三角コーナーの植栽帯は、クリー

ピングタイムを植えて足元を華やかに演出します。

Before 

IMGA0741

After

IMGA0856

2台用のカーポートは、そのままバックすればゲスト用の駐車スペースが

現れます。更にその奥は防草シートに玉砂利を敷いて、フリースペースに

してあります。

Before 

IMGA0485

After

IMGA0809

フリースペースには将来、物置や植栽がなされる予定です。

Before

IMGA0487

After

IMGA0835

既存の庭部分にはアズキナシ、アオハダの株立とヤマモミジを植栽し、空

間を仕切るのに一役買っています。

池の廻りの植栽も剪定したので、随分すっきりしました。それでも緑の量が

少なかったので、思い切って芝生のスペースを多く取りました。

After

IMGA0860

この芝生が育った頃には、お孫さんが楽しく遊んで頂ければ嬉しいです。

Before

IMGA0747 - コピー

After

IMGA0814 IMGA0816 IMGA0857

やはり緑が増えると、家がワンランクアップした様に思います。設計の段階

からコスト面の課題がありましたが、何とか予算内で私の持ち味が出せた

と思います。これから夏を迎え水やり等管理が大変だとは思いますが、何

とかお願いします。植物は必ず恩返ししてくれます。

梅雨の合間を見て、無事に土間コンクリートの打設が完了しました。

IMGA0711

ちゃんとアプローチには左官屋さんに努力してもらえたおかげで、思い通り

の曲線を描く事ができました。

次はいよいよ植栽及び張芝工事です。これは我々庭師にとって、庭作りの

一番楽しい時でもあります。

まずは既存の池の廻りにヤマモミジとアズキナシの株立を植えて、緑の量

を多くして周囲に馴染ませました。

IMGA0744 IMGA0748

既存の畑の所にも、アオハダの株立を植栽しました。

IMGA0749

一段上の道路からの目隠しをお客様が望まれておられましたので、この方

法を取りました。今は植えたばかりなのでスカスカですが、1~2年もすれ

ば葉が茂りかなり空間を仕切れると思います。

次は一枚一枚芝生を張っていきます。

IMGA0752

芝生が張られると緑の量が増えるので、すごく落ち着いた空間になりま

す。芝が張り終わったら、床土と圧着させる為に土羽板で叩きます。

IMGA0753

これが重いのでかなりの重労働です。これは主に若い職人の仕事になります。

仕上げに目土をかければ完成です。

IMGA0756

次回は完成形を披露する事ができそうです。

着工前からどんなに変わったか、楽しみにしていて下さい。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0216 IMGA0218

完成形はこのようになりました。

IMGA0290

玄関前は枕木でモニュメントを作り、扉を開けた時に玄関の中が丸見えに

ならない様に工夫しました。

その脇にはボンボビという初めて使うポストを立ててみました。これも結構

可愛らしいです。合わせて、ナツツバキやツリバナの株立、カシワバアジサ

イを植栽して彩りを与え、根〆にはクリーピングタイムを植えました。

IMGA0294

何と言ってもアクセントはこの化粧平板。

直線を基調に並べているのでスッキリとまとまり、よりスマートなアプローチ

に変貌しました。

IMGA0289

2台用カーポートの後ろには物置をセットしました。扉を建物と同系色のオ

フホワイトにしたので、上手く外観と一体化した印象を受けます。

IMGA0296

主庭にはジューンベリーやヤマボウシの雑木、リビングの前には目隠しに

なる様に常緑樹のモチノキとヒイラギモクセイを植えています。

敢えて芝生の面積を広めにとって、お子様達が自由にしかも安全に遊べる

スペースを多く作りました。

IMGA0298

手前は円を2つ合わせて作った家庭菜園のスペースを設け、中央には円

形の花壇を作ってみました。

石の色を全て変えてみたので、庭の良いポイントになっていると思います。

まだ植栽したばかりで決して緑の量が多い訳ではありませんが、これから

水やりや芝刈等の管理で植物に愛情を注ぐ事で、必ず素晴らしい恩恵を

返してくれるに違いありません。

それを信じて管理のほう宜しくお願いします。

色々とありがとうございました。

この庭のポイントとなる枕木のモニュメントを立ててみました。

IMGA0919

玄関前が扉を開けた時に丸見えにならない様に、枕木の高さを変え、しか

も互い違いになる様に計画しました。

続いて、入口までのアプローチとして、化粧平板ブロックを並べていきま

す。まずは仮置きして、見た目と歩き易さを確認して調整していきます。

IMGA0971

それをモルタルにて固定していきます。

IMGA0980

なんとなくアプローチの完成形が見えてきました。思った通りスタイリッシュ

になりました。

土留め用のブロック工事も順調に進んでいます。

IMGA0977

ブロック積みが完了すれば、次は主庭の工事に取りかかります。

ここでもお馴染みの仕掛けを計画しています。

早く施工に取りかかりたいものです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930