アプローチ

コンクリート系の工事が終わり、いよいよ我々庭師の出番がやってきました。

まずは植栽用の客土を搬入して盛土しました。

これだけでも雰囲気は随分変わりましたが、次はいよいよ一番劇的に変わる植栽工事です。

色んな雑木が植えられる度に新たな息吹が与えられていくような気がします。

次に肥料を混ぜてから芝を張っていきます。

目土をかけて仕上げていくと、緑のボリュームが増して鮮やかな緑の空間が作られていきます。

本当の緑には癒されます。

ランダムに並べられたインターロッキングブロックの廻りには色んな多年草が植えられ、長いアプローチを彩り豊かな空間へと導いてくれます。

次は仕上げの木工事(門柱、家庭菜園、フェンス)に入ります。

ここまでくるとお客様の喜ぶ顔が見えてきました。最後まで気合いで頑張ります。

和モダンがテーマのK様邸。

どのように変貌を遂げたのか、例によってビフォー・アフター形式で紹介していきたいと思います。

 

before

after

カーポートの床部分に土間コンクリートを打ちました。

車の乗り入れを考えて三角の部分を設けてみました。意外とこれもアクセントになっています。

 

before

after

白御影の敷石を交互に並べた土留。

生垣はイヌツゲにして隣接する川との空間を仕切りました。

また、遊び盛りのお子様達が誤って川に転落しないようにする目的も兼ねています。

 

before

after

すっかり秋になり既存の柿の木の葉っぱも所々落葉してしまいました。その下にはフイリヤブランが埋もれています。

伊勢ゴロタ石を洲浜状に並べて玉砂利との境界にしていますが、このなだらかな曲線が和を感じさせてくれます。

アプローチから続く延段は、御影石と富沢石の組み合わせでまとめてみました。この一直線な延段が庭の景を引き締めてくれます。

 

before

after

ツゲの生垣が空間を仕切り、堤防に植えてある桜の木を見事に借景しています。

庭のポイントとなる菊型の手水鉢の廻りには、ヤマモミジやアオダモ等の雑木を植えて野趣味な雰囲気を醸し出しています。

after

駐車スペースと庭とを仕切る創作塀。この家の外観とベストマッチしています。

さらし竹が良いアクセントになっています。

after

この板塀の奥にはどんな景色が広がっているのだろう?

この家を訪れた人に、そう思って頂けたら私の思惑通りです!

 

 

異常気象に悩まされ、かなり工期が延びてしまったK様邸のガーデニングがようやく完成しました。

どのように変化したのか分かりやすいように、ビフォー・アフター形式で表していきたいと思います。

before

after

2台用のカーポートを設置(別途工事)しました。

 

before

 

after

パッと見ハウスメーカーが作ったモデルハウスみたいに仕上がりました。

まずゲスト用の駐車スペースも兼ねたアプローチ。アクセントにミルキーホワイトの化粧平板を並べてみました。建物の外観の差し色として有効でした。

道路境界には化粧ブロックとアルミのフェンスで仕切りました。

枕木を組み合わせて作ったオリジナル門柱。これからお客様の手でどんな進化を遂げるのか楽しみです。

 

before

after

和室前のスペースは和モダンな空間に仕上げました。なだらかな曲線を描くマサキの生垣の前には、瓦を縦使いに埋めて縁取りしました。

ヤマモミジやナツツバキの株立ち等の雑木が植えられた足元には、アクセントとして銭形の手水鉢を据えてみました。

 

before

after

アプローチからの曲線には特に気を使いました。コンクリートは簡単なのですが、ローズベリーの石張りはかなりの時間を費やしました。その甲斐あって美しい曲線が描けたと思います。

after

小舗石でL字型に作った植栽スペースの中にはジューンベリーが植えられ、下草にはフイリヤブランとクリーピングタイムを添えてみました。

これだけでも逆遠近法で敷地が広く感じます。

after

リビング前にはウッドデッキを設置し、その前にはアンティークレンガで囲っただけのテラスを作ってみました。ここにベンチやテーブルを置けばバーベQ等をして、まったりと過ごせそうです。そちらとセットで芝を張ってみました。ここはもう子供達のパラダイスになりそうです。

どうしても作ってほしいと頼まれた家庭菜園も庭の雰囲気を壊すことがないように、小舗石を円型に囲ってオシャレなものに仕立て違和感なく庭に溶け込ませました。

 

 

 

 

 

隣地境界に土留用のコンクリートブロックが据え付けられ、駐車スペースの土間コンクリートが打設されました。

アプローチはインターロッキングブロックをランダムに並べてみました。

今はこの状態ですが周囲に多年草の花々や雑木が植栽されれば、もっとくっきり浮き出てくると思います。

立水栓廻りも小舗石で囲んで、ちょっぴりオシャレに仕上げました。

円型の花壇が庭のポイントになっています。

外構工事がほとんど終わったので、次はいよいよ植栽です。コンクリートが乾くまでしばらくお待ちください。

 

何とか天気の良い日を選んで、ようやくアプローチやレンガのテラスのコンクリートを打設することができました。

アプローチの緩やかな曲線と、化粧平板のスクエアな感じがうまく融合してオシャレに仕上がりました。

アンティークレンガで囲っただけのテラスもいい感じに仕上がりました。

カーポート前のコンクリートもようやく打ち上がり、だいぶ完成形が見えてきました。

次は植栽工事。どれだけ変化するのかお楽しみに!

 

 

着工前はこんな感じでした。

なるべくオンリーワンなデザインになるように色んな試みをしてみました。

ゲスト用の駐車スペースは、バックをする際ハンドルを切りやすいようにカーブを付けています。

少しでも緑の量を増やしたくて中央にはクリーピングタイムを植えてみました。

2台用のカーポートの脇には化粧平板で作ったアプローチが設けてあります。

まず目に付くのが木材で作った門柱です。これで玄関の扉を開けても中が丸見えになる事を防いでいます。

表札のポストもメタリックシルバーにする事で存在感が増し、扉やカーポートのシルバーともベストマッチになりました。

植栽スペースも小舗石の高さを変えて、少しでも立体的になるように工夫しました。

植栽は管理が楽なように雑木類(ジューンベリーやライラック)を植えて緑のボリュームを増やしています。

低木にはシモツケを植えて下草にはヒューケラやフイリヤブラン、ベロニカオックスフォードブルーのグランドカバーを。

他にもキャットミントやクリーピングタイムのハーブ類も植えて華やかな空間を演出しています。

手作りのウッドフェンスは和室前の板を多めに張って空間を仕切り、そこにヤマモミジとナツハゼを植栽して和モダンな雰囲気を演出してみました。

駐車スペース側は板で枠組だけを作り、お隣の庭をちゃっかり借景させて頂きました。

デザインには一貫して曲線を用いてアート性を強調しています。

物置(他社施工)は家の外観に合わせて扉の白い物を選んでもらい、スッキリと納まっています。

木材で囲った家庭菜園は家族4人で楽しむには十分な広さを確保しました。その脇にはツリバナとオトコヨウゾメを植えてリビングから眺められるようにしました。隣接して芝生のスペースを作り多目的に使用してもらえるように考慮しました。

外構もブロックが積まれフェンスが組まれてくると、また雰囲気が変わります。

遮蔽率の高いフェンスを選んだので、外からの視界はほとんど気にする必要がなくなりました。

玄関まで続くアプローチは緩やかな曲線が描かれています。

コンクリートも曲線になるとアートになるのが良く分かります!

カーポートの下も無事、土間コンクリートを打ち終わりました。

土間コンクリートの打設もゲスト用の駐車スペースと入口前の駐車スペースの2ヶ所を残すのみとなりました。

梅雨の合間を見てうまく工事を進めていきたいと思います!

和モダンがテーマのこの庭。

アプローチにもかなりのこだわりがあります。

このように、白御影の敷石を大小ランダムに据え付けていきます。

これに自然石を乱張りしていきます。なるべく目地巾が均一になるよう丁寧

な仕事をしていきます。

使用したものが黒っぽい石材なので重厚感があり、白い板石がくっきりと

浮かんで綺麗です。

完成するとこのように、料亭のアプローチみたいに仕上がりました。

玄関までのアプローチが長い分、表情豊かに美しく仕上がり、お客様にも

喜んで頂けました。

次はこだわり抜いたデザインの板塀です。初めてのデザインなので思惑通

り仕上がるのか、すごく楽しみです♪

 

アプローチ工事に取りかかりました。

まず最初に余分な土をカットしていきます。

dscf5276

次に化粧平板ブロックを並べます。

dscf5284

そこに、レンガで縁取りを行います。

dscf5285

当初はスロープで行く予定でしたが、傾斜が結構きつかったので一段段差

を設けました。量水器も下げる事が難しかったので、同じレンガで囲む事に

しました。

そこに、枕木で門柱を立てました。

dscf5339

ここに、後で表札を取り付ける予定です。

次にレンガの枠の中に土間コンを打ちました。

img_0217

これで、アプローチのイメージがかなり分かる様になりました。後は植栽を

して彩りを与えるだけです。

完成まであと少し。ラストスパートです!

カーポートから道路に出る際、見通しが悪くすごく危険だという事でガーデ

ンミラーを取り付けました。

dscf5240%e2%91%a0

鏡の部分にはオシャレな飾りが付いています。

この鏡、直径が22cmもあり意外に見えます。

拡大するとこうなります。

dscf5242%e2%91%a0

この様に、道路を走ってくる車がハッキリと見えます。

車が出る時、対向車が見えなくて恐いとお困りの方、一度当社にご相談下

さい。色々な方法をご提案申し上げます。

しかし、K様邸を半年ぶりに訪れたら庭がすごく良くなっていて超びっくり!

dscf5243%e2%91%a0

入口から玄関までの長いアプローチも、植物が成長していてすごく綺麗で

癒されます。

dscf5244%e2%91%a0

ここまで成長すると、私のイメージとぴったり一致してすごく素敵です。

特にガウラは可憐なピンクの花が風に揺れて、とても素敵です。

dscf5245%e2%91%a0

玄関から見るとナツツバキの株立が成長したので、車道から丸見えになら

ないのが分かります。

来年は刈込や剪定が必要ですね。そして、より良い庭に一緒に仕立ててい

きたいと思います。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
記事アーカイブ