イレックスサニーフォスター

dscf6003

 

dscf5502

お客様からの要望は、あの有名なスターバックスの様にしてほしいとの事でした。そう言われてみれば、建物の外観も外装のタイルの色目も、社名を書いた看板もかなり近いなと改めて感じました。

そこで山形市内にある2店舗を調査。それから設計に入りました。

dscf6020

スターバックスは常緑樹がたくさん植えてありました。それは一年を通して、同じ外観で統一しておきたいという企業戦略が垣間見えました。

そのイメージを継承する意味も込めて、一番手前はいろいろなイベントの装飾用に。また将来、シンボルツリーになる様にトドマツを植えてみました。

その隣にも同じく常緑のヤマボウシを、低木にも常緑のアベリアを配植しました。常緑樹はどうしても季節感が薄いので、ヤマボウシもアベリアも花が綺麗に咲くものを選びました。

dscf6016

ショールームの前は展示されている車が決して見えにくくならない様に、中木の常緑樹のイレックスサニーフォスターを植えました。下草は多少の日陰でも生育するフイリヤブランを植えてみました。

また、ショールームから外へ自由に出入りできる様に、枕木で通路も作ってみました。

dscf6015

南側の植栽は入口側と対極し、全て落葉樹を植えて四季の移り変わりを前面に押し出してみました。

アオダモとジューンベリーの巨木(それぞれ4~5m以上)を植えて存在感を出してみました。

特にアオダモの幹に入っている白い模様がすごく素朴です。低木は薄紫色の花が美しいシモツケと、青紫色の花が綺麗なハーブの一種キャットミントを植えてみました。

dscf6023

完成形がこちらです。

 

dscf5432

本家とかなり違うアプローチですが、よりモダンな要素が一杯詰まった作品に仕上がったと思います。

 

 

dscf5436

 

imga0900

dscf3172

既にハウスメーカーで紹介された業者さんの手で、ガーデニングが施されていました。

工事に先立ち、お客様から「主庭の方は、リビングに居ても何となく落ち着かない。アプローチの方は、アクセントに植えてあるリュウノヒゲがぬかるんで轍になり、ハンドルが取られるから、何かプレゼンしてほしい。」と頼まれました。

dscf5437

L型に高さ2mのフェンスを巡らす事により、お隣との敷地の段差が気にならなくなりました。

これにより、うまく空間を仕切る事ができました。

dscf5441

ハナミズキの下には、夜景も楽しみたいというリクエストにお応えして、ソーラー式のライトをセットしました。それを覆う様に、カラーリーフで人気の高いヒューケラを植栽してみました。

dscf5442

お隣の家の外壁がクラシカルなレンガ調だったので、これを借景しない手はないと考えました。

そこで、思い切って純白の真四角なプランターを5つ設置した所、これがすごく映えて綺麗。見事にはまりました。

プランターには、イレックスサニーフォスターが植えてあるので、新緑の頃には、その鮮やかなレモンイエローがより強烈な印象を与えてくれる事でしょう。

dscf5445

帰ってきた時に、玄関が暗いという事だったので、既存のキンモクセイの脇にオシャレなガーデンライトをセットしてみました。ライト部分の角度を変えられるのも、この製品の魅力です。

根〆には、フイリヤブランを植えて、華やかさをプラスしました。

dscf5433

ぬかるんでいたリュウノヒゲは全て取り除き、色目もピンク系で鮮やかなサントメローズという石を張りました。アクセントにもなり、よりゴージャスになって、このチョイスは正解だったように思います。

 

ガーデニングが始まる前の外観がこの画像です。

dscf5502

完成した画像がこちらです。

dscf6023

入口側の花壇には、冬場でも葉が落ちて淋しくならない様に、常緑の物を

植栽しました。

シンボルツリーには、色々なデコレーションに用いられるトドマツを植え、そ

の隣には常緑のヤマボウシを植えました。

将来は、トドマツの方が成長が早いので、こちらの方を1m位高くしたいと

考えています。

トドマツの周囲には、花の期間が長いアベリアを植栽しました。根〆には、

ここ数年カラーリーフとしての人気が高いヒューケラを植えてみました。

dscf6014

ショールームの前は、ガラス越しにあまり視界の邪魔にならない様に、新

緑がレモンイエローになって美しいイレックスサニーフォスターという木を植

えてみました。

根〆には、こちらも斑入りの葉が美しいフイリヤブランを植えて、華やかに

演出してみました。

また、ショールームから直接外へ出られる様に、枕木で通路を作ってみま

した。

dscf6013

一方、反対側の入口側の花壇には、落葉樹をメインでまとめ、四季折々の

季節感を感じてもらいたく配植してみました。

手前の高木はジューンベリーという木で、最近、色んなお庭でよく見かけま

す。可憐な白い小さな花が咲き、またそれが実になり、ジャム等で食べる

事ができます。ベリー系の木なので…

その隣の木はアオダモと言い、木肌に白い模様が浮き出てくるのが特徴で

す。この木の周囲には、シモツケという薄紫色の花が綺麗な低木を植えて

みました。

根〆には、同じ薄紫色の花が咲くハーブのキャットミントを植えてみました。

こちら側は、新緑の季節になると空間が劇的に変化する様、演出してあり

ます。全体のイメージがスターバックスという事だったので、それにこだわっ

てみました。

dscf5432

     ↓              ↓              ↓ 

dscf6024

かなり近いイメージに仕上がったと自負しています。

オープンも間近なので、皆様も是非足を運んでください。

縁あって、CASA DOLCEのガーデニングを頼まれました。

何でも、スター○ックスをイメージしてあるとの事でしたので、設計に入る前

に2ヵ所の店舗を視察してから、作業に取りかかりました。

着工前の外観はこんな感じでした。確かに似ています。

dscf5502

建物廻りを掘削し、植栽用客土を入れ、土留に白御影の敷石を交互に据

え付け、アクセントを付けてみました。

dscf5634 dscf5642

植栽用客土に牛ふんモミ殻堆肥を撹拌して土に養分を与え、合わせて水

はけも改善していきます。

ショールームの中から見ても、あまり視界の邪魔にならない様に、大きくな

らないイレックスサニーフォスターを植えてみました。

dscf5646

その廻りには、日陰に強いフイリヤブランを植え付けていきます。

dscf5647

植付けが完了すると、周囲が華やかに変化しました。

フイリヤブランの斑入りの葉が、大きく貢献しているようです。

dscf5649

それ以外の花壇は、外観と同じ色調のレンガを並べていきます。

dscf5648

結構デザインも斬新にしてあるので、今後どの様に変化していくのか、作り

手の私達もすごく楽しみです。

国道13号線沿いなので、皆の視線を感じます?

センスの良い所、見せなくては…!

いよいよ植栽工事です。

我々職人は、この作業が一番好きです。何故なら庭が生まれ変われるし、

お客様にもすごく感激されるからです。

まず、白のプランターにイレックスサニーフォスターという常緑樹を植えて

みました。

dscf5347

私の狙い通り、白のプランターにベストマッチ。隣家のレンガタイルにも映

えます。

シンボルツリーのハナミズキの根〆に観葉にもなるグランドカバー、ヒュー

ケラを植えてみました。ここには、後で樹木を下から照らすソーラーライトを

設置する予定です。

リビング前の植栽は既存のキンモクセイを活かして、根〆にフイリヤブラン

とクリーピングタイムを植栽しました。

dscf5374 dscf5377

帰宅した時のこの辺が暗くて淋しいとの事だったので、スタイリッシュなライ

トを取り付けてみました。小さいけどなかなかの優れものでタイマーでオン・

オフの細かい設定が可能です。

これらのライティングで、夜の演出がどう変わるのか?素敵な時間が過ご

せる様に色々調整していきたいと思います。

imga0802

imga0354

着工前は隣地との間に何も遮るものがなく丸見えでしたが、東側のお宅が大きな芝生の庭を作られていたので、上手く借景したいと考えました。

img_0144

まず印象的なのが大胆な曲線で作られている芝生広場とテラスです。

特に大きなテラスは、屋根から落ちてきた雪を除雪機で芝生の部分に飛ばしたいと言われましたので、意識して大きくしました。ローターの刃で削らない様、敢えてコンクリートのハケ引き仕上にしました。

縁取りにアンティークレンガを使った事で、とてもオシャレに見えます。

imga0802

L字型にウッドフェンスで囲った事で、隣地との空間を上手く仕切る事ができました。

その事により庭がすごく広く感じられます。

imga0807

花壇と家庭菜園は全て当社お得意の円形の物とし、色と大きさを3つ共全て意図的に変えて、庭のアクセントにしています。植栽は、ヤマモミジ、ジューンベリー、ハナミズキ、キンモクセイ、ナツハゼ等の管理の楽な雑木でまとめました。

グランドカバーは、収穫が楽しめるハーブのクリーピングタイムとキャットミントを植え、それと斑入りの葉が楽しめるフイリヤブランをチョイスしました。

img_0153

特に木製フェンス前に植えた、イレックスサニーフォスターのレモンイエローの新緑が印象的です。

ガーデニングを行ったのは2014年の11月。

それから約1年半が経ちました。

久しぶりに訪れてみたら、見違える程良くなっていました。

Before

2014-11-06 14.07.38

After

IMGA0643

ソヨゴも肥料が効いて地力がアップしたせいで、葉の色もトロッとした緑色

になり、樹形も一回り大きくなりました。クリーピングタイムはびっしりと生え

見事です。これなら雑草が出てくる事はないでしょう。

Before

2014-11-06 14.07.29

After

IMGA0641

イレックスサニーフォスターがかなり成長し、新緑のレモンイエローがとても

鮮やかです。アップルミントもびっしり生え、薄紫色の花がとても可憐に咲

いています。こちらも雑草が生える事はないでしょう。

Before

2014-11-06 14.07.54

After

IMGA0567

こちらはジューンベリーとエゴノキが二回り程大きくなっていました。山形市

から頂いたヤマボウシも順調に生育しています。

3年後位には追いつくかな?

着工前はこんな風に、家を新築されてから数年は何もされていなかったの

で砕石敷のままでした。

IMGA0352 IMGA0354

このガーデニングが完成すると、この様に劇的に変化致しました。

IMG_0144

アンティークレンガの縁取りを施したコンクリート製のテラスと、庭の大部分

を占める芝生の自由曲線が見事なコントラストを描いています。

背景の木製オリジナルガーデンフェンスも空間を上手に仕切り、木の持つ

温もりを感じさせ、合わせて庭の広さもアピールしています。

反対側から眺めるとこうなります。

IMG_0146

庭の管理を楽にする為に、芝生の面積を思い切って広く取りました。

(意外と芝生の方がきちんと管理をすれば楽なのです。)花壇以外の部分

は雑草対策で防草シートの上に玉砂利を敷きました。

植栽は、このようにシンプルにまとめました。

IMG_0154

シンボルツリーはヤマモミジにして、それ以外は実のなるジューンベリー。

花の綺麗なハナミズキのピンク。冬でも葉の落ちないヒイラギモクセイ。

紅葉の綺麗なナツハゼと、本数は必要最小限に抑えて植栽しました。

下草は手入れの楽なハーブ系のキャットミントとクリーピングタイム。

それと、斑入りの葉が涼しげなフイリヤブランでまとめました。

IMG_0153

隣地境界線には、常緑で耐寒性があるイレックスサニーフォスターを列植

しました。レモンイエローの新緑が眩しいくらい美しいです。

IMG_0152

今回もお得意の円形花壇と家庭菜園を設けました。

手前から奥に行くに従って大きくしていきました。色も、紅、白、錆と変えて

庭のアクセントにしました。

IMG_0137

建物の外観も木製フェンスと植栽のおかげで、ワンランクアップした様な

印象を受けます。

最後に、このガーデニングの工事に入った時から、完成するまでにいつも

冷たい麦茶といろんなお茶菓子で、休憩の度におもてなしをして下さった

お婆ちゃん。本当にありがとうございました。

こんなに気を使って下さって頭が下がる思いです。職人共々御礼申し上げ

ます。これからも植物を優しく育てていく度に、時々訪れてレクチャーします

ので宜しくお願いします。

 

IMGA0784 (2)①

着工前はこんな風に、住宅が完成後、エクステリア工事の内フェンス工事とブロック積み工事が完成した状態でした。

IMGA0785①

IMGA0787①

ここまですでに完成してあると制約が多すぎて、いかに私らしくデザインするか結構頭を悩ませました。

まず最初にカーポートを設置しました。

IMGA0799①

このカーポートは新しいもので、片屋根式でも耐積雪50cmになっています。その為、従来の商品よりも柱が太いのですが、2本柱の為、縦列駐車しても2本柱が少ない為、案外車が出やすいという利点があります。

それに、かなりスタイリッシュでカッコイイです。

IMGA0786 (2)①

リビング前には、フローリングと同系色のウッドデッキを設けた事で、室内からはかなり広く感じられます。しかも限られたスペースの中、動線を保つ為に物置側にはアールを付けて歩きやすくしています。

物置は建物の外壁に合わせて白色にした事で、違和感なく収まりました。ウッドデッキ脇には、通行人からの視界を少しでも遮る様に、ツリバナとイレックスサニーフォスターを植栽しました。

IMGA0791 (2)①

近い将来、建つであろう隣家の視線を遮る為に、オリジナルでウッドフェンスを取り付けました。先にエクステリア工事で取り付けられたアルミフェンスが無駄にならない様に、このような形になりました。

ウッドフェンスの下には、小舗石(錆色)で縁取りをして畑土を入れ、家庭菜園を設けました。

IMGA0792 (2)

この角度から見ると、いかにスペースを有効活用しているか分かると思います。車が縦列に停められる様にカーポートはこの形を選びました。

下草には、キャットミントとクリーピングタイムのハーブを植えました。

IMGA0781①

IMGA0776①

玄関脇の僅かなスペースにも植栽しました。右手にはナツハゼを植えて、左手のブロック上段にはハーブで草丈の高いローズマリーを、下にはマンホールを隠す為、這性のビンカミノールを植栽しました。

ポストは敢えてメタリックで斬新なデザインの物をチョイスしました。

IMGA0990①

着工前はこの様に入口が狭く、奥に行くと広い特殊な形状でした。

019①

幅が狭いので、2台並列駐車は諦め、2連棟の縦列駐車にする事にしました。カーポートの前はギリギリ2台用のゲスト駐車スペースになっています。

IMGA0979①

IMGA0978①

オリジナルの門柱は枕木を組み合わせて作りました。

表札を照らす照明は奥様が選ばれました。長いアプローチを逆手に取り、玄関まで歩いていく途中、いろいろ変化のある訪れた人が楽しめる植栽にしたいと考えました。門柱の手前は、クリーピングタイムが地面を覆います。

IMGA0985①

中間部分は、ミツバツツジ、ウメモドキ、イレックスサニーフォスターの中木が植えられ、下草にはフッキソウが植えられています。

IMGA0859①

一番奥は、クロモジの株立やオトコヨウゾメが植えられ、下草にはフイリヤブラン、ガウラ、アベリアを植栽しました。

反対側には、玄関が通りから丸見えにならない様に、大きめのナツツバキの株立を植栽し、アカバナエゴノキの株立、ナツハゼを植え、下草にはイモカタバミ、低木にはシモツケを配植しました。

IMGA0861①

玄関側から振り返ると、いかに植栽の量が多いか分かると思います。

土間コンクリートは全て自由曲線が用いられ、それに合わせて土間コンクリートの中にキャメルストーンで象(かたど)った雲形の石貼りが3ヵ所設けてあります。これら全てが、モダニズムを追求したからこそ生まれた形です。

主庭になる部分は、隣の工場の放置された物が全て見えてしまうので、これをまずいかにアートに隠すかがテーマでした。

IMGA0028①

ここは、モダンアートを追求すべく、生垣も全て自由曲線で植栽しました。

IMGA0556① IMGA0558

生垣の自由に伸びた曲線と芝生の縁取りの曲線がアートを感じさせます。生垣は冬でも目隠しできる様に全て常緑樹にしました。シラカシ、ネズミモチ、マサキを用いて全て高さを変えて変化を出しています。

植栽は全て雑木類で、ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、サワフタギ、カマツカ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ等、今から里山の雰囲気を醸し出してくれそうです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930