ウッドフェンス

 

家を新築されたのを期に、

「古い家の解体後そのままの形で残されていた庭を

リ・ガーデンしたい」というのが、当社へのご要望でした。

 

どのようにリ・ガーデンされたのか分かりりやすいように

ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6222

 

【After】

IMG_7495

 

全体的にスッキリとした印象に生まれ変わりました。

あくまでも外観を最重視する為に

当初計画していた2台用のカーポートの設置は見送りました。

 

IMG_7496

 

道路側が全てコンクリートになってしまうと

無機質感が強くなってしまうので

建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で植栽スペースを設けました。

 

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が爽やかな風を運んでくれます。

 

【Before】

DSCF6221

 

【After】

IMG_7488

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。

まさにワンランク昇格を果たしました。

 

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。

既存のブロックが古く強度が心配だったので、控え壁で補強しました。

 

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。

ブロック塀の基礎の古さは

もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

【Before】

DSCF6223

 

【After】

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて広い所と狭いところのメリハリをつけました。

 

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱張りにしました。

 

門柱も手作りし、表札・ポストも私がチョイスしました。

モチーフは円(縁)になってます。

 

【Before】

DSCF6226

 

【After】

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

 

樹木はお隣の家を配慮して、落葉しない常緑樹でまとめました。

 

DSCF8022

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

予算をかけたくなかったので

ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

 

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

【Before】

DSCF7226

 

【After】

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので

オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

 

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し

建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを新たに1段積みました。

 

【Before】

DSCF7022

 

【After】

IMG_7485

 

御夫人と息子さんの共通の趣味「ファットバイク」を

「収納するのに塀が欲しい」と依頼され、急遽デザイン変更しました。

 

扉が重くならないように観音開きにし

枝も同じものを使用しているので違和感がありません。

 

IMG_7482

 

 

 

徐々に形が見えてきたO様邸。

 

隣接する道路の境界にウッドフェンスが建てられると

なかなかいい感じになってきました。

 

DSCF7245

 

質感を合わせた門柱も、ポストと表札を付けられるのを持っています。

 

DSCF7339

 

駐車スペースの脇に設けられた植栽スペース。

建物の外観の色に合わせてグレーの小舗石を並べてみました。

 

DSCF7337

 

いよいよ土間コンクリートの打設です。

アプローチもいい感じで仕上がってきました。

 

DSCF7403

 

DSCF7410

 

駐車場のスペースも3台分を確保しました。

 

この度は建物の外観のイメージと日当たりを考え、

あえてカーポートの取付けはO様と相談して無しにしました。

 

DSCF7402

 

DSCF7405

 

DSCF7408

 

しばらく養生した後にいよいよ樹木の植栽に取り掛かります。

 

彩りのマジックがどんな効果を生みだすか楽しみです。

 

 

 

例年に比べ、異常な位雪がない状況なので

作業の方はどんどんと進んでいきます。

 

次に植栽する場所を小舗石で囲っていきます。

 

IMGP7494

 

同じく植栽するスペースを別の色の小舗石で囲みます。

 

DSCF6234

 

今回のデザインには、

当社の特徴である自由曲線を封印してあえて直線で勝負!

スタイリッシュさを狙っています。

 

次に芝床を作っていきます。

 

DSCF6235

 

お客様の要望でお子様とサッカーがしたいとの事でしたので

芝生の面積を広めに設けました。

 

次に玄関前の石貼りを行います。

 

IMGP7501

 

白御影の切石に化粧平板をはめ込んで

遊び心を入れてみました。

 

IMGP7502

 

黒い石の石貼りの中に

チョコレート色の化粧平板が程良い差し色になっています。

 

次回はプライベート感を出す為に

オリジナルウッドフェンスで空間を仕切る作業になります。

 

まだまだ進化が止まらないガーデニングに乞うご期待!

 

 

令和元年度施工した東根市S様邸の

作庭動画をYouTubeにアップロードしました。

 

title:【モアスタイリッシュ】

 

スタイリッシュな外観を

よりアップグレードしたガーデニングとなっております。

 

敷地を広く使い、

今後建つであろう隣地の家からの目隠しとして雑木や下草で彩りを与え

オリジナルのウッドフェンスを設けました。

 

植栽スペースにRを取り入れたり、

既存のウッドフェンス内側にキューブポットを並べたり…

遊び心を忘れないスタイリッシュな仕上がりとなっております。

 

是非動画をご覧ください。

 

↓    ↓    ↓

 

 

default 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングにして欲しいというご依頼でした。

 

既に建築工事で目隠しのフェンスは施工されていましたが、

何か土地が有効活用されていないのがすごく気になったので、

それらをテーマにデザインしました。

 

【着工前】

DSCF4285

 

敷地の全てを白御影の敷石で土留し、

土地の有効活用が出来るようにして広く使う事がテーマになりました。

 

IMG_0738

 

このテーマにのっとり、敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

IMG_0740

 

土間コンクリートが前面に打たれ、どこか無機質感が漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで潤いが生まれました。

 

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き立って見えてきます。

またフェンスの色が黒っぽい色なので、

新緑の緑も紅葉の赤も一際目立つ屏風の役割を持たす事ができました。

 

下草にはマホニアコンフューサやセイヨウイワナンテンを植えて

緑のボリュームをアップさせました。

 

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く、

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより、あまり暗くなり過ぎず、

対比するものができたのでより広く感じられます。

 

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた唯一の植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

四季折々の華やかさが体感できるよう演出しました。

 

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽と

ガーデンフェンスが公園からの視線も遮っているのが分かります。

また公園で遊んでいる子供達のボールが庭に入ってくる事も少なくなるでしょう。

 

今のところは分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

それでも緑の量が少ないので、

純白のスクエアなプランターに大きくならないコニファーを植えてみました。

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので、

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングが完成しました。

 

【Before】

DSCF4285

【After】

IMG_0738

 

敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

【Before】

DSCF4286

【After】

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には、

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き上がって見えてきます。

これから紅葉の時期を迎えれば、ますます彩りを感じる事が出来るでしょう。

 

下草にはマホニアコンフューサや西洋イワナンテンを植えて、

緑のボリュームをアップさせました。

 

【Before】

DSCF4288

【After】

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより対比するものが出来て、より広く感じられます。

 

それと同時に悩みだった公園で遊んでいる子供達のボールが

敷地内へ入ってくる事はまず無いでしょう。

 

【Before】

DSCF4296

【After】

IMG_0739

 

どこか無機質感の漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで、潤いが生まれます。

 

【Before】

DSCF5024

【After】

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて、下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

華やかさを演出しました。

 

【Before】

DSCF5028

【After】

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽とガーデンフェンスが

公園からの視線を遮っているのが分かります。

 

今のところまだ分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

【Before】

DSCF5027

【After】

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

これでも緑の量が少ないので、純白のスクエアなプランターに

大きくならないコニファーを植えてみました。

 

【Before】

DSCF4292

【After】

IMG_0748

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

 

 

ガーデニングも大詰めを迎えてきました。

 

毎回思うのですが、樹木を植えると家の景観が

がらりと変わるので、仕事のやりがいを感じます。

 

まずは樹木剪定をし、樹形を整えてから植え付けます。

 

DSCF5118DSCF5119DSCF5116

 

風等で樹木が倒れないように竹で支柱を造ります。

 

DSCF5121DSCF5124

 

背景がモノトーンに近い色なので、より樹木が映えます。

 

次にウッドフェンスを組み立てていきます。

 

DSCF5126

 

これで空間が仕切られるので、また雰囲気が変わります。

 

テラス部分には、スクウェアで真っ白なプランターを設置して

大きくならないコニファーを植えてみました。

 

DSCF5127

 

雑木の根元には様々なグランドカバーを植えて、彩りを与えます。

 

DSCF5129

 

オリジナルのガーデンが完成すると

プライベートな空間が新たに生まれると共に

自然な木肌が浮き出て遠近法により広く感じます。

 

DSCF5128

 

後は仕上げを残して完成になります。

次回はビフォーアフター形式で、

どのように変わったのかお見せできるのでお楽しみに!

 

着工から約1ヶ月半掛かって、ようやく完成に漕ぎつけました。

例によってどのように変化したのか分かりやすいようにビフォー・アフター形式で説明したいと思います。

before

after

「ガーデニングを行えば、これだけ変わるのか?」という見本みたいな作品になりました。

これだけで別の家になったように見えます。お家がとても可愛くなりました。

before

after

駐車スペースも3台分ありますので、来客があっても困ることはありません。

after

奥様に最初に言われた要望が「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい。」とのことでした。

イメージはほぼこの通りなのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調が決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いには、ジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

 

before

after

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

after

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類、ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

after

枕木を3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

after

お隣への落雪防止用にウッドフェンスを設けてみました。

ここ新庄は豪雪地帯なので柱と柱の間に補強材を追加しました。これで、もってくれればいいのですが!

after

最初の計画にはなくて、後から追加された赤いボンボビのポスト。程良いアクセントになっています。

 

着工前はこんな感じでした。

なるべくオンリーワンなデザインになるように色んな試みをしてみました。

ゲスト用の駐車スペースは、バックをする際ハンドルを切りやすいようにカーブを付けています。

少しでも緑の量を増やしたくて中央にはクリーピングタイムを植えてみました。

2台用のカーポートの脇には化粧平板で作ったアプローチが設けてあります。

まず目に付くのが木材で作った門柱です。これで玄関の扉を開けても中が丸見えになる事を防いでいます。

表札のポストもメタリックシルバーにする事で存在感が増し、扉やカーポートのシルバーともベストマッチになりました。

植栽スペースも小舗石の高さを変えて、少しでも立体的になるように工夫しました。

植栽は管理が楽なように雑木類(ジューンベリーやライラック)を植えて緑のボリュームを増やしています。

低木にはシモツケを植えて下草にはヒューケラやフイリヤブラン、ベロニカオックスフォードブルーのグランドカバーを。

他にもキャットミントやクリーピングタイムのハーブ類も植えて華やかな空間を演出しています。

手作りのウッドフェンスは和室前の板を多めに張って空間を仕切り、そこにヤマモミジとナツハゼを植栽して和モダンな雰囲気を演出してみました。

駐車スペース側は板で枠組だけを作り、お隣の庭をちゃっかり借景させて頂きました。

デザインには一貫して曲線を用いてアート性を強調しています。

物置(他社施工)は家の外観に合わせて扉の白い物を選んでもらい、スッキリと納まっています。

木材で囲った家庭菜園は家族4人で楽しむには十分な広さを確保しました。その脇にはツリバナとオトコヨウゾメを植えてリビングから眺められるようにしました。隣接して芝生のスペースを作り多目的に使用してもらえるように考慮しました。

工事を着工する前と後でどれ立体的に変化したのか、ビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before

 

after

ゲスト用の駐車スペースは、バックをする際ハンドルを切りやすいようにカーブを付けています。

少しでも緑の量を増やしたくて中央にクリーピングタイムを植えてみました。

before

after

2台用のカーポートの脇には化粧平板で作ったアプローチが設けてあります。

after

まず目に付くのが木材で作った門柱です。これで玄関の扉を開けても中が丸見えになる事を防いでいます。

表札もポストもメタリックシルバーにする事で存在感が増し、扉やカーポートのシルバーともベストマッチになりました。

植栽スペースも小舗石の高さを変えて、少しでも立体的になるように工夫しました。

植栽は管理が楽なように雑木類(ジューンベリーやライラック)を植えて緑のボリュームを増やしています。

低木にはシモツケを植えて、下草にはヒューケラやフイリヤブラン、ベロニカオックスフォードブルーのグランドカバーを。

他にもキャットミントやクリーピングタイムのハーブ類も植えて華やかな空間を演出しています。

after

手作りのウッドフェンスは和室前の板を多めに張って空間を仕切り、そこにヤマモミジとナツハゼを植栽して和モダンな雰囲気を演出してみました。

駐車スペース側は板で枠組だけ作り、お隣の素敵な庭をちゃっかり借景させて頂きました。(笑)

after

デザインには一貫して曲線を用いて柔らかさを出しています。

before

after

物置(他社施工)は家の外観に合わせて、扉の白い物を選んでもらいスッキリとおさまっています。

材木で囲った家庭菜園は家族4人で楽しむには十分な広さを確保しました。その脇にはツリバナとオトコヨウゾメを植えてリビングから眺められるようにしました。隣接して芝生のスペースを作り多目的に使用してもらえるように考慮しました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年5月
M T W T F S S
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ