ウッドフェンス

奥行き80cmというのは、過去にも前例がない位の狭さ。やはりハードル

が高いです。

まずは柱を立てる為の基礎ブロックを据え付けていきます。

それに合わせて白御影の敷石を立てていきます。

この日の日中の最高気温が36℃。意識がもうろうとする中なんとか集中し

て作業を続けられました。

完成した植栽スペースに客土を入れて肥料を混ぜていきます。

板塀用の柱を立てたら、この庭の主役ナツハゼを植えていきます。

少しでも広げられるように竹の支柱にシュロ縄で結束して幅を広げ、狭い

空間を巧みに広く見せる演出をします。

次に個室毎に下草を変えるので、瓦を立てて埋めていき仕切材にします。

次に個室毎に4種類の下草を植えていきます。

季節毎に個室から眺める景色が違ったら、訪れた時に毎回違う発見があ

っておもしろいかなと考えたからです。

次に板塀を作っていきます。これが後から思っていた以上の効果を上げる

とは、この時思ってもみませんでした。

それは次回の完成発表までとっておきたいと思います。

皆様お楽しみに!

ガーデニング施工前と施工後でどのように変化したのか、分かり易いよう

にビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

和室の前という事で和っぽい植物を選択しました。

主木はナツツバキの株立で添えにはナツハゼを植えました。

根〆はシュウメイギクとスジギボウシでまとめてみました。今年はもう終わ

りましたが、来年花が咲いたら相当綺麗になること請け合いです。

before

after

ベージュのリブロックを積んで土留にしました。

こうして見ると、付いていないようで付いているのが傾斜。ブロック1段分

(約20cm)の傾斜が付いています。

before

after

芝生で造った築山を私の直感で思い切り高くしてみました。その結果、庭

にうねりと動きが出たように感じます。

築山には、雑木類(ジューンベリー、カマツカ、アオダモ、ハナミズキ(赤)

(白)、オトコヨウゾメ、キンモクセイ)をバランス良く配植しました。

下草には、葉の美しいフイリヤブランと管理が楽なキャットミントを植えて

みました。どちらも花の色が紫系なので、カラーバランスも上手く取れると

思います。

after

コンクリート+アンティークレンガで造った大きなテラス。

これ位大きいと、この時期に子供達が遊ぶプールを置くには充分な広さで

す。

中に埋められた多くの基礎ブロックは、冬の雪囲い用に設置しました。

合わせて、立水栓も大洋紅という石で丸く囲い可愛く仕立てました。

before

after

テラスをこちら側から見ると、かなり広くなっているのが分かります。

それは、御主人の車を車庫からバックしてここに停めて洗車する為です。

デザイン的にもインパクト大ですし、アイデア次第ではいろんな使い方が思

いつきそうです。目隠し用に植えた生垣も、テラスに合わせて曲線を描いて

います。

after

道路沿いには、プライベート感を演出する為にウッドフェンスを設けまし

た。適度に遮蔽されているので圧迫感がありません。

before

after

建物の外観は、この角度から見ると一番変わったような感じがします。

片勾配の屋根とウッドフェンスの水平が絶妙にバランスが取れてきたの

で、家がゴージャスに見えます。

着工前はこんな風に土留が施されているだけでした。

敷地の周囲も樹木や雑草が生い茂り、鬱蒼としていました。ただ白い土蔵

だけが美しかったので、これだけは何とか借景したいと考えました。

敷地周囲のアカシアや雑草は、許可を得て伐採しました。空間を仕切る為

にオリジナルのガーデンフェンスを設けてみました。これにより白い土蔵

が浮かび上がり、アクセントとして上手く借景する事ができました。

植栽部分は白御影の間知石と小舗石の二丁掛で花壇と作り、若干ではあ

りますが高低差を設けました。

植栽は管理の楽な雑木類(アオダモ、ジューンベリー、アズキナシ、ヤマモ

ミジ等)を植えて、季節毎の移り変わりが楽しめるように配慮しました。

ガーデンフェンスの下が空いている所は低木のシモツケを植栽し、それを

カバーしました。

根〆にはキャットミント、クリーピングタイムのハーブ類でまとめ、ただ眺

めるだけではなく、その香りを楽しんだり、葉っぱを収穫したり多目的に利

用できるように考えてみました。

また、一部ではありますが畑土を入れて家庭菜園も設けてみました。

また、光の当たり具合でこのようにおもしろい影の造形が見られ、これは

想定外の出来事でした。

寝室前には、ナツツバキを植え、逆遠近法で庭が広く見えるようにしてみま

した。

リビングの前には雲形の大きなテラスを設け、テーブルを置いてゆっくり

寛げる空間を設けてみました。これからの季節バーベQなどもいいかもし

れませんね♪

玄関脇の坪庭には小舗石とレンガで雲形に仕切り、今カラーリーフとして

人気の高いヒューケラを植えてみました。

ここにはあまり大きくならないツリバナの株立を1本植えて、シンプルな空

間構成にこだわりました。

ちなみに、白い玉石は海を表しています。

玄関前は、枕木を立てて門柱にしてみました。その後ろにはアオハダの株

立を植え、根〆にはグランドカバーのフイリヤブランとビンカミノールでま

とめてみました。

東根市のT様邸のガーデニング。一番の見せ場に差しかかりました。

まずは植栽用の客土に肥料をたっぷり混ぜて、生育に必要な養分を与え

ます。

アオハダやジューンベリー等の雑木でまとめてみました。

ウッドフェンスに樹々の緑が映えます。

玄関脇の坪庭にもツリバナを植えてみました。

木を1本植えるだけで、雰囲気が良くなるから不思議です。

リビング前に大きなテラスを作っています。

これが出来上がると庭の重要なアクセントになります。

次回は完成形を披露しますので、楽しみにしていて下さい♪

庭の周囲が雑然としているので、当社お得意のオリジナルガーデンフェン

スで空間を仕切る事にしました。

基礎ブロックを埋め込み、そこに柱を立てていきます。

その柱に天然木の板を張りつけていきます。

南面と西面を張り終えるとこうなりました。

このように見事に空間を仕切る事ができました。

また、輪郭がハッキリした事で庭の部分が広く感じられます。

 

玄関前には枕木で門柱を作ります。

それが立ち上がるとこうなります。枕木を斜めに切るのは大変でしたが、そ

の甲斐あって、おもしろい積木みたいな門柱に仕上がりました。

白御影の敷石を使った土留と相まって、スクエアなデザインに仕上がりまし

た。

一方坪庭の方は、相反して曲線を取り入れたデザインにしました。

ショコラコロンという名のレンガと、小舗石を使ってこの様にクネクネさせ

て遊んでみました。

このように、主庭・玄関前・坪庭で全く違ったデザインコンセプトなので、

見方によっていろいろ楽しんでもらえると思います。

dscf5042

 

imga0208img_0019

道路側から見た佇まいは、奥様がおっしゃるには落ち着いているので、華やかにしてほしいと頼まれました。

また、リビングからの眺めは周囲が丸見えでカーテンも開けられないとの事。そこで、プライベートな空間を作ってほしいと頼まれました。

dscf5037 dscf5038

駐車スペースはゲスト用も含めて、3台分確保しました。そのうちの玄関へ続く部分は、アプローチの一部として位置付けられないものかと考えました。

それで、クリームイエローとローズピンクの化粧平板を交互にリズム感良く並べて、アクセントをつけてみました。

dscf5039

アプローチはアンティークレンガで縁取りを行い、こなれた感を演出。華やかさを出す為に石貼はサントメローズというピンク系の石材をチョイスしました。

レンガと色調も合っていたので、うまくアプローチを引き立たせる事ができました。

花壇部分には、クリーピングタイムを植えてあるので、将来はピンクの絨毯になる事により、華やかなアプローチになるでしょう。

dscf5013 dscf5051

周囲と空間をうまく仕切りたかったので、マサキの生垣を全方向に植栽しました。

現在は高さ1.2mですが、将来は高さ1.5mにまで高くし、もう少し周囲から遮蔽したいと考えています。

マサキで足りない部分は、要所要所にアオハダ、ヤマモミジ、ジューンベリー、キンモクセイ、ツリバナ等の雑木をメインに植栽しています。これらの樹々が四季折々の季節感を醸し出してくれる事でしょう。

dscf5048

芝生の面積もできるだけ広く取り、将来、子供さん達が自由に遊べる空間を作りました。

その一部には、木の葉型のテラスを作ってみました。

レンガで縁取りした所に、コンクリートを打っただけのものですが、意外とバーベQ等で活用されそうなので、コスパ大です。

dscf5053 dscf5056

リビング前にはテラスを設け、連立して使用できるようにしてみました。その脇には、ちょこっとだけウッドフェンスを設けてみました。遮蔽はもちろんですが、いろんなネットフェンスやフックをD.I.Yで取り付けて、ガーデニングの道具を収納したり、ハンギングしたりと、利用価値は色々ありそうです。

Before

dscf3164

平板の間に植えてあったタマリュウが、丁度車のタイヤに踏まれて轍にな

ってぬかるんでいました。

After

dscf5433

それを全て取り払い、ローズベリーというピンク系の鮮やかな石を貼った事

で、アプローチ前の良いアクセントになりました。

Before

dscf5264

キンモクセイの下には芝が張られていましたが、どこか華やかさに欠けて

いました。

また、夜は暗くて淋しい印象がありました。

After

dscf5374

芝を全て取り払い、斑入りのヤブランやクリーピングタイムを植えて明るい

植栽にしました。また、コンパクトな照明を設置しタイマーで点灯時間を設

定する事で、帰宅時は優しく辺りをホンワカと照らしてくれる様になりまし

た。

Before

dscf5265

隣接するお宅の土留擁壁が圧迫感があり、どこか落ち着かない雰囲気に

なっていました。

After

dscf5437

高さ約2mのウッドフェンスを設けた事で、お隣の土留擁壁を遮蔽する事が

できました。それによりプライベートな空間に生まれ変わりました。

Before

imga0900

お隣のレンガタイルの外壁が、やたら目立っていました。

After

dscf5436

よく見るとシックなレンガタイルの外壁だったので、これを借景する事にしま

した。純白のこれまたシックなプランターを置く事で上手く調和し、スタイリッ

シュな空間になりました。

After

dscf5440

ハナミズキの下にはソーラー型の照明を取り付け、樹木を下から照らす事

で幻想的な演出をする事ができました。

After

dscf5446

玄関ポーチ周りが少し淋しいという事だったので、奥様にプランターを選ん

で頂き、それにウツギ・ストロベリーフィールズという中木とベロニカ・オック

スフォードブルー、ヘデラ・ホワイトリップルという地被を植えて、華やかな

演出を試みました。

Before

img_0172

After

dscf5255

コンクリートで囲まれたどこか暗い閉鎖的な空間に感じられたので、周囲を

ウッドフェンスで囲ってみた所、こんなに明るい雰囲気になりました。

これをバックに雑木類(ハナミズキ(赤)・ジューンベリー・ツリバナ・ヤマモミ

ジ)を植栽したら、更に華やかな空間に生まれ変わりました。

Before

img_0171

After

dscf5402

植栽のスペースは大胆な自由曲線を用い、小舗石の大きさで少しですが

高低差を付けています。

高い方の低木はシモツケ。地被はキャットミント。低い方の低木はウツギマ

ジシャン。地被はクリーピングタイムをそれぞれ植えてみました。

After

dscf5253

テラスと家庭菜園を結ぶ通路は、枕木をランダムに敷いて遊んでみまし

た。同じく枕木で囲った家庭菜園にはウッドフェンスと連立して柱を立て

ました。将来、D.I.Yでロープを張ったり、メッシュフェンスを取り付けて

もらって、つる性の野菜を育ててもらえればと思っています。

Before

imga0936

After

dscf5395

アプローチは主庭とは趣を変え、デザインを全て直線にしました。

化粧平板のグリッドと土間コンのグリッドを互い違いにレイアウトして変化

をつけていきます。更に入口と玄関の前は、アンティークなレンガで縁取り

をしてグレードを上げてみました。

After

dscf5397

門柱は枕木を3本立てて組み合わせ、アイアンの表札と装飾金具を取り付

けて、他には無いオリジナル感を出しています。

After

dscf5401

植栽はあまり大きくならない木を選びました。

中木はナツハゼとオトコヨウゾメの2本に絞り、地被はフイリヤブラン、ヒュ

ーケラ、ビンカミノールを植えて彩りを与えています。

家庭菜園の仕切りに枕木を用いました。

dscf5221

それに黒土を入れると、手頃な家庭菜園が出来上がります。

やはり、畳一枚分の大きさが趣味で楽しまれるのであれば、最適だと思わ

れます。この大きさでも家族では食べきれない程の野菜が収穫できます。

 

次に、テラスに家庭菜園を繋ぐ苑路を同じ枕木で作る事にしました。

dscf5222

丁張りをかけ、様々な大きさにカットした枕木を図面に基づき、仮置きして

バランスを見て調整します。

これらが完成すると主庭の完成です。

dscf5257

家庭菜園の所のウッドフェンスに板を張らなかったのには理由がありま

す。それは、次のステップにD.I.Yでロープやワイヤーを張って、つる性の

野菜を育ててほしかったからです。

dscf5261

マンションや建物に囲まれて閉塞感があったスペースが、潤いのある新た

なプライベートな空間に生まれ変わりました。

建物に付随するテラスも、ようやく一体感が生まれ上手く庭に溶け込んで

います。

次は、玄関まで続くアプローチ工事です。

ここは「家の顔」になる重要な部分なので、色々な仕掛けで面白いデザイン

になっていますので楽しみにしていて下さい。

着工前はすでに他の外構会社の方で工事を完了されておりましたが、「何

か中途半端なので上手く仕上げてほしい。」と工事を頼まれました。

最初にすごく気になったのが、やけにお隣との敷地の段差がある事。1m

近くあるのはかなり珍しい事です。

dscf3166

ここをウッドフェンスで遮蔽する事にしました。

dscf5277

基礎ブロックを据え付け、そこに柱を立てていきます。それに板を張ってい

くと、この様に素敵なガーデンフェンスが完成しました。

dscf5281

こうする事で隣のゴチャゴチャした物が隠されて、かなりスッキリしてセパレ

ート感が出てきました。

次にお隣の外壁がレンガっぽくアンティークな感じがしたので、これを上手

く借景できないか考えました。

dscf3167

雪が落ちてくると嫌なので、冬場は移動できるお洒落なプランターの設置を

試みました。

dscf5282

このスクエアなプランターがすごく映えます。

これに、あまり大きくならない常緑樹を植えるつもりです。

また、お仕事が忙しくなかなか日中庭を眺める事ができないお客様の為に

ライティングも考えてあるので夜の演出もお楽しみに♪

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930