エゴノキ

ガーデニングを行ったのは2014年の11月。

それから約1年半が経ちました。

久しぶりに訪れてみたら、見違える程良くなっていました。

Before

2014-11-06 14.07.38

After

IMGA0643

ソヨゴも肥料が効いて地力がアップしたせいで、葉の色もトロッとした緑色

になり、樹形も一回り大きくなりました。クリーピングタイムはびっしりと生え

見事です。これなら雑草が出てくる事はないでしょう。

Before

2014-11-06 14.07.29

After

IMGA0641

イレックスサニーフォスターがかなり成長し、新緑のレモンイエローがとても

鮮やかです。アップルミントもびっしり生え、薄紫色の花がとても可憐に咲

いています。こちらも雑草が生える事はないでしょう。

Before

2014-11-06 14.07.54

After

IMGA0567

こちらはジューンベリーとエゴノキが二回り程大きくなっていました。山形市

から頂いたヤマボウシも順調に生育しています。

3年後位には追いつくかな?

山形市のS様邸、ガーデニング完成してから約一年。

すごく良くなっているので驚きました。

一年前と今では、こんなにも違います。

一年前

2014-11-06 14.07.38

現在              ↓

IMGA0570

一年前

2014-11-06 14.07.29

現在              ↓          

IMGA0571 (2)

一年前

2014-11-06 14.07.54

現在              ↓

IMGA0567

まるで別のお家みたいに、とても素敵になっていました。

「植物は嘘をつかない」のお手本みたいです。

この調子で植物の管理宜しくお願いします。

お盆休みも終わり、雨が降った事でようやく庭の植物も生気を取り戻したよ

うです。

今日は仕事の関係で新庄まで足を運んだので、2~3年前に当社で施工し

た作品を見て回りました。

最初に訪れたのがT様邸です。

奥様が好きでいろんな場所の、いろんなお店を訪れては買ってこられた植

物が所狭しと植えられ、立派に育っていました。

IMGA0840

IMGA0844

無造作に植えられた事で、ワイルドな風情を醸し出しながらも、より自然な

感じがしてとても良いです。

IMGA0843

家庭菜園も夏野菜を中心にたくさん植えられており、毎日食べきれない位

に新鮮な野菜が食べられそうです。

 

次に訪れたのがO様邸です。

こちらの作品は、先程の作品とは真逆でシンプルな仕上がりになっていま

す。

IMGA0849 (2)

シンプルに芝生でまとめられたスペースに雑木が4本植えられています。

どちらも順調に育っていたので安心しました。特に芝生の青さが際立って

美しく草1本生えていませんでした。また綺麗に刈り取られており、手入れ

がすごく行き届いていたので思わず感動してしまいました。

IMGA0848 (2)

小さな家庭菜園のスペースも見事に活用されているようでした。特に嬉し

かったのが、私のアドバイスを素直に聞いて頂き、木製のデッキにペイン

トされている事でした。これで、かなり長く使って頂ける事でしょう。今の

の所、何の問題もなさそうです。これからもっと素敵になっていく事を願

っています。

 

最後に訪れたのは、1番楽しみにしていたH様邸です。

訪れる度、私の想像を遥かに上回る変化をしていたからです。その期待は

今回も裏切る事はありませんでした。

IMGA0854 (2)

もう完璧です。何も言う事はありません。

ここが、大雪が降る事で有名な新庄である事を忘れてしまいます。さぞかし

管理が大変で苦労された事でしょう。下草の配植はまるでお手本のようで

す。次に驚かされたのはこの部分です。

IMGA0857

小端張りで張られた富沢石の目地に苔が生えていました。これには感動す

ら覚えました。

まるで小宇宙の様にいろんな世界が垣間見えたからです。

IMGA0861

庭全体のスペーシングは、眺める場所を変えればよく分かります。

決してそんなに広くないスペースなのに、いろんな見え方をしてくれます。

雑木類も雪折れする事なく、元気に育ってくれています。

ん…?ちょっと待って?元気のない木を発見!エゴノキにはキクイムシが

根元に穴を開けています。ナツツバキには根元に巨大な巣があり、アリが

気持ち悪いくらい群がっています。私の車に、それらに効果的な殺虫剤が

常備されていたので、駆除しておきました。私からのささやかなお手伝い

です。

これでますます素敵なお庭になっている事でしょう。

また、次回訪れるのを楽しみにしております♪

 

御商売をされているS様邸では、以前にも植栽されていましたが、かなり庭

が荒れた状態になっておりましたので、リ・ガーデンの依頼を当社で受けま

した。

032 (2)

立ち枯れしている樹木や、要らなくなった草花を思い切って整理致しまし

た。

IMGA0674 (2)

ナツツバキの株立やヤマボウシの株立を移植して、新たにクロモジやアオ

ダモ等の雑木を植栽しました。

思い切った曲線で仕切り、約半分のスペースは防草シート+玉砂利敷にし

て管理の時間を大幅に削減する事に成功しました。

IMGA0694

ブドウ棚も新たに木製で作り直し、単管パイプで補強しました。これで雪

対策もバッチリです。

016

雪囲いが大変な樹木は移植し、和モダンな庭に仕上げました。

IMGA0677 (2)

白御影の敷石を交互に並べて土留し、エゴノキとヤマボウシを植栽し、根

〆にはシモツケとフイリヤブランを植えて清涼感を出しました。

017

最も頭を悩ませたのがこの池の部分です。ここをどうリメイクするかセンス

が問われる所です。

IMGA0685

コンクリートの躯体の上に、新たに鳥海石を組んでみました。3種類のモミ

ジ(荒皮性モミジ、ヤマモミジ、コトノイト)を植えて山野の雰囲気を醸し出

させ、下草には水辺に合うシャガを植えました。

011

反対側から眺めると、池の半分が枯池状態になっているのが分かります。

冬期間は雪捨て場になっているとの事。制約が厳しいと、天の邪鬼の私は

益々闘志が湧いてきます。

IMGA0680

埋まっていた手水鉢を再利用し、伊勢ゴロタ石で作った洲浜の上を池のオ

ーバーフローした水が流れていく様に考えました。これには、施主様も「涼

しげですごく良い」と褒めて下さいました。周囲にはミソハギやシダ類を植

えて、より水辺っぽく仕上げました。池の周囲に縁取りした半ピンコロも当

初は洋風の素材なので違和感があるか心配でしたが、それが額縁の役割

を果たしてくれて和モダンな感じに仕上がってくれました。これは嬉しい誤

算です。

019 (3)

母屋の前も雑草対策?にと植えられたアイビーがはびこっていて、スッキリ

しない印象でした。

IMGA0676

それらを全て除根して、高麗芝を張りました。これでテラスから自由に庭へ

降りてくる事が可能になりました。芝の上には一部芝ガードが敷いてあり、

おばあさんが趣味の為、一輪車が通っても芝生がへこまないよう配慮しま

した。

IMGA0675

除雪するのにタイヤショベルのタイヤがはみ出るというので、化粧平板とピ

ンコロで幅を広くしました。

もちろん、下にはベースコンクリートがしっかり打ってあるので強度は十分

です。

完成するまで、思いの外掛かり約一か月を要しました。工事が進行する度に

新たな課題が発生し、その都度色々考えて乗り越えられた時の達成感は、格

別でした。何とか完成する事ができ、胸を撫で下ろしています。

これから真夏を迎え、水やりや草取り等大変だとは思いますが、私達の作っ

た作品を宜しくお願いいたします。

本当に色々ありがとうございました。

石組が終わればいよいよ植栽です。

IMGA0414

いつも植物を植えるとまるで別のエネルギーが加えられたかの様に、全く

別物に変化するので作り手もすごく楽しみです。今回は里山のイメージで

行きたいと思います。

IMGA0456

新たに、ヤマモミジや荒皮性のヤマモミジ、コトノイトの3種類のモミジを

池周りに配植しました。他にも、ヤマボウシやクロモジ、アオハダ、エゴノ

キ等の雑木を植えました。

IMGA0458

この様に元々あったボタンやシャクナゲ、アジサイ等もこの景に馴染む様

に移植しました。

IMGA0460

水辺にシャガを植え付けていきます。これが意外に合うんです。

IMGA0461 (2)

石と石の隙間には、サツキツツジで埋めていきます。

IMGA0462

こんな風に下草のフイリヤブランを植えただけで、庭が華やかになります。

植栽が完了するとかなり里山風になってきて、いい感じになってきました。

IMGA0463

ここからの一手間でより京風になるので、次にどう変化していくかは次回

までのお楽しみということで・・・!

着工前はこんな感じでした。

P1020182-a

P1020181-a

P1020180-a.jpg

この植樹桝に植栽用の客土を敷き均していきます。

P1020183-a

そこに木を植えていきます。

P1020185-a

これは、目隠し用に常緑樹のモチノキを植栽している所です。

メインの事務所の入り口脇には、エゴノキの株立ちを植栽しました。

002 (2)-a

この画像は、樹木が風や雪によって動かないように

竹で八ツ掛支柱を施している所です。

 

その脇の花壇には、低木で花の期間がすごく長いアベリアを

植栽しました。

001 (2)-a

植栽が完了したのが次の画像です。

P1020191-a

事務所入り口には、シンボルツリーのエゴノキの株立ちが植えられ

この無機質な空間に潤いを与えてくれています。

 

アベリアも今は少し寂しいですが2、3年後には緑の量も増え薄桃色の

花が長い期間、事務所を訪れる人達を和ませてくれる事でしょう。

P1020188

事務所の入口にはアオダモの株立ち、ハナミズキの赤花、ナツハゼが

植えられています。

P1020190-a

東側の花壇にはモチノキが列植されて、後ろの機械室を遮閉しています。

その他の部分は、花壇として社員の方々が四季折々の花を植えて

修景していくとお聞きしました。

 

来春には、どのような形で進化した外観になっているのかが

楽しみでもあり期待しています。

 

A様邸のガーデニングの完成までの過程を、

ビフォー、アフター形式でご紹介致します。

 

ビフォー

IMGP1642

 

アフター

006 (2)

 

全体の家の景観が見事に華やかに大変身したのが、

見て解ると思います。

特に、ゲスト用駐車場と石貼のアプローチとの境界にプランターを

設置した事で、誤って車が乗り入れられるトラブルも解消し、

それがまた、アクセントにもなっています。

冬は除雪の邪魔になるので、簡単に移動出来ます。

 

ビフォー

IMGP1644

 

アフター

IMGP1718

 

枕木で囲んだ花壇には、ヤマボウシの株立やエゴノキの株立、ソヨゴなどの

雑木で自然の雰囲気を感じさせながら、空間を仕切っています。

何気ないアルミフェンスに板を2列に貼っただけで

既存のウッドフェンスと

うまくコーディネートする事が出来ました。コスパ大です。

最初から100%張った高麗芝も水やりが上手なのですでに青々としています。

 

ビフォー

010.jpg2

 

アフター

009 (2)

 

枕木で構成されたモニュメントは、高低差を変え、さらに枕木用の

装飾金具を取り付けることで、うまくオリジナリティーが表現出来たと思います。

添えられて植えてあるジューンベリーやオトコヨウゾメも自然に馴染んでいます。

低木には、シモツケやウツギマジシャン、

下草にはガウラやクリーピングタイムなどを植える事で、

長い間フラワーリレーが楽しめる様に計画してみました。

 

ビフォー

020

 

アフター

012 (2)

 

御主人自ら手作りされた門柱の後ろにはハナミズキを植え、

リビング、ダイニングの窓から見える様に、その後ろにナツツバキの株立を植えてみました。

 

最後に御主人が同じ職人さんという事で、私のデザインに共感して頂き

いろんなデザインを取り入れる事ができ、感謝しております。

特に、フェンスに取り付けてもらった木製パネル、グッドジョブです。

うまくこの庭を管理していって、子供さんとの良い遊び場になる事を期待しております。

お家の前を毎日通りますので、気づいた点があったら、アドバイス致します。

本当にありがとうございました。

 

 

武田園芸

リフォーム前の庭は、年配の方が住まわれていた為、石を使った和風のものでしたが、新しい施主は若い方なのでライフスタイルに合わず、生垣による目隠しと芝生のスペースが希望でした。


武田園芸

通りに面した所はマサキの生垣で遮蔽し、庭の大部分を芝生にしました。白御影石の尺角間知石と小舗石で作った円型のサークルには、シンボルツリーとして、エゴノキの株立を植えました。多目的に使えると好評でした。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930