ガウラ

クネクネ曲線にこだわって、遊び感覚でデザインした作品をビフォー・アフ

ター形式で紹介したいと思います。

BEFORE

AFTER

最初の打ち合わせは3月の末。

ビフォーの写真を見ると、まだこの頃雪があるのを思い出しました。

話は変わりますが、まずこだわったのは先程申した通りクネクネした芝生

の曲線です。周囲は玉砂利敷にして、芝生に上がらなくても庭を散策でき

るようにと考えてみました。

その結果、芝生の緑が浮き出るような演出となって、素敵な雲形の形に仕

上がりました。

それとは対照的に家庭菜園は角材を使って、スクエアな仕上がりをわざと

狙ってみました。また幅はあまり広くせずに、砂利から全て手が届くよう

にして、長靴にドロが付いて汚れる煩わしさを防ぎました。

植栽は管理の楽な雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ヤマボウシ、ツリ

バナ等)をポイントを押さえて植栽しました。

せっかく敷地が高台にあったので、既存のネットフェンスに遮蔽ネットを

張って空間を少しだけ仕切ってみました。

BEFORE

AFTER

多目的に使えるようにしたテラスは、周囲をアンティークレンガで囲った

シンプルなもの。これも雫型にしただけで雰囲気が出てきます。

BEFORE

AFTER

タイムやガウラ、キャットミントをメインに植えた花壇スペースもまるで

波のような曲線を使っている為、それだけを見れば和モダンなテイストが

感じられます。

AFTER

逆方向から眺めると、いかに曲線が遊んでいるか分かります。

芝生の中にあるレンガで囲った円形のものは、小さな娘さん達のリクエス

トにお応えして作った砂場です。

AFTER

一週間後に伺ったら、すでにかなり遊ばれている様子でした。本当に子供

って砂が好きなんですねー!

AFTER

玄関前に植えられたヤマボウシの株立。これだけでも絵になりますが、

下草にスジギボウシを植えたので更に華やかさが広がりました。

カーポートから道路に出る際、見通しが悪くすごく危険だという事でガーデ

ンミラーを取り付けました。

dscf5240%e2%91%a0

鏡の部分にはオシャレな飾りが付いています。

この鏡、直径が22cmもあり意外に見えます。

拡大するとこうなります。

dscf5242%e2%91%a0

この様に、道路を走ってくる車がハッキリと見えます。

車が出る時、対向車が見えなくて恐いとお困りの方、一度当社にご相談下

さい。色々な方法をご提案申し上げます。

しかし、K様邸を半年ぶりに訪れたら庭がすごく良くなっていて超びっくり!

dscf5243%e2%91%a0

入口から玄関までの長いアプローチも、植物が成長していてすごく綺麗で

癒されます。

dscf5244%e2%91%a0

ここまで成長すると、私のイメージとぴったり一致してすごく素敵です。

特にガウラは可憐なピンクの花が風に揺れて、とても素敵です。

dscf5245%e2%91%a0

玄関から見るとナツツバキの株立が成長したので、車道から丸見えになら

ないのが分かります。

来年は刈込や剪定が必要ですね。そして、より良い庭に一緒に仕立ててい

きたいと思います。

rimg0570

 

imga0886%e2%91%a0

着工前はコンクリートのアプローチと畑土が盛られているだけでした。

rimg0570

コンクリートのアプローチに沿って、枕木を組み花壇を作りました。これだけでも無機質感が和らぎます。

rimg0571

リビングの前には、同じく枕木を3本立てて門柱にしました。その脇にはシンボルツリーのヤマボウシの株立とジューンベリーの株立を植栽し、存在感を醸し出しています。

門柱の廻りには、常に華やかである様にと、花の咲いている期間が長いアベリアを植栽しました。グランドカバーは定番のクリーピングタイムを植え、将来マット状に広がる事でしょう。

rimg0572

家庭菜園が丸見えにならない様に、アオダモの株立を植栽しました。下草には、将来草丈が高くなる矮性のガウラを植栽して景をまとめています。

rimg0573

枕木で囲って家庭菜園を作りました。動線を考えただ四角にするのではなく、一部凹ましています。

どのように変化したのか例によってビフォー・アフター形式で紹介したいと

思います。

Before

IMGA0568

After

RIMG0570

コンクリートで作られたアプローチの脇には枕木で花壇が作られ、リビング

の前や奥にも植栽がなされ、以前よりも庭が広く感じられます。

Before

RIMG0552

After

RIMG0572

以前からあった家庭菜園のスペースも同じ枕木で囲いスッキリと、真四角

でないのは物干しのスペースを確保する為です。

アプローチから家庭菜園が丸見えにならない様にアオダモの株立を植え、

根〆にはガウラとイモカタバミを植えてみました。これが伸びてくるとまた景

色が変わるのですが。

Before

IMGA0886

After

RIMG0571

枕木を3本組み合わせてシンプルな門柱を作りました。

シンボルツリーにはヤマボウシの株立を、その隣にはジューンベリーの株

立を植え付けました。

枕木の廻りにはアベリアを植栽してゴージャスにしました。

地被には定番のクリーピングタイムを植栽して、雑草の発生を抑制します。

Before

IMGA0885

After

IMGA0741

この角度から見ると、アプローチと植栽の関係がよく分かります。四角の

グリッドのアプローチに対して、自由曲線の植栽帯が庭に柔らかさを与え

てくれています。

樹々が植えられた事で、無機質な空間が潤いのある空間に変わりました。

「すぐにでも花苗を植えたい。」とおっしゃられていたので、花壇も可憐な花

達で埋め尽くされ事でしょう。少々散水等の管理の面で多少時間は取られ

ますがその分植物は必ず返してくれますので、それを期待して頑張ってみ

て下さい。色々とありがとうございました。

IMGA0990①

着工前はこの様に入口が狭く、奥に行くと広い特殊な形状でした。

019①

幅が狭いので、2台並列駐車は諦め、2連棟の縦列駐車にする事にしました。カーポートの前はギリギリ2台用のゲスト駐車スペースになっています。

IMGA0979①

IMGA0978①

オリジナルの門柱は枕木を組み合わせて作りました。

表札を照らす照明は奥様が選ばれました。長いアプローチを逆手に取り、玄関まで歩いていく途中、いろいろ変化のある訪れた人が楽しめる植栽にしたいと考えました。門柱の手前は、クリーピングタイムが地面を覆います。

IMGA0985①

中間部分は、ミツバツツジ、ウメモドキ、イレックスサニーフォスターの中木が植えられ、下草にはフッキソウが植えられています。

IMGA0859①

一番奥は、クロモジの株立やオトコヨウゾメが植えられ、下草にはフイリヤブラン、ガウラ、アベリアを植栽しました。

反対側には、玄関が通りから丸見えにならない様に、大きめのナツツバキの株立を植栽し、アカバナエゴノキの株立、ナツハゼを植え、下草にはイモカタバミ、低木にはシモツケを配植しました。

IMGA0861①

玄関側から振り返ると、いかに植栽の量が多いか分かると思います。

土間コンクリートは全て自由曲線が用いられ、それに合わせて土間コンクリートの中にキャメルストーンで象(かたど)った雲形の石貼りが3ヵ所設けてあります。これら全てが、モダニズムを追求したからこそ生まれた形です。

主庭になる部分は、隣の工場の放置された物が全て見えてしまうので、これをまずいかにアートに隠すかがテーマでした。

IMGA0028①

ここは、モダンアートを追求すべく、生垣も全て自由曲線で植栽しました。

IMGA0556① IMGA0558

生垣の自由に伸びた曲線と芝生の縁取りの曲線がアートを感じさせます。生垣は冬でも目隠しできる様に全て常緑樹にしました。シラカシ、ネズミモチ、マサキを用いて全て高さを変えて変化を出しています。

植栽は全て雑木類で、ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、サワフタギ、カマツカ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ等、今から里山の雰囲気を醸し出してくれそうです。

昨年の今頃、ガーデニング工事が完了した

東根市H様邸に先日お伺いしたら、植物がかなり

成長していて、とても劇的に変化していました。

どのように変化していたのか、ビフォー・アフター形式

で表したいと思います。

 

Before

007 (4)c

After

IMG_0226c

Before

005 (5)c

After

IMG_0227c

Before

012 (3)c

After

IMG_0233c

Before

003 (4)c

After

IMG_0229c

このように樹木は一回り大きく成長し、地被類は

地面を全て覆っていました。特に目を引いたのは

今ピンクの花が咲いているガウラで、かなり華やかさ

を演出してくれています。

 

クリーピングタイムやビンカミノールも成長して

見事にグランドカバーで3段植栽になっていました。

奥に見えるフィリヤブランも綺麗に成長し、斑入りの

葉っぱも見事に綺麗になっていました。

 

お客様自身も色々草花を植えて、自分なりに演出を

楽しんでおられるようでしたので、いかにこの庭に

愛情を持って接しておられるのかが感じ取られました。

 

来春の新緑の時期に、更なる変化を遂げているのか

楽しみです!

 

 

 

 

 

020 (2)

時間がゆっくりと流れ、気持ち安らかな時を過ごして欲しいという

コンセプトのもと、設計を考えました。

001 (3)

工事を始める前はこんな風に芝なのか雑草なのか、分からない状態になっていました。

そこで雑草が生えない管理の楽な庭を造って欲しいと頼まれました。

020 (2)

一度全ての雑草を剥ぎ取り、リガーデンしました。

植栽帯以外は全て、防草シートの上に玉砂利を敷いたので

雑草対策は万全です。

管理も楽な方が良いということだったので、ヤマボウシの株立ちや

ハナミズキの赤、ジューンベリーやヤマモミジの雑木を植栽し

四季折々の姿を堪能してもらいたいと考えました。

グランドカバーには、手前からクリーピングタイム、キャットミント、ガウラの順に植え

草丈で段々高くなるよう配植しました。

 

024

既存の白いラティスも植栽された事によって、以前にも増して映えています。

これは想定外の出来事でした。

新緑の季節が訪れる頃、今までとはまるで違う空気感が漂い

その中に抱かれながら、無心になって頂ける時間を作ってもらえたなら最高です。

 

 

001

着工前はこんな風に芝生が雑草に負けてしまった状態でした。

これを全て撤去し、管理の楽な庭にしてほしいというのが奥様の

御希望でした。

 

それを実現したのがこちらの庭です。

020 (2)

樹木を植えたことで比較するものが出来、以前よりもとても広く

感じられます。

ヤマモミジやジューンベリー、ヤマボウシ等の雑木が植えられているので

四季折々の変化が家に居ながらにして、楽しめることと思います。

地被には奥から、ガウラ、キャットミント、クリーピングタイムの順で

植えてあり、草丈も奥が一番高く手前にくるに従って、順々に

低くなるように構成してあります。

これらの植物は管理が楽なので、来年には見事な花を咲かせることでしょう。

 

022 (2)

反対から見るとこんな感じになっています。

以前からあった白いフェンスが前にも増して活きてきました。

これは全くの想定外でした。

とても気にされていた雑草対策も、防草シートの上に玉砂利を

敷いたことで、ほぼ100%草が出る事は無いでしょう。

 

作庭中のその過程ごとの変化にすごく喜んでもらい、いろんな

おもてなしを受けて、とても励みになりました。

狭い場所だったので、ほぼ人力での作業という難儀な仕事でしたが

奥様の心遣いで乗り切ることが出来、無事完成することが出来て

ほっとしています。

この庭を見て、少しでも幸せな気分になって頂けたら庭師にとって

これ以上の喜びはありません。

そうなるよう、お互い頑張っていきましょう。

色々と有難うございました。

 

009 (3)

最初に訪れた時、雪の多さには大変驚かされました。

制約があればあるほど、設計者としては闘志がわいてくるというもの。

出された要望は全てクリアしてみせるという意気込みで仕事に掛かりました。

 

024

 

着工前はこんな風に、駐車用に砕石が敷いてあるだけで土地が有効に活用されていませんでした。

ここに、お客様からのご要望にお答えして、カーポート(2台分)、ゲスト用の駐車スペース兼アプローチ

植栽スペースetc.を実現していこうと思います。

 

010 (3)

角地の為、除雪時よくショートカットされてしまうとの事だったので、

あえて、ブロック等の構造物を設けず芝のスペースと花壇にして、緑化スペースを確保しました。

角々には塩ビのパイプが埋め込んであり、冬期間はここに赤白のポールを立てて

除雪の時、踏まれない様配慮しました。

 

 

008 (2)

センターの緑化スペースは、特に門柱は設けなかったので、玄関の扉を開けた時に

中が丸見えにならない様配植しました。

植栽した雑木類は特に管理の楽なアオダモやヤマボウシ、ヤマモミジ、ジューンベリー等の

株立ちを植栽し、、春から秋までの四季の移り変わりを楽しんでもらえると思います。

地被植物には花姿の美しいアスチルべアメリカ、触れると香りで癒されるキャットミント

蝶が舞っている様に見えるガウラを植栽しました。

全て草丈のあるものをチョイスして、ボリューム感を出してみました。

 

 

017 (2)

奥様たってのご要望で、どうしてもバラを植えたいとの事だったので

そこの部分だけ畑土に入れ替えし、オベリスクを立てて這わせることにしました。

花も淡いピンク系のもので統一し、派手さはありませんが、シックなイメージで統一しました。

 

 

うちのお袋が毎日通っているS医院さん。

先生との話の中で、当社で医院前のガーデニングをすることになりました。

まずは、着工前がこんな感じです。

007 (2)

 

ぱっと見ピンク系の外観がすごく目を引きます。

ここに土を入れ、植栽していくとかなり変わります。

 

004 (2).jpg2

中木にモチノキを5本植え、下草には奥から

ガウラ、フィリヤブランを植えました。

ガウラはPOT物を植えたばかりなので、まだぽやぽやの

状態ですが、来年には草丈が今の倍になり、ピンク系の花が

後ろの外壁とうまくマッチしてくれると思います。

手前のフィリヤブランは薄紫の花を咲かせるのですが、

花が咲いてない時でも、葉が斑入りになっているので

観葉植物としても、十分見応えがあります。

 

 

別の着工前のアングルがこうです。

007.jpg2

 

この角度から、植栽完了後を見るとこうなります。

002 (2).jpg2

5本植えられたモチノキが何気なく植えられたように見えますが

あえてここは常緑中木を植えて、主張しない樹木を選択しました。

このガーデニングの主役は草花達です。

来年の今頃には、どんな風景を見せてくれるのか。

楽しみです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930