キャットミント

”究極のメンテナンスフリー”を目指して

リガーデンを行いました。

 

RIMG3234

RIMG3235

 

芝生より草の生え方が激しく

すべて取り除くことにしました。

 

RIMG3244

 

ミニバックホーで芝生を全て剥ぎ取り

そこへ防草シートを張っていきます。

 

RIMG3275

 

花壇部分も土も全て入れ替え

下草で1番管理の楽なキャットミントを植えました。

 

RIMG3273RIMG3295

 

次に防草シートに様々な玉石及び化粧砂利を

敷き詰めていくとこうなりました。

 

RIMG3299DSCF9761

 

ピンク系とホワイト系の敷砂利のコントラストが美しく

まるで別の庭になったような気がします。

 

リビング前は和モダンなテイストにしたかったので

雑木の下は伊勢ゴロタ石を敷きました。

 

RIMG3298DSCF9754

 

計4種類の砂利を使って色分けした訳ですが

これはこれで新しい形のガーデニングかなと改めて思いました。

 

まさに”究極のメンテナンスフリー”の庭の出来上がりです。

IMG_7516

 

建築途中よりデザインの打ち合わせを行い建物を見る方向が変われば

庭の形も変わるようデザインしました。

 

【着工前】

DSCF6748

 

建物の西側は2台用のカーポートを建てて

車をバックで停めやすいように土間コンクリートはカーブを描いでいます。

 

物置も建物の外観に合わせる事で、一体感が生まれました。

 

IMG_7516

 

人とは違ったアプローチを作りたくて

化粧平板を三角形の組み合わせで敷いてみました。

モチーフは「折り紙」です。

 

IMG_7529

 

建物の北側の土留は白御影の敷石を交互に並べて据え付けました。

そうする事によりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

IMG_7523

 

建物の東側は

ナツツバキやアオダモ・ハナカイドウ・常緑ヤマボウシ等の

管理の楽な雑木を主体に植えました。

 

どことなく清涼感が漂います。

 

枕木を2本使って土留を行い2段植栽に致しました。

 

上段には

マホニアコンフューサとキャットミント・フイリヤブラン。

 

下段には

ベロニカオックスフォードブルーを植えています。

 

そうすることで庭に奥行きが出ました。

 

IMG_7525

 

庭の南側は、リビングと和室があります。

 

リビングの前は、前の畑を隠したかったので、

雑木類(ジューンベリー・アオハダ・ナツハゼ)を

少し間隔をせばめて植えています。

 

下草も西洋イワナンテンスカーレッタ・スジギボウシと

洋風っぽいものを選んでいます。

 

IMG_7524

 

和室前はちょっぴり和モダンを意識して

景石と瓦で修景を兼ねて土留を行い

 

ヤマモミジとツリバナの株立を植え

サツキの刈込でまとめてみました。

 

IMG_7526

IMG_7484

 

家を新築されたのを期に、

「古い家の解体後そのままの形で残されていた庭をリ・ガーデンしたい」

というのが当社へのご依頼でした。

 

【着工前】

DSCF6222

 

2台用のカーポートの設置は見送り、あくまでも外観重視でデザインしました。

「あれ、このお宅で間違いないんだっけ~?」と言われるようになりたいです。

 

IMG_7495

 

3台分の駐車スペースは確保したので、角地の部分建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で、

植栽スペースを設けました。

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が、爽やかな風を運んでくれます。

 

IMG_7496

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。まさにワンランク昇格を果たしました。

 

IMG_7488

 

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。

また、既存のブロックが古く強度が今の基準を満たしていなかったので、控え壁で補強しました。

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。

これにより3段植栽が可能になりました。

現在のブロック塀の基礎の古さは、もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて、広い所・狭い所のメリハリを付けました。

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱切りにしました。

門柱も手作りし、表札もポストも私がチョイスしました。モチーフは円(縁)になっています。

 

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

樹木はお隣の家を考慮して、葉っぱの落ちない常緑樹でまとめました。

 

IMG_7510

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

なるべく予算を掛けたくなかったので、

ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

 

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので、オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

 

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し

建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを1段積み上げました。

 

IMG_7485

 

御主人より息子さんの共通の趣味、

「ファットバイクを収納するのに扉が欲しい」とおっしゃられ、急遽デザイン変更しました。

 

扉が重くならないように観音開きにし

板も同じものを使用しているので違和感はありません。

 

IMG_7482

 

家を新築されたのを期に、

「古い家の解体後そのままの形で残されていた庭を

リ・ガーデンしたい」というのが、当社へのご要望でした。

 

どのようにリ・ガーデンされたのか分かりりやすいように

ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6222

 

【After】

IMG_7495

 

全体的にスッキリとした印象に生まれ変わりました。

あくまでも外観を最重視する為に

当初計画していた2台用のカーポートの設置は見送りました。

 

IMG_7496

 

道路側が全てコンクリートになってしまうと

無機質感が強くなってしまうので

建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で植栽スペースを設けました。

 

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が爽やかな風を運んでくれます。

 

【Before】

DSCF6221

 

【After】

IMG_7488

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。

まさにワンランク昇格を果たしました。

 

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。

既存のブロックが古く強度が心配だったので、控え壁で補強しました。

 

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。

ブロック塀の基礎の古さは

もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

【Before】

DSCF6223

 

【After】

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて広い所と狭いところのメリハリをつけました。

 

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱張りにしました。

 

門柱も手作りし、表札・ポストも私がチョイスしました。

モチーフは円(縁)になってます。

 

【Before】

DSCF6226

 

【After】

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

 

樹木はお隣の家を配慮して、落葉しない常緑樹でまとめました。

 

DSCF8022

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

予算をかけたくなかったので

ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

 

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

【Before】

DSCF7226

 

【After】

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので

オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

 

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し

建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを新たに1段積みました。

 

【Before】

DSCF7022

 

【After】

IMG_7485

 

御夫人と息子さんの共通の趣味「ファットバイク」を

「収納するのに塀が欲しい」と依頼され、急遽デザイン変更しました。

 

扉が重くならないように観音開きにし

枝も同じものを使用しているので違和感がありません。

 

IMG_7482

 

 

 

TURQUEISE

 

トータルビューティーサロン『TURQUOISE(ターコイズ)』さんの

ガーデニングを依頼されました。

 

「南国の癒しの空間を演出して欲しい」とのご要望でした。

 

【着工前】

DSCF2320

 

この寒い山形では難題でしたが、この夢を実現させて

少しでもお店の売上アップに貢献できるようにデザインしました。

 

DSCF4149

 

入り口前には“トウジュロ”を2本植えました。

ヤシ科なので南国っぽいイメージにぴったりです。

根〆には見た目もブルーで可憐なハーブのキャットミントを植えました。

 

DSCF4150

DSCF5600

 

リビング前にはジューンベリーの株立や

ツリバナ、ナツハゼの株立を植えました。

 

奥行きがかなり少ないので成長スピードが遅く、

室内からの圧迫感が少ない樹木を選びました。

 

根〆にはマホニアコンフューサと

シモツケリトルプリンセスで華やかさを演出しました。

 

DSCF4151

 

自宅への入口脇にはハナミズキの赤色を植え、

根〆にはハーブのクリーピングタイムを植えました。

 

RIMG0091

 

店舗入口脇のデッドスペースも見逃しません。

ここにはアオダモの株立を植え、根〆には

ブルーの花が美しいベロニカオックスフォードブルーを植えました。

 

DSCF4152

 

植栽しているスペースは決して広くありませんが、

それでも諦めずにデッドスペースや植栽帯を曲線にして変化を付ける事で

これだけの樹々や地被植物を植えられるという事を見事に立証しました。

 

お店の外装が藍色っぽいのでより緑が引き立つ事も事実です。

 

お客様からは

「植物のチョイスとこの曲線は想像がつかなかった!」

とお褒めの言葉を頂きました。

 

ミッションコンプリートです!

 

 

IMG_1061

 

既にハウスメーカーさんの方で

外構工事の一部(アプローチ・駐車スペース用土間コンクリートの打設)が完了しておりました。

 

それを最初の現地での打ち合わせで見た時に、少なからず違和感を覚えました。

それは敷地を中央で分断するかのように作られた階段部分です。

 

これをいかにガーデニング工事で上手く馴染ませるかが最大のテーマでした。

 

【着工前】

DSCF4678

 

施主様施工で2台用のカーポートと物置は設置したいとの事だったので、

設置場所と物置の色はこちらで提案させていただきました。

 

IMG_1062

 

中央に設けられた入口の階段を白御影の間知石積みにして

緩やかな曲線で挟み込む工法を取りました。

それによりだいぶ和らいだように感じます。

 

高低差も約1m程あったので

石積みを2段にし、勾配をなだらかにしました。

 

これにより、土の流失を防げるようになったので

彩りを与える為ハーブのキャットミントを植え付けました。

 

IMG_1064

 

石組に合わせてマサキの生垣を曲線にして植栽しました。

 

玄関前には約5m近くもあるヤマモミジを植栽しました。

駐車場から見上げる形になるのであまり低い木だと存在感が薄くなってしまうからです。

 

IMG_1063

 

既存のシラカシは南東の方へ移植し、

その分芝生の面積を多くとるようにしました。

 

IMG_1065

IMG_1075

玄関前から眺めると向かって左側には

外構工事の時に植えてあったハナミズキを利用して遠近法を用いました。

奥にある大きなヤマモミジと比較する事でより広く感じます。

 

右側にはアオダモの株立を植え、

シラカシを移植する事で道路と隣地との空間を遮蔽しました。

 

IMG_0899

IMG_1070

IMG_1071

IMG_1073

 

庭の奥(西側)から振り返るとこのようになっています。

 

植樹スペースは小舗石で仕切り、芝生の面積はここまで大きくとりました。

芝刈が少しでもやりやすいように、芝生の中には樹木をあえて植えませんでした。

 

アンティークレンガで縁取りした大きなコンクリート製のテラスも

BBQやプール置場として多目的に使われる事でしょう。

 

このように曲線を幾重にも重ねる事で相乗効果が生まれ、

よりデザイン性が協調されました。

 

IMG_1072

IMG_1069

IMG_0896

 

お隣との境界には大きなヤマモミジを中心として、

ヤマボウシやジューンベリー、アオハダの株立で空間を仕切りました。

 

これらの樹々のおかげでリビングでくつろいでいる時に安らかさが増す事は確実です。

 

IMG_1067

 

庭の奥には防腐剤注入木材で作った家庭菜園を設けました。

家族で野菜作りを楽しむならこれくらいの大きさが丁度いいと思います。

 

IMG_1068

 

 

IMG_7429

 

既にアプローチや門柱、カーポート等の外構工事は完成されていた為に

それに合わせて作庭致しました。

 

神社が祀られていたり、思いの外勾配がきつかったり、

機械が入れず人力作業になったりいろんな条件が重なりましたが

比較的管理が楽で和モダンな庭に仕上がったと思います。

 

【着工前】

DSCF5199

 

緩やかな曲線を描いて造られたコンクリート製の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に、

いろんな雑木(ナツツバキ・アオダモ・ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン・ヒューケラ・ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で、

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は冬期間アプローチの除雪の事を考えて、

移動の出来る和風スタンドにしました。

 

IMG_7423

IMG_7424

 

また武骨なコンセントスタンドは割竹で囲い、化粧をしました。

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせ

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので四季を通していろんな彩りの変化が楽しめるでしょう。

 

IMG_7425

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留をして

さらに白御影敷石を据え付けていつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいようにヤマモミジやサザンカ、サンシュユの

和風に属するであろう樹木を植栽し、

周囲はサツキツツジの刈込でまとめました。

 

IMG_7426

 

通路を挟んで両側に芝生を張る事で遠近法が生まれ、とても広く見えます。

また緑の占める面積が増える事でより豪華に見えます。

 

IMG_7427

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と庭の曲線が絡んで

デザイン状の相乗効果が得られているのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

IMG_7428

 

和室前の和のスペースはあえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、あまりかがまなくても使えるようにしたかったからです。

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして空間構成を出来るだけシンプルにまとめました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、

玉砂利敷きではなく伊勢ゴロタ石を播き石する事によって

高級感が増すと共に気温が下がってくると赤葉になるセイヨウイワナンテンスカーレッタの葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

【秋~冬の様子】

IMG_0835

【春~夏の様子】

IMG_7429

 

新緑の季節になると玄関のフェンスからのぞく爽やかな緑の樹々が訪れる人を出迎えてくれます。

 

IMG_7422

 

 

既にハウスメーカーさんの方で

外構工事の一部(アプローチ・駐車スペース用の土間コンクリートの打設)が完了しておりました。

 

それを最初の現地での打ち合わせで見た時に

少なからず違和感を覚えました。

それは敷地を中央で分断するかのように作られた階段部分です。

 

これをいかにこのガーデニング工事で

上手く馴染ませるかが最大のデザインテーマでした。

このテーマをどのような形でまとめていったのか

分り易いようにビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF4678

【After】

IMG_0919

 

施主様施工で2台用のカーポートと

物置を設置したいとの事だったので、

設置場所と物置の色はこちらで提案させていただきました。

 

【Before】

DSCF4472

【After】

IMG_0915

 

アプローチがよくありがちな直線だったので、

入口の階段の両側は緩やかな曲線を描いて和らげました。

 

高低差も約1m程あったので

白御影の間知石を2段積みにして土留をしてなだらかな勾配にし、

そこにはハーブのキャットミントを植えました。

来春になれば新しい葉が出てきてまた違った印象になると思います。

 

【Before】

DSCF4478

【After】

IMG_0921

 

石積みに合わせてマサキの生垣を曲線にして植栽しました。

 

玄関前に約5m近くあるヤマモミジを植えました。

家の方が高い位置になっているので

あまり低い樹木だと存在感が薄くなってしまうからです。

 

【Before】

DSCF4482

【After】

IMG_0912

 

既存のシラカシは南東の方へ移植し、

その分芝生の面積を広くとるようにしました。

 

【Before】

DSCF4487

【After】

IMG_0899

IMG_0904

IMG_0903

 

玄関から眺めると向かって左側には外構工事の時に

植えてあったハナミズキを利用して遠近法を用いました。

奥にある大きなヤマモミジと比較する事で広く感じます。

 

右側にはアオダモの株立を植え、

シラカシを移植する事で道路と隣地との空間を遮蔽しました。

 

【Before】

DSCF4485

【After】

IMG_0893

IMG_0896

 

庭の奥(西側)から振り返るとこのようになっています。

 

植樹スペースは小舗石で仕切り、

芝生の面積はここまで広くとりました。

 

芝刈が少しでもやりやすいように

芝生の中には樹木をあえて植えませんでした。

 

アンティークレンガで縁取りした大きなコンクリート製のテラスも

BBQやプール置場として多目的に使われる事でしょう。

 

このように曲線を幾重にも重ねる事で相乗効果が生まれ、

よりデザイン性が強調されました。

 

【Before】

DSCF4484

【After】

IMG_0906

 

お隣との境界には大きなヤマモミジを中心として、

ヤマボウシやジューンベリー、アオハダの株立で空間を仕切りました。

 

新緑の頃にはこれらの樹々のおかげで

リビングでくつろいでいる時に安らかな空間になる事間違いなしです。

 

【After】

IMG_0892

 

庭の奥には防腐剤注入木材で作った家庭菜園を設けました。

家族で野菜作りを楽しむならこのくらいの大きさが丁度いいと思います。

 

 

既にアプローチや門柱、

カーポート等の外構工事が完成されていた為に

それに合わせてデザインしたガーデニングが完成しました。

 

全ての仕事が人力になってしまい、かなり苦労しましたが

無事にM様に引き渡す事ができて安心しました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF5198

【After】

IMG_0841

IMG_0849

 

緩やかな曲線を描いて造られていたコンクリート製の

距離の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に

いろんな雑木(ナツツバキ、アオダモ、ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン、ヒューケラ、ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は和風スタンドを置くだけで移動可能にし、

武骨なコンセントは割竹で囲う事で和の風情を感じます。

 

【Before】

DSCF5190

【After】

IMG_0828

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせて、

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので来春の新しい芽吹きに期待しましょう。

 

【Before】

DSCF5192

【After】

IMG_0837

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留して

白御影敷石を据え付けて、いつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいように

ヤマモミジやサザンカ、サンシュユの和っぽい樹木を植栽し、

周囲にはサツキの刈込でまとめました。

 

【Before】

DSCF5195

【After】

IMG_0845

 

道路を挟んで両側に芝生を張る事で、

遠近法でとても広く見えます。

また緑の面積が増える事でより豪華に見えます。

 

【Before】

DSCF5188

【After】

IMG_0830

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と

庭の曲線が絡んで馴染んでいるのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で

何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

【After】

IMG_0835

 

和室前の和のスペースは、

あえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、

かがまなくても使えるようにしたかったからです。

 

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして

空間構成を出来るだけシンプルにまとめてみました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、玉砂利敷きではなく

伊勢ゴロタ石を撒き石する事によって高級感が増すと共に、

セイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

 

カツラの木が大きくなり過ぎて根上りを起こしていたり、

テラス風に敷いていた枕木が腐ってしまっていたり…

やはり20年以上経つといろいろ手直しが必要になりますね!

 

どのように変化したのかビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF4397

【After】

DSCF5200

 

アンティークレンガで縁取りをして

化粧平板をアクセントにした大きめのコンクリートのテラス。

 

平板が直線に並べられているので

目の錯覚で奥行きがあるように感じます。

 

これでどんなに雪が降っても除雪機で簡単に飛ばすことが出来ます。

もちろん玉砂利の下には防草シートが貼ってあるので、

雑草対策もばっちりです。

 

【Before】

DSCF4399

【After】

DSCF5209

 

伸び過ぎてしまったカツラの枝もさっぱりと剪定され、

美しい樹形を取り戻しています。

 

根上がりも上根を全てチェーンソーで切って、

防草シートで囲ってあるのでもう大丈夫です。

 

中央には小舗石(錆)で縁取りををしてアオダモの株立を植えて、

根〆にはキャットミントを植栽しました。

これで雑木のバランスが取れました。

 

【After】

DSCF5208

 

全てベージュ系の柔らかい色調でまとめたのでシックになりました。

 

曲線が美しいオシャレな空間に生まれ変わりました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年11月
M T W T F S S
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ