キャメルストーン

img_0187

 

imga0046 imga0127

着工前は、以前あった和風庭園が全て解体された状態でした。もう一方、中庭には白いタイルが貼られ、中央にシンボルツリーを植えてほしいと頼まれました。

img_0089

この庭は第一印象から宇宙をイメージした物にしようと決めていました。全面に敷かれた玉砂利部分を宇宙に見立て、あとは全て円形にして惑星を象っています。

中央の芝生の部分も円形にし、シンボルツリーのアオハダの株立が植えてある部分も同じ円形にし、一段高くしてあります。

円と円が交わっている部分にはキャメルストーンを貼って、ちょっとしたテラスに利用してほしいと考えています。

img_0092

隣地境界の所にある花壇にはオベリスクを設置して、将来奥様がバラを植えて下さる予定です。

img_0098 img_0190

この庭は家庭菜園まで全て円形にしました。どのサークル石も、石の色味と、大きさや高さを全て違う物にして変化をつけています。

img_0178

中庭にはシンボルツリーのナツツバキの株立が植えられ、白で統一された空間に潤いを与えています。

片道2時間かけての現場なのでかなり遠かったのですが、なかなか面白い

作品に仕上がりました。いつも通りビフォー・アフター形式で説明していきた

いと思います。

Before

IMGA0046

After

IMG_0093

IMG_0090

この庭はすべて円をモチーフにしています。

芝生も花壇も家庭菜園も植栽地もすべて円!

大きな宇宙に惑星が浮かんでいる様なイメージで設計しました。ですから

敷砂利の部分は宇宙空間を模している事になります。しかも防草シートが

下に敷いてあるので管理も殆どかかりません。

植栽は主に雑木でまとめ、ジューンベリーの株立やアオダモ、クロモジ、ナ

ツハゼが植えてあります。

IMG_0096

芝生の円と植栽地の円が交わっている所は段差がつけてあり、そこには

キャメルストーンを貼って、ちょっと腰掛けられる様にしました。

Before

IMGA0129

After

IMG_0095

隣地境界のブロック塀脇の花壇は、将来つるバラを這わせるべく円の中心

にオベリスクを立ててみました。

その下草にはハーブのアップルミントを植えてあります。中間には常緑樹

のモチノキを植えて、古いブロック塀を隠そうと考えました。

Before

IMGA0127

After

IMGP3639

タイルが貼られた豪華なテラスの中央には、シンボルツリーのナツツバキ

の株立が植えてあります。この木は玄関からもリビングからもピアノ教室か

らも全て見えるので、かなり重要な役割を果たしているのですが、立派な

樹形の木が植えられたのでホッと胸を撫で下ろしています。

After

IMG_0100

テラス前のブロック塀脇にも常緑樹のソヨゴが植えてあります。何年か後に

は今の2倍位の大きさに成長して、上手く空間を仕切ってくれる事でしょう。

ここは米沢という事で豪雪にも耐えられる工夫と樹木を選択しました。

結果的に敷地内に入るとかなり別世界になるので、訪れた人達もきっと驚

かれるのではいでしょうか?

(設計した私もそうでしたので…。)

かなりの長丁場になりましたが、無事完成する事ができ満足していると共

にお客様にも喜んで頂けたので達成感でいっぱいです。この工事に携わっ

た職人達もよく頑張ったなと思います。

これからも色々水やり等、メンテナンスも大変ですがもっとより良い作品に

なるよう宜しくお願い申し上げます。

長い間、本当にありがとうございました。

IMGA0873①

着工前はこんな感じでした。

IMGA0358① IMGA0359①

ここにアプローチを設けて、2台用のカーポートの設置とアスファルト舗装を行いました。

IMGA0873①

アプローチ部分は土間コンクリートにし、アクセントに大洋紅という赤い小舗石で、アートっぽくラインを入れました。玄関ポーチ前はキャメルストーンを貼って、豪華に仕上げました。

IMGA0878① IMGA0881①

2台用のカーポートを設置したのですが、アスファルト舗装の勾配が思う様に取れず、その下を急遽、透水性舗装に切り替えました。既存のナツツバキの下の花壇はレインドロップ型にして遊んでみました。

 

IMGA0990①

着工前はこの様に入口が狭く、奥に行くと広い特殊な形状でした。

019①

幅が狭いので、2台並列駐車は諦め、2連棟の縦列駐車にする事にしました。カーポートの前はギリギリ2台用のゲスト駐車スペースになっています。

IMGA0979①

IMGA0978①

オリジナルの門柱は枕木を組み合わせて作りました。

表札を照らす照明は奥様が選ばれました。長いアプローチを逆手に取り、玄関まで歩いていく途中、いろいろ変化のある訪れた人が楽しめる植栽にしたいと考えました。門柱の手前は、クリーピングタイムが地面を覆います。

IMGA0985①

中間部分は、ミツバツツジ、ウメモドキ、イレックスサニーフォスターの中木が植えられ、下草にはフッキソウが植えられています。

IMGA0859①

一番奥は、クロモジの株立やオトコヨウゾメが植えられ、下草にはフイリヤブラン、ガウラ、アベリアを植栽しました。

反対側には、玄関が通りから丸見えにならない様に、大きめのナツツバキの株立を植栽し、アカバナエゴノキの株立、ナツハゼを植え、下草にはイモカタバミ、低木にはシモツケを配植しました。

IMGA0861①

玄関側から振り返ると、いかに植栽の量が多いか分かると思います。

土間コンクリートは全て自由曲線が用いられ、それに合わせて土間コンクリートの中にキャメルストーンで象(かたど)った雲形の石貼りが3ヵ所設けてあります。これら全てが、モダニズムを追求したからこそ生まれた形です。

主庭になる部分は、隣の工場の放置された物が全て見えてしまうので、これをまずいかにアートに隠すかがテーマでした。

IMGA0028①

ここは、モダンアートを追求すべく、生垣も全て自由曲線で植栽しました。

IMGA0556① IMGA0558

生垣の自由に伸びた曲線と芝生の縁取りの曲線がアートを感じさせます。生垣は冬でも目隠しできる様に全て常緑樹にしました。シラカシ、ネズミモチ、マサキを用いて全て高さを変えて変化を出しています。

植栽は全て雑木類で、ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、サワフタギ、カマツカ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ等、今から里山の雰囲気を醸し出してくれそうです。

いよいよガーデニングも終盤を迎えています。

まずは、家の顔となる門柱を枕木で作ってみました。

IMGA0740

いずれ、この門柱にはライトと表札が付く予定です。

次にカーポートを建てました。

IMGA0939

敷地の幅が狭かったので、2台縦連棟タイプのカーポートをチョイスし

ました。アプローチの奥行きが長いので敢えてここでも土間コンクリー

トに自由曲線を用いました。

IMGA0837

ここまでくると、なぜキャメルストーンの石貼がこの形になったのか理解

してもらえると思います。

次回はいよいよ植栽です。

ここでも劇的に変化するのを楽しみにしています。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0358

IMGA0359

ここにアプローチを設けて、2台用のカーポートの設置とアスファルト舗

装を行う予定です。

IMGA0628

まずはBHにて床掘りを行います。それに砕石を敷いて転圧し、下地がで

きた所で図面のデザインに基づきマーキングを施します。

IMGA0702 (2)

このラインに沿って、アクセントになる大洋紅という紅いピンコロを並べ

ていきます。

IMGA0708 (2)

それに、奥様のたっての希望でしたキャメルストーンを一枚一枚貼ってい

きます。

IMGA0712

キャメルストーンが貼り終わると、苦労した甲斐があってかなり美しく仕

上がりました。

IMGA0715

これ以外の部分は、土間コンクリートになります。どのように変化するの

か我々も楽しみです♪

一番難関だった人力での客土入れも終わり、

次はいよいよ基本的な取り付け作業に入ります。

003 (2)

このように枕木によるステップと、テラスのアクセントになる

枕木を据え付けています。

完成するとこんな感じになります。

002 (2)

テラスとステップの間に段差をリズミカルにつけたので

もう一度整地をすればかなりいい感じになりそうです。

次に庭の中心部にある円形のテラス部分のピンコロを

並べていきます。

011

この中にキャメルストーンという石を貼っていきます。

IMGP2619

一枚一枚ジグソーパズルのように並べていくので

これだけで約3日を費やしました。

将来はここにテーブルを置いて、バーベキューを

楽しむのもいいかもしれません。

次に花壇部分のピンコロを並べて、段差をつけていきます。

IMGP2620

自然の石なので、形を合わせることが大変でしたが、

上手く形を合わせる事が出来て、いい仕上がりになったと思います。

いろんな工種が次々と完成していきますので

その変化を楽しんでもらいたいと思います。

お楽しみに。

いよいよ植栽に取り掛かりました

 

IMGP1449 (2)

 

門柱の後ろには、アカバナエゴノキの株立、前にはアオダモの株立と

ソヨゴを植えて、門柱周りに彩りを与えたいと思います

 

IMGP1448

 

下草にはガウラをチョイスしてみました

草丈も有りボリューミーで、ピンクの可憐な花がとても絵になるからです

 

IMGP1454 (2)

 

玄関前にはアプローチも兼ねて、キャメルストーンを張りました

台形に張ることで、アクセントをつけてしまいました

ちょっとしたデザインで印象が随分変わるものです

 

IMGP1465

 

ちょっと変わったデザインに、自分だけ満足してしまいました?

完成までもうひと頑張り、気張っていきましょう

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930