クリーピングタイム

IMG_7413★

 

とにかくこの広い敷地をいかに有効活用し、

尚且つ維持管理を楽にするのかがデザインのテーマでした。

 

【着工前】

DSCF6744

 

道路から目隠ししてプライベートな時間を楽しみたいという事で

オリジナルのガーデンフェンスを立てました。

 

IMG_7420★

 

フェンスを互い違いにする事で、

上手く空間を仕切る事が出来ました。

 

IMG_7412★

 

約30㎝くらいあった段差は白御影の間知石を積む事で解消しました。

 

かなり広かった畑は半分以上を

芝生広場にして子供たちの遊び場にしました。

 

奥に植えられた雑木類のおかげで

裏山を借景することが出来ました。

 

IMG_7414

 

既存のコンクリート製の通路はそのまま利用し

その続きは玉砂利敷の苑路にして延長しました。

 

両側に植えられた樹々の間を歩くと、

そよ風と共にほのかな草木の香りが通り抜けるのを感じる事が出来ます。

 

IMG_7415★

 

苑路の途中で立ち止まると

クリーピングタイムの薄桃色の絨毯が出迎えてくれます。

 

IMG_7416★

 

物置の設置場所とアスファルトの高低差が結構あったので

白御影の敷石で土留しました。

 

キャメルストーンを張ったオシャレな階段は

物置からの荷物の出し入れを考慮して広めに取りました。

 

IMG_7417★

 

この庭を奥から振り返り眺めると

このような景観が広がります。

 

ガーデンフェンスで仕切られているので

誰にも気兼ねする事はありません。

 

 

IMG_7419

 

リビング前に大きく作られたテラス。

井戸枠に被せた手作りのテーブルはBBQ等でいろいろ楽しめそうです。

 

IMG_7435

 

L字型に構成された広大な敷地に、

これからご夫婦で楽しむスローリビングをテーマにデザインしました。

 

【着工前】

DSCF6114

 

雑然とした庭がスッキリとしたレイアウトになり、

まるで別のお宅へと訪れたように明るく生まれ変わりました。

 

IMG_7432

 

神社周りも石組なの?景石なの?という組み方で納め、

ここだけ和のイメージを強くしました。

それに合わせて植えた樹木も

ヤマモミジやコナラ、サザンカ等で落ち着いた雰囲気に。

 

瓦を縦に埋め込んだ縁取りも一見地味ですが、

良いアクセントになっています。

 

IMG_7433

 

神社へと登る石段も白御影石と

クラストブラックの乱張りでシックにまとめました。

 

IMG_7435

 

アプローチから主庭へ続く通路は化粧平板と枕木の組み合わせで

ここだけ直線を用いたデザインを取り入れました。

自由曲線で構成された庭にアクセントがつきました。

 

IMG_7436

 

リビング前に設けられた勾玉をイメージしたテラス。

これだけ広いとアイディア次第でいろんな楽しみ方が出来ると思います。

 

IMG_7438

 

建築の方で施工されたこげ茶色の塀が

空間を見事に仕切ってくれたので庭が引き締まりました。

植えた雑木も引き立ちます。

あるとないでは大違いです。

 

下草は雪に強いものを植えました。

マホニアコンフューサはリゾート感を演出し、

フイリヤブラン・セイヨウイワナンテンスカーレッタは

カラーリーフとして華やかさと涼しさを演出してくれる事でしょう。

 

IMG_7437

 

ダイニング前にも少し小さめのテラスを設けました。

一軒の家で2つのテラスを設ける事はすごく稀ですが

現在サンディエゴ在住のご主人曰く、

西日に当たりながら涼むのが西海岸スタイルの事。

日本流に日差しを和らげる為、カツラの株立を植えました。

 

IMG_7439

 

当初は庭の奥へと続く畑へ降りる為に設けた枕木の階段。

上段を広くしたので、ここに腰かけて

コーヒーブレイクなんてオシャレですね。

 

IMG_7441

 

立水栓の周りはグレーの小舗石で縁取り、

オシャレなガーデンパンに仕上げました。

 

IMG_7440

 

庭のゆるやかな法面にはクリーピングタイムを植えました。

淡い桃色の絨毯となり、華やかさをプラスしてくれます。

 

 

L字型に構成された広大な敷地に

“ご夫婦で楽しむスローライフ”をテーマにデザインしました。

 

【Before】

DSCF6114

【After】

IMG_0985

 

雑然とした庭がスッキリとしたレイアウトになり

まるで別のお宅へと訪れたように明るく生まれ変わりました。

 

【Before】

DSCF6119

【After】

IMG_0988

 

神社周りも既存の石と新たに

持ち込んだ大きな石を組み合わせて石組を行い、

ここだけ和のイメージを強くしました。

 

それに合わせて植えた樹木もヤマモミジやコナラ、

サザンカ等で落ち着いた雰囲気に。

 

瓦を縦に埋めて込んだ縁取りも

そのイメージアップに大きく貢献しています。

 

【After】

IMG_0990

 

神社へと登る石段も、

白御影石とクラストブラックの乱張りでシックに仕上げました。

 

【Before】

DSCF5506

【After】

IMG_0992

 

アプローチから主庭へと続く通路は

化粧平板と枕木の組み合わせで

ここだけ直線を用いたデザインを取り入れました。

 

自由曲線で構成された庭にアクセントが付きました。

 

【After】

IMG_0997

 

リビング前に設けられた大きなテラス。

 

これだけ広いとアイディア次第で

いろんな楽しみ方が出来ると思います。

 

【Before】

DSCF5511

【After】

IMG_0998

 

建築の方で施工した焦げ茶色の塀が

空間を見事に仕切ってくれたので庭が引き締まりました。

 

お隣への落ち葉がもし飛んだとしても

迷惑がかからないように葉が小さな雑木類

(アオダモ・ジューンベリー・アオハダ)を植えました。

 

下草もここ大江町はかはり積雪が多いので

全て多年草を植えて雪に強い庭にしました。

 

マホニアコンフューサはリゾート感を演出し

フイリヤブラン・セイヨウイワナンテンスカーレッタは

カラーリーフとして華やかさと涼しさを演出してくれる事でしょう。

 

【Before】

DSCF6823

【After】

IMG_0999

 

ダイニング前にも少し小さめなテラスを設けました。

 

一軒の家で2つのテラスを設ける事はすごく稀なのですが

現在サンディエゴに住まわれているご主人曰く、

夕暮れ時の西日に当たりながら涼むのが

向こうでは一般的なのだそうです。

 

既存のヤマボウシに合わせて

ご主人の大好きなモミジの大木を植えました。

 

西日がきつくならないように

カツラの株立を植えて少しでも日差しが和らぐように考慮しました。

 

【Before】

DSCF6824

【After】

IMG_1000

 

枕木で作った階段。

上段を広くしたのでここに腰かけて

コーヒーブレイクなんてオシャレかも?

 

階段の脇に据えられた斜のブロックは

一輪車用の通路として造りました。

 

【After】

IMG_1002

 

立水栓の周りはグレーの小舗石で縁取り、

オシャレなガーデンパンに仕上げました。

 

【Before】

DSCF6825

【After】

IMG_1001

 

庭のゆるやかな法面にはクリーピングタイムを植えました。

時間と共に緑の絨毯となり雨による浸食を防いでくれる事でしょう。

 

また斜面なので芝生では芝刈がかなり危険なので

刈込が必要ないという点も

この地被植物をチョイスした大きな理由のひとつです。

 

TURQUEISE

 

トータルビューティーサロン『TURQUOISE(ターコイズ)』さんの

ガーデニングを依頼されました。

 

「南国の癒しの空間を演出して欲しい」とのご要望でした。

 

【着工前】

DSCF2320

 

この寒い山形では難題でしたが、この夢を実現させて

少しでもお店の売上アップに貢献できるようにデザインしました。

 

DSCF4149

 

入り口前には“トウジュロ”を2本植えました。

ヤシ科なので南国っぽいイメージにぴったりです。

根〆には見た目もブルーで可憐なハーブのキャットミントを植えました。

 

DSCF4150

DSCF5600

 

リビング前にはジューンベリーの株立や

ツリバナ、ナツハゼの株立を植えました。

 

奥行きがかなり少ないので成長スピードが遅く、

室内からの圧迫感が少ない樹木を選びました。

 

根〆にはマホニアコンフューサと

シモツケリトルプリンセスで華やかさを演出しました。

 

DSCF4151

 

自宅への入口脇にはハナミズキの赤色を植え、

根〆にはハーブのクリーピングタイムを植えました。

 

RIMG0091

 

店舗入口脇のデッドスペースも見逃しません。

ここにはアオダモの株立を植え、根〆には

ブルーの花が美しいベロニカオックスフォードブルーを植えました。

 

DSCF4152

 

植栽しているスペースは決して広くありませんが、

それでも諦めずにデッドスペースや植栽帯を曲線にして変化を付ける事で

これだけの樹々や地被植物を植えられるという事を見事に立証しました。

 

お店の外装が藍色っぽいのでより緑が引き立つ事も事実です。

 

お客様からは

「植物のチョイスとこの曲線は想像がつかなかった!」

とお褒めの言葉を頂きました。

 

ミッションコンプリートです!

 

 

 

建物周辺及び外周の植栽工事をさせていただきました。

 

【着工前】

DSCF5464

 

建物の周囲の植栽スペースの幅が狭かったので、

あまり大きくならずに落葉しない常緑ヤマボウシを植栽しました。

 

根〆にはフイリヤブランを植え、

それ以外は防草シートを張ってその上に淡いピンクの砂利を敷き詰めました。

それにより華やかでモダンな印象になりました。

 

IMG_0789

IMG_0785

 

会社の顔である看板下はあくまでそれを引き立たせるために、

シモツケリトルプリンセスを植えて控えめに演出しました。

 

DSCF5496

 

その向かい側にある植栽枡には

セイヨウイワナンテンスカーレッタを植えました。

今はまだ少し赤葉が目立つ程度ですが

これから冬にかけて真っ赤に色づき、ともて美しくなってきます。

 

DSCF5478

 

シンボルツリーにはこの為にわざわざ白河市の農家さんまで足を運んで

直接選んできたアオダモの株立です。

どこから見ても樹形の美しい木を選んできたので今後の成長が楽しみです。

 

根〆はほとんど手間のかからないクリーピングタイムを植えて、

維持の軽減を計りました。

 

IMG_0795

DSCF5094

 

会社全体をドローンで撮影してみるとこうなりました。

外周には全て野芝を張り、

かなり緑のボリュームを増やしたので来春の芽吹きの季節がすごく待ち遠しいです。

 

default

default

 

default 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングにして欲しいというご依頼でした。

 

既に建築工事で目隠しのフェンスは施工されていましたが、

何か土地が有効活用されていないのがすごく気になったので、

それらをテーマにデザインしました。

 

【着工前】

DSCF4285

 

敷地の全てを白御影の敷石で土留し、

土地の有効活用が出来るようにして広く使う事がテーマになりました。

 

IMG_0738

 

このテーマにのっとり、敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

IMG_0740

 

土間コンクリートが前面に打たれ、どこか無機質感が漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで潤いが生まれました。

 

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き立って見えてきます。

またフェンスの色が黒っぽい色なので、

新緑の緑も紅葉の赤も一際目立つ屏風の役割を持たす事ができました。

 

下草にはマホニアコンフューサやセイヨウイワナンテンを植えて

緑のボリュームをアップさせました。

 

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く、

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより、あまり暗くなり過ぎず、

対比するものができたのでより広く感じられます。

 

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた唯一の植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

四季折々の華やかさが体感できるよう演出しました。

 

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽と

ガーデンフェンスが公園からの視線も遮っているのが分かります。

また公園で遊んでいる子供達のボールが庭に入ってくる事も少なくなるでしょう。

 

今のところは分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

それでも緑の量が少ないので、

純白のスクエアなプランターに大きくならないコニファーを植えてみました。

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので、

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

 

建物周辺及び外周の植栽工事をさせていただきました。

 

【Before】

DSCF5464

【After】

IMG_0789

【Before】

DSCF5463

【After】

IMG_0785

 

建物の周囲は植栽枡の幅が狭かったので

あまり大きくならず、落葉しない常緑のヤマボウシを植栽しました。

 

根〆にはフイリヤブランを植え

それ以外は防草シートを張って、その上に淡いピンクの砂利を敷き詰めました。

それにより、華やかでモダンな印象になりました。

 

【Before】

DSCF5460

【After】

DSCF5496

 

会社の顔である看板下は、あくまでもそれを引き立たせる為に

シモツケリトルプリンセスを植えて控えめな演出にしました。

来春には淡い桃色の花が可憐に咲きます。

 

【Before】

DSCF5459

【After】

DSCF5478

 

その向かい側にある植栽枡には、

セイヨウイワナンテンスカーレッタを植えました。

今はまだ少し赤葉が目立つ程度ですが、

これから冬にかけて真っ赤に色づきとても美しくなっていきます。

 

【Before】

DSCF5461

【After】

DSCF5093

IMG_0790

 

シンボルツリーはこの為にわざわざ白河市の農家さんまで

足を運んで直接選んできたアオダモの株立です。

どこから見ても樹形の美しい木を選んできたので

今後の成長がとても楽しみです。

 

その下は全て手間のかからないクリーピングタイムを植えて

維持管理の軽減を図りました。

 

 

会社の全体をドローンで撮影してみるとこうなりました。

 

default

 

外周には全て野芝を張り、かなり緑のボリュームを増やしたので

来春の芽吹きの季節がすごく待ち遠しい気分です。

 

 

新築された玄関前にシンボルツリーを植えたいとのご依頼でした。

 

DSCF5637

 

アルミの柱が立っているだけなので、

どこか淋しい感じがしました。

 

そこで、アオダモの株立を植え、

根〆に《シモツケリトルプリンセス》と

《クリーピングタイム》を植えました。

 

DSCF5639

 

これだけ植栽しただけでも、雰囲気が随分と変わりました。

 

DSCF5640

DSCF5641

 

既にアオダモの株立は落葉しておりますが、

それでも斑入りの木肌には風情があります。

 

来春には新しい葉が生い茂り、

根〆の植物に花が咲き始めると

ぐっと明るい雰囲気になる事でしょう。

 

予算が少なくても、このようにして庭に彩りが与えられるという良い例になりました。

 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングが完成しました。

 

【Before】

DSCF4285

【After】

IMG_0738

 

敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

【Before】

DSCF4286

【After】

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には、

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き上がって見えてきます。

これから紅葉の時期を迎えれば、ますます彩りを感じる事が出来るでしょう。

 

下草にはマホニアコンフューサや西洋イワナンテンを植えて、

緑のボリュームをアップさせました。

 

【Before】

DSCF4288

【After】

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより対比するものが出来て、より広く感じられます。

 

それと同時に悩みだった公園で遊んでいる子供達のボールが

敷地内へ入ってくる事はまず無いでしょう。

 

【Before】

DSCF4296

【After】

IMG_0739

 

どこか無機質感の漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで、潤いが生まれます。

 

【Before】

DSCF5024

【After】

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて、下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

華やかさを演出しました。

 

【Before】

DSCF5028

【After】

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽とガーデンフェンスが

公園からの視線を遮っているのが分かります。

 

今のところまだ分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

【Before】

DSCF5027

【After】

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

これでも緑の量が少ないので、純白のスクエアなプランターに

大きくならないコニファーを植えてみました。

 

【Before】

DSCF4292

【After】

IMG_0748

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

 

 

「今まで畑だった所を大きな芝生広場にして、歩道沿いの所は何かカッコ良くして欲しい!」

とのご要望でした。

 

しかし、その広さは尋常ではなく、家が2軒ほど建ちそうな位広いので

そのスペースに頭を悩ませました…。

 

【着工前】

 

「歩道から家庭菜園や仕事をしているのを見られるのが少し恥ずかしい…」

という事でしたので、マサキの生垣で隠す事にしました。

 

マサキの生垣を用いたことで、デザイン性がアップしました。

まだまだ小振りですが、雑木はカツラ・ヤマボウシ・アオダモの株立を植えてシンプルにまとめ、

グランドカバーにはクリーピングタイムやシモツケ、フイリヤブラン等を植えて、華やかな演出を狙いました。

 

 

歩道の反対側は、アオハダとツリバナの株立を植えてみました。

ヒューケラの赤葉は、花が無くとも彩りを与えてくれます。

 

春先に花が咲くものを多く植栽したので、今は少し淋しいですが

来春にはかなりの期待が持てそうです。

 

 

高麗芝を張ってから約1ヶ月半位で、ここまで綺麗な芝生広場になりました。

『私がレクチャーした管理方法を実践したら、こんなに素晴らしくなるよ!』というお手本みたいです。

しかし、本当に広いですね~!

小さな公園位の大きさはあります。

 

 

築山もこれでもか!という位にうねっています。

 

 

2階からの眺め!

自由曲線がいかに美しく描かれているか分かります。

これだけの面積の庭は管理も大変ですが、これからのスローライフにピッタリだと思います。

年を重ねる度に素晴らしくなる事を期待しましょう。

 

 

ちなみに、このお宅には昨年施工した中庭があります。

まさにここは京の坪庭をイメージして作庭しました。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年7月
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ