シラカシ

既存の庭の良い所を活かして、庭のリノヴェーションしてほしいとの依頼を

受け、どの方向から眺めても美しい景観になるようデザインしました。

before 

after

既存の樹木は数本のみ残して全て取り除きました。その代わりに雑木を主

に植えた所、このように生まれ変わりました。

富沢石で造った石張りも落ち着いた雰囲気を感じさせます。

before 

after

既存の石組は鯉を飼われていたので極力いじらないようにして、流れの部

分のみ一部改修しました。

維持管理が楽なようにジューンベリーやアオダモの株立等の雑木を主体に

植え、下草には雪囲いの要らない多年草を植えました。

やはり水辺にはシャガやフイリヤブランが涼しげで良く合います。

before 

after

土留は白御影の敷石で行い、モダンな感じに仕上げました。シラカシやヒイ

ラギモクセイで作った生垣は、大胆な曲線を描いており庭のアクセントにな

っているのと同時に、生垣の表と裏から眺める景色が全く違うくなるように

考えてあります。

after

庭の中には苑路が設けてあり、池泉回遊式庭園の形態をとっております。

土留と同じ白御影石で造った階段も庭の大きなアクセントになっています。

before

after

庭の裏側にあたる部分も、マサキの生垣を同じように大胆な曲線を描いて

作ってあります。

after

こちら側からも庭に入れるようになっております。

after

既存のモクレンとヤマモミジの間にも苑路が設けてあり、ここを通ってせせ

らぎが鑑賞できるようにしました。

下草にはキャットミントやクリーピングタイムのハーブ類やフイリアマドコ

ロやフウチソウといった野趣の味わいを感じさせる植物も植えてあります。

after

事務所の室内からの眺めはこのようになっております。

まるで額縁の中の絵画のように上手く空間が切り取られています。

ちょっとしたリゾート気分が味わえます。

after

池の鯉達も心なしか庭の完成を喜んでくれているように感じます。

それもその筈、約2ヶ月ぶりにゆっくり池の中を泳げるようになったのです

から…!

私の中学の同級生の女性建築士の紹介で作庭する事になったA様邸。

何度も設計及び打ち合わせを行い、ようやく完成致しました。

着工前と完成後でどのように変化したのか、分かりやすいようにビフォー、

アフター形式で説明したいと思います。

BEFORE

AFTER

玄関が丸見えにならない様に、ドウタンの生垣で隠しました。ちょっと和風

に見せる為に四ツ目垣も沿えてあります。スロープを除雪する時に、スノー

ダンプが使える様に、枝折戸を流用して取り外しができる様に考えました。

駐車した車が左折する時、うっかりぶつからない様にサイン柱を手作りしま

した。表札もアクリル板で看板屋さんに特別に作ってもらいました。

下草には、フイリヤブランとフッキソウでちょっぴり和風に、でも白御影の

敷石を交互に縦使いした土留でスクエアな和モダンに仕上げました。

BEFORE

AFTER

白御影敷石の平板(300×300)をグリッド状に並べて、モダンでスッキ

リとした印象に仕上げました。伊勢ゴロタ石を州浜に据え付け、緩やかな

曲線を描く事でどことなく和の空間を演出しています。

植栽は、屋根の雪が落ちてくるので2人で移動できる様に、モダンなプラン

ターにツリバナの株立を植えてみました。

下草には、初めてアジュガのチョコチップという紫色の可愛い花が咲く品種

を使ってみました。この先どんな風に成長するのか、すごく楽しみです。

BEFORE

AFTER

主庭は大胆な曲線をモチーフに構成してみました。マサキの生垣は大きく

ひねって植えてあります。

芝生もそれに伴い瓢箪型っぽく作ってみました。

高木は管理が楽なように雑木(アズキナシ、ヤマモミジ、アオダモ、シラカ

シ等)を植えてみました。根〆にはキャットミントとヒューケラを使い、花

が咲いたら華やかな装いになるようデザインしました。

BEFORE

AFTER

台所に立っていても四季を感じていたいとの要望でしたので、こちら側にも

雑木(アカバナエゴノキ、ハナミズキ赤、ハナミズキ白、ジューンベリー、

常緑ヤマボウシ、ハナカイドウ等)をたくさん植えてみました。それによ

り季節を問わず、どれかが主役になって目を楽しませてくれそうです。

家庭菜園も丸太で囲い、3カ所作ってみました。1人で楽しむにはこれ位で

十分だと思います。

BEFORE

AFTER

以前からあった庭も少しアレンジしてみました。

枯れていた樹木はすべて伐根し、新たにナナカマドの株立や、トサミズキ、

ナンジャモンジャ、ヒュウガミズキ、アベリア等が植えられ、今風の庭に生

まれ変わりました。

p1080387

 

imga0164

着工前は、この様に外構工事で発生した残土が山のように盛ってあったので、これを利用して築山を造ろうと思いました。

p1080386

先程の残土を床土に使い、その上に客土を盛土して高さ1m位の築山を造りました。

植栽は雑木(アオダモ、ヤマモミジ、ナナカマド、ジューンベリー、シラカシ等)を使って、必要最小限の本数に留めました。

p1080385

この角度から眺めると、先程の説明が分かり易いと思います。

大きいのは中央にあるシンボルツリーのヤマモミジの株立だけ。後は高さが1.5m~2.5m位の比較的小さい木にしました。子供達の成長と共に樹々も成長してくれる事を願って!

p1080387

この角度から眺めると、まさに子供の頃に見た「ひょっこりひょうたん島」です。

imga0882

庭を造る前から栽培されていた家庭菜園。

築山から土が流れてこない様に、色々試行錯誤した結果、丸太の木柵に決めました。一番安価で見た目も素朴。この庭の雰囲気にとても馴染んでくれています。

K様邸がどのように劇的変化を遂げたのか、ビフォーアフター形式で説明

したいと思います。

Before

IMGA0164

After

IMGA0875

外構工事で余った残土を敷き均し、その上に客土を盛って築山を造りまし

た。

Before

IMGA0170

After

IMGA0872 IMGA0882

こちら側から見ると、意外に築山が高く、そして広いのかが分かると思いま

す。奥にある既存の家庭菜園は木柵で土留しました。予定より芝生が高く

なったので2段の予定が一部3段になりました。でもそれが結果的に変化

があって面白い結果になりました。

Before

IMGA0687

After

IMGA0883 IMGA0884

中央にヤマモミジの株立(高さ4.5m)の立派な物をシンボルツリーとして

植えました。これが植えられただけで庭が締まります。

他にヤマボウシの株立やアオダモの株立、ジューンベリーの株立はそこそ

こ大きい物を植え、他のシラカシやナナカマド、ライラック、モチノキは1.5

m位の小さな苗木を植えて予算をカット。その分何年もかけて成長を楽し

む方法をチョイスしました。その他、花苗を植え楽しむ花壇のスペースを2

ヶ所設け、それ以外は防草シートの上に玉砂利を敷いて、雑草対策は万

全です。

先日、植物の管理をレクチャーする為にK様邸を訪れたら、小学生低学年

?の娘さんが、庭の水やりを担当していると聞きました。少し水やりの量が

足りなかったので教えた所、大きくうなずいてくれたので、これでもう安心で

す。他にも、ご主人はホームセンターから大きな長い板を購入されて、電ノ

コでカットしてウッドデッキをDIYで作っていらっしゃいました。そこでも小さ

な息子さんがペンキ塗りのお手伝いをしていました。お父さんとの共同作

業、きっと忘れられない大切な思い出になるに違いありません。子供さん

達が中学生になる頃にはきっと素晴らしい庭になっていると思います。

これからもこの庭を管理する事で、少しでも親子の絆が深まるといいです

ね。これからも色々相談にのりますので、宜しくお願いします。

ありがとうございました。

昨年の暮れに工事させて頂いた天童市のK様邸。

ハナミズキの花が見事に咲いていました。

IMGA0237

ハナミズキの花が綺麗なピンクに咲いてみて初めて分かったのですが、そ

の花の色と下に敷き詰めたピンクの化粧砂利、それと化粧平板が見事に

同系色でマッチしていました。

これはさすがに想定外、出来過ぎでした。

IMGA0234

シラカシも順調に成長し、飼われているワンちゃんも元気にこの中を駆け

回って遊んでいると伺い、無事脱走されずに機能しているとホッとしまし

た。これも偶然ですが、お隣の家のハナミズキもピンクでした。

借景バッチリです!

IMGA0022①

着工前はこんな風に10年以上も前に植栽された樹木が伸び放題になっている状態でした。

IMGA0299①

これらの樹木を思い切って整理して、メンテナンスの楽なドッグランをメインにした庭に作り変えました。

IMGA0183①

ハナミズキとシラカシ2本のみ残して、その下は鮮やかなピンクとホワイトの化粧砂利を敷き詰めました。

IMGA0054①

奥はドッグラン用のスペースです。小型犬なので下の隙間から逃げ出さない様に、オリジナルのガーデンフェンスを工夫しました。シラカシの周りも木柵で囲んだ所、良いアクセントになりました。

IMGA0058①

裏口にもゲートを設けました。こちらも下へ潜り込んで逃げ出さない様工夫しました。

砂利の下には全て防草シートが敷いてあるので、今まで悩まされ続けた雑草対策は万全です。

IMGA0182①

最後に可動式の木柵を手作りしました。雪が降った時に片付けられる様に、3分割して収納できる様にしました。以前作ったドッグランのお庭では、小型犬の為に柵の下から脱走されたという苦い経験を教訓にして、それを色んな所に工夫しました。これで思う存分遊び回れる事でしょう。

IMGA0990①

着工前はこの様に入口が狭く、奥に行くと広い特殊な形状でした。

019①

幅が狭いので、2台並列駐車は諦め、2連棟の縦列駐車にする事にしました。カーポートの前はギリギリ2台用のゲスト駐車スペースになっています。

IMGA0979①

IMGA0978①

オリジナルの門柱は枕木を組み合わせて作りました。

表札を照らす照明は奥様が選ばれました。長いアプローチを逆手に取り、玄関まで歩いていく途中、いろいろ変化のある訪れた人が楽しめる植栽にしたいと考えました。門柱の手前は、クリーピングタイムが地面を覆います。

IMGA0985①

中間部分は、ミツバツツジ、ウメモドキ、イレックスサニーフォスターの中木が植えられ、下草にはフッキソウが植えられています。

IMGA0859①

一番奥は、クロモジの株立やオトコヨウゾメが植えられ、下草にはフイリヤブラン、ガウラ、アベリアを植栽しました。

反対側には、玄関が通りから丸見えにならない様に、大きめのナツツバキの株立を植栽し、アカバナエゴノキの株立、ナツハゼを植え、下草にはイモカタバミ、低木にはシモツケを配植しました。

IMGA0861①

玄関側から振り返ると、いかに植栽の量が多いか分かると思います。

土間コンクリートは全て自由曲線が用いられ、それに合わせて土間コンクリートの中にキャメルストーンで象(かたど)った雲形の石貼りが3ヵ所設けてあります。これら全てが、モダニズムを追求したからこそ生まれた形です。

主庭になる部分は、隣の工場の放置された物が全て見えてしまうので、これをまずいかにアートに隠すかがテーマでした。

IMGA0028①

ここは、モダンアートを追求すべく、生垣も全て自由曲線で植栽しました。

IMGA0556① IMGA0558

生垣の自由に伸びた曲線と芝生の縁取りの曲線がアートを感じさせます。生垣は冬でも目隠しできる様に全て常緑樹にしました。シラカシ、ネズミモチ、マサキを用いて全て高さを変えて変化を出しています。

植栽は全て雑木類で、ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、サワフタギ、カマツカ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ等、今から里山の雰囲気を醸し出してくれそうです。

IMGA0249①

最初は、広い敷地の中に建物が立っている状態でした。

IMGA0204①

IMGA0203①jpg

IMGA0200①

ここに、施主施工で車3台駐車できるカーポートがまず設置されました。

IMGA0240①

建物の周囲には小舗石で縁取り植樹帯を設けました。

ここには、ツリバナの株立、シラカシの株立、それにヤマボウシやカツラ、カマツカを植栽しました。

IMGA0245①

車が頭から侵入してきても、切り返しでバックで駐車できる様にRを付けて、そのスペースを確保し奥様でも余裕で停められる様に考慮しました。デザイン的にも美しい曲線が描けたと自負しています。

IMGA0243①

アプローチは、土間コンクリートだけではデザイン的に淋しい印象になるので、ダークグレーのピンコロ石をジグザグに貼り付けました。

このダークグレーが建物の外装の色とマッチして、上手く差し色になって上手くアクセントが付きました。

これには、デザインだけではなく大きな意味が込められています。それは、新たに追加した土間コンクリートとの流れです。

IMGA0244①

このジグザグのデザインが、新たに打たれた土間コンクリートに引き継がれていきます。これで打ち継ぎ目の不自然さが解消され、黒と白のコントラストが絶妙に綺麗です。

IMGA0251①

建物の南側もあまり管理がかからない様に、雑木を主体に植栽しました。

シロモジ、ナツツバキ、ジューンベリー、ハナミズキ(赤)、ソヨゴ、アオハダ、ヤマモミジが植えられてあります。

まさに雑木のオンパレードになっています。将来生い茂ってくれる事で、四季折々の季節感が出せればと思い植栽しました。

それと、少しでもお隣の古いブロック塀が隠せればと願っています。

IMGA0224①

建物の東側は常緑のモチノキとイレックスサニーフォスターを植栽しました。決して派手さはありませんが、コンクリートの壁の無機質感を一年を通して和らげたいと思い植栽しました。

その他の部分は雑草対策として、防草シートを張った上に玉砂利を敷いて化粧しています。

約2ヵ月に亘る作庭工事が、ようやく完了しました。

着工前はこんな感じで、砕石敷きの無機質な空間でした。

IMGA0598①

IMGA0597①

完成形はこの様になりました。

IMGA0169①

敷地境界にはコンクリート擁壁が建てられ、その上には板張りの

フェンスが取り付けられました。

この辺りは規制が厳しく、この様に板と板の隙間が空いてしまい

ましたが、何とか上手くまとまりました。

IMGA0166①

カーポートは2台用の物を設置し、色は建物に合わせてクリエモカ

にし、目隠し用のガーデンフェンスも同じ色調のダークパインにし

たので、和モダンなお家に上手くマッチしていると思います。

IMGA0170①

アプローチには、佐久鉄平石(300×300)を玄関に向けてストレ

ートに貼ったので、かなりインパクトのあるものに仕上がりました。

門柱は美ブロ仕上げにし(仕上げは来春4月頃)、建物の外壁より

ワントーン濃い目のものをチョイスしました。扉は建物の玄関に合

わせて少し明るくしました。

表札はシンプルなアルミ製のスクエアの物をセレクトし、ポストも受口

があまり大きくならない物を設置し、少し控え目な感じに収めました。

門柱の脇にはシラカシを植え、施主様支給の鳥海石でまとめました。

本人的には白御影石の間知石を使った、自由曲線の土留めが気に

入っています。うまくコンクリートから異質の石材へ違和感なく見える

のが良かったと思います。その為、左官屋さんには無理を言って間

知石にコンクリートを擦り付けるのではなく、敢えて曲線で型枠を組ん

でもらい、その隙間に玉砂利を敷いた事で、石がより多く見る事でき、

存在感が増しました。

IMGA0167①

カーポートの後ろには、人工竹垣の金閣寺を組み立てました。

これが意外とベストマッチ!適度な透け具合が絶妙です。

IMGA0160①

リビングの前の庭は、日高石の石組にシロモジの株立とウメモド

キの株立を植栽してまとめました。この庭の石組は全てお客様が

別の石屋さんに頼んで施工された物なので、この石組に負けな

い仕上がりにすべく、かなり努力しました。

縁取りに瓦を縦使いにして埋め込んで使ったのが成功でした。

和の雰囲気が上手く出せました。

IMGA0153①

主庭は青石の石組をお客様の要望で石庭風にしてほしいとの事

でした。ただの方丈(四角形)では、オリジナリティーが無いと思い

四隅を佐久鉄平石で正三角形に貼り、アクセントを付けました。

石組の廻りは伊勢砂利を敷いた所、グッと京風庭園ぽく仕上がり

ました。

苔の代わりにリュウノヒゲを植栽して地面を覆った事もより一層京風

ぽくなった要因だと思います。

植栽はヤマモミジの株立やヤマボウシの株立、それにアオハダ、

ナツツバキの株立を植えました。この庭の特徴として、サツキツツ

ジやヒラドツツジ等の大きい玉物を植栽したのも、庭が落ち着いて

見える要因でしょう。

IMGA0156

前庭と主庭を合わせてみると、うまく石組が連立して迫力のある

作品になったと自負しています。近くを散歩している人も立ち止ま

って見てくれているので、それだけクオリティーが高かったのかな~???

IMGA0177①

家の裏側にも、ちょっとした坪庭を設けてみました。

支給の鳥海石で石組を行い、ツリバナを1本植えてみました。そこに

お客様が自分で苔を張られたので、一気に雰囲気が変わりビックリ

しました。京の坪庭みたいです。

最後に、いろんな要因で工事期間が長丁場になり、お客様には通路

や駐車スペース等いろんなご迷惑をお掛けしてしまいました。

誠に申し訳なく思っております。

この庭はまだ出来上がったばかりで、最終の完成形ではございません。

植物を管理し、この庭(石組等)に合った樹形に仕立てていって、いずれ

は当社を代表する和風庭園にしたいと考えております。

いろんな意味でアドバイスし協力致しますので、今後とも宜しくお願い

申し上げます。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0299

これらの樹木を思い切って整理して、メンテナンスの楽なドッグラ

ンをメインにした庭に作り替えました。

IMGA0052

ハナミズキとシラカシ2本のみ残して、その下は鮮やかなピンクと

ホワイトの化粧砂利を敷き詰めました。

IMGA0054

奥はドッグラン用のスペースです。小型犬なので下の隙間から逃

げ出さない様に、オリジナルのガーデンフェンスを工夫しました。

シラカシの廻りも木柵で囲んだ所、いいアクセントになりました。

IMGA0058

裏口にもゲートを設けました。こちらも下へ潜り込んで逃げ出さな

い様工夫しました。

砂利の下には全て防草シートが敷いてあるので、今まで悩まされ

続けた雑草対策は万全です。

以前作ったドッグランのお庭では、小型犬の為に柵の下から脱走

されたという苦い経験を教訓にして、それを色んな所に工夫しまし

た。これで、思う存分遊び回れる事でしょう。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930