スジギボウシ

オシャレな外観にしたいというオーナーの要望を実現するには、2つの制

約がありました。1つ目は、オープンまでの期間が短く関連する電気工事

や舗装工事との工程調整が難しかった事。2つ目は植栽するスペースが

ものすごく狭い事でした。

その2つの制約を見事クリアして完成したのがこの作品です。

before

after

このスペースにぴったりなアオダモの株立を探して植えてみました。茶系の

外観の上にくっきりと樹木が浮かび上がっているので、1本でも絵になりま

す。白御影の敷石を使った土留も延長を少し長くした事で、広く見せる効果

が出ています。下草にはカラーリーフとして最近人気の高いヒューケラを植

栽して彩りを与えています。

before 

after

奥行きがわずか80cmのスペースにも立派な小庭が出来上がりました。

植栽にはあまりスペースを取らない中木のナツハゼを5本植えました。

竹の支柱に枝を誘引して広げる事で、より大きく見えるように工夫しまし

た。土留は同じく建物の外観と合わせ、白御影の敷石でスタイリッシュにま

とめてみました。オリジナルのガーデンフェンスも窓枠と同じ色に塗って統

一感を出しています。

室内から見ると圧迫感も無く、板と板の絶妙な隙間で思ったより広く感じさ

せます。

after

下草は4つある個室から全て眺めが変わるように考えてあります。

手前からキャットミント、アジュガチョコチップ、スジギボウシ、フイリヤ

ブランが植えてあり、四季折々の花が咲くでしょう。

照明も樹木を下から照らす事で樹木のシルエットが浮かび、また違った演

出を可能にしてあります。

after

建物の全景はこのようになりました。2階のルーフテラスにもプランターを

設置してツリバナを植えてあるので、建物にも潤いがでてきました。

そんなに植栽の量は決して多い訳ではないのに、建物のグレードがアップ

して見える!植物の力を改めて大きく感じる作品となりました。

 

ガーデニング施工前と施工後でどのように変化したのか、分かり易いよう

にビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

和室の前という事で和っぽい植物を選択しました。

主木はナツツバキの株立で添えにはナツハゼを植えました。

根〆はシュウメイギクとスジギボウシでまとめてみました。今年はもう終わ

りましたが、来年花が咲いたら相当綺麗になること請け合いです。

before

after

ベージュのリブロックを積んで土留にしました。

こうして見ると、付いていないようで付いているのが傾斜。ブロック1段分

(約20cm)の傾斜が付いています。

before

after

芝生で造った築山を私の直感で思い切り高くしてみました。その結果、庭

にうねりと動きが出たように感じます。

築山には、雑木類(ジューンベリー、カマツカ、アオダモ、ハナミズキ(赤)

(白)、オトコヨウゾメ、キンモクセイ)をバランス良く配植しました。

下草には、葉の美しいフイリヤブランと管理が楽なキャットミントを植えて

みました。どちらも花の色が紫系なので、カラーバランスも上手く取れると

思います。

after

コンクリート+アンティークレンガで造った大きなテラス。

これ位大きいと、この時期に子供達が遊ぶプールを置くには充分な広さで

す。

中に埋められた多くの基礎ブロックは、冬の雪囲い用に設置しました。

合わせて、立水栓も大洋紅という石で丸く囲い可愛く仕立てました。

before

after

テラスをこちら側から見ると、かなり広くなっているのが分かります。

それは、御主人の車を車庫からバックしてここに停めて洗車する為です。

デザイン的にもインパクト大ですし、アイデア次第ではいろんな使い方が思

いつきそうです。目隠し用に植えた生垣も、テラスに合わせて曲線を描いて

います。

after

道路沿いには、プライベート感を演出する為にウッドフェンスを設けまし

た。適度に遮蔽されているので圧迫感がありません。

before

after

建物の外観は、この角度から見ると一番変わったような感じがします。

片勾配の屋根とウッドフェンスの水平が絶妙にバランスが取れてきたの

で、家がゴージャスに見えます。

クネクネ曲線にこだわって、遊び感覚でデザインした作品をビフォー・アフ

ター形式で紹介したいと思います。

BEFORE

AFTER

最初の打ち合わせは3月の末。

ビフォーの写真を見ると、まだこの頃雪があるのを思い出しました。

話は変わりますが、まずこだわったのは先程申した通りクネクネした芝生

の曲線です。周囲は玉砂利敷にして、芝生に上がらなくても庭を散策でき

るようにと考えてみました。

その結果、芝生の緑が浮き出るような演出となって、素敵な雲形の形に仕

上がりました。

それとは対照的に家庭菜園は角材を使って、スクエアな仕上がりをわざと

狙ってみました。また幅はあまり広くせずに、砂利から全て手が届くよう

にして、長靴にドロが付いて汚れる煩わしさを防ぎました。

植栽は管理の楽な雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ヤマボウシ、ツリ

バナ等)をポイントを押さえて植栽しました。

せっかく敷地が高台にあったので、既存のネットフェンスに遮蔽ネットを

張って空間を少しだけ仕切ってみました。

BEFORE

AFTER

多目的に使えるようにしたテラスは、周囲をアンティークレンガで囲った

シンプルなもの。これも雫型にしただけで雰囲気が出てきます。

BEFORE

AFTER

タイムやガウラ、キャットミントをメインに植えた花壇スペースもまるで

波のような曲線を使っている為、それだけを見れば和モダンなテイストが

感じられます。

AFTER

逆方向から眺めると、いかに曲線が遊んでいるか分かります。

芝生の中にあるレンガで囲った円形のものは、小さな娘さん達のリクエス

トにお応えして作った砂場です。

AFTER

一週間後に伺ったら、すでにかなり遊ばれている様子でした。本当に子供

って砂が好きなんですねー!

AFTER

玄関前に植えられたヤマボウシの株立。これだけでも絵になりますが、

下草にスジギボウシを植えたので更に華やかさが広がりました。

着工前はこんな感じでした。

imga0208

img_0020 img_0021

駐車スペースのアプローチ側には、カラー平板を色分けして交互に並べま

した。

dscf5037

正面から見ると、意外に色使いがカラフルです。

dscf5038

アプローチは華やかにしてほしいという要望でしたので、アンティークレン

ガで縁取りを行い、淡い桃色系の色が美しいサントメローズという石を乱張

りしました。

花壇部分には将来ピンクの絨毯になるよう、クリーピングタイムを植え付け

ました。

 

反対側の隣地境界には、ショコラ・コロンという生チョコの様なレンガで縁取

った花壇にナツハゼとスジギボウシを植栽しました。

dscf5034

駐車する時、バックでぶつけたりしない様にRを付けています。

「庭はプライベートが守られるスペースにしたい。」という要望でしたので

3方向全てをマサキの生垣で囲いました。

dscf5040

その結果、空間を丁度良い具合で仕切る事ができました。

それと合わせて庭がすごく広く感じられます。

dscf5042

この角度から眺めると緑の量が増えたので、建物と一体化してゴージャス

に見えます。これと「家」と「庭」ができたので「家庭」の完成です。

dscf5048

特に、芝生の形にはこだわりました。

大胆な曲線を用いているので、どことなく和の香りがするのですが、木の葉

型のテラスがそれを上手く洋のイメージへと導いてくれてます。

dscf5049

植栽は雑木がメインで、アオハダ、ヤマモミジ、ジューンベリー、キンモクセ

イ、ツリバナが植えてあります。樹高が3mを超える大きな木を植えたので

隣のアパートの人が停めている車もそんなに気にならなくなりました。

dscf5053

御夫婦のかねてからの夢であったウッドデッキ。かなり広いので使い方は

発想次第で色々できます。リビングからもかなり広く見えます。

木の葉型のテラスはバーベQをしても傷まない様に、レンガの縁取りの中

は敢えてコンクリートのハケ引き仕上げにしました。

dscf5057

デッキの横には木製のガーデンフェンスを取り付けました。目隠しはもちろ

んワイヤーネットを取り付けて、ガーデングッズの見せる収納やガーデンフ

ックを取り付けてハンギングを楽しめます。

分かりやすい様にビフォー・アフター形式で説明していきたいと思います。

Before

IMGA0724

After

IMGA0329

コンクリートの擁壁に続く土留は、白御影の間知石を使い緩やかな曲線を

描く事で、高級感のあるモダンな仕上がりになりました。

玄関前の視線を遮る為に設けた枕木のモニュメント。連立している事で存

在感があり、それでいてシャープな印象を与えてくれます。

Before

IMGA0728

After

IMG_0078

カーポートから玄関へ向かうアプローチ。ここは白の平板を碁盤の目の様

に並べ、更に枕木で切り返して角度を変えたので、実用的でもありスタイリ

ッシュ。かなり斬新なデザインで庭の一つのアクセントになっています。

植栽もジューンベリーやヤマボウシ、ソヨゴ、アオハダ等の雑木でまとめ、

下草もスジギボウシやヒューケラ、フイリヤブラン等の多年草でまとめたの

で緑の量が多く、しかも管理の楽な庭になりました。

After

IMG_0079

玄関側から見ると私の表現したかった世界が、より明確に伝わると思いま

す。枕木にも遊び心で、変わった形の装飾金具を取り付けてみました。

これ結構気に入っています。

Before

IMGA0730

After

IMGP4725

主庭の方は大胆な曲線を用いた、かなり広い芝生の遊び場になっていま

す。

隣家との境界には、こちらの土地の方が地盤が高いので、高さ80㎝の少

し低めのウッドフェンスを設けて空間を仕切っています。

こちらもアオダモやナツツバキ、ヤマモミジ、カマツカといった雑木でシンプ

ルにまとめてみました。

After

IMG_0083

こちら側から見ると、いかに芝生の遊び場が面白い形になっているのかが

すごく分かりやすいと思います。

最後に、お客様からは「外構で家がこんなに変わるなんて、まるでモデル

ハウスみたいだ。」と言って頂きすごく誇りに思っています。

更にご近所の方々の視線も感じられるそうで、工事中もカラーコーンに貼っ

てある当社の社名をわざわざ見て行かれると驚いていらっしゃいました。

植栽時期が暑い時期に重なってしまい、庭の水やりがすごく大変かと思い

ますが、夏が終わるまでの辛抱です。必ず植物は可愛がってくれた人に恩

を返してくれますので、何とか面倒をお願い致します。

工事中は色々とお世話になり、本当にありがとうございました。

これからも宜しくお願い申し上げます。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0785 (2)

このスペースをいかに立体的に捉えて、有効に活用するかがデザインのコ

ンセプトでした。

まずは床掘りを行います。

IMGA0498

そこに小舗石を並べて畑土を入れ、小さいながらも家庭菜園のスペースを

設けました。

IMGA0499

この様に階段の脇などのデッドスペースを見つけては、植栽のスペースを

確保していきます。

IMGA0560

ツリバナの株立やイレックスサニーフォスターを植えて、下草にはフイリ

ヤブランとスジギボウシを植えていきます。まだまだ仕掛けはありますので

どの様に変化していくのか楽しみにしていて下さい♪

山辺町のG様邸のお庭。久しぶりに訪れてみましたら、芝生がすごい事に

なっていました。

IMGA0641

IMGA0639

なかなか、これだけ鮮やかな緑色の芝生は、そうそうお目にかかれるもの

ではございません。

余程、愛情を持って植物に接してこられたのか良く分かります。

奥の主庭の樹木もようやく葉が茂ってきました。

IMGA0638 (2)

斜面に植えたクラピアもようやく根付いて、地面をシバザクラと共に覆っ

てくれています。

IMGA0645 (2)

スジギボウシは今が主役!可憐な花を見せて心和ませてくれてます。

IMGA0648 (2)

カーポートの前に据え付けられたオリジナルガーデンフェンスにも、ハンギ

ングが施され新たな役割を与えられ嬉しそうです。

IMGA0650

格子から透けて見える世界はまた独特の味わいがあります。そろそろ芝も

刈り時なので、お手入れ宜しくお願いします。

 

洋風ガーデニング

シダレモミジの持つ独特で優雅な和の曲線と、フイリヤブラン・スジギボウシが植えられた斜線が交差し合う事で、どこか無機質な空間が何故か見る人を癒してくれます。


洋風ガーデニング 山形県東根市 造園業 武田園芸

ヤマモミジの根元に植えられたセイヨウオダマキの薄紅色や薄紫色の可憐な花々が、見ている人に和みを与えてくれます。

 

洋風ガーデニング

マンションに一歩足を踏み入れると、サントメローズ貼りの薄いピンクに彩られた明るいパティオ(中庭)が優しく出迎えてくれます。足元には、セイヨウオダマキ ・ スジギボウシ ・ ヒペリカムカリシナム・アイビー等のグランドカバーが四季折々、花を添えてくれます。


洋風ガーデニング

四階建てマンションのどの階からも、シンボルツリーのショウジョウモミジの枝ぶりが眺められる様になっており、マンションにいながら季節の移り変りを感じる事ができます。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930