ツリバナ

今回はいよいよ樹木の植栽を行います。これで見える景色が一変するは

ずです。まずは雑木を植えていきます。

道路からの視線をうまく遮るように樹木の配植を考えました。ジューンベリ

ーの株立とナツハゼの株立を植えたので、来春葉が茂ればうまく目隠しで

きる事でしょう。

次にアオダモの株立を植えていきます。幹に浮かぶ白い模様がとても綺麗

です。その他にも、ツリバナの株立とヤマモミジも植えていきます。

ここまででも庭に潤いが出てきました。雑木の植栽が終わったら、次は低

木を植えていきます。

花の咲いている期間がとても長いアベリアを植えていきます。樹高が50

cm位あるのでフェンスの足元はうまく隠れます。

風で倒れないように竹で支柱を掛けていきます。この支柱に枝を誘引して

広げる事で、より美しい樹形にする事ができます。

足元の低木にはシモツケを植えていきます。

グランドカバーはハーブのキャットミントとクリーピングタイムを植えまし

た。どちらも強健な植物で寒さや雑草にも強く乾燥にも耐えるので、水遣り

も殆ど必要ない管理の楽なとてもお薦めな植物です。

これに高麗芝を全面に張ったら植栽の完了です。

植える前と後ではかなり奥行き感が違います。すごく庭らしくなったと思い

ます。

次は門柱工事です。これが終われば完了なので、どんな形になるかは後

のお楽しみという事で!

どのように変化したのか分かりやすいように、ビフォーアフター形式で説明

したいと思います。

before

after

敷石が丸から四角になり砕石が玉砂利になっただけですが、スタイリッシュ

な印象になり、より高級感が感じられます。

before

after

一番ぱっと見で変わったのが、前よりすごく広くて奥行きが感じられる所で

す。それは美しい曲線を描いた芝が奥まで続く為、遠近法でそう感じるん

だと思います。

来春になり、奥に植えられたアオダモの株立やジューンベリーの株立の木

に葉が生い茂り、下草として植えられたヒューケラやスジギボウシもすくす

くと成長して、手前に植えられたクリーピングタイムが緑の絨毯に生まれ変

われば、素敵な緑の小径になってくれる事でしょう。

before

after

反対側から眺めても、やはり美しい曲線は際立っています。

リビングの前に植えられたアオダモの株立も、幹の白い模様が綺麗です。

少し高低差を出す為に並べた白い小舗石の縁取り。こちらも緑の中に白い

曲線がくっきり浮かんで一つのアクセントになっています。

下草に植えられた赤葉のヒューケラ。来春には芝生とのコントラストが際立

つこと間違いないでしょう。

before

after

リビングの前には芝生の広場を設けて広がりを持たせています。

中央に植えてあるツリバナの株立が一際彩りを放ちます。

before

after

シンボルツリーのヤマモミジが存在感を示します。

一段下がった所に設けられた家庭菜園。来年、野菜が成長してもあまり存

在感を示さないように考慮しました。枠組は素朴な丸太で囲ってみました。

after

御家族との通路は化粧平板を使いました。予算の関係で当社にある在庫

品を使ったので、多少リーズナブルになりました。

ただ並べても変化がないので、交互に菱形を入れることでオシャレに見せ

てます。脇に植えてあるハナミズキ、低木のアベリア、縁石に使った大洋

紅(小舗石)全て赤しばりにまとめてみました。

after

家庭菜園の方から眺めると、いかに樹木が家にとって潤いを与えてくれる

のか良く分かります。

玄関から続く芝生が、ここまで美しい曲線を保って描かれています。

after

手前に見えるレモンイエローの葉は、山形でも育つ数少ない常緑樹の一種

イレックスサニーフォスターです。芝生の美しい曲線は庭の奥まで続いて

います。玉石の下にはもちろん全てに防草シートを敷いておりますので雑

草対策も万全です。

工事前と工事後でどのように変化したのか分かりやすいようにビフォー、ア

フター形式で説明したいと思います。

before

after

玄関脇には植樹帯を設けツリバナの株立をメインにして、根〆には花の咲

いている期間が最も長いアベリアを密植しました。

家庭菜園も角材を組み合わせて作ってみました。

before

after

ヤマモミジとジューンベリー、ライラックの3本の雑木でシンプルにまとめ

てみました。樹木の下は土壌改良だけを施し、将来草花を植えられるスペ

ースにしてみました。

建物の周囲の全ての砕石は搬出して、防草シート+玉砂利敷でまとめて

みました。これのおかげで草取りの煩わしさはほとんど解消され、管理の

楽な庭になりました。

オシャレな外観にしたいというオーナーの要望を実現するには、2つの制

約がありました。1つ目は、オープンまでの期間が短く関連する電気工事

や舗装工事との工程調整が難しかった事。2つ目は植栽するスペースが

ものすごく狭い事でした。

その2つの制約を見事クリアして完成したのがこの作品です。

before

after

このスペースにぴったりなアオダモの株立を探して植えてみました。茶系の

外観の上にくっきりと樹木が浮かび上がっているので、1本でも絵になりま

す。白御影の敷石を使った土留も延長を少し長くした事で、広く見せる効果

が出ています。下草にはカラーリーフとして最近人気の高いヒューケラを植

栽して彩りを与えています。

before 

after

奥行きがわずか80cmのスペースにも立派な小庭が出来上がりました。

植栽にはあまりスペースを取らない中木のナツハゼを5本植えました。

竹の支柱に枝を誘引して広げる事で、より大きく見えるように工夫しまし

た。土留は同じく建物の外観と合わせ、白御影の敷石でスタイリッシュにま

とめてみました。オリジナルのガーデンフェンスも窓枠と同じ色に塗って統

一感を出しています。

室内から見ると圧迫感も無く、板と板の絶妙な隙間で思ったより広く感じさ

せます。

after

下草は4つある個室から全て眺めが変わるように考えてあります。

手前からキャットミント、アジュガチョコチップ、スジギボウシ、フイリヤ

ブランが植えてあり、四季折々の花が咲くでしょう。

照明も樹木を下から照らす事で樹木のシルエットが浮かび、また違った演

出を可能にしてあります。

after

建物の全景はこのようになりました。2階のルーフテラスにもプランターを

設置してツリバナを植えてあるので、建物にも潤いがでてきました。

そんなに植栽の量は決して多い訳ではないのに、建物のグレードがアップ

して見える!植物の力を改めて大きく感じる作品となりました。

 

建物がスタイリッシュな外観だったのと、お客様が和のテイストを好まれて

いたので、「和モダン」をテーマにデザインしました。

分かり易いようにビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

中庭は色んな所から眺める事ができるので、眺める場所によって色んな景

色が楽しめるように考えました。

駐車スペースから眺めるとこのようになります。

手前に植えてあるツリバナの株間から眺めると、逆遠近法で広く感じます。

高木は他にアオダモとオトコヨウゾメの3本に絞り、配植の妙で空間を構成

しました。

before

after

この庭の重要なポイントになっている苑路。

枕木風のヴィンテージウッドに、地元産の富沢石を石畳風にして組み合わ

せてみました。苑路、植栽地共デザインを雲形に統一した事で、小舗石等

を使っても和のテイストが漂います。

before

after

玄関前の角地、この狭小スペースも修景しました。

これだけのスペースがあれば、前庭としては十分です。

スクエアな建物に違和感がないように、尺角の白御影の間知石を使い土

留しました。

after

植栽は、当社に仮植してあった珍しい荒皮性モミジの株立を主に、ガマズミ

とシダレモミジとでシンプルに構成してみました。

下草には、フイリアマドコロとフイリヤブランの両方とも斑入りの葉が特徴

の観葉も楽しめる植物で根〆しました。

after

この庭のポイントは、伊勢ゴロタ石の敷石の上に置かれた水盤。

水を張る事で、何故か水面にそっと引き寄せられるから不思議です。

こちらも、新しい形の和の庭を造れたと自負しています。

いよいよ木を植えていきます。この瞬間が一番楽しみです。

何故なら、一番庭の雰囲気が変わるからです。

中庭はいろんな部屋から見えるので、どの角度から眺めても絵になるよう

に考えました。ここはアオダモの株立、ツリバナの株立、オトコヨウゾメ

の3本で上手くまとめてみました。

もちろん高木の根〆にも、下草を植えてまとめていくつもりです。

玄関脇の前庭にも、珍しい荒皮性モミジの株立を植えてみました。このモ

ミジは木肌がゴツゴツした感じなのですが、葉が小さく真っ赤に紅葉する

ので選んでみました。

他にシダレモミジやガマズミを植え、根〆に下草を植えてポイントとなる

水盤を据え付け、伊勢ゴロタ石を敷き詰めるとこんな感じに仕上がりまし

た。

デザインコンセプト通りの和モダンに仕上がったと自負しています。

次は中庭の石貼り工事。だんだん仕上げに近付いてきました。最後まで

しっかり仕事をしたいと思います。

クネクネ曲線にこだわって、遊び感覚でデザインした作品をビフォー・アフ

ター形式で紹介したいと思います。

BEFORE

AFTER

最初の打ち合わせは3月の末。

ビフォーの写真を見ると、まだこの頃雪があるのを思い出しました。

話は変わりますが、まずこだわったのは先程申した通りクネクネした芝生

の曲線です。周囲は玉砂利敷にして、芝生に上がらなくても庭を散策でき

るようにと考えてみました。

その結果、芝生の緑が浮き出るような演出となって、素敵な雲形の形に仕

上がりました。

それとは対照的に家庭菜園は角材を使って、スクエアな仕上がりをわざと

狙ってみました。また幅はあまり広くせずに、砂利から全て手が届くよう

にして、長靴にドロが付いて汚れる煩わしさを防ぎました。

植栽は管理の楽な雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ヤマボウシ、ツリ

バナ等)をポイントを押さえて植栽しました。

せっかく敷地が高台にあったので、既存のネットフェンスに遮蔽ネットを

張って空間を少しだけ仕切ってみました。

BEFORE

AFTER

多目的に使えるようにしたテラスは、周囲をアンティークレンガで囲った

シンプルなもの。これも雫型にしただけで雰囲気が出てきます。

BEFORE

AFTER

タイムやガウラ、キャットミントをメインに植えた花壇スペースもまるで

波のような曲線を使っている為、それだけを見れば和モダンなテイストが

感じられます。

AFTER

逆方向から眺めると、いかに曲線が遊んでいるか分かります。

芝生の中にあるレンガで囲った円形のものは、小さな娘さん達のリクエス

トにお応えして作った砂場です。

AFTER

一週間後に伺ったら、すでにかなり遊ばれている様子でした。本当に子供

って砂が好きなんですねー!

AFTER

玄関前に植えられたヤマボウシの株立。これだけでも絵になりますが、

下草にスジギボウシを植えたので更に華やかさが広がりました。

着工前はこんな風に土留が施されているだけでした。

敷地の周囲も樹木や雑草が生い茂り、鬱蒼としていました。ただ白い土蔵

だけが美しかったので、これだけは何とか借景したいと考えました。

敷地周囲のアカシアや雑草は、許可を得て伐採しました。空間を仕切る為

にオリジナルのガーデンフェンスを設けてみました。これにより白い土蔵

が浮かび上がり、アクセントとして上手く借景する事ができました。

植栽部分は白御影の間知石と小舗石の二丁掛で花壇と作り、若干ではあ

りますが高低差を設けました。

植栽は管理の楽な雑木類(アオダモ、ジューンベリー、アズキナシ、ヤマモ

ミジ等)を植えて、季節毎の移り変わりが楽しめるように配慮しました。

ガーデンフェンスの下が空いている所は低木のシモツケを植栽し、それを

カバーしました。

根〆にはキャットミント、クリーピングタイムのハーブ類でまとめ、ただ眺

めるだけではなく、その香りを楽しんだり、葉っぱを収穫したり多目的に利

用できるように考えてみました。

また、一部ではありますが畑土を入れて家庭菜園も設けてみました。

また、光の当たり具合でこのようにおもしろい影の造形が見られ、これは

想定外の出来事でした。

寝室前には、ナツツバキを植え、逆遠近法で庭が広く見えるようにしてみま

した。

リビングの前には雲形の大きなテラスを設け、テーブルを置いてゆっくり

寛げる空間を設けてみました。これからの季節バーベQなどもいいかもし

れませんね♪

玄関脇の坪庭には小舗石とレンガで雲形に仕切り、今カラーリーフとして

人気の高いヒューケラを植えてみました。

ここにはあまり大きくならないツリバナの株立を1本植えて、シンプルな空

間構成にこだわりました。

ちなみに、白い玉石は海を表しています。

玄関前は、枕木を立てて門柱にしてみました。その後ろにはアオハダの株

立を植え、根〆にはグランドカバーのフイリヤブランとビンカミノールでま

とめてみました。

東根市のT様邸のガーデニング。一番の見せ場に差しかかりました。

まずは植栽用の客土に肥料をたっぷり混ぜて、生育に必要な養分を与え

ます。

アオハダやジューンベリー等の雑木でまとめてみました。

ウッドフェンスに樹々の緑が映えます。

玄関脇の坪庭にもツリバナを植えてみました。

木を1本植えるだけで、雰囲気が良くなるから不思議です。

リビング前に大きなテラスを作っています。

これが出来上がると庭の重要なアクセントになります。

次回は完成形を披露しますので、楽しみにしていて下さい♪

dscf5621

 

img_0208dscf5079

dscf5078

最初にお客様と打ち合わせにお伺いした時、3つの要望を伝えられました。

1つ目は、リビングからの眺めがどことなく殺風景なので、何か雑木的なもので目隠ししてほしいとの事。

2つ目は、門柱の脇に気を植える事で、冬場玄関前に雪が入り込んでくるのを和らげてほしいとの事。

3つ目は、道路側にある窓が和室に面しているので、何か木を植えて修景してほしいとの事でした。

あらかじめ予算も提示されていたので、どうその範囲で納めるか手腕が問われる所でした。

dscf5623

植栽地は、白御影の間知石、小舗石錆の二丁掛、小舗石大洋紅を使う事で、約10cm位ですが、ちょっとずつ段差をつけて立体感を与えてみました。

植栽はヤマモミジ、アオハダ、常緑ヤマボウシ、ジューンベリー、ナツツバキ等の様々な雑木を植える事で、四季の移り変わりを楽しんでもらう様にしました。それと同時に隣家との目隠しもさりげなく行える様に配植しました。

芝も張ってみたいとの考えも伺いましたが、御夫婦とも働かれていたので、今回は管理の殆どかからない防草シート+玉砂利敷をお薦めしました。

dscf5628

家庭菜園も挑戦してみたいとの事だったので、畳2枚分位の大きなものを作りました。これで、4人家族なら十分にいろんな野菜が収穫でき、新鮮なものが毎朝食べられるからです。

dscf5624

リビング前には、ウッドデッキと雫をモチーフにしたテラスを設けてみました。

このウッドデッキに腰掛け、バーベQを楽しむ姿が目に浮かびます。

dscf5617

門柱脇にはカツラの株立を植えて、雪の入り込みを少しでも和らげられる様にしてみました。

dscf5616

和室前には、スペースが狭かったのであまり大きくならないウメモドキとツリバナを植えて、少しでも和のテイストを感じてもらえる様にしました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930