ツリバナ

以前からあったコニファーが枯れてしまい

何とかしてほしいと頼まれました。

 

着工前

着工前

 

コニファーを伐採伐根し

小舗石で縁取りして植栽用の客土を入れただけでも

雰囲気は随分変わりました。

 

DSCF8150

 

それに、雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ツリバナ)を植え

下草にマホニアコンフューサとフイリヤブランを

植え付けました。

 

DSCF8189

 

DSCF8190IMGP7995

お隣とも適度な目隠しにもなり

見た目も爽やかな印象になりました。

 

IMG_7516

 

建築途中よりデザインの打ち合わせを行い建物を見る方向が変われば

庭の形も変わるようデザインしました。

 

【着工前】

DSCF6748

 

建物の西側は2台用のカーポートを建てて

車をバックで停めやすいように土間コンクリートはカーブを描いでいます。

 

物置も建物の外観に合わせる事で、一体感が生まれました。

 

IMG_7516

 

人とは違ったアプローチを作りたくて

化粧平板を三角形の組み合わせで敷いてみました。

モチーフは「折り紙」です。

 

IMG_7529

 

建物の北側の土留は白御影の敷石を交互に並べて据え付けました。

そうする事によりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

IMG_7523

 

建物の東側は

ナツツバキやアオダモ・ハナカイドウ・常緑ヤマボウシ等の

管理の楽な雑木を主体に植えました。

 

どことなく清涼感が漂います。

 

枕木を2本使って土留を行い2段植栽に致しました。

 

上段には

マホニアコンフューサとキャットミント・フイリヤブラン。

 

下段には

ベロニカオックスフォードブルーを植えています。

 

そうすることで庭に奥行きが出ました。

 

IMG_7525

 

庭の南側は、リビングと和室があります。

 

リビングの前は、前の畑を隠したかったので、

雑木類(ジューンベリー・アオハダ・ナツハゼ)を

少し間隔をせばめて植えています。

 

下草も西洋イワナンテンスカーレッタ・スジギボウシと

洋風っぽいものを選んでいます。

 

IMG_7524

 

和室前はちょっぴり和モダンを意識して

景石と瓦で修景を兼ねて土留を行い

 

ヤマモミジとツリバナの株立を植え

サツキの刈込でまとめてみました。

 

IMG_7526

 

建物の建築中から打ち合わせをして早5ヶ月。

ようやく完成致しました。

 

建物を見る方向が変わると

庭の形も変わるようにデザイン致しました。

 

どのように変わったか

ビフォー・アフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6748

 

【After】

IMG_7516

 

建物の西側は2台用のカーポートを建てて

車をバックで入れやすいように

土間コンクリートはカーブを描いています。

 

物置も建物の外観と合わせることで

一体感が生まれました。

 

IMG_7529

 

人とは違ったアプローチを作りたくて

化粧平板を三角形の組み合わせで、敷いてみました。

 

モチーフは「折り紙」です。

 

【Before】

 

【After】

IMG_7523

 

建物の北側の土留は

白御影の敷石を交互に並べて据え付けました。

 

そうする事よりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

IMG_7525

 

建物の東側は

ナツツバキやアオダモ・ハナカイドウ・常緑ヤマボウシ等の

管理の楽な雑木を主体に植えました。

 

どことなく清涼感が漂います。

 

枕木を2本使って土留を行い、2段植栽に致しました。

 

上段にはマホニアコンフューサと

キャットミント・フイリアブラン。

 

下段にはベロニカオックスフォードブルーを植えています。

 

そうすることで庭に奥行きが出ました。

 

【Before】

DSCF6747

 

【After】

IMG_7524

 

庭の南側は、リビングと和室があります。

 

リビングの前は、前の畑を隠したかったので、

雑木類(ジューンベリー・アオハダ・ナツハゼ)は

少し間隔をせばめて植えています。

 

下草も西洋イワナンテンスカーレッタ・スジキボウシと

洋風っぽいものを選んでいます。

 

IMG_7526

 

和室前はちょっぴり和モダンを意識して

景石と瓦で修景を兼ねて土留を行い

 

ヤマモミジとツリバナの株立を植え

サツキの刈込でまとめてみました。

 

IMG_7484

 

家を新築されたのを期に、

「古い家の解体後そのままの形で残されていた庭をリ・ガーデンしたい」

というのが当社へのご依頼でした。

 

【着工前】

DSCF6222

 

2台用のカーポートの設置は見送り、あくまでも外観重視でデザインしました。

「あれ、このお宅で間違いないんだっけ~?」と言われるようになりたいです。

 

IMG_7495

 

3台分の駐車スペースは確保したので、角地の部分建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で、

植栽スペースを設けました。

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が、爽やかな風を運んでくれます。

 

IMG_7496

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。まさにワンランク昇格を果たしました。

 

IMG_7488

 

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。

また、既存のブロックが古く強度が今の基準を満たしていなかったので、控え壁で補強しました。

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。

これにより3段植栽が可能になりました。

現在のブロック塀の基礎の古さは、もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて、広い所・狭い所のメリハリを付けました。

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱切りにしました。

門柱も手作りし、表札もポストも私がチョイスしました。モチーフは円(縁)になっています。

 

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

樹木はお隣の家を考慮して、葉っぱの落ちない常緑樹でまとめました。

 

IMG_7510

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

なるべく予算を掛けたくなかったので、

ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

 

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので、オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

 

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し

建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを1段積み上げました。

 

IMG_7485

 

御主人より息子さんの共通の趣味、

「ファットバイクを収納するのに扉が欲しい」とおっしゃられ、急遽デザイン変更しました。

 

扉が重くならないように観音開きにし

板も同じものを使用しているので違和感はありません。

 

IMG_7482

 

家を新築されたのを期に、

「古い家の解体後そのままの形で残されていた庭を

リ・ガーデンしたい」というのが、当社へのご要望でした。

 

どのようにリ・ガーデンされたのか分かりりやすいように

ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6222

 

【After】

IMG_7495

 

全体的にスッキリとした印象に生まれ変わりました。

あくまでも外観を最重視する為に

当初計画していた2台用のカーポートの設置は見送りました。

 

IMG_7496

 

道路側が全てコンクリートになってしまうと

無機質感が強くなってしまうので

建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で植栽スペースを設けました。

 

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が爽やかな風を運んでくれます。

 

【Before】

DSCF6221

 

【After】

IMG_7488

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。

まさにワンランク昇格を果たしました。

 

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。

既存のブロックが古く強度が心配だったので、控え壁で補強しました。

 

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。

ブロック塀の基礎の古さは

もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

【Before】

DSCF6223

 

【After】

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて広い所と狭いところのメリハリをつけました。

 

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱張りにしました。

 

門柱も手作りし、表札・ポストも私がチョイスしました。

モチーフは円(縁)になってます。

 

【Before】

DSCF6226

 

【After】

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

 

樹木はお隣の家を配慮して、落葉しない常緑樹でまとめました。

 

DSCF8022

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

予算をかけたくなかったので

ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

 

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

【Before】

DSCF7226

 

【After】

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので

オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

 

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し

建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを新たに1段積みました。

 

【Before】

DSCF7022

 

【After】

IMG_7485

 

御夫人と息子さんの共通の趣味「ファットバイク」を

「収納するのに塀が欲しい」と依頼され、急遽デザイン変更しました。

 

扉が重くならないように観音開きにし

枝も同じものを使用しているので違和感がありません。

 

IMG_7482

 

 

 

 

今年の2月から開始したO様邸のガーデニング。

 

植栽までは順調に工事が進んでいたのですが

3月に入り、土間コンクリートを打設する時期に

思いがけない雪が降ったりして工期が延びてしまい、

この度ようやく完成致しました。

 

どのように変化したのか

例によってビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF5612

【After】

DSCF6857

 

いつもは曲線のデザインを使う事が多い私の作品ですが、

この度は直線がお好きなお客様でしたので

全て直線でデザインしました。

 

駐車場の伸縮目地もあえて斜めに入れました。

 

【Before】

DSCF5606

【After】

DSCF6858

 

玄関脇のスペースも小舗石で囲い、

雑木(ツリバナの株立)を植えて、アクセントを付けました。

(天井には穴が空いていて、雨が当たるように設計されています。)

 

【Before】DSCF5615

【After】

DSCF6884

 

設計に取り掛かった去年の暮れの時点では

奥の方は果樹畑でしたが、今では全て宅地になっています。

それを見越して周囲はオリジナルのガーデンフェンスで適度に遮蔽してみました。

 

小さいお子様と大好きなサッカーをするのが夢だったという

ご主人の要望にお応えして、

芝生の面積を最大限に広くとりました。

 

【Before】

DSCF5619

【After】

DSCF6877

 

植栽スペースも色の違う小舗石で遠近法を意識しながらデザインしました。

 

ジューンベリーやヤマモミジ、常緑ヤマボウシ、アオハダ等の

管理の簡単な雑木を植えて式の移り変わりを感じてもらえたらと思います。

また、お隣の窓を意識して配植してあります。

 

【Before】

DSCF5607

【After】

IMGP7810

 

玄関前のアプローチは白御影の敷石とクラストブラック石の乱張りという

モノトーンの組み合わせでまとめてみました。

 

ブラウンの化粧ブロック2枚を差し色に使っています。

 

【After】

DSCF6878

荷物の出し入れを考えて、

絶妙な空間を空けてウッドフェンスを建てました。

これで通行人からの視線は遮りました。

 

【After】

IMGP7809

 

ゲスト用の駐車場脇のデッドスペース。

三角形の植栽スペースを作って雑木(オトコヨウゾメ)を植えました。

 

下草は赤い葉が美しいセイヨウイワナンテン“スカーレッタ”。

これだけでも家が映えます。

 

【After】IMGP7807

 

この角度から家全体を眺めると、

スクウェアなデザインに建物とガーデニングが統一されているのが良く分かります。

 

【After】

DSCF6867

 

まだ植物が芽吹いていないので実感が沸きませんが、

相乗効果がいかに必要か証明できた作品に仕上がったと思っています。

 

TURQUEISE

 

トータルビューティーサロン『TURQUOISE(ターコイズ)』さんの

ガーデニングを依頼されました。

 

「南国の癒しの空間を演出して欲しい」とのご要望でした。

 

【着工前】

DSCF2320

 

この寒い山形では難題でしたが、この夢を実現させて

少しでもお店の売上アップに貢献できるようにデザインしました。

 

DSCF4149

 

入り口前には“トウジュロ”を2本植えました。

ヤシ科なので南国っぽいイメージにぴったりです。

根〆には見た目もブルーで可憐なハーブのキャットミントを植えました。

 

DSCF4150

DSCF5600

 

リビング前にはジューンベリーの株立や

ツリバナ、ナツハゼの株立を植えました。

 

奥行きがかなり少ないので成長スピードが遅く、

室内からの圧迫感が少ない樹木を選びました。

 

根〆にはマホニアコンフューサと

シモツケリトルプリンセスで華やかさを演出しました。

 

DSCF4151

 

自宅への入口脇にはハナミズキの赤色を植え、

根〆にはハーブのクリーピングタイムを植えました。

 

RIMG0091

 

店舗入口脇のデッドスペースも見逃しません。

ここにはアオダモの株立を植え、根〆には

ブルーの花が美しいベロニカオックスフォードブルーを植えました。

 

DSCF4152

 

植栽しているスペースは決して広くありませんが、

それでも諦めずにデッドスペースや植栽帯を曲線にして変化を付ける事で

これだけの樹々や地被植物を植えられるという事を見事に立証しました。

 

お店の外装が藍色っぽいのでより緑が引き立つ事も事実です。

 

お客様からは

「植物のチョイスとこの曲線は想像がつかなかった!」

とお褒めの言葉を頂きました。

 

ミッションコンプリートです!

 

default 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングにして欲しいというご依頼でした。

 

既に建築工事で目隠しのフェンスは施工されていましたが、

何か土地が有効活用されていないのがすごく気になったので、

それらをテーマにデザインしました。

 

【着工前】

DSCF4285

 

敷地の全てを白御影の敷石で土留し、

土地の有効活用が出来るようにして広く使う事がテーマになりました。

 

IMG_0738

 

このテーマにのっとり、敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

IMG_0740

 

土間コンクリートが前面に打たれ、どこか無機質感が漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで潤いが生まれました。

 

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き立って見えてきます。

またフェンスの色が黒っぽい色なので、

新緑の緑も紅葉の赤も一際目立つ屏風の役割を持たす事ができました。

 

下草にはマホニアコンフューサやセイヨウイワナンテンを植えて

緑のボリュームをアップさせました。

 

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く、

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより、あまり暗くなり過ぎず、

対比するものができたのでより広く感じられます。

 

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた唯一の植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

四季折々の華やかさが体感できるよう演出しました。

 

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽と

ガーデンフェンスが公園からの視線も遮っているのが分かります。

また公園で遊んでいる子供達のボールが庭に入ってくる事も少なくなるでしょう。

 

今のところは分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

それでも緑の量が少ないので、

純白のスクエアなプランターに大きくならないコニファーを植えてみました。

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので、

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングが完成しました。

 

【Before】

DSCF4285

【After】

IMG_0738

 

敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

【Before】

DSCF4286

【After】

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には、

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き上がって見えてきます。

これから紅葉の時期を迎えれば、ますます彩りを感じる事が出来るでしょう。

 

下草にはマホニアコンフューサや西洋イワナンテンを植えて、

緑のボリュームをアップさせました。

 

【Before】

DSCF4288

【After】

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより対比するものが出来て、より広く感じられます。

 

それと同時に悩みだった公園で遊んでいる子供達のボールが

敷地内へ入ってくる事はまず無いでしょう。

 

【Before】

DSCF4296

【After】

IMG_0739

 

どこか無機質感の漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで、潤いが生まれます。

 

【Before】

DSCF5024

【After】

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて、下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

華やかさを演出しました。

 

【Before】

DSCF5028

【After】

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽とガーデンフェンスが

公園からの視線を遮っているのが分かります。

 

今のところまだ分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

【Before】

DSCF5027

【After】

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

これでも緑の量が少ないので、純白のスクエアなプランターに

大きくならないコニファーを植えてみました。

 

【Before】

DSCF4292

【After】

IMG_0748

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

 

 

「今まで畑だった所を大きな芝生広場にして、歩道沿いの所は何かカッコ良くして欲しい!」

とのご要望でした。

 

しかし、その広さは尋常ではなく、家が2軒ほど建ちそうな位広いので

そのスペースに頭を悩ませました…。

 

【着工前】

 

「歩道から家庭菜園や仕事をしているのを見られるのが少し恥ずかしい…」

という事でしたので、マサキの生垣で隠す事にしました。

 

マサキの生垣を用いたことで、デザイン性がアップしました。

まだまだ小振りですが、雑木はカツラ・ヤマボウシ・アオダモの株立を植えてシンプルにまとめ、

グランドカバーにはクリーピングタイムやシモツケ、フイリヤブラン等を植えて、華やかな演出を狙いました。

 

 

歩道の反対側は、アオハダとツリバナの株立を植えてみました。

ヒューケラの赤葉は、花が無くとも彩りを与えてくれます。

 

春先に花が咲くものを多く植栽したので、今は少し淋しいですが

来春にはかなりの期待が持てそうです。

 

 

高麗芝を張ってから約1ヶ月半位で、ここまで綺麗な芝生広場になりました。

『私がレクチャーした管理方法を実践したら、こんなに素晴らしくなるよ!』というお手本みたいです。

しかし、本当に広いですね~!

小さな公園位の大きさはあります。

 

 

築山もこれでもか!という位にうねっています。

 

 

2階からの眺め!

自由曲線がいかに美しく描かれているか分かります。

これだけの面積の庭は管理も大変ですが、これからのスローライフにピッタリだと思います。

年を重ねる度に素晴らしくなる事を期待しましょう。

 

 

ちなみに、このお宅には昨年施工した中庭があります。

まさにここは京の坪庭をイメージして作庭しました。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年8月
M T W T F S S
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
記事アーカイブ