テラス

 

かれこれ20年ほど前に当社でガーデニングさせて頂いたT様宅。

高麗芝は苔が生えてきたり、カツラが大木になってしまったりと

想定外の成長をしておりました。

 

DSCF4397

 

枕木もだいぶ腐ってきていたので

この機会に全て取り払い、除雪が簡単なコンクリートのテラスにする事にしました。

 

DSCF4970

 

カツラの根は予想以上に伸びて、根上りを起こしていたので

上根を全てチェーンソーで切って、これ以上根が伸びないように

根の周り全てに防根シートを施しました。

 

IMGP6959

IMGP6961

 

芝の剥ぎ取りが終わったら、砕石で路盤を造り

新たに小舗石で植樹スペースを設けました。

 

IMGP6966

 

ここまでくるとだいぶイメージが掴めてきました。

 

DSCF5043

 

既存の樹木も大胆に剪定したので、かなりスッキリしました。

とても涼しげです。

 

来週からはコンクリートの工事に入ります。

テラスが出来上がるとまたイメージが変わるので

作り手としても楽しみです。

 

 

 

既にカーポートと物置は設置済みでしたが、玄関扉を開けると中が丸見えになる事と

角地なので、道路をショートカットしようとする車が敷地内に入ってしまうという悩みがあり

これを何とかオシャレに解決して欲しいというご依頼をいただきました。

 

【着工前】

 

そこで、自分のイメージを色鉛筆でスケッチして見ていただき、​

お客様にも気に入っていただけたので施工に入りました。

 

 

まずは車に敷地内をショートカットされないように

白御影石を使って、頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

 

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように

アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植えて遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽する、マホニアコンヒューサとセイヨウイワナンテン“カーリーレッド”を植えてボリューム感を持たせました。

 

 

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木を数多く植え

隣家からの目隠しをさりげなく行っています。

 

小舗石の縁石や芝生の縁取りには、積極的になだらかな曲線を入れているので

庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

 

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、

それに合わせてアンティークレンガで縁取りした木の葉型のコンクリート製のテラスを造ってみました。

ここでBBQなんて…ちょっとオシャレですよね。

 

 

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて造ったシンプルなものです。

モダンな表札とポストを組み合わせるだけで、斬新になりました。

 

 

アプローチは建物の外装パネルと合わせて、グリッド状にしてみました。

化粧平板ブロックが差し色となり、うまく外観に馴染んでいます。

 

いよいよガーデニングも色んな見せ場がやってきました。

お客様からの要望の第1位だった円形のテラス。レンガで縁取りしてからローズベリーという石を張っていきます。

次に植栽部分の縁取りに小舗石の二丁掛を使って据え付けていきます。

ゲスト用の駐車スペースは土間コンクリートを打設するのですが、その縁取りは質感を合わせる為にアンティークレンガで施工していきます。

ここまでくると庭の雰囲気がおおよそ分かってきます。

当社は寒冷地の山形でレンガを使うのを極力避けてきました。どうしても凍結融解の心配があるからです。

がしかし、どうしても建物の外装レンガと質感を合わせる為に、凍結に強いレンガを選んで施工しました。その甲斐あって、建物と庭の質感がピッタリマッチしました。

 

次はいよいよ植栽工事です。

植物の彩りと優しさが加わると、どんなケミストリーが生まれるのかすごく楽しみです。

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

ようやく樹木を植える時を迎えました。

まずは軽く剪定して樹形を整えます。

それが終わると次は植栽です。

K様邸は雑木をふんだんに植えてますので、景観がガラリと変わりました。

外周りにはツゲの生垣を設けて空間を仕切ります。

テラスの周りには大きな芝生の広場を作りました。芝を張ると緑の量がぐんと増えてイイ感じです。

次回は完成形をお見せしたいと思います。

モデルハウス並みの仕上がりを狙っていますのでご期待ください!

何とか天気の良い日を選んで、ようやくアプローチやレンガのテラスのコンクリートを打設することができました。

アプローチの緩やかな曲線と、化粧平板のスクエアな感じがうまく融合してオシャレに仕上がりました。

アンティークレンガで囲っただけのテラスもいい感じに仕上がりました。

カーポート前のコンクリートもようやく打ち上がり、だいぶ完成形が見えてきました。

次は植栽工事。どれだけ変化するのかお楽しみに!

 

ガーデニングが終わってどのように変化しM様に驚かれたのか、ビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before

after

白御影の敷石を土留に使った事で豪華でスタイリッシュに見えます。M様にも「こんなに家の敷地広かったんだ~」と驚かれました。

before

after

設計の段階で一番スペーシングで苦労したのが、将来子供さん達が大きくなったらどうしても車2台停められるスペースが欲しいという事でした。バックで駐車する事を考慮して検討を重ね、この曲線のある駐車スペースが生まれました。この広さがあれば小型車くらいは停められます。

after

また、玄関扉を開けた時も家の中が見えないように雑木(常緑ヤマボウシ、ガマズミ、ジューンベリー、アベリア)を植えて空間を遮蔽しました。そればかりではなく庭に彩りと潤いを与えてくれています。

after

玄関前にはローズベリーという淡い桃色系の鮮やかな石を貼ってアクセントにしています。

before

after

2台用のカーポートを設置した後にその続きに大きなテラスを設けました。そこにも車が1台停められるように考えました。

アンティークレンガで囲まれたテラスは駐車スペースばかりではなくバーベQや子供さん用の大きなプールが置けるスペースも併せてあり、多目的に利用できるようになっています。

お隣との目隠しも雑木(シラカシ、ヤマボウシ、ヤマモミジ)を植えてあるので、程よい目隠しにもなるでしょう。その奥には木枠で囲った家庭菜園が設けてあり、将来いろんな野菜が植えられて新鮮な野菜がたくさん収穫され食卓がとても賑やかになるでしょう。

 

家の前は失礼ながら隠したいものがいっぱいありました。そこをうまく遮蔽しながら『二世帯で家族が楽しい時間を共有できるスペース』を目的にデザインしました。

玄関には枕木で門柱を作りました。頭を斜めにカットする事で斬新に見えます。

植栽はアオハダの株立1本でまとめました。下草は斑入りが美しいフイリヤブランとビンカミノールを植えてみました。

玄関脇の坪庭。どうしても日が当たりづらく暗くなりがちなので、白玉石を敷いて明るめにしました。これでコントラストがはっきり出て良くなりました。ツリバナの株立の根〆にはヒューケラを植えて彩りを与えています。

隠したいものは全てウッドフェンスで囲った事で、残したい白いお蔵だけを借景しました。

白御影の間知石と小舗石で若干ですが高低差をつけてみました。植栽はヤマモミジやアオダモの株立、ジューンベリーの株立、アズキナシの株立、ナツツバキの株立といった落葉樹と、常緑樹のヤマボウシとモチノキを程良いバランスで配植しました。

グランドカバーに植えられたクリーピングタイムの可憐な薄紫色の花が周囲を和まします。

まるで波のようなデザインのコンクリート製のテラス。

ここではバーべQを楽しんだり、ビニールプールを置いて水遊びをしたりして家族が楽しく集えるスペースを目的に作りました。

例によって分かり易い様にビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before 

after

リビングダイニングからのプライバシーの確保の為に設置したウッドフェン

ス。外壁の色とコーディネートしました。着色はちなみに御主人にお願いし

ました。

道路からの視線は、雑木のジューンベリーの株立とナツハゼの株立で遮り

ました。建物のトーンとガーデニングのトーンを統一した事で、より一体感

が増しました。

before

after

こちら側から眺めると余計に庭が広く見えます。この効果にはやはりガー

デンフェンスが大きく貢献しているようです。

門柱もシンプルに枕木を組み合わせて作ってみました。奥様がセレクトさ

れたポスト。この赤が差し色としての効果が絶大です!

before

 

after

植樹帯も小舗石で作り、高さと色を変えてみました。季節感が味わえるよう

に雑木のヤマボウシやアオダモの株立を植えてみました。

低木には常緑でピンク色の花がとても長く咲き続けるアベリアを植栽しまし

た。グランドカバーにはハーブのキャットミントを植えて爽やかにまとめて

みました。残りの部分は高麗芝を張って緑の量を確保しました。

before 

after

最近、私の作るガーデニングの定番となりつつあるテラス。

アンティークレンガとコンクリートだけで作ってあるのに、かなり仕上がり

が良いです。このテラスでバーベキューを楽しんだり、お子様用のビニール

プールを置いて水遊びしたり多目的に使えそうです。

このテラスはすごくコスパ大です。もちろん周囲に敷いてある玉砂利の下

には、雑草対策の為に防草シートが敷いてあります。

ガーデニング施工前と施工後でどのように変化したのか、分かり易いようにビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

 

before

 

after

和室の前という事で和っぽい植物を選択しました。

主木はナツツバキの株立で添えにはナツハゼを植えました。

根〆はシュウメイギクとスジギボウシでまとめてみました。今年はもう終わりましたが、来年花が咲いたら相当綺麗になること請け合いです。

 

before

 

after

ベージュのリブロックを積んで土留にしました。

こうして見ると、付いていないようで付いているのが傾斜。ブロック1段分(約20cm)の傾斜が付いています。

 

before

 

after

芝生で造った築山を私の直感で思い切り高くしてみました。その結果、庭にうねりと動きが出たように感じます。

築山には、雑木類(ジューンベリー、カマツカ、アオダモ、ハナミズキ(赤)(白)、オトコヨウゾメ、キンモクセイ)をバランス良く配植しました。

下草には、葉の美しいフイリヤブランと管理が楽なキャットミントを植えてみました。どちらも花の色が紫系なので、カラーバランスも上手く取れると思います。

 

after

コンクリート+アンティークレンガで造った大きなテラス。

これ位大きいと、この時期に子供達が遊ぶプールを置くには充分な広さです。

中に埋められた多くの基礎ブロックは、冬の雪囲い用に設置しました。

合わせて、立水栓も大洋紅という石で丸く囲い可愛く仕立てました。

 

before

 

after

テラスをこちら側から見ると、かなり広くなっているのが分かります。

それは、御主人の車を車庫からバックしてここに停めて洗車する為です。

デザイン的にもインパクト大ですし、アイデア次第ではいろんな使い方が思いつきそうです。目隠し用に植えた生垣も、テラスに合わせて曲線を描いています。

 

after

道路沿いには、プライベート感を演出する為にウッドフェンスを設けました。適度に遮蔽されているので圧迫感がありません。

 

before

 

after

建物の外観は、この角度から見ると一番変わったような感じがします。

片勾配の屋根とウッドフェンスの水平が絶妙にバランスが取れてきたので、家がゴージャスに見えます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ