ドッグラン

IMGA0022①

着工前はこんな風に10年以上も前に植栽された樹木が伸び放題になっている状態でした。

IMGA0299①

これらの樹木を思い切って整理して、メンテナンスの楽なドッグランをメインにした庭に作り変えました。

IMGA0183①

ハナミズキとシラカシ2本のみ残して、その下は鮮やかなピンクとホワイトの化粧砂利を敷き詰めました。

IMGA0054①

奥はドッグラン用のスペースです。小型犬なので下の隙間から逃げ出さない様に、オリジナルのガーデンフェンスを工夫しました。シラカシの周りも木柵で囲んだ所、良いアクセントになりました。

IMGA0058①

裏口にもゲートを設けました。こちらも下へ潜り込んで逃げ出さない様工夫しました。

砂利の下には全て防草シートが敷いてあるので、今まで悩まされ続けた雑草対策は万全です。

IMGA0182①

最後に可動式の木柵を手作りしました。雪が降った時に片付けられる様に、3分割して収納できる様にしました。以前作ったドッグランのお庭では、小型犬の為に柵の下から脱走されたという苦い経験を教訓にして、それを色んな所に工夫しました。これで思う存分遊び回れる事でしょう。

玄関前の柵を当社でサービスする事になりました。

すぐに現地を計測し、ホームセンターへ行っては安い材料を探し、

それを基に図面をひきました。

うちの職人が、1日ちょっと掛かって出来上がったものが、この木柵です。

IMGA0182

冬の除雪で排雪するのに邪魔になるので、3分割で収納できる様

設計してあります。高さは80cm確保してあるので、ワンちゃんが

脱走する事はないでしょう。これで、思い切って放し飼いができて

運動不足になる事はないでしょう。

IMGA0184

この様に景観的にも、木製部分の割合が増えたので、かなり一体感

が高まり、豪華に見える様になりました。

これで、ドッグランの庭を作る自信が高まりました。

ドッグランの庭に興味のある方は、一度当社へご相談下さい。

宜しくお願いします。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0299

これらの樹木を思い切って整理して、メンテナンスの楽なドッグラ

ンをメインにした庭に作り替えました。

IMGA0052

ハナミズキとシラカシ2本のみ残して、その下は鮮やかなピンクと

ホワイトの化粧砂利を敷き詰めました。

IMGA0054

奥はドッグラン用のスペースです。小型犬なので下の隙間から逃

げ出さない様に、オリジナルのガーデンフェンスを工夫しました。

シラカシの廻りも木柵で囲んだ所、いいアクセントになりました。

IMGA0058

裏口にもゲートを設けました。こちらも下へ潜り込んで逃げ出さな

い様工夫しました。

砂利の下には全て防草シートが敷いてあるので、今まで悩まされ

続けた雑草対策は万全です。

以前作ったドッグランのお庭では、小型犬の為に柵の下から脱走

されたという苦い経験を教訓にして、それを色んな所に工夫しまし

た。これで、思う存分遊び回れる事でしょう。

K様からのご要望は、庭に植えてある樹木の整理とドッグランをする

スペースが欲しいとの事でした。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0299

既存の樹木がかなり密集していたので、その中でもメインのハナミズキ

1本とシラカシ2本を残して、後の樹木は全て撤去しました。

IMGA0869

するとこんなにスッキリしました。

奥には、隣家との仕切りオリジナルガーデンフェンスを取り付けました。

IMGA0844

裏側にも木製のゲートを取り付けます。

IMGA0870

昨年施工したS様邸では、見事に小型犬に脱走されてしまい大変

だったので、その辺はしっかり学習したいと思います。

 

IMGA0048

静かに愛犬と過ごしたいという御希望のもとデザインに取り掛かりました。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0146

完成形はこうなりました。

IMGA0048

ドッグランが楽しめる様に、木製でフェンスを作りました。

IMGA0053

入口は、この様に互い違いに立てられたフェンスの間に扉を設けたので、道路から見ても分かりません。

既存の樹木との相乗効果で、かなり潤いのある空間に生まれ変わりました。

IMGA0044

中に入ると意外に広いです。全て囲うのではなく、目線にあまり関係無い下の方は、スリットを広げたので、圧迫感も和らぎ、そよ風も適度に入ってくるので、なかなか居心地がいいです。

IMGA0051

フェンスの裏側にはジューンベリーの株立をメインに、お隣に葉っぱが落ちない様にイレックスサニーフォスターとモチノキの常緑樹を植えました。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0146

完成形がこちらです。

IMGA0048

ドッグランが楽しめる様に、木製でフェンスを手作りしました。

フェンスの裏側には樹木を植えてあります。

IMGA0040

入口はこの様に互い違いに立てられたフェンスの間に扉を設けたので、

道路から見ても分かりません。

IMGA0044

IMGA0045

IMGA0046

中に入ると意外と広いです。全て囲うのではなく、目線にはあまり関係の無

い下の方はスリットを広く設けたので、圧迫感も和らぎ、そよ風も適度入っ

てくるのでなかなか居心地がいいです。

フェンスの裏側は、ジューンベリーの株立を植え、お隣に葉っぱが落ちない

様にイレックスサニーフォスターとモチノキの常緑樹を植えました。IMGA0051

IMGA0047

裏に回れば、緑がまだ別の魅力を感じさせてくれます。

既存の樹木との相乗効果で、かなり潤いのある空間に生まれ変わりまし

た。

 

 

現在、犬を飼われている奥様、室外で遊ばせるドッグランを作りたい

という依頼を受けました。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0149

IMGA0144

ここにウッドフェンスで囲い、誰に気兼ねする事無く犬と戯れるスぺ

ースを作ります。

IMGA0949

フェンスの高さは1.5mに設定しました。これ以上高くすると塀の

中に妙な圧迫感があると思ったからです。

IMGA0959

入口の扉は互い違いにして、両サイドからの視界を遮ります。

IMGA0961

その後ろには、植栽のスペースを畑土を流用して作りました。

この後、どのように変化するのかお楽しみに!

 

 

 

こちらのお客様は犬を飼っていらっしゃるので、庭でドッグランを

させたいというご要望でした。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0277-①

すでに外構工事でカーポートやアプローチが出来上がって

いましたが、これを活かしながらアレンジしていきたいと思い

ます。

IMGA0280-①

今置いてある物置は、雪が積もると屋根から落ちてきて

壊れる危険性が大なので、利便性を考えカーポート後ろ

への移動を考えました。

IMGA0281-①

隣の家はすでに素敵なガーデニングが完成しており、これを

借景しながらデザインしようと決めました。

P1060263-①

庭への入口を設ける為に、既存のツゲとサツキツツジは

撤去します。

P1060265-①

次に、水はけが悪く苔が生えている状況だったので、芝生を

張る予定の部分を床掘しています。

P1060266.-①jpg

床掘が完了したら、そこに植栽用の客土を入れていきます。

P1060268-①

今均している所は、芝が張られる所です。

これからどんどん変化して、どのように景観が変わっていくのか

私達もすごく楽しみです!

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930