ハナミズキ

 

 

既にカーポートと物置は設置済みでしたが、玄関扉を開けると中が丸見えになる事と

角地なので、道路をショートカットしようとする車が敷地内に入ってしまうという悩みがあり

これを何とかオシャレに解決して欲しいというご依頼をいただきました。

 

【着工前】

 

そこで、自分のイメージを色鉛筆でスケッチして見ていただき、​

お客様にも気に入っていただけたので施工に入りました。

 

 

まずは車に敷地内をショートカットされないように

白御影石を使って、頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

 

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように

アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植えて遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽する、マホニアコンヒューサとセイヨウイワナンテン“カーリーレッド”を植えてボリューム感を持たせました。

 

 

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木を数多く植え

隣家からの目隠しをさりげなく行っています。

 

小舗石の縁石や芝生の縁取りには、積極的になだらかな曲線を入れているので

庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

 

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、

それに合わせてアンティークレンガで縁取りした木の葉型のコンクリート製のテラスを造ってみました。

ここでBBQなんて…ちょっとオシャレですよね。

 

 

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて造ったシンプルなものです。

モダンな表札とポストを組み合わせるだけで、斬新になりました。

 

 

アプローチは建物の外装パネルと合わせて、グリッド状にしてみました。

化粧平板ブロックが差し色となり、うまく外観に馴染んでいます。

 

植栽してからもう7~8年経つのでしょうか?

樹々がかなり大きくなったので剪定してほしいと頼まれました。

かなり巨大化?ヨーロピアンゴールドを芯止めして、てっぺんから全体的にコンパクトに刈込みしました。

シラカシやハナミズキの雑木類は自然樹形が一番美しいので、「すかし」という伝統的な剪定方法を用いてナチュラルに仕上げました。

剪定した切り口が分からないようにするのがプロの仕事です。

ボサボサ伸びたネズミモチも思いっきり刈り込んで本来の生垣の形を取り戻しました。

本当は3年に1回くらい剪定していれば、お金もかからず綺麗な姿を見ることができます。

定期的なメンテナンスをお勧めします。

※原則、樹木の剪定は当社で施工したお宅のみ承っております。

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

東根市の旧家のY様邸。家の廻りに積まれている石積や漆喰の白壁。とても立派な土蔵。

それに明らかにこの辺の作風と違う庭園。どれをとっても一流で歴史を感じさせ、その昔の栄華が見て取れます。

この度、支柱の掛け替えするサルスベリもその太さから100年以上は間違いなく経過していると思われます。

その古さゆえ幹の中は大部分が腐れ、台風が来ると倒れてしまう危険性がありました。

Y様と相談した結果、まだ花も咲くし何とかこの形状を維持してほしいと頼まれましたので今度の処置となりました。

支柱掛け替え前の姿がこちらです。

現状は全く効いていない支柱と、ロープで幹同士を引っ張っているだけのかなり怪しい?状態でした。

そこで支柱を4本追加して枝を固定し、ロープの代わりにワイヤーで引っ張り強度を持たせました。

これでしばらくは倒れる心配はなさそうです。

その話を進めさせて頂いているうちに古い家を解体して別棟を建てるので、その前に枯れたところに新たな樹木を植えてほしいと頼まれました。

そこで新しい木では釣り合いがとれないので、我が社の仮植地にある古木を選んで植栽することにしました。

この庭は常緑樹が目立ち、モミジや雑木は以前に枯れてしまったので、落葉樹をメインに植えて四季の彩りを感じてほしいと考えました。

珍しい荒川性モミジやナツツバキの株立、ハナミズキ、アセビ、ウメモドキの株立を要所要所に配植しました。

落葉してまだ淋しい状態ですが、新緑の頃にはまた違う表情を見せてくれることと思います。

二期工事は別棟が完成してから夏目の手水鉢や切石を再設置して完成させたいと思います。

それまで楽しみにして待つことにしましょう。

着工前は濃紺のシックな外観が特徴的なオシャレな建物でした。

エステもなさっているとのことなので、リラックスできる癒しの空間を演出してほしいと頼まれました。

テーマはちょっぴり南国風のリゾート気分です。

その南国気分を演出する為にシュロを2本植えてみました。

他にもナツハゼやアオダモ、ハナミズキの赤、ジューンベリー等、お馴染みの雑木を植えていきます。

様々な小舗石で縁取りしたので、アスファルトに浮き出てすごく映えます。

下草にはキャットミントやクリーピングタイムのハーブ類を中心にベロニカオックスフォードブルー等のグランドカバーで華やかにまとめてみました。

ガーデニングが完了した形がこちらです。

まだ葉っぱや芽が出ていないので少し淋しいのですが、それでもかなり変わったとオーナーにはすごく褒められました。

お正月気分も冷めやらぬまま、3月中旬工期ということで人生初の真冬の工事となりました。元請さんの方で足場を作って仮囲いしてもらったので、やるしかありません。

まずは露地前の流れの玉石打ち込みです。

このように防水シートを張ってからベースコンを打っています。

その上にモルタルを敷いて、玉石を一個一個根気強く打ち込んでいきます。

作業終了した所からシートですべて囲って養生していきます。おかげでコンクリートも凍結することなく、何とか固まってくれました。

次に大雪が降るとクレーンがセットできないので、3日掛りで高さ7mのモミジの大木を掘り上げ大型クレーンで吊り上げました。


やはりこれだけの大木を植えると、このモミジがさも以前から植えてあったかのように存在感があります。

他にもハナミズキやナツツバキ、ツリバナ、アオダモ等の株立を順次植え付けていきました。

それらの植栽が終わると、工事が一気に進んだかのように景観がだいぶ変わりました。

まだまだ、これから流れの玉石打ち込みが続きます。風邪などひかぬよう、寒さ対策をバッチリ行って作業を続けていきたいと思います。

 

 

この庭を鯉が泳ぐ池と、そこに流れるせせらぎを残して全てリノヴェーションしてほしいと頼まれました。

まず一番に考えたのは事務室から眺めた時に、いかに心安らぐ空間を演出できるかどうかでした。また、周囲は全て舗装してある駐車場なので、庭の中を回遊しても飽きの来ない空間を作り出せるかも大きなポイントになりました。

既存の樹木はモクレンやツバキ、ノムラモミジ、シャクナゲ、ムラサキシキブの5本を残して全て抜根しました。

また豪雪地帯である為になるべく雪囲いの手間を省略化すべく、いくつかの方法を実践しました。

高木は全て雑木(アオハダ、アオダモ、ジューンベリー、ツリバナ、ハナミズキ等)を植栽し、枝をしおるだけで雪囲いが完了するようにしました。

地被類は全て多年草(クリーピングタイム、フイリアマドコロ、フウチソウ、ビンカミノール、ヒューケラ、シラン、スジギボウシ、フイリヤブラン、シャガ)を植えて野趣味な感じが出るように配植しました。もちろん雪囲いは必要ありません。

既存の流れは殆どいじならいで、石を少し足したり移設したり、段滝を作ったりゴロタ石で洲浜を作ったりして少しリニューアルしました。

事務室からの眺めはこのようになりました。

「まるで避暑地に遊びに来たみたい。」と喜ばれたので全てが報われました。

庭の全景は既存のモクレンやヤマモミジがある事でかなり落ち着いた雰囲気になりました。

白御影の敷石で土留した事で、庭の印象がスタイリッシュに見えます。

生垣は全て曲線を描いてあり、マサキ、シラカシ、ヒイラギモクセイの常緑樹を植えて、高さも少しずつ変えてあります。

庭は三方向に出入口が設けてあり、こちら側には階段を作って変化を付けてあります。

このように庭は自由に散策する事ができ、眺める方向によって景色が変わります。歩く度に新しい発見があるかもしれません。

池の手前には富沢石を乱張りしてあります。これによって庭の景が引き締まりました。

心なしか鯉も嬉しそうに泳いでいます。

敷地がL字型になっているので、いかに馴染ませるかがテーマでした。

玄関の扉を開けると、奥に続く主庭はいったいどうなっているんだろうと視線を誘導するのが目的の大半だったので、芝生を緩やかで大胆な曲線にしてみました。

下草には、すぐに地表を覆ってくれるクリーピングタイムを密植しました。春には可憐な薄桃色の花が咲く、緑の絨毯になってくれる事でしょう。

ダイニングの前は目隠しも兼ねて、アオダモの株立とソヨゴを植栽しました。これで料理している時や寛いでいる時に四季の変化を毎日感じてもらえる事でしょう。

 

主庭まで芝生の緩やかな曲線は続きます。子供さん達と遊べるように面積も広くとってあります。

隣家の車庫の目隠しには、常緑樹のイレックスサニーフォスターを植栽しました。

勝手口に続く苑は、化粧平板をリズミカルに並べてみました。その脇にはハナミズキの赤花を植えて、ちょっぴり豪華にしました。低木は花の咲いている期間の長いアベリアを植栽しました。その奥には、丸太で柵を作った家庭菜園が設けてあります。

シンボルツリーのヤマモミジが一際大きいので目を引きます。それに、これだけ緑の量が多いと建物がリッチに見えます。

他にグランドカバーとしてヒューケラ(赤葉)とスジギボウシが植えてあるので、花が少しずつではありますが咲き続けるのでフラワーリレーも楽しみです。

 

元々物置小屋があった所なので、地盤がしっかりしていました。なので土が締め固まっており、水はけが悪い状態でした。

濡縁へと続く苑路は、白御影石の方形の平板を用いてグリッド状に敷いてみました。これがこの庭の良いアクセントになっています。縁取りは伊勢ゴロタ石を用いて洲浜状に作りました。下草はポピュラーなリュウノヒゲがメインですが、隅の方にはアジュガのチョコチップという紫色の可憐な花が咲く品種を選んでみました。

大きな丸いプランターに植えてあるのはツリバナで、ここには大量の雪が落ちてくるので、移動できるようにしました。

逆方向から振り返ると、昔からあった既存の庭とうまく馴染ませる為にこの手法を取った事が分かって頂けると思います。

この庭の特徴として、デザインの殆どが曲線で構成されています。それは生垣も例外ではなく、マサキの生垣も曲線が描かれています。

植栽は雑木がメインで、アオハダの株立、ヤマボウシの株立、シラカシ、アオダモの株立、ヤマモミジ、アズキナシの株立が植えられています。下草にはカラーリーフで人気のヒューケラとハーブのキャットミントが植えられています。

どうしても欲しいと頼まれました家庭菜園。丸太を組み合わせて柵を作り、大小3箇所設けました。その背景には、キッチンで料理している時に四季を感じたいというご要望にお応えして多くの雑木が植えられています。ハナミズキ(赤)、ヤマモミジ、ナツハゼの株立、ジューンベリーの株立、ハナミズキの白、アカバナエゴノキの株立、どれもこれも花が咲いたり、紅葉したり決して派手ではないですが、どれもこれも新緑の頃から、季節感を五感に優しく訴えてくれる事でしょう。

車椅子を利用される御家族が、スロープを移動する時に恥ずかしいのであまり見られたくないとの要望がありました。そこで既存の庭とのマッチングを考えて、四ツ目垣とドウタンの生垣という組み合わせで和モダンな前庭にしました。来訪者が車で出る際に誤ってぶつけないように、木製でサイン柱を作ってみました。これは表札も付けてあるので門柱代りにもなっています。

 

御夫婦揃ってお城巡りが趣味と伺って、ようやく合点がいきました。どうして和の庭にこだわられるのか。家の外観が和の雰囲気がどことなく漂っていたので、すごく斬新な作品を提案してみようと考えました。

庭の入口から一番奥まで、枯流れが続いています。

それと並行して玄関までのアプローチが続いていく訳ですが、どうしても黒の石を貼りたくて悩んでいた所『ベンガルブラック』という石材があるのを思い出し、白御影の敷石と合わせて貼ることで、まるで料亭の苑路みたいな仕上がりになりました。

枯流れは奥に行く程広がりを見せ、洲浜や景石が据えられ白砂を敷き詰める事で海を表現しています。高木にはヤマモミジやハナミズキ、ナツツバキの株立といった和のテイストが感じられる植物を植栽しました。苔の代わりに植えられたリュウノヒゲの中には野趣味な枯梗や大文字草、ナルコユリ、フイリヤブランが植えてあります。


板塀は縦張りにし、間に唐竹を入れる事で和モダンな感じに仕上がりました。ちなみにこの板材は予算の関係上、施主施工にして頂きました。多少のムラは味という事で…。

流れが一部アプローチにまで浸食しているのも、庭を広く見せる工夫です。

この作品の一番のこだわりは、カーポートと連立しているGフレームです。これでカーポートだけ孤立しているという訳ではなく、素材の色も全て建物と統一したおかげで一体感が生まれました。

いわゆる『額縁効果』を狙ったもので枠で切り取られる為、奥の庭の印象がより強く感じられます。

門柱もGフレームに負けない斬新なデザインにしました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年10月
M T W T F S S
« Sep    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ